おこぼれ姫と円卓の騎士8 伯爵の切り札


『おこぼれ姫と円卓の騎士』(石田リンネ著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)

おこぼれ姫が久しぶりに国内に戻ってきた第8弾。騎士獲得のため、犯罪組織への潜入とかしちゃったりしてなんだか刑事ものっぽい雰囲気のある話でした(ミステリー成分もやや入ってます)。
読者としては気になるのは前巻でデュークの告白をうっかり聞いてしまったレティの反応なのですが、うん、まぁ、下の感想に思いの丈をぶつけることにします。

☆あらすじ☆
今度の騎士候補は、幼女趣味(ロリコン)の伯爵子息&魅惑のミステリアス未亡人!
デュークがキルフ帝国でもらした台詞が忘れられないレティだが、一旦頭を切り替え、次の王の専属騎士(ナイツラオブラウンド)勧誘に動き出す。候補は、若くして未亡人となった女伯爵マリアンネと、流行には敏感だが幼女趣味(ロリコン)の伯爵子息ウィラード。しかしマリアンネには“個人的な事情”であっさり断られ、ウィラードは多忙で捕まらない。ようやく交渉できたと思いきや、ある条件が出され……!? 最強女王伝説、第8弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

まってください。

 

な ん で そ う な る !!

 

デュークの告白を寝たふりで聞いてしまったレティ。
どうしようどうしよう、とちゃんと悩みます。
騎士獲得と犯罪組織の検挙作戦に奔走しつつも、ちゃんとデュークの想いをどうすべきか悩みます。
なかったことにされるんじゃないか、とかちょっと思ってたんで、レティが真剣にデュークの想いに向き合っていたのは良かったです。良かったんですが・・・・・・

 

シェランやクレイグにこっそり相談したり、ウィラードやマリアンネの叶わない想いの扱い方を参考にしてみたり、王達の間で自分の将来を少しだけ聞きかじったり・・・・・・

 

今回は、今までになく真剣に恋愛について悩んでいたレティ。
甘さなんか角砂糖1個分も入っちゃいません、というこのシリーズにあって、ようやく恋愛方向に舵をきるのか、とか思ってたら・・・・・・

 

そんなことはなかった。

 

レティは、デュークが恋愛感情と一緒にこれまで築いてきた信頼関係さえも捨ててしまうのではないかと怯えます。
ていうか、この時点ですでにデュークの想いにこたえないのが明確なんですよね。まぁ・・・レティならそうですよね。未来の女王ですし身分違いですし、ぶれないです。
そして、レティはデュークの想いをはやく昇華させるためにも、誰でもいいからさっさと自分が婚約してしまおうと決意します。

 

ちょっと、まって・・・・・・

 

え?そこまで甘くない決断くだしちゃうの?これビーズログ文庫だよね?基本的に脳天気なラブコメ路線のレーベルだよね?

 

たしかに王族の、しかも王になる者にとって結婚は重大問題。好きだなんだで勝手に盛り上がったりはできないはずです(某小説では似たような立場の主人公が恋愛脳すごすぎてちょっとついていけなくなったのは確か)。

 

それにしても、びっくりするくらい甘さのない現実的な判断。
レティ自身の気持ちとしても「デュークの幸せはわたくしの幸せ」とか言ってるだけで、恋愛感情まではどうみても発展してない。8巻まできてここまで主人公に恋愛感情が出てこない少女小説は久しぶり(もしかしたら初めて)かもしれません・・・。

 

でも、ルートガー曰く、レティは将来的には恋愛関係で周囲の反対を押し切って何かをするわけですし、「愛人王」の諡もあるわけですし。

 

もうちょい甘さが増えることに期待しましょう。

 

本題のほうでは、騎士が2名と侍女候補が1名登場。

ロリコン伯爵のウィラードはこれまでもデュークのお友達として何度か登場しています。1桁少女しか興味ないと思ってたら9歳下の恋人がいました。やはりロリコンですね。

 

もう一人の騎士マリアンネのほうはレティのお姉さん的ポジションに立ちそうです。どうかレティの恋愛面での成長に力を貸してくれますように。

 

侍女候補のアイリーチェは今回のお話のキーパーソンではあったのですが、まだ学生だしこれからどんどん登場する感じではないかもしれないです。色彩的にインパクトがあるので出てくると華やかになるのですが。

 

だんだんレティの周囲のキャラが濃くなってきました。
今回はクレイグが素敵オジサマ感を遺憾なく発揮していますしね。お酒に関する情熱が素晴らしいです。
周囲のキャラが濃くなると必然的に薄くなる哀れなヒーローがデューク。影が薄い。レティは彼の知らないうちにとんでもない方向に決断くだしちゃうし。どこまで不憫になるのか。

 

なんだか先行きが心配になってくるシリーズです。こういう展開はちょっと苦手なんですよね・・・・・・辛くなるから。
お話自体も間延びしてきた感じがあるので、そろそろ締めにかかってほしいかもしれません。

おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)
石田リンネ,起家一子エンターブレイン
売り上げランキング : 55334Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。