紫陽花茶房へようこそ1 ふたりのための英国式魔法茶

『紫陽花茶房へようこそ ふたりのための英国式魔法茶』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★★★

紫陽花茶房へようこそ ~ふたりのための英国式魔法茶~ (集英社コバルト文庫)
紫陽花茶房へようこそ ~ふたりのための英国式魔法茶~ (集英社コバルト文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年11月刊。
とても私好みの小説でした。ほんともっと早く読んでおけば良かった!
文明開化後、大正ロマンを感じさせる日本が舞台。
女学生月子が働く紫陽花茶房へ訪れるお客さんたちが抱えた事情を、「魔女の孫」である紫苑が魔法の紅茶で解きほぐすお話。短編集で3本収録されているんですが、どの話もほんのりと心を温かくしてくれる日常ミステリーで、とても素敵でした。
月子と紫苑の関係もドキドキして見所。紫苑のスキンシップ過多なところが良い。とても良い。
2巻の発売も決定しているそうです。嬉しいな(*´∇`*)

☆あらすじ☆
銀座の路地裏に建つレンガ造りの洋館、紫陽花茶房。帝都一おいしい紅茶で客人をもてなす青い瞳の店主・紫音は英国伯爵家の御曹司で、自称“魔女の孫”。紫音の淹れる“魔法茶”はワケありの客人たちを一夜の夢に誘って…?「深夜十二時、夜のお茶会を開きましょう」。ちょっと不思議な青い瞳の店主と給仕のハイカラ女学生・月子が出会う、香り豊かな英国式魔法茶をめぐるハートフル・ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紫陽花茶房へようこそ1 ふたりのための英国式魔法茶