にせもの公主の後宮事情1 君子は豹変するものです?


『にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです?』(雨川恵著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)
にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)

猫かぶり系ヒーローとわんこ系ヒロインの後宮もの。
タイトル通り、ヒーローの天黎の態度が豹変。まさしく豹変。
ちょっといろいろ展開が読めちゃったのが残念なのですが、何か色々と間違ってしまっているヒーローのヤンデレ(?)具合が割と好きでした。

☆あらすじ☆
国主の寵妃を母にもつ淑蓉は、新米宮女として奮闘中。「なりそこない公主」と揶揄されながらも、兄のように慕う王子・天黎に支えられ、慎ましい生活を送っていた。ところが、そんな彼女のもとに、失敗の許されない縁談が舞い込んだ!汚名返上とばかりに受け入れる決意をするけれど、天黎が大激怒!「絶対に―許すものか」と態度が激変して…!?『愛』に変貌はつきものです?爽やか王子(ときどき野獣)×純情宮女の中華風ラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

主人公淑蓉は、幼い頃に父を亡くし、その後に国主の寵姫となった母親凌蘭と一緒に後宮に住んでいる少女。
国主と血縁関係にはないものの後見を受けていることから「にせもの公主」と揶揄される立場に立っています。
分不相応な自分の立場に終始怯えている雰囲気があるため、イメージは震える子犬。
女にしては珍しく学があるという設定だったはずなんですが、あまり賢そうには見えなかったのは勿体なかったです。

 

その彼女を幼い頃から執着して見守ってきたのがヒーローである第2王子天黎

タイトルにある「豹変」しちゃった人です

天黎は途中までほんと温和な「兄」という雰囲気だったのですが、淑蓉の縁談が持ち上がってからはかぶってた猫がぼろぼろこぼれ落ちてしまいます。
侍臣弘瑜との会話で素の顔が初登場したときなんて、挿絵からして悪人にしか見えない!
しかもなかなかに残念なひと。
初手で「兄」ポジを豪快にゲットし、その後の行動もいちいち間違っているのが笑えます。

 

他の作品ならヘタレなんだろうけど、天黎の場合は何の疑問も抱かずに堂々と行動にうつしているので、ヤンデレに近いような?
豪快に攫って問答無用で監禁したあげくに「妹だと思ったことなんかなかった」(フォローなし断言)、という連続攻撃をヒロインに食らわせる、まさに外道。

 

まぁ、「白票」絡みの疑惑解明や、空回りしきった天黎の想いとかいろいろ重なってはいるんですが、外から見ると・・・・・・ちょっと・・・・・・

 

天黎が「兄」の猫をかぶってしまったことを起因として、どんどんすれ違っていく淑蓉と天黎。
正直、王道な展開だし、淑蓉も天黎のことを初めから好きだったことは明かされているので何か特筆すべきことはなかったはずなんです。

 

なのになぜかボロボロ泣きながら読んでました。
え?ほんとどうしたの私?死ぬの?

・・・・・・最近、ちょっとメンタルが弱っているのかもしれない。

 

いや、でも淑蓉はやたらかわいそうなんですよね。
ずっと信頼していて、異性として好きだけど「兄妹」として接するしかそばにいる方法はないって思い込んでいた子が、その「兄」から妹じゃないって宣告されたら傷つきますよ。泣いてしまうわ。

 

最終的には、淑蓉と天黎は予定調和な感じでやっぱり丸く収まりましたね。個人的に好きだったのは国主陛下とお蘭ママの関係でした。茶飲み友達だったのか。大人男女の友情って、なんか良いです。

 

めでたくシリーズ化している本作。
続けて2巻も読もうと思います。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。