人形姫オペレッタ 魔王様からの挑戦状


『人形姫オペレッタ 魔王様からの挑戦状』(朝戸麻央著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

人形姫オペレッタ 魔王様からの挑戦状 (一迅社文庫アイリス)
人形姫オペレッタ 魔王様からの挑戦状 (一迅社文庫アイリス)

面白かったです!
魔王の娘が主人公の怪盗もの。凜としたヒロインも、切ないストーリーもとても素敵でした。
追うヒーローと追われるヒロイン。真剣に戦ってるのにどこか甘いメイン2人にときめきます。
ヒーローとヒロインの周囲を固めるキャラたちも良かったです。

☆あらすじ☆
ぼくを満足させたら、きみの望みを叶えてあげよう―
末娘マリーゼに父である魔王クリスから持ちかけられた挑戦。それは魔物に関係する品々を盗み出すこと。目的を果たすため聖都の教会に忍びこんだ彼女の前に立ちふさがったのは、凄腕の退魔師ソロンだった。出会いは最悪、敵同士の2人だったけれど、偶然の再会からお互いのことを意識するようになって―!?
退魔師の青年と、魔物の姫が奏でるラブファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

 

魔王であり父であるクリスからの挑戦により、魔物に関する「禁制品」を回収することになったマリーゼ
彼女が最初の仕事で出会ったのが退魔師ソロンでした。

 

マリーゼは魔物の姫らしく魔力を行使して割と人間離れしているんですが、ソロンは退魔師というよりは騎士っぽかったような?

 

ヒーローとヒロインが対立する怪盗ものの場合、ヒロインが正体を隠しているパターンが多いような気がします。
この作品みたいに、お互いの素性も最初から分かっていて対立しているのは珍しいんじゃないかな(私が知らないだけかもしれませんけど)

 

正体がばれるかどうかでドキドキするのも楽しいですが、素性がわかっていながら惹かれてしまうというパターンもいいものですね。
ソロンなんか途中から執着の方向性が完全に変わってましたし!
本気で戦いながら見惚れるという器用な芸当をやっちゃうヒーロー。終盤につれて挑んでいるんだか口説いているんだかわからないセリフが連発されてニヤニヤが止まりませんでした。

 

特に、「そうすればーー俺は一生、お前を追いかけていられる」のセリフの破壊力はやばかったです。
プロポーズにしか聞こえない。これに対するマリーゼの返しも甘くて可愛くて良かったです。

 

本筋のストーリーもとても良かったです。
囚われのカナリアだったジュノーと孤独な領主の関係が切なかった。
家族に先立たれてしまったがために過去にしがみつかざるを得なかった領主と、それを全て分かった上で受け入れてきた人形。
和解の果てに寄り添うことを選んでくれてほっとしました。
あと、作中何度も出てくる「スクッラ・レクス」が面白そうでプレイしたくなりました。何かモデルがあるんでしょうか。

 

キャラもストーリーも満足できる良い新作でした。
主役2人はもちろん、三角関係要員になりそうな従者シャノワールや、ショタ魔王のクリスも魅力的だったので、彼らを掘り下げるためにもぜひシリーズ化してほしいです。

人形姫オペレッタ 魔王様からの挑戦状 (一迅社文庫アイリス)人形姫オペレッタ 魔王様からの挑戦状 (一迅社文庫アイリス)
朝戸 麻央一迅社
売り上げランキング : 61586Amazonで詳しく見る

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。