生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 1・2 /のの原兎太


生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 01【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻 2017年9月刊、2巻 2017年12月刊。

200年後の世界で目覚めた錬金術師が、錬金術師が存在しない街で「薬屋」として静かに暮らしていく物語。
回復アイテムを必要とする迷宮攻略、回復アイテムが貴重な環境、そして回復アイテムを量産できる主人公。
3つの要素が様々な形で絡みつつ、のんびりとした日常が描かれていく物語です。

細部の設定に凄まじいこだわりを感じる作品でした。
本筋はスローペースだけど設定資料集とかファンタジー事典を読んでるようなワクワク感があります(ただ設定を語りすぎに感じる部分もある)
あとダンジョンの描写がとても良い。アイテム屋を中心に描かれるダンジョン攻略パートすごく楽しいです。

のほほんとした主人公と、彼女を護衛する奴隷の青年の関係性も好き。
信仰みたいな恋情と命がけの打算による執着心という、なんとも言えない生々しさよ・・・・・・

全6巻で完結済みのシリーズで残りも買ってあります。続きを読むのが楽しみです。

☆あらすじ☆
200年後の世界で、自分らしく生きていく。
エンダルジア王国は『魔の森』のスタンピードによって滅亡した。
錬金術師の少女・マリエラは『仮死の魔法陣』の力で難を逃れたものの、
ちょっとした「うっかり」で眠り続けてしまい、目覚めたのは200年後。
――そこは錬金術師が死に絶え、ポーションが高級品と化した別世界だった。
都市で唯一の錬金術師になってしまった少女・マリエラの願い。
それは、のんびり楽しく、街で静かに暮らすこと。
ほのぼのスローライフ・ファンタジー、ここに開幕!

以下、2巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む 生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 1・2 /のの原兎太

ぼくたちのリメイク 1〜3 /木緒なち

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!(MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻、2017年3月刊。2巻、2017年7月刊。3巻、2017年11月刊。
人生にくじけた28歳が10年前にタイムスリップ。
分岐点となった芸大入学の道を選び、そこからクリエイターの卵たちと共に創作に励む大学生の青春ものです。
芸大の個性的な授業風景が面白かったし、男女四人一つ屋根の下で創作に没頭する主人公たちの青春ぶりはとてもまぶしい。
ストレートに刺さる台詞が多くてドキッとしたりも。
そして、(1巻2巻は話に乗れない部分もあったのだけど)3巻の展開で思わず「おおっ・・・!?」と前のめり。
「共通ルート終了」という3巻のサブタイ通り、4巻からが本番なんでしょうね。
どんな形で話が進むのか楽しみです。続きも読んでいこうと思います。

☆あらすじ☆
あなたの人生〈ルート〉、作り直しませんか?
ゲーム会社勤務だった橋場恭也は夢破れて実家に帰ることになったのだが、目が覚めるとそこは10年前だった……。なぜか諦めたはずの芸術系大学に通っていて、しかも憧れだった後のクリエイターたちが同級生に!?

以下、3巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む ぼくたちのリメイク 1〜3 /木緒なち

ティアムーン帝国物語 断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー /餅月望


ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
これは楽しい!そして可愛い!
革命により断頭台に散った帝国の姫が、なぜか子供時代に時間遡行。
イラスト担当のGilseさんの「マリー・アントワネットを再解釈したような物語」というコメントに、まさにそれだ!と膝を打ちました。

ポンコツわがまま姫は一度失敗して、ちょっと成長したポンコツ姫へ。
しかし実際の成長以上に周囲は彼女を過大評価していって・・・・・・というすれ違いモノ。

アホの子がデキる子だと誤解されていく話なんだけど、このアホの子がとても愛嬌があって可愛いんです。
主人公の素顔が魅力的だからこそ「勘違い」が光る作品だと思いました。
良いものを紹介してもらえました。続きも読んでこ!

☆あらすじ☆
崩壊したティアムーン帝国で、わがまま姫と蔑まれた皇女ミーアは処刑された――はずが、目覚めた彼女は12歳に逆戻り??第二の人生でギロチンを回避するため、帝政の建て直しを決意する。手始めに忠義に厚い下っ端メイドと、左遷されたが優秀な文官を味方につけ、失敗した過去をやり直す日々が始まった。けれど、ミーアの本音は「我が身の安全第一」。仇敵を遠ざけ、人脈作りに励むうちに、なぜか周囲の忖度で次々と奇跡が実現!やがて、身勝手なはずの行動は大陸全土の未来を大きく変えていくのだった……。
「こ、これぐらいわたくしにかかれば簡単ですわ!」
保身上等!自己中最強!小心者の元(?)ポンコツ姫が前世の記憶を使って運命に抗う、一世一代の歴史改変ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ティアムーン帝国物語 断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー /餅月望

マルタ・サギーは探偵ですか? /野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか? (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
『マルタ・サギーは探偵ですか?』2003年12月刊。
『マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s. 』 2004年7月刊。

野梨原花南先生といえば、私にとっては『ちょー美女と野獣』。
愛嬌たっぷりでクセが強いキャラクターと、ほどよい抜け感と優しさのある台詞回しが魅力的で、大好きなシリーズでした。

だから『マルタ・サギーは探偵ですか?』もいつか読みたいとは思っていたんですよね。
でもズルズルと積んでいたので、Twitterでオススメ本を交換する話がなかったら、また後回しにしていたかも。良い機会をもらえました。

でも、でも、もっと早く読んでおけばよかった・・・!

すごく好きです、この設定!
推理はできない『名探偵』が、人間以外にも様々な種族が存在する街で、神出鬼没の怪盗に立ち向かう。
決してミステリーではありません。推理をすっ飛ばして事件を解決するのでロジカルを求めてはいけない。
それでも、独特な語り口が楽しいし、異邦人マルタをはじめとするキャラクター陣の魅力が素晴らしくて。

あとなんだか昔のコバルト文庫っぽいんですよね。個人的に。
初めて読むのに懐かしい気持ちになる。そりゃそうか野梨原花南先生だもの。

ラブコメパートもばっちり好みです。探偵と怪盗の絶妙な距離感が最高!

続きも読んでいきたいと思います。

☆あらすじ☆
彼の名前はマルタ・サギー。本当は少し違うけれど、オスタスに来てからはそう呼ばれている。職業は『名探偵』。けれど推理はしないし、できない。マルタにあるのは“事件を強制的に終結”させる力だけ。彼がその力を行使すると“世界の法則さえ捻じ曲げて事態が解決”してしまうのだ。「だってどんな世界でも働かなきゃ、生きていけないし。僕にできるのは『名探偵』だけだし」完璧な探偵であり、同時にまったく探偵でないマルタ・サギーは、如何にして『名探偵』になったのか? 彼の“秘匿されている”過去が、そして宿命の好敵手、怪盗ドクトル・バーチとの出会いの顛末が、今初めて明らかになる! マルタは、へらりと笑う。「不安なのは、どこでだって一緒だ。だから新しい世界で、僕はどんな僕になろうか考えたのさ」

以下、ネタバレありの感想です。本編1巻と短編集1巻の感想をまとめて書きます。

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか? /野梨原花南

テスタメントシュピーゲル3 上・下 /冲方丁


テスタメントシュピーゲル3 上 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
上巻2017年1月刊、下巻2017年7月刊。
最高でした・・・・・・本当に最高だった。

国際都市を舞台に繰り広げられる、機械化された少年少女の戦い。
そこで彼女たちが対峙する過去の傷と因縁。
果たして過去を乗り越え未来を掴み取ることができるのか――

素晴らしい青春小説でした。
クライム・アクションで近未来SFなんだけど、それ以上に青春小説としてパーフェクトだった。
過去の暗闇を這いずりながらも未来へ進み続ける少年少女の物語好き・・・・・・シュピーゲル大好き・・・・・・
読んで良かったです!すっごく楽しかった!

☆あらすじ☆
鬼才・冲方丁の原点にして記念碑的大河ライトノベル、ついに完結へ――。 都市を驀進する蒸気機関車とともに、6人の少女は希望への道を切り開く!!
「前へ進み続けろ!! 真っ直ぐ前へ――!!」
西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊の涼月は、敵の情報汚染への対抗ユニットを目標地点に運ぶため、機能不全に陥った都市を蒸気機関車で驀進する。そのころ、仲間2人――陽炎/夕霧もまた、のっぴきならない危機に直面していた。やがて散り散りになった仲間たちは集い、全ての事象はひとつに収束していく――。機械化された肉体を武器に闘う少女たちの物語、いよいよ最終章!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む テスタメントシュピーゲル3 上・下 /冲方丁

ラノベ人気投票「好きラノ」2020年上期に投票します

いちせさん(@1se)主催の人気投票企画、「好きラノ」が開催中です。
投票締め切りはなんと本日7月18日の日付が変わる前まで!ギリギリ間に合った・・・!

第20回ライトノベル人気投票好きラノ2020年上期

Twitterアカウントをお持ちの方も投票できるので、推し作品が1作でもあるなら、ポチっと投票してみてはいかがでしょうか。

続きを読む ラノベ人気投票「好きラノ」2020年上期に投票します

テスタメントシュピーゲル1 /冲方丁


テスタメントシュピーゲル1 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前シリーズの感想はこちらから

評価:★★★★★
2009年11月刊。
面白すぎる・・・・・・あまりにも面白すぎる・・・・・・
オイレンとスプライトの段階でも「おっもしろーい!ひゃっほーう!」となってたのに、嘘やんこんな面白くなるとかありえるの・・・?

本当はブログに感想を書くよりも続きを読みたい気持ちでいっぱいです。
でも1巻を読み終えたこの瞬間の絶望と感動と興奮は今しか書けないと思ったので、グッとこらえて感想を書きます。

もうね、心が血塗れなんですよ。
今までの全てが容赦なく心を握りつぶした。丁寧にすり潰されて、ぺしゃんこになった。

なのに悔しいくらい面白い。

どうしたらいい?面白すぎるんだけど、これ、まだ1巻なんですよ??
本当にどうしたらいいの・・・・・・

☆あらすじ☆
西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊(MPB)に所属する涼月、陽炎、夕霧は今日もささやかな休息を寸断され、テロリスト集団と対峙していた。機械化された肉体を武器に重犯罪者と戦う〈特甲児童〉、だがその心にはいまだに癒えぬ痛みがある。単純に見えた事件の奥に過去へと繋がる断片を見出し、独自の調査へ乗り出す少女達。事態は重大な局面へ……。
『天地明察』で2010年本屋大賞第1位を獲得した冲方丁の衝撃的ライトノベル、新シリーズ突入第1弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む テスタメントシュピーゲル1 /冲方丁

Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時


Babel I 少女は言葉の旅に出る (電撃の新文芸)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年6月刊。
面白かったー!
『Unnamed Memory』と同じ世界、違う時代に迷い込んだ少女の旅を描く異世界トリップファンタジー。

かつて電撃文庫で2巻まで刊行された作品ですが、電撃の新文芸にてリブート。
結局WEB版の続きを読めずにいたので、書籍版で再び読む機会を得られて嬉しかったです。
そしてリブート版は旧版よりも読み応えが大幅にアップ。こちらの方が格段に面白かったです。

元の世界に戻るために旅に出た少女。
彼女を助けながら、彼女から「文字」を学ぶ青年。

少しずつ違和感をにじませていく物語は、どのような全貌をみせてくれるのか。

とても楽しみです。続きは秋!

☆あらすじ☆
WEBで読者を熱狂の渦に巻き込んだ、珠玉の異世界ロードファンタジー
現代日本から突如異世界に迷い込んでしまった女子大生の水瀬雫。剣と魔法が常識の世界の辺境に降り立ってしまい途方に暮れる彼女だったが、魔法文字を研究する風変わりな魔法士の青年・エリクと偶然出会う。
「――お願いします、私を助けてください」
「いいよ。でも代わりに一つお願いがある。
僕に、君の国の文字を教えてくれ」
日本に帰還する術を探すため、魔法大国ファルサスを目指す旅に出る二人。その旅路は、不条理で不可思議な謎に満ちていて。――そうして、運命は回りだした。
これは、言葉にまつわる物語。二人の旅立ちによって胎動をはじめたばかりの、世界の希望と変革の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時

2020年6月のおすすめライトノベル

2020年が半分消えてしまった・・・!
7月です。お元気ですか?「晴れたら読書を」のみかこです。

 

先月の思い出は何と言っても(超個人的観測範囲での)『筺底のエルピス』ブーム!!

 

『筺底のエルピス』はガガガ文庫から刊行中の傑作伝奇SFシリーズなのですが、この短期間で(私のTwitterタイムライン上で)読者が急増。
この数週間、新鮮な悲鳴と阿鼻叫喚をたくさん浴びることができて幸せでした。
あまりにも楽しかったからmin.tで記念にまとめてみたり。エルピス一気読み勢の興奮をみてみて!

 

うちのTLで観測した『筺底のエルピス』(オキシタケヒコ著)ブームの記録(min.t)

 

でも本当に私の観測範囲だけなの?実際どうなんだ??

 

どちらにせよエルピスは全人類に読んでほしい最高に面白いラノベ!もっともっと読者が増えますように。

 

前置きが長くなりました。6月に読んだ本の中から面白かったラノベを紹介していきます。続きをどうぞ。

 

続きを読む 2020年6月のおすすめライトノベル

矛盾が神を殺すまで1 その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く /橘九位


矛盾が神を殺すまで 1~その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く~ (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
最強の矛と最強の盾を対決させたらどうなるのか?から始まるファンタジー。

敵同士の家に生まれた恋人というロミジュリっぽい設定のカップルですが、悲恋系ではなく仲良しの幼馴染カップルでした(もう少しロミジュリ設定を生かしても良かったんじゃないかとは思う)
まったく正反対の性格で、その凸凹がかっちりハマってる感じの二人組です。とても可愛かった。

内容的には序章すぎて評価に迷うところ。続きを読ませてほしいな〜

☆あらすじ☆
『絶対貫通の矛』と『絶対防御の盾』。王国に伝わる矛盾する二つの至宝が、何の因果か同じ時代に揃う。それぞれの継承者、矛の騎士ミシェルと盾の騎士ザック。恋人同士であることを隠している二人に、突如「矛盾の結末を明らかにせよ」という決闘の王命が下る。ミシェルとザックはどちらの『絶対』が上かを証明するため激突することになり―― その対決の結果は……あまりにも予想外のものだった!!
世界の裏側を知ったザックとミシェル、二人の運命が動き出す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 矛盾が神を殺すまで1 その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く /橘九位

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ