エリスの聖杯3 /常盤くじら


エリスの聖杯3 (GAノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年10月刊。
地味な子爵令嬢と稀代の悪女のコンビが「復讐」を果たすために奔走する権謀術数サスペンス第3巻。
複雑に絡んだ謎や問題の全てが解決する最終巻でした。めっちゃ面白かった!
女子二人の友情、契約婚約者とのロマンス、そして謀略に挑むスリル。
そのどれもに胸が熱くなりました。最高だった…!
ちなみに続編の刊行が決定したそうですね。今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
「ごめんね、スカーレット。本当に、ごめん」
希代の悪女の亡霊スカーレットと、その復讐につきあうことになった地味令嬢のコンスタンス。
奇縁で結ばれた令嬢コンビはついに、十年前の処刑の真相へと辿りつく。
あとは順に復讐相手を見つけ出していくだけ、と気炎をあげるスカーレット。
だが、王国内で暗躍を続ける組織【暁の鶏】は、コニーやランドルフを『エリスの聖杯』の邪魔者であると認識し、その排除のために動き出していた。
敵の意図を看破したコニーは、あえて冤罪を被って収監されることで、ランドルフの行動の自由を確保する。
しかし、そんな彼女に下された王命は『十年ぶりの公開処刑』だった――!
十年前のサン・マルクス広場、処刑場での邂逅から始まった二人の少女の物語。その果てに待つ運命とは!? 感動の第三弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エリスの聖杯3 /常盤くじら

勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録 /ロケット商会


勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録 (電撃の新文芸)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★
2021年9月刊。
面白かったー!
勇者の刑に処された極悪な犯罪者たちが、魔王現象と呼ばれる怪物の群れと戦わされるダークファンタジー。
「勇者」の多くが人格破綻者ばかりで、一見まともに見えた主人公すら危うい人物。
そんな彼が女神と出会い、彼女や仲間と共に数多の死線を掻い潜っていく物語なのだけど、その出会い方がヤバいわ、仲間はクズと狂人ばかりだわ、世界の様子もおかしいわ……という感じで異様な雰囲気に包まれた作品でした。
勇者たちはみんな個性豊かだし(誰かが何か言うたびに「こいつ頭ヤバいな…」となる)、主人公と女神が戦いながらバディとして洗練されていくバトルシーンも良かった。
続きもとても楽しみです!

☆あらすじ☆
 勇者刑とは、もっとも重大な刑罰である。
 大罪を犯し勇者刑に処された者は、勇者としての罰を与えられる。
 罰とは、突如として魔王軍を発生させる魔王現象の最前線で、魔物に殺されようとも蘇生され戦い続けなければならないというもの。
 数百年戦いを止めぬ狂戦士、史上最悪のコソ泥、詐欺師の政治犯、自称・国王のテロリスト、成功率ゼロの暗殺者など、全員が性格破綻者で構成される懲罰勇者部隊。
 彼らのリーダーであり、《女神殺し》の罪で自身も勇者刑に処された元聖騎士団長のザイロ・フォルバーツは、戦の最中に今まで存在を隠されていた《剣の女神》テオリッタと出会い――。
「力を貸してくれ、これから俺たちは魔王を倒す」
「その意気です。勝利の暁には頭をなでてくださいね」
 二人が契約を交わすとき、絶望に覆われた世界を変える儚くも熾烈な英雄の物語が幕を開ける。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録 /ロケット商会

元カノとのじれったい偽装結婚2 /望公太


元カノとのじれったい偽装結婚2 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★
2021年7月刊。
じれったーい!
すでに結婚しているのに、なぜか両片思いの新婚ラブコメ第2弾。
当て馬登場で進展があったものの、次回の方が面白くなりそうな雰囲気。続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
じれったい二人が織りなす偽甘新婚ラブコメ、第2弾!
改めて正式に入籍した晴と理桜。「なんだかんだ言って……ちょっとは浮かれているんじゃないのか?」「う、浮かれてないし、全然浮かれてないし!」そんな二人の下、理桜への挨拶という名目で晴のバイト先の同僚たちが家に遊びに来た。同僚であり晴と同大学に通う女子大生、鹿野千百合。彼女はまだ晴に未練があり、さらには二人の関係を疑っていて……。「……晴さん、結婚したこと、後悔してないですか?」偽装結婚であることがバレないようにボロを出さずに頑張る二人だったが、なりゆきで千百合が泊まることになり!? 両片想いでも素直になれない、じれったい二人が織りなす偽甘新婚ラブコメ、波乱が波乱を呼ぶの第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 元カノとのじれったい偽装結婚2 /望公太

茉莉花官吏伝9 虎穴に入らずんば同盟を得ず /石田リンネ


茉莉花官吏伝 九 虎穴に入らずんば同盟を得ず (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2020年11月刊。
叉羅国編クライマックス。
ラーナシュの訪問から始まった一連の騒動の最後を飾る茉莉花の活躍がとても良かったです。
Izumiさんのイラストもどんどん魅力的になっていくなぁ。

☆あらすじ☆
茉莉花vs珀陽!? コミカライズも絶好調! 立身出世物語第9弾!
分裂の危機にある叉羅国が他国に攻め込まれた!
急ぎ帰国命令の出た茉莉花に、ラーナシュは白楼国の皇帝・珀陽の力を借りたいと頼む。
だが、旨みのない同盟は結べないと珀陽はきっぱり拒否。
文官と個人の間で揺れ動く茉莉花の心を見抜いた珀陽は『ラーナシュと暁月の違い』の話を茉莉花にしたあと「私を、文官として負かしてみてくれ」と告げ!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝9 虎穴に入らずんば同盟を得ず /石田リンネ

神様は少々私に手厳しい7 /守野伊音


神様は少々私に手厳しい 7 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年7月刊。
感情の振れ幅が大きすぎて情緒が大変なことになる最終巻でした。
あっちで吹き出し、こっちで泣いて、涙が止まらないうちに次の笑いの波が来る。
ほんと良い最終巻だったなぁ。
異世界トリップした主人公の選択と、大事な人たちが彼女に向ける様々な想い。
その優しさ、温かさ、切なさに胸がいっぱいになりました。
とても面白かったです。最高でした。

☆あらすじ☆
皇都エルサムで始まった戦争の中、カズキは人質解放の条件として一人でディナストに追いかけ回されていた。
宮殿内を走り回って逃げていると、異世界にやってきていたある人物と出会う。
その出会いがきっかけとなり、大きな決意をするカズキ。
そして、城で待つディナストの元にルーナがようやくたどり着き、長かった戦争はついに決着する。
戦乱の時代を駆け抜けた少女カズキと騎士ルーナの運命は?ハンカチ必須の感動のクライマックス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい7 /守野伊音

蟲愛づる姫君シリーズ4〜6巻 /宮野美嘉


蟲愛づる姫君の純潔 (小学館文庫キャラブン!)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
『蟲愛づる姫君の純潔』2020年8月刊。
『蟲愛づる姫君の永遠』2021年1月刊。
『蟲愛づる姫君の宝匣』2021年2月刊。

毒蟲を愛する姫君と、彼女を愛する壊れた王様。
そんな変テコ夫婦の奇妙な日々を描く中華ファンタジーの続刊です。
丸1年積んでいたら続きが大量に刊行されていて驚きました。宮野先生の筆の速さが凄すぎる。
慌てて追いかけている途中なのですが、これだけ早い刊行でもクオリティが維持されていて更に凄い。
毒々しくて禍々しくて歪みきっていて耽美で素敵な夫婦の物語。とても面白かったです。

☆あらすじ(『蟲愛づる姫君の純潔』)☆
毒蟲マニア・玲琳王妃またトラブルの予感!
新興国である魁の若き王・楊鍠牙と、その妃である李玲琳。不幸体質の鍠牙は愛する妻にいつか殺されることを夢見ており、玲琳は玲琳で相変わらず毒蟲を愛し、蠱毒の魅力に囚われつづける毎日だが、完全なる政略結婚から始まったこの婚姻関係は、当人たちにしかわからない謎の絆で、どうやらうまくいっているようだった。
そんなある日、王宮に大きな衝撃が! 牙の妹である累姫が帰還したというのだ。実はこの累姫、玲琳が嫁いでくるよりも以前――かれこれ一年ほど前に、旅の途中で盗賊に襲われ、馬車ごと谷底に落ちて死んだはずが戻ってきたのだ。しかし心身ともに深く傷ついた累姫は、どんな医師の治療も受け入れないらしく、万策尽きた臣下たちは玲琳に姫の問診を願い出る。つまり玲琳の王妃という高い地位と、毒とはいえ薬の類いによく通じる知識、そしてなにより空気を読まない傍若無人な性格をもってすれば、誰もなしえない累姫の診療ができるに違いないというのだ。ところが、兄である鍠牙は玲琳が妹に接することを、なぜか快く思っていないようで……? 変わり者の最強王妃と、妻にしか興味がない不幸体質国王の、奇妙奇天烈な結婚生活の明日はどっちだ!?

以下、各巻のネタバレありの感想です。

 

続きを読む 蟲愛づる姫君シリーズ4〜6巻 /宮野美嘉

身代わり婚約者なのに、銀狼陛下がどうしても離してくれません! /くりたかのこ


身代わり婚約者なのに、銀狼陛下がどうしても離してくれません!(ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★
2021年9月刊。
『瑠璃龍守護録』のくりたかのこ先生による最新作!
妹の身代わりとなり、訳アリ国王の婚約者となった少女。
これは不幸な境遇によって心を潰された少女が、自分を認められ、必要とされ、そして恋をして、立ち直っていく物語です。
そしてそれは彼女だけの話ではなくて、彼もまた同じ。

王道のシンデレラ・ストーリーとして読み応え抜群でした。
わんこ系ヒーロー(ただし獰猛な大型犬)がヒロインにめちゃめちゃ懐いてるのが可愛くも色っぽかった笑
綺麗に終わっているけれど、もしシリーズ化するなら是非読みたい!

☆あらすじ☆
「俺はお前に撫でられたい」獰猛な銀狼陛下がわんこのように懐いてきます!
国王の婚約者である妹が失踪し、急遽身代わりとして王宮へ上がった伯爵令嬢アイリ。銀狼の血を引き、暴君と噂される国王に正体がバレたらお家没落!? 何とかやり過ごそうとするも、流れで一夜を共にすることになってしまう! 絶体絶命のアイリだったが――「気持ちいい、もっと撫でてくれ」獰猛なはずの彼がなぜかわんこのように懐いてきて!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり婚約者なのに、銀狼陛下がどうしても離してくれません! /くりたかのこ

【WEB小説感想】ヤンデレ至上主義の悪役令嬢はハッピーヤンデレカップルを慈しみたい! /染井由乃

Twitterで「ヤンデレが好き」と定期的に鳴いていたらオススメいただきました。めちゃめちゃ面白かった〜!

『公爵令嬢レイラの逃避行』の染井由乃先生による悪役令嬢転生もの。
ヤンデレばかり揃えた乙女ゲームの世界に悪役令嬢として転生し、各種ヤンデレカップルを愛でながら、彼らのバッドエンドを回避しようと奔走する物語です。

様々な病んだ恋愛が描かれ、それらをニヨニヨしながら見守る悪役令嬢。
「ヤンデレ×美少女のココが良い!」という熱い主張に、何度「わかる!」と叫んだことか。ヤンデレスキーの性癖に対する解像度が異様に高い。

そして、もちろんヤンデレものとしても楽しい作品でした。
よそのヤンデレカップルを愛でる悪役令嬢の背後で、ひっそりふつふつと煮詰まるように育っていく執着心……
こういうの、大変美味しいですねっ!!

☆あらすじ☆
16歳の誕生日、エレノアは自分が、ヤンデレ系恋愛シミュレーションゲーム「狂愛のスノードロップ」の世界に転生していることに気づく。
ヤンデレ塗れのこのゲーム、バッドエンドは悲惨も悲惨。ヤンデレたちの拗らせ執着の末に、ヒロインですら死亡、監禁は当たり前。
肝心のエレノアの立場はというと、これまた死亡フラグだらけの悪役令嬢。だが、歪んだ愛をこよなく愛する彼女は、自らの境遇に絶望することもなく一人ほくそ笑む。
フラグ回避? 改心していい子ちゃんになる?
それももちろん大事だけれど、最も大切なことは「ヤンデレ×美少女」の恋路を見守ることではなくって?
悪役令嬢の対場を利用して、ハッピーヤンデレルートを見届けるまでは死んでも死にきれない!
「さあ、見せて頂戴! 歪んだ愛の美しさを!!」
これは、ヤンデレ至上主義の悪役令嬢が、ヒロインたちのバッドエンドを全力で回避しながら、尊いヤンデレカップルの成立を見届けるために奔走する喜劇の物語。

以下、最終話および番外編までのネタバレあり感想です。

続きを読む 【WEB小説感想】ヤンデレ至上主義の悪役令嬢はハッピーヤンデレカップルを慈しみたい! /染井由乃

悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる  /稲井田そう


悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★
2020年7月刊。
破滅回避を目指す悪役令嬢が、知らないうちにヤンデレハーレムを築いてしまうド修羅場ラブコメです。
攻略対象の様子は異常だけど、攻略対象以外の様子も異常というか。異常者じゃない方が少数派では??
普通に暮らしているだけで周囲の心を捻じ曲げていく主人公が恐ろしいです。一番恐怖を感じているのは彼女なんだけども。
破滅回避どころか地獄が形成されていく様を、ふふっと笑える楽しい語り口で描く作品でした。とにかく地の文が面白すぎる。
1巻時点の推しは婚約者かな。普通の少年が徐々に心を病んで壊れていく様子がとても丁寧に描かれていて、性癖のピタリ一致を感じました。続きも読んでいきます。

☆あらすじ☆
十歳の誕生日、前世を思い出した悪役令嬢ミスティアは、乙女ゲーム『きゅんきゅんらぶすくーる』の世界で――無意識に次々とキャラクターをヤンデレ化!?
破滅エンドを導く“ヒロイン”と恋敵にならないため、彼女は「王子様系同級生」との婚約解消に奔走開始! ……するはずが、超お人好しな性格のせいで逆に好感度アップ!? 「享楽主義の貴族」、「純情ヤクザ教師」などのトラウマも解消してしまい、彼らに歪んだ愛情を抱かれてしまう。さらにゲームで見た覚えのない専属侍女もいて――
すべてが異常だらけのなか、ヒロインと出会う貴族学園入学までにシナリオ改変できるのか?
勘違いの錯綜でドキドキがとまらないっ!
気付かない間に地獄絵図のサスペンス学園ラブコメディー

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる  /稲井田そう

続・金星特急 竜血の娘2 /嬉野君

>
続・金星特急 竜血の娘(2) (ウィングス文庫)

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2021年9月刊。
名作『金星特急』の続編にして、文明崩壊後の世界を女神の娘が旅するファンタジー第2弾。
壊れてしまいながらも、かつての風景を残す世界。そのノスタルジーと哀愁がたまりません。
少しずつ物語の細部が見えてきて、冒険譚としても面白さが増してきました。続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
七百年ぶりに目覚めたユースタスは恋人の砂鉄のことだけ忘れていた。何とか彼女の記憶を取り戻したい桜だが、当の砂鉄が何も言わず、見守ることしかできない。一方、三月の願いで《銀魚》の力を使ったユースタスにより、夏草の眠る方角が判明する。どこかは分からない、けれど夏草は生きている――。希望を胸に一行はグラナダを出て東北東を目指す……!! 金星特急の旅の終わりから約七百年後の世界を描く「金星特急」続篇、いよいよ本格始動!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・金星特急 竜血の娘2 /嬉野君

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ