Re:ゼロから始める異世界生活1


『Re:ゼロから始める異世界生活1』(長月達平著/MF文庫J)★★★☆☆

Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)
Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALER】

2014年1月刊。
大流行の異世界召喚モノですが、この作品の主人公はとても現代っ子なのが特徴的。自分が突如おかれた状況も「異世界召喚もの」 だとすぐに理解し、なんだか他人事のような気の抜け具合。どんな状況でも軽口をたたくのですが、その内容がメタ満載。
彼を受け入れられるかどうかで作品の評価が変わってきそうですね。私は最初ちょっと戸惑いました。
この1巻はとても長い序章です。下のあらすじにあるようにループものですが、同じことを繰り返し読んでいる印象は薄かったです。

☆あらすじ☆
コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された高校生・菜月昴。これは流行りの異世界召喚か!?しかし召喚者はおらず、物盗りに襲われ早々に訪れる命の危機。そんな彼を救ったのは、謎の銀髪美少女と猫精霊だった。恩を返す名目でスバルは少女の物探しに協力する。だが、ようやくその手がかりが掴めた時、スバルと少女は何者かに襲撃され命を落とした―筈が、スバルは気づくと初めて異世界召喚された場所にいた。「死に戻り」―無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す、唯一の能力。幾多の絶望を越え、死の運命から少女を救え!大人気WEB小説、待望の書籍化!―たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。

以下、ネタバレありの感想です。

 

 

異世界召喚モノですが、召喚シーンも現代日本の描写も皆無で、主人公スバルが異世界にぽつんと佇んでいるところから始まります。

 

アニメやゲームに浸かり込んだ日本の男子高校生らしく、あっという間に「異世界に召喚されちゃった」と理解したスバル。混乱も動揺もありません。状況もたんたんと把握していきます。
ぶつぶつと独り言を言い続けるのですがその内容もひたすらにメタフィクション
「お約束の・・・」とか「強制イベント発生だ」とか、もはや他人事のようにもみえます。

 

なんというか、異世界召喚モノの「お約束」である「突如異世界に連れてこられた主人公が混乱する」シーンって様式美として必要だったんだなって思いました(少なくとも私には)。スバルのことはけっこう後のほうまで、かわいげがなさすぎて微妙でした。
でも、彼が冒頭で混乱しないのって、その後でいやってくらい混乱するからなのかもしれないですね。能力が悲惨すぎて終盤はかわいげとかどうでもよくなって、同情してました。

 

そんなスバルが異世界で出会った待望のヒロインが自称サテラ
スバルに比べてサテラは魅力的でした。底なしのお人好しで、なんだかんだと理由をつけながら人に優しくするヒロインっていいですね。素直じゃないのが可愛いかったです。

 

この1巻は、「死に戻り」という能力を得たスバルが三度死にながらも、サテラ(仮名)の奪われた徽章を取り返すまでが描かれています。この最終目的のために4回もループします。

 

ループ1回目はサテラ(仮)と出会い、彼女の徽章を取り戻すのを手伝いつつ訪れた盗品蔵で何者かによって2人まとめて殺されるまで。

 

ループ2回目はまだ「死に戻り」に気づかないまま再び盗品蔵に訪れロム爺フェルトと出会い、その後に現れたエルザによって3人まとめて殺されるまで。

 

ループ3回目は「死に戻り」の可能性に目を背けた状態で偶然出会ったサテラにキレられ、混乱のなか、三度因縁をつけてきたトンチンカンによって殺されるまで。

 

そして、ループ4回目にして「死に戻り」の能力に気づき、事態打開に向かうことになります。

 

こんな感じで、時間帯はループするもののその内容は全く別物。さながらRPGで選択肢によってストーリーのルートが分岐するような印象でした。
ループものだと分かった瞬間は某エンドレスエイトが脳裏によぎって不安だったのですが、退屈せずに最後まで読めました。

 

4回のループを経て要領をつかんでいったスバルは、4回目に初めて会ったラインハルトの協力を得てエルザを撃退し、どうにかループを食い止めサテラ改めエミリアの徽章を取り戻すことに成功します。

 

で、おしまい。。

 

スバルが異世界に召喚された理由や、召喚者だけでなく、エミリアの素性も、エルザと熾烈な争奪戦を繰り広げる原因となった徽章の意味も何もわからないままエミリアの本名を聞き出せたよ!やったね!で終わってしまいました。ラストにさらにフェルトの正体っていう謎まで放り込むという・・・。

 

なんとも長い序章でした。要約して考えれば、主人公とヒロインの出会いという点だけしか物語が進んでないですね。
1巻自体の構成は面白かったのですが、ストーリーとしては評価のしようがないです。とりあえず2巻を読まないことには面白いかどうかも分からない。面白くなりそうではありますけどね。

 

Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)
長月 達平 大塚真一郎KADOKAWA/メディアファクトリー 2014-01-23
売り上げランキング : 6543Amazonで詳しく見る by G-Tools
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。