0能者ミナト1


『0能者ミナト』(葉山透著/メディアワークス文庫)★★★★★

0能者ミナト (メディアワークス文庫)
0能者ミナト (メディアワークス文庫)

田倉トヲルさんによるコミカライズを読んで面白かったので原作も購入。現代の伝奇譚というキャッチコピーにふさわしく、科学的な部分とオカルト的な部分の混じり合い具合が素晴らしかったです!

☆あらすじ☆
科学が隆盛を極める現代。だが、その片隅にひっそりと息づく異形のものたちがいた。存在を知る一部の者たちは、それを「怪異」と呼んだ。
当然、怪異を相手にする生業もある。修験者、法力僧、呼ばれ方は様々だが、その中でひと際変わった青年がいた。九条湊──どこか斜に構えたクセのある青年だが、彼が同業者から疎まれているのはそこではない。霊力、法力、神通力、彼はそんな力を一切持っていない。それにもかかわらず怪異を倒すという。その手腕は驚くべきものだった──。
葉山透が贈る、現代の伝奇譚が登場。

以下、ネタバレありで感想。


 

連作短編で、2話+閑話が収録されています。

 

第1話「嫉」
第1話は、ふざけた大学生が元神様の怪異の封印を解いてしまい、解き放たれた怪異「嫉」にミナトが挑むというもの。
この話はコミカライズされており、すでに内容は知っていたのでさくっと読みました。
原作読んでみてコミックのできのよさに改めてびっくり。第2話のコミカライズもすでに連載が始まっているらしいので、単行本化したら絶対買います。田倉トヲルさんの絵が好きなんです。原作のイラスト書いてるkyoさんもいいんですけどね。

主人公のミナトは、ライトノベルにありがちな秘められた特殊能力などは(今のところ)何も持っておらず、ただ自分の知識と知恵だけで怪異を討伐しようとします。
斜にかまえて余裕たっぷりと難問に挑むミナトは大人な雰囲気をたっぷりと出していてかっこよかったです。
ミナトは巫女の沙耶と天才霊能力少年ユウキと行動をともにするのですが、年少組を翻弄してニヤニヤと意地悪く笑っている嫌なやつ。と見せかけて時折チラリとみせる誠実な面がまた素敵だったり。このギャップはいかん!!笑
しかし、嫉の倒し方がジョジョを連想してしまった。地球外に追放って、強く設定しすぎた敵の王道な倒し方ですね。
でも、最後のミナトの金貸しのじいさん云々の台詞が気に入ったので、終わりよければすべてよしです。

 

第2話「呪」
第2話は、おじいさんが腐っていくお化け屋敷の話。
これは、第1話よりホラー色が強かった。腐っていく様子とか屋敷の住人の不気味さもあるけど、最後のオチが!!!
奥さんの狂気の描き方がすごかったです。
父親の違う双子って最近別の本でも読んだ気がするけど、本当にあるのかな?
ラストの双子の視線の食い違いが恐ろしかったです。それと、「お兄様」って、え・・・・・・
この話でも1話同様ミナトは余裕たっぷりと年少組をからかって遊んでいるのですが、蟲毒から沙耶を守ったシーンなんか見てると保護者的雰囲気もだんだんと出てきた気がします。
きっとそのうち保父さんになるのでしょう(期待)。
おじいさんの死をちゃんと弔ってあげているところも素敵でした。

 

閑話「告」
閑話は、次巻へのプロローグといったところ。ミナト、理彩子、孝元の3人がお茶しています。この3人がチームを組んでいたときの話も読みたいなぁ。

0能者ミナト (メディアワークス文庫)0能者ミナト (メディアワークス文庫)
葉山 透アスキーメディアワークス
売り上げランキング : 73053Amazonで詳しく見る
0能者ミナト 1 (B's-LOG COMICS)0能者ミナト 1 (B’s-LOG COMICS)
田倉トヲル,(原作)葉山透,(キャラクター原案)kyoエンターブレインAmazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。