折れた竜骨

『折れた竜骨(上・下)』(米澤穂信/創元推理文庫)★★★★☆

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)
折れた竜骨 上 (創元推理文庫)

本屋さんで目に止まって購入。第64回日本推理作家協会賞受賞作で、様々なミステリーランキングで1位や2位を獲っている作品だそうです。
帯のあおりが秀逸。「魔術と剣と謎解きの巨編」。舞台は中世イングランドのソロン島で、魔法とか騎士とかわんさか出てきますが、実態は王道ミステリーでした。

☆あらすじ☆
ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた……。
自然の要塞であったはずの島で暗殺騎士の魔術に斃れた父、「走狗(ミニオン)」候補の八人の容疑者、いずれ劣らぬ怪しげな傭兵たち、沈められた封印の鐘、鍵のかかった塔上の牢から忽然と消えた不死の青年――そして、甦った「呪われたデーン人」の襲来はいつ?魔術や呪いが跋扈する世界の中で、「推理」の力は果たして真相に辿り着くことができるのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 折れた竜骨