東京レイヴンズ7 _DARKNESS_EMERGE_


『東京レイヴンズ7_DARKNESS_EMERGE_』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★★

東京レイヴンズ7_DARKNESS_EMERGE_ (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ7_DARKNESS_EMERGE_ (富士見ファンタジア文庫)

熱い呪術バトルに燃える!一体どこまで面白くなっていくんでしょうか!
今回は物語の一つの節目だそうで、春虎がついに「殻」を破りました。
一方で、暗躍する人々も表に出始めてきて、ますます見逃せない展開です!

☆あらすじ☆
『D』による陰陽塾襲撃事件からしばらく。その傷跡は大きく、陰陽塾は一時閉鎖に追い込まれ、退塾する生徒も続出していた。そんな中、『D』と大友の熾烈な呪術戦に心を奪われたままの春虎は、夏目とともに訪れた陰陽塾屋上の祭壇で、一人の少女と出会う。「君たち二人のことはよく知ってる。初めまして―ぼくは相馬多岐子」。その出会いが、のちにもたらす意味を知らないままに。時同じくして、呪捜部公安課による双角会掃討作戦が密かに始動。陰陽庁内部に潜む“敵”の炙り出しが行われるのだが!?―。

感想ー。

 

なんという盛りだくさんな一冊!
詰め込まれすぎてて、何が起こったのか整理しづらい!笑

 

とりあえず、春虎の中で北斗=夏目疑惑は横に置かれることになったようです。大友先生と道満の戦いに興奮しすぎてそれどころじゃないっていう。男の子ですねー。
それだけじゃなく、春虎は自分の中で呪術に対して違和感みたいなものを感じ始めていました。何かの「殻」に阻まれて呪術の形がぼやけて見える、みたいな。
そんな殻を破ったのは、鏡の式神シェイバとの一線だったわけですが、このバトルがとても熱かった!
ギリギリまでシェイバの強敵ぶりに絶望感すら漂わせていたにもかかわらず、春虎が殻を破ったあとの怒濤の攻勢は爽快でした! というか、殻を破る直前の春虎の成長ぶりも目を見張るものがありましたが。
殻を破った春虎の今後の展開が(彼の正体を含めて)気になるところです。

 

また、主人公メンバーの中では、今回は京子がクローズアップ。前回から夏目の正体が気になりだしていた彼女は、終盤でついに夏目が女の子であることに気づいてしまいます。しかも、彼女の父親は双角会(の裏にある組織)と深いつながりがある様子。恋心も友情も立場も微妙な状況になってます。しかも、戦闘面でも自信喪失しているみたいだし・・・。どうなるんでしょう。

 

他方で、幼女大好き先輩も再登場。名前と正体がほのめかされましたね。
夜光研究の第一人者である早乙女涼。年齢の問題があるけど、たぶん同一人物でしょう。そんな彼女が復活した道満と行動をともにしている(というか道満の弟子?)ところも気になります。

 

また、新キャラも登場!相馬多岐子という双角会の裏にひそむ組織で「姫」と呼ばれる少女。
夜光信者である彼女の正体も詳細は不明。鈴鹿も絡んでくるのか。北斗と印象が似ているっていうのは、何かの伏線なんでしょうか。

 

怒濤の展開とそれを引き込ませて読ませる筆力には脱帽します。ほんっとうにこのシリーズ面白い!まだまだ謎が残されていて、そろそろ伏線と登場人物を把握しきれるか不安なところですが(このブログの感想もどんどんとりとめのないものに・・・)、次巻も期待して読みたいです。

東京レイヴンズ7_DARKNESS_EMERGE_ (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ7_DARKNESS_EMERGE_ (富士見ファンタジア文庫)
あざの 耕平,すみ兵KADOKAWA/富士見書房
売り上げランキング : 83641Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。