テスタメントシュピーゲル1 /冲方丁


テスタメントシュピーゲル1 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前シリーズの感想はこちらから

評価:★★★★★
2009年11月刊。
面白すぎる・・・・・・あまりにも面白すぎる・・・・・・
オイレンとスプライトの段階でも「おっもしろーい!ひゃっほーう!」となってたのに、嘘やんこんな面白くなるとかありえるの・・・?

本当はブログに感想を書くよりも続きを読みたい気持ちでいっぱいです。
でも1巻を読み終えたこの瞬間の絶望と感動と興奮は今しか書けないと思ったので、グッとこらえて感想を書きます。

もうね、心が血塗れなんですよ。
今までの全てが容赦なく心を握りつぶした。丁寧にすり潰されて、ぺしゃんこになった。

なのに悔しいくらい面白い。

どうしたらいい?面白すぎるんだけど、これ、まだ1巻なんですよ??
本当にどうしたらいいの・・・・・・

☆あらすじ☆
西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊(MPB)に所属する涼月、陽炎、夕霧は今日もささやかな休息を寸断され、テロリスト集団と対峙していた。機械化された肉体を武器に重犯罪者と戦う〈特甲児童〉、だがその心にはいまだに癒えぬ痛みがある。単純に見えた事件の奥に過去へと繋がる断片を見出し、独自の調査へ乗り出す少女達。事態は重大な局面へ……。
『天地明察』で2010年本屋大賞第1位を獲得した冲方丁の衝撃的ライトノベル、新シリーズ突入第1弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む テスタメントシュピーゲル1 /冲方丁

Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時


Babel I 少女は言葉の旅に出る (電撃の新文芸)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年6月刊。
面白かったー!
『Unnamed Memory』と同じ世界、違う時代に迷い込んだ少女の旅を描く異世界トリップファンタジー。

かつて電撃文庫で2巻まで刊行された作品ですが、電撃の新文芸にてリブート。
結局WEB版の続きを読めずにいたので、書籍版で再び読む機会を得られて嬉しかったです。
そしてリブート版は旧版よりも読み応えが大幅にアップ。こちらの方が格段に面白かったです。

元の世界に戻るために旅に出た少女。
彼女を助けながら、彼女から「文字」を学ぶ青年。

少しずつ違和感をにじませていく物語は、どのような全貌をみせてくれるのか。

とても楽しみです。続きは秋!

☆あらすじ☆
WEBで読者を熱狂の渦に巻き込んだ、珠玉の異世界ロードファンタジー
現代日本から突如異世界に迷い込んでしまった女子大生の水瀬雫。剣と魔法が常識の世界の辺境に降り立ってしまい途方に暮れる彼女だったが、魔法文字を研究する風変わりな魔法士の青年・エリクと偶然出会う。
「――お願いします、私を助けてください」
「いいよ。でも代わりに一つお願いがある。
僕に、君の国の文字を教えてくれ」
日本に帰還する術を探すため、魔法大国ファルサスを目指す旅に出る二人。その旅路は、不条理で不可思議な謎に満ちていて。――そうして、運命は回りだした。
これは、言葉にまつわる物語。二人の旅立ちによって胎動をはじめたばかりの、世界の希望と変革の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時

2020年6月のおすすめライトノベル

2020年が半分消えてしまった・・・!
7月です。お元気ですか?「晴れたら読書を」のみかこです。

 

先月の思い出は何と言っても(超個人的観測範囲での)『筺底のエルピス』ブーム!!

 

『筺底のエルピス』はガガガ文庫から刊行中の傑作伝奇SFシリーズなのですが、この短期間で(私のTwitterタイムライン上で)読者が急増。
この数週間、新鮮な悲鳴と阿鼻叫喚をたくさん浴びることができて幸せでした。
あまりにも楽しかったからmin.tで記念にまとめてみたり。エルピス一気読み勢の興奮をみてみて!

 

うちのTLで観測した『筺底のエルピス』(オキシタケヒコ著)ブームの記録(min.t)

 

でも本当に私の観測範囲だけなの?実際どうなんだ??

 

どちらにせよエルピスは全人類に読んでほしい最高に面白いラノベ!もっともっと読者が増えますように。

 

前置きが長くなりました。6月に読んだ本の中から面白かったラノベを紹介していきます。続きをどうぞ。

 

続きを読む 2020年6月のおすすめライトノベル

矛盾が神を殺すまで1 その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く /橘九位


矛盾が神を殺すまで 1~その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く~ (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
最強の矛と最強の盾を対決させたらどうなるのか?から始まるファンタジー。

敵同士の家に生まれた恋人というロミジュリっぽい設定のカップルですが、悲恋系ではなく仲良しの幼馴染カップルでした(もう少しロミジュリ設定を生かしても良かったんじゃないかとは思う)
まったく正反対の性格で、その凸凹がかっちりハマってる感じの二人組です。とても可愛かった。

内容的には序章すぎて評価に迷うところ。続きを読ませてほしいな〜

☆あらすじ☆
『絶対貫通の矛』と『絶対防御の盾』。王国に伝わる矛盾する二つの至宝が、何の因果か同じ時代に揃う。それぞれの継承者、矛の騎士ミシェルと盾の騎士ザック。恋人同士であることを隠している二人に、突如「矛盾の結末を明らかにせよ」という決闘の王命が下る。ミシェルとザックはどちらの『絶対』が上かを証明するため激突することになり―― その対決の結果は……あまりにも予想外のものだった!!
世界の裏側を知ったザックとミシェル、二人の運命が動き出す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 矛盾が神を殺すまで1 その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く /橘九位

オイレンシュピーゲル(全4巻)、スプライトシュピーゲル(全4巻)/冲方丁


【合本版】オイレンシュピーゲル 全4巻 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
オイレンシュピーゲル:2007年2月刊 〜 2008年5月刊。
スプライトシュピーゲル:2007年2月刊 〜 2008年4月刊。

めちゃくちゃ面白かった!
架空の国際都市を舞台に、治安維持組織に所属する少女たちの戦いを描くSFクライム・アクション。
体に障害を持つ子どもに機械の手足をつけてテロリストとの戦いに放り込むという、かなりドギツイ物語ですが、そこで描かれるドラマとアクションは濃厚の一言。
救いがたく反吐が出るような世界だけど、そこで必死に進み続ける少女の慟哭が胸を打つ。
また、現実世界と切り離せない設定・描写が多々あり、そのリアリティが物語への没入感を高めるかのよう。
あとラブコメが予想外に楽しすぎた・・・!笑

色々書きたいことは後ろに回すとして、近未来警察モノとして最高に面白いエンタメ小説でした。

ちなみに『オイレンシュピーゲル』(角川スニーカー文庫)と『スプライトシュピーゲル』(富士見ファンタジア文庫)はワンセットです。
もしもこれから読む方は1巻ずつ交互に読んでくださいね(2巻と4巻で交錯があります)

シリーズ完結作の『テスタメントシュピーゲル』も近日中に読む予定です。

☆あらすじ(オイレンシュピーゲル1巻)☆
「なんか世界とか救いてぇ――」。あらゆるテロや犯罪が多発し『ロケットの街』とまで渾名される国際都市ミリオポリスに、「黒犬」「紅犬」「白犬」と呼ばれる3人の少女がいた。彼女たちはこの街の治安を守るケルベルス遊撃小隊。飼い主たる警察組織MPBからの無線通信「全頭出撃!」を合図に、最強武器を呼び込み機械の手足を自由自在に操り、獲物たる凶悪犯罪者に襲いかかる!
『天地明察』で2010年本屋大賞第1位を獲得した冲方丁の、衝撃的ライトノベル第1弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む オイレンシュピーゲル(全4巻)、スプライトシュピーゲル(全4巻)/冲方丁

いまはむかし 竹取異聞 /安澄加奈


いまはむかし 竹取異聞 (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2013年9月刊。
新たな切り口と大胆な解釈で描く「竹取物語」。
かぐや姫の末裔と月守りの少年の冒険を描く和風ファンタジーです。
彼らを見守る武家の少年、その幼馴染の薬師の少女。
まつろわぬ民の長の息子。
5つの宝を探す旅のなかで偶然に出会った少年少女の冒険と友情、そして成長と恋。
後半が特に駆け足だったのが気になったかな。設定とキャラが良かっただけに、もう少し長い尺で読んでみたい作品でした。

☆あらすじ☆
武官となるのを拒んで家を出た弥吹が出会ったのは、ある目的のためにふたりだけで旅をしている「月守」の少年たち。彼らは「かぐや姫」の伝説に深く関係していた。興味をひかれた矢吹は、彼らと行動をともにするうちに、次第にかぐや姫にまつわる壮絶な運命の渦へと巻き込まれていく。ふたりはいったい何者なのか? 五つの宝とは?
「竹取物語」を大胆かつ自由に解釈した、瑞々しく清々しい和製ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いまはむかし 竹取異聞 /安澄加奈

王女殿下はお怒りのようです4 交錯する記憶 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 4.交錯する記憶 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
ついに失われた「ドロッセルの記憶」に切り込む第4巻。
なんですが、なんか謎が謎を呼んだというか、なんだかよく分からないまま終わってしまった感。
ここから盛り上がっていくのでしょうか。続きが気になるので期待したいところです。

☆あらすじ☆
公爵家の圧政を断罪する!
屋敷を襲った謎の青年と黒い霧の関連を知るため、レティシエルはジークと王立図書館へ向かう。
秘書庫を訪れ、ついに黒い霧との関係がある力の正体に近づいたかと思った矢先、レティシエルは不可解なメッセージを発見し……?
なかなか答えにたどり着けない中、レティシエルの元に、公爵家の領地内で発生した暴動の報せが届く。
その中心がニコルの故郷近くと知ったレティシエルは、原因である公爵家の圧政を終わらせ、暴動を収束させるべく領地へ赴いた。
そこに現れたのは公爵家の長男・フリード。
黒い霧を操り、民草を道具と切り捨て蔑ろにするフリードを、王女殿下が断罪する――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです4 交錯する記憶 /八ツ橋皓

婚約者が悪役で困ってます2 婚前旅行記 /散茶


婚約者が悪役で困ってます: 2 婚前旅行記 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2017年12月刊。
前巻で綺麗に終わっていたと思ったんだけど、なるほど終わってなかったわ!!となった第2巻。
乙女ゲームの世界に転生し、「悪役」の婚約者となって、彼の破滅を回避して。
そこまで来てようやく見えてくるものがあるのだと知りました。
これは良い続編だった。とても面白かったです。

☆あらすじ☆
ゲーム世界のモブに転生し、美形だが冷徹な悪役・ベルンハルトの婚約者になってしまったリジーア。破滅回避のための『ベルン死んだふり作戦』も無事成功し、穏やかに結婚までの暮らしを楽しんでいた二人のもとに、ベルンを慕う令嬢(縦ロール)がやってきて――? 人気作品の続編が書きおろし短編付きで登場☆

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 婚約者が悪役で困ってます2 婚前旅行記 /散茶

婚約者が悪役で困ってます /散茶


婚約者が悪役で困ってます (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年6月刊。
面白かったー!
乙女ゲームの世界に転生し、「悪役」の婚約者という微妙な立場に割り振られてしまった主人公。
大切な婚約者が悪いことをしないよう見張りつつ、仲良しこよし(時々血みどろバイオレンス)の学園生活を送る物語です。

この婚約者、のほほんマイペース犬型悪役系思春期男子でした。
なんだそれって感じですか?めっちゃ可愛いってことですよ。

それにしても「悪役」って良いね。
ヒーローの闇が深い案件が好きな人にはたまらないと思います。私は大好物なやつだった!

☆あらすじ☆
ある日、私・リジーアは気がついた。この世界は乙女ゲームで自分はモブだということに。しかも破滅ルートのある悪役、ベルンハルトと婚約することになってしまい……。かっこいいし有能な次期公爵だし、親切で優しい人だけど、もしかして裏では悪いことを!? 仲良くなって彼の破滅を回避しないと! きっと、仲良くできる! 仲良くしてみせる! ……たぶん。悪いことダメ絶対。破滅回避の学園ラブファンタジー☆

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 婚約者が悪役で困ってます /散茶

女王の化粧師2 /千花鶏


女王の化粧師 2 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年6月刊。
面白かったー!
WEB版既読なので面白いのは分かってたんですけど、書籍版は話の流れがシンプルに整えられていたし、変更点も好みでした。

ちなみに、『女王の化粧師』2巻は電子版のみの刊行です。
ビーズログ文庫もついに続刊は電子版のみという手法を取り入れ始めた模様。続刊なしより百万倍ありがたいので応援したいです。

そして『女王の化粧師』が骨太ヒストリカルFT×凄絶ラブロマンスを発揮するのはこの後なんで!ここから更に面白くなるのよ!
だから頼む〜〜〜〜〜!!!!続きますように!!

☆あらすじ☆
「わたしには、あんたの化粧が必要なの」――時代に翻弄された女王候補と化粧師の物語、続編登場!!
化粧道具を壊した主君マリアージュに怒りをぶつけてしまったダイ。
使用人たちからは非難を浴び、辞めさせられると不安を抱くなか、当主代行のヒースに化粧道具の調達に連れ出される。
花街時代の友人との再会やヒースによる励まし、鮮烈な魔術師との出逢いを経て、ダイは改めてマリアージュと向き合うことに。
しかし彼女からは、完璧に拒絶される一方で!?

以下、ネタバレありの感想です。微妙にWEB版の話もしているので要注意。

続きを読む 女王の化粧師2 /千花鶏

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ