うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。9 /CHIROLU


うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 9 (HJ NOVELS)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
「大人の事情」で出ることになった短編集。
これで最後かー。なにやら寂しくなりますね。
内容は前日譚と後日談。ある夫婦の馴れ初め話がお気に入りです。

☆あらすじ☆
幸せに包まれた結婚式の後、新婚旅行に出かけたデイルとラティナ。海辺ではしゃいだり温泉に入ったり、ケニス推薦のレストランで食事を楽しんだりと非常に充実した旅行を満喫する中、普段わがままを言わないラティナが思わずデイルにお願いしてしまう、とある事件が発生し――!?
他にも、15歳のデイルがケニスと冒険者パーティーを組んでいた時の話や、ちいさなラティナが牧場見学に出かける話など、ここでしか読めない珠玉のエピソードが盛りだくさん!
過去、現在、そして未来へと紡がれていく『うちの娘。』シリーズ第9弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。9 /CHIROLU

エルフ公爵は呪われ令嬢をイヤイヤ娶る /江本マシメサ


エルフ公爵は呪われ令嬢をイヤイヤ娶る【特典SS付】 (アイリスNEO)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
猫好きエルフと猫化する令嬢の契約結婚を描いたラブファンタジー。
このカップル、需要と供給がハマりすぎでは?
割と珍しい男性主人公の女性向けラノベで、次第に猫が好きなのか嫁が好きなのか混乱していくエルフ公爵の懊悩が楽しい作品でした。
ヒロインの抱える事情をミステリーっぽく暴いていくストーリーも面白かったです。
が、途中で終わってる・・・!続きはいつですか!

☆あらすじ☆
大の女性嫌いである美貌のエルフ公爵ハイドランジア。数ある縁組みの話を回避するため、彼は十年前に「娘との婚約を引き換えに、禁書を読ませてほしい」という取引をした魔法使いの娘を名前だけの妻とすることに決めた。ところが、娘――ヴィオレットは異性に触れられると猫の姿となってしまうことが判明。生意気で気が強い妻は気に食わないが、金の毛並みの美猫姿はもだえるほどに愛らしいなんて!
大の猫好き公爵の苦悩の日々が今、始まる!! エルフ公爵と呪われ令嬢の新婚ラブ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エルフ公爵は呪われ令嬢をイヤイヤ娶る /江本マシメサ

プロペラオペラ /犬村小六


プロペラオペラ (ガガガ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
面白かった!
飛空士シリーズの犬村小六先生による、新たな恋と空戦の物語。
空に浮かぶ巨大艦隊同士が激突する迫力の空戦と、国を背負う幼馴染2人のツンデレな恋模様を楽しめる新作です。
太平洋戦争時の日本がモデルになっているところは『とある飛空士への夜想曲』を思い出すのだけど、あちらよりも物語に閉塞感は(現時点で)(そこまで)ないし、キャラが若々しく、コメディ色強め。
大言壮語を吐きつつ比類なき才能を発揮する主人公の活躍も痛快で、最後まで高揚感をもって楽しむことができました。
とはいえ、人がたくさん死ぬ「戦争」の物語ではあるし、先行きは暗いんですけどね・・・・・・
犬村作品には毎度心を○されるので続きを読むのが怖いけれど、それ以上に楽しみで仕方ありません。2巻も期待!

☆あらすじ☆
美少女艦長+天才参謀、天空の艦隊決戦へ!
極東の島国・日之雄。その皇家第一王女イザヤ18歳。
彼女はしかし同時に、重雷装飛行駆逐艦「井吹」の艦長である。イザヤのためなら命を投げ出す乗組員達は、全員彼女の大ファン!
そんな「井吹」に、突然イザヤの部下として乗り込んできたのは、主人公クロト。皇族傍系黒之家の息子であったクロトはイザヤとは幼なじみであったが、ある日、イザヤに対し最っ低の事件を起こして皇籍剥奪となり、家族もろとも敵国ガメリア合衆国へと逃亡したのであった。そのクロトが(どのつら下げて)なぜ今ここに!?
クロトは言い切る、「俺はガメリアを牛耳る怪物から日之雄を守るために帰ってきた」!おりしも我が国日之雄は、カネと武力で日之雄を我が物とせんとするガメリアと開戦に踏み切った。イザヤとクロトは「井吹」を駆り、超大国ガメリアの世界最強飛行艦隊に対し決戦を挑む!!
自信満々、超傲慢、頭が切れるのに加えてバカがつく努力家クロトの大驀進人生の絢爛舞台、ファン待望の犬村小六真骨頂「空戦ファンタジー戦記」が堂々開幕!!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む プロペラオペラ /犬村小六

妹さえいればいい。13 /平坂読


妹さえいればいい。13 (ガガガ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
とても綺麗に終わったので完結巻かと思ってしまいました。次が最終巻とのこと。
伊月と並ぶ「もうひとりの主人公」として、京がフィナーレへ連れて行ってくれるようです。

☆あらすじ☆
そして、新しい日常が始まる。
冬が終わり、季節は春。主人公達はそれぞれ、新しい一歩を踏み出していた。新シリーズを発表した不破春斗。出版社ブランチヒルに入社し、ついにプロの編集者となった白川京。大学のTRPGサークルでオタサーの姫と化した羽島千尋。そして10万文字のラブレターによって何かを掴んだ伊月は、今度こそ本物の主人公になるべく精力的に小説を書き続けていた。ゲームして旅行して酒を飲み、仕事して、恋をする。同じようで変わりゆく、新しい日常が幕を開けた。大人気青春ラブコメ群像劇、いよいよ最終章――前編!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妹さえいればいい。13 /平坂読

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦6 /細音啓


キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 6 (富士見ファンタジア文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
魔女の楽園で起こった争乱が、ますます混迷を極める第6弾。
シリアスパートは笑いごとじゃない展開なのにラブコメパートは笑いが止まりませんでした。いやそれどういう状況なのよww
とても楽しかった。続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
魔女の三姉妹が集うとき、天を揺るがす戦乱の序曲となる――
女王暗殺計画の黒幕を追うアリス。そしてシスベルを護衛し王宮へと急ぐイスカ。そんな二人の前に、「みんなでルゥ家の別荘へ行くの。久しぶりの姉妹水入らず、楽しみね?」王女姉妹の長女・イリーティアが姿を現す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦6 /細音啓

男爵令嬢は婚活よりもふもふをご所望です /山本風碧


男爵令嬢は婚活よりもふもふをご所望です【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
婚活のため王都に出てきた動物好きの男爵令嬢と、あるトラブルによって女嫌いとなった青年。
二人の出会いから始まる恋と、王都を騒がす事件を描いていくファンタジーです。
ヒロインがもふもふに癒やされる一方で、ヒーローは羞恥心と本能の板挟みにあって瀕死。
警戒心が強いヒーローの陥落っぷりが楽しいラブコメでした。
恋愛要素だけでなくサスペンスも楽しめたし、分量控えめながら満足できる内容でした。
少し後味に苦みがあるものの、面白かったです。

ところで夢中文庫ってTLの電子書籍レーベルだと思っていたのだけど、非TLの女性向けラノベも出しているんですね。知らなかった。

☆あらすじ☆
王都では、人の言葉を話すことができる『有言種』というペットが、貴族の間で人気を集めている。有言種は魔術によって生みだされるが、多大な量のマナと特殊な教育が必要なため、希少価値がかなり高い。――そんなトレンドを知らない田舎の男爵令嬢アメリは、婚約者探しのため王都にやってきた。動物が大好きな彼女は田舎では両親に隠れて獣医の見習いをしていたが、王都には気軽に触れ合える動物がいない。毎日の婚活に疲れ、もふもふ不足に耐え切れなくなったアメリは、下町の古ぼけた動物病院にたどり着く。そこで獣医の手伝いを始めたアメリは、怪我をした有言種の猫を保護することになるが、『彼』はなんだか訳ありのようで……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 男爵令嬢は婚活よりもふもふをご所望です /山本風碧

女魔王は花嫁修業に励みたい なぜか勇者が溺愛してくるのだが? /jupiter


女魔王は花嫁修業に励みたい なぜか勇者が溺愛してくるのだが?【初回限定SS付】【イラスト付】 (フェアリーキス)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年8月刊。
こういうの好きだ〜笑
敵対する魔王と勇者が一緒に別の世界へ召喚され、新天地で共に生きるため「人間」になることを目指すラブファンタジーです。
絶世の美女だけど天然で激ニブな魔王と、無表情のまませっせと外堀を埋めていくイケメン勇者。
「美男美女の切ない恋とか、大、大、大好物!最高に尊い!」と作中の誰かも叫んでいたが、私も全力で同意したい。まぁこれラブコメなんですけど。
クールべったり×クールぽんこつ。人外×人外。最強勇者×最強魔王。
そんな二人の恋を砂糖たっぷりに楽しめる作品でした。
綺麗に終わっているけどシリーズ化しないかなー?

☆あらすじ☆
敵同士でありながら互いに憎み切れないままだった女魔王アルテミシアと勇者クレイオス。そんな二人が突然別世界に召喚!?
そこでクレイオスは新たな魔王討伐、力を封じられたアルテミシアは憧れていた“人間”の生活をすべく掃除洗濯掃除の修業をすることに。けれど普段無表情・無感動なクレイオスが事あるごとに甘々な恋人扱いしてくるものだから、いつしか家事修業は花嫁修業のように!?
世界を揺るがすクールな二人のちょっとおかしな婚前ライフ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 女魔王は花嫁修業に励みたい なぜか勇者が溺愛してくるのだが? /jupiter

浅草鬼嫁日記7 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 /友麻碧


浅草鬼嫁日記 七 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
最強鬼夫婦の転生ファンタジー第7弾。
馨の里帰り回です。
真紀に馨にしてあげられること、してあげられないこと。その両方を通して「真紀は本当に良い嫁だな・・・」と感動してしまうお話でした。
馨には真紀しかいなくて、真紀にも馨しかいなくて。
でも、それじゃあ、あの人の想いはどこにいくのかな・・・・・・
今後の展開がちょっと怖くなってきました。楽しみです。

☆あらすじ☆
そこは御伽噺の隠れ里。「最強の鬼嫁」夫婦を、幾つもの想いが待ち受ける。
狩人たちとの騒動を退け、無事に新学期を迎えた少し後。馨の祖父の訃報を受けて、真紀は法事へついていくことになる。訪れた九州の実家で、二人は地域にまつわる伝承と、夜毎屋敷をさまよう不穏な存在に遭遇し……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 浅草鬼嫁日記7 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 /友麻碧

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦5 /細音啓


キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 5 (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
姉妹戦争勃発。というか一方的に爆発?な第5巻。
妹が好敵手に接近して腸煮えくり返るお姉ちゃんが可愛くて可愛くて楽しかったです(笑)
本筋の方も気になる展開。続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
運命ではなく己の意志で選んだ唯一の敵――だから、失えない。
交換条件でシスベルの護衛を引き受け皇庁入りすることになったイスカ。真意を知らないアリスリーゼは、寄り添う二人を目撃してしまい、大いに心を乱される。一方、王宮では女王ミラベアを狙った暗殺事件が起き――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦5 /細音啓

ゴブリンスレイヤー10 /蝸牛くも


ゴブリンスレイヤー10 (GA文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年3月刊。
いつもと違う冒険と、いつもと同じゴブリン退治。
いつもと違うことをしようとするゴブスレさんをみると、なんだか無性に感慨深くなります。そんな第10巻でした。

☆あらすじ☆
春、ゴブリン退治の傍ら、葡萄園の警備をすることになったゴブリンスレイヤーの一党。
その葡萄園は、女神官の育った地母神の神殿のものだった。
そんなある時、女神官が姉のように慕う神殿の葡萄尼僧がゴブリンの娘だという噂が広がる――。
周囲の心ない声に胸を痛める女神官、それに対し、迷いを感じるゴブリンスレイヤーはある決断を下す。
「たぶん……今日、明日はゴブリン退治はやれん」
「何をするにしても、頑張ってくださいね! 応援、してますから」
街の影を走る闇の仕掛人が暗躍する中、小鬼殺しに手はあるのか!?
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第10弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー10 /蝸牛くも

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ