東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I


『東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-4)
東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-4)

3巻で盛り上がってきたーっと漲っていたら、4巻は鈴鹿再登場の中編+春虎たちの学園生活を描いた短編4本でした。ちょっとガクっときたけど、コメディ面白かったので問題なしです。夏目が壊れていく・・・表紙で女子の制服着てるけど、納得です。

☆あらすじ☆
土御門夏目―芯が強くて楚々とした、春虎自慢の幼なじみ。…の、はずだった。半年前までは。しかし現在。「このバカ虎!」。半年ぶりに再会した幼なじみは、陰陽塾きっての秀才で口が悪くて素直じゃなくて、とある理由で男装女子になっていた!?そして、その男装女子に日々振り回されている、日本一ツイていない少年、土御門春虎。「夏目君とデキてる…ホモなんでしょ?」「いや実は幼女好きだって」。クラスメイト曰く『ホモだと思ったらロリコンだった』。心ない噂と運の悪さに苦しむ春虎。しかも二年になった二人を襲ったのは、あの夏の日の「嵐」!大騒動の学園生活を経て波乱の新学期がいま始まる。

感想を。

 

まずは、本編に連なる中編。
1巻で春虎たちの運命を変えた事件を引き起こした大蓮寺鈴鹿が再登場です!きたきた!鈴鹿はペナルティーで自分の呪力を限定的に封印された上で、特待生として陰陽塾に入塾したんですが、春虎が気になってしょうがない様子。ツンデレちゃんだー。
そんな彼女が春虎にちょっかいかけるのが気になってしょうがない夏目の自爆で夏目の秘密(男装女子であること)がばれてしまい、土御門2人は仲良く鈴鹿の下僕として、陰陽塾1年だった頃の話を語って聞かせることになる・・・。てな形で短編につながっていきます。なるほど、そうくるか!
中編では、鈴鹿を再登場させたのと他に、謎の3年生女子も登場します。名前は、出てたっけ?出てないかも。なかなかつかみ所のない先輩です。

 

そんな感じで短編が始まります。2巻で入塾してから、3巻の進級試験までの間のお話のようです。

 

第1話『アマガエルの日』
居眠りのペナルティーを返り討とうとしたコンの監督責任で、春虎は大友からカエルを頭に乗っけられます。カエルが逃げたら水浸し。ただし、なぜか水の量が増えていき、最後は大洪水のように。シャワーを浴びてた夏目に突っ込んでいくのはお約束です。

 

第2話『ザ・メンズ・かぷりっちお』
男子寮に入寮したはいいが、風呂はどうするの??って思ってたら・・・。男であることを疑問に思わせないために、男性型夏目の式神を作った夏目。しかし式神は春虎の呪力を受けて暴走。「風呂に入る」のキーワードでところかまわず脱ぎ出そうとします。天馬くんが憐れで、京子がウザ可愛かった。そして春虎・・・。状況が良くなかったとはいえ、まさかここでBL好き腐女子(貴腐人っていうんだっけ?)の寮母により、夏目(男装)とのただならぬ関係を疑われる羽目に。不憫な子。

 

第3話『エスケープfrom道玄坂』
夏目と春虎がお出かけするお話。だったはず。春虎の服と、ジャージとパジャマと制服しか持ってない夏目の服を買うために街に行く2人。冬児不在でデート気分な夏目が可愛いです。春虎の言葉に意地を張っていくところも可愛い。
誤ってホテル街に入ってしまった2人に立ちはだかったのはBL愛好寮母2人。まだ出てくるのか!笑
慌ててホテルに入っちゃうのはお約束ですよねー。良いムードになったところでコンがキレながら出てきたのには笑った。そういえばいつもいるんだよね。ノリノリな大友先生にも笑った。おっさん仕事しろ。
そして、幼女趣味疑惑が発生した春虎。やっぱり不憫な子。

 

第4話『ブラッディー・ホリデー』
前回までで男色と幼女趣味というかつてない変態主人公化した春虎に春がくる話。とみせかけて夏目が完全に崩壊する話。
ラブレターを受け取った春虎はドキドキしながら差出人とデートをすることになるのですが、それをリークするコンと妨害を決意する夏目の密談シーンが無駄に緊迫感がありました。挿絵まで・・・
そして夏目の妨害のやり方がえげつない。もういっそ殺してしまおうか、という感じなんですかね。呪力持ったストーカーとか怖すぎです。冬児が珍しくびびってたのが面白かった。というか、冬児の危機感の抱き方と影ながら春虎(の命)を助けようとする姿に友情を感じました。なんて優しいヤンキー。
そしてオチは・・・。まぁ、そうなりますよね。挿絵も崩壊。春虎、どこまでも不憫な子。

 

という感じで、春虎が不憫で夏目が残念な子になる短編集でした。面白かったーーー。本編が緊迫していただけに、何でこんなに笑えるんだろうってくらい笑いました。大満足!

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-4)東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-4)
あざの 耕平,すみ兵KADOKAWA/富士見書房
売り上げランキング : 81905Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。