東京レイヴンズ9 to The DarkSky


『東京レイヴンズ9 to The DarkSky 』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★★

東京レイヴンズ9 to The DarkSky (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ9 to The DarkSky (富士見ファンタジア文庫)

ついに第1部完結!面白い!!最高にクライマックスです!
このシリーズは2部構成らしく、物語全体の折り返し地点だそうです。今回、登場人物それぞれが成長を見せています。

☆あらすじ☆
「オーダー!」信じない。死んでなどいない。まだ取り戻せるはずだ。枯渇しかけた力をひたすらに治癒符に込め、春虎は呪を注ぎ続ける。主を―大切な幼なじみを呼び戻すために。遂に夜光としての力を覚醒させた春虎。だがその代償は大きく、暴走する『鴉羽』から春虎を庇った夏目はその命を落とす。「泰山府君祭だ。泰山府君祭なら夏目を生き返らせられる…!」一方、千年にわたりこの国を統べてきた陰陽術、その真なる復権を掲げる双角会が姿を露わにしたことで、大友や木暮ら『十二神将』たちもまた、それぞれの信念のもと呪術界を巻き込んだ戦いへと身を投じていく―。

では感想。

 

前回の鬼畜の幕引きから、怒濤の展開を見せています。
まずは春虎が夏目を治療するシーン。あんた誰!?てくらい春虎が電光石火に呪術を行使する描写は圧巻。
それでも、やはり夏目は助かりませんでした。泰山府君祭を行って夏目を蘇らせようと鈴鹿に詰め寄る春虎が痛々しくて涙が止まらなかった。仲間たちのショックを受けている様子も悲惨でした。

 

夏目の死と春虎の正体の発覚を境に、登場人物たちの立場や姿勢が大きく変化しました。

 

まずは春虎。陰陽庁に捕らわれながらも、コンに諭され、信用できない倉橋たちに頼るのではなく、自信で泰山府君祭を執り行い夏目を取り戻そうと決意します。
そして、夏目の体を取り戻そうとする途中、鏡の襲撃に遭い、左目を負傷。これがきっかけだったのか、どうも「夜光」としての記憶が戻っている様子。
ただ、最後蘇った夏目との会話を見るかぎり、人格は春虎のままなのか?夏目に別れを告げたのはなぜなのでしょうか。

 

その春虎をずっと守ってきたコンの正体も明らかに。
コンは土御門分家に仕える式神ではなく、記憶や力などいろいろ封印されていた「飛車丸」でした。まぁ、そうなんじゃないかなとは思ってたけど。
封印が解けると同時に、大きくなってしまいました。幼女好きのすず先輩の反応が気になります。

 

そして春虎の仲間たち。とくに今回は天馬と京子の活躍はめざましものでした。天馬が弱いながらもそれを武器にしようとする意気込みに、ただの癒やし系脇役に終わらない成長を感じました。
星読みとして京子もパワーアップしました。冬児と春虎の男の友情も輝いてます。鈴鹿も仲間を大事に思っているようだし、素直になりましたね。
彼らも今後陰陽庁から逃げる立場になったということでいいんでしょうか。春虎の失踪と同時に、仲間たちもばらばらになるようです。寂しい・・・

 

また、大友先生にも展開がありました。道満くんと仲良しになって式神契約しちゃったけど、大丈夫なんでしょうか。陰陽塾を辞めた大友は今後、道満と一緒に裏社会に潜むようです。

 

他にも、行方不明だった天海が重傷を負った状態で現れたり、元鈴鹿パパの夜叉丸が表に出てきたりとか、とにかく盛りだくさんの第一部完結巻でした。クライマックスな割に謎がてんこもりなんですが・・・
第2部は、「何も知らない塾生」でいられなくなった主人公たちが巣立った後の話だとは思うのですが、誰が主人公するんでしょうかね。春虎はなんか夜光なのか誰なのか分からない状態だし。夏目?
なんか、いきなり数年飛んでいてもおかしくない幕引きだったので、続きが気になって仕方ありません。

東京レイヴンズ9 to The DarkSky (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ9 to The DarkSky (富士見ファンタジア文庫)
あざの 耕平,すみ兵富士見書房
売り上げランキング : 68403Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。