灰と幻想のグリムガル2 大切じゃないものなんか、ない。

『灰と幻想のグリムガルlevel.2 大切じゃないものなんか、ない。』(十文字青著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

灰と幻想のグリムガル level.2 大切じゃないものなんか、ない。 (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.2 大切じゃないものなんか、ない。 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年11月刊。
等身大のRPGが読めるシリーズ第2巻。
同著者の「薔薇のマリア」は主人公マリア以外チート揃いですが、グリムガルはパーティーのほぼ全員が経験値ゼロからスタートなので、パーティーそのものの成長が読めて面白いです。
今回メリィが過去と決着をつけたり、ハルヒロがリーダーとしての成長を見せたりしますが、なんと言ってもランタが「ランタ」のまま好感度を上げてくるところが見所だと思います。
キャラ造形力(?)はやっぱり光ってるよなぁ。

☆あらすじ☆
……見捨てるなんて、できない。というか、見捨てるべきじゃない、と思う。
見知らぬ世界「グリムガル」へと連れて来られたハルヒロたちは経験を積んでようやく半人前から抜けだそうとしていた。ステップアップのために新たなダンジョン「サイリン鉱山」へと挑むのだが、そこはパーティに加わったメリィが過去に仲間を失った場所でもあった。順調にいくかと思われたハルヒロたちの探索だったが、予期せぬ仲間との別行動を強いられ、更にデッドスポットという異名を持つ巨大なコボルドが襲いかかる。新たな試練とともに、灰の中から生まれる冒険譚の第二章が紡がれる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル2 大切じゃないものなんか、ない。