薔薇のマリア2 壊れそうなきみを胸に抱いて

『薔薇のマリアⅡ 壊れそうなきみを胸に抱いて』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア II.壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア II.壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)

アジアンきたーーー!!と思ってたらいきなり窮地に立っちゃってます。
薔薇マリの世界がいかに冷たく生きづらく容赦のない世界なのかよくわかる第2巻。あとがきによると、ここからようやく本編スタート?(ver0→1→Ver1と読んだせいで序章が長すぎた・・・)物語が動き出してます!

☆あらすじ☆
喪神街(オレストロ)で伝説の魔導女王を葬ったマリアは、街で一人の少女ベアトリーチェと出会う。蒼い瞳が印象的な美少女がマリアにもたらしたものとは、儚い微笑み、極悪クランの罠、ほんのちょっぴりの強さ、そして―。エルデンの街がクラン同士の抗争にのみ込まれ、マリアに最悪の危機が迫るとき、再びZOOの仲間が立ち上がる!義のために押し殺す愛、愛するがゆえの非情。誇り高き仲間たちが再び闘いに挑む、待望のシリーズ第2弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア2 壊れそうなきみを胸に抱いて

薔薇のマリア Ver1 つぼみのコロナ

『薔薇のマリアVer.1 つぼみのコロナ』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリアVer1 つぼみのコロナ (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer1 つぼみのコロナ (角川スニーカー文庫)

「薔薇のマリア」短編その2。ただし、本編前に必読のVer0と違い、「つぼみのコロナ」は独立した話だそうです。いつ読んでもいいみたいだけど、レニィとコロナの関係が気になるのでさっさと読んでみました。予想外に鬱な話でした・・・そして予想以上に面白かった。

☆あらすじ☆
常にマリアローズを騒動に巻き込む天然系魔術士コロナと、少年レニィとの出会いを描くドタバタ珍道中―突然鬼人に追いかけられるわ、目の色が銀色になっちまうわ、変な力が勝手に身に付いちゃうわ、全部このへっぽこ魔術士に出会ったことが原因だ。おいおい何なんだこの状況、俺は無事エルデンにたどり着けるのかぁ!?―はたしてレニィの心の叫びはコロナに届くのか?魔術士コロナの真実の物語、書下ろしを加えた完全版登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア Ver1 つぼみのコロナ