「BUNBUN」タグアーカイブ

ノラ猫マリィ/十文字青

ノラ猫マリィ
ノラ猫マリィ【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年9月刊。
待望の「薔薇のマリア」再始動!万歳!!
「薔薇のマリア」の面影を残しつつも新しい「ノラ猫マリィ」の物語となっているので、薔薇マリ未読の方でも大丈夫(少し気になる箇所もあるかもしれないけど、ストーリー的には問題ないと思う)。場所も人も変わっていますしね。
しかし薔薇マリ既読なら随所でニヤニヤしまくれる最高の仕様。
薔薇マリって、超最低な世界で誰もが最高に人間くさく生きてるところが好きだったんですよね。
この「ノラ猫マリィ」でも必死に生きようとする輝きが眩しくて、ああ薔薇マリが受け継がれてるって思えて悶え死にそうでした。
もう一度彼らに会えるなんて幸せすぎて昇天する。
色々と切り口(組み合わせ?)も面白かったし、これは是非とも続けてほしいです。
実際、売れたら続刊もあるらしいので、頼む、頼むぞ・・・・・・!

☆あらすじ☆
ボクらは何度でも巡り会う――。「薔薇のマリア」ファン熱望! 最強タッグが送るマリア・ローズの新たな物語!
外縁都市グラムENDの掃き溜め《猥路》。世界と隔絶された超最低なこの場所から、空に焦がれて一匹の溝鼠が外に出た。名はマリア・ローズ。何も持たないマリアは、外の世界で言葉を、友を、仲間を手にしていく――
「僕が連れていく。きみたちを、外へ。死んじゃだめだ。生きよう」
マリアは大切な人たちを守るため、人を喰らい街を破壊する《化物》に立ち向かう……!! 美しく誇り高いマリアと仲間たちの最高な物語、新たなる幕開け。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノラ猫マリィ/十文字青

BUNBUN画集「THE LAST ROSE」

BUNBUN画集 「The Last Rose」
BUNBUN画集 「The Last Rose」

これまでの経緯についてはこちらの記事を参照。

待ちに待って待ち焦がれた画集が!
BUNBUNさんの画集が!!
「薔薇のマリア」だけを詰め込んだ画集が!!!

つ い に わ が 家 へ ・・・・・・ !!

待ってたよ待ってたよほんとに待ってたよ( ´ ▽ ` )
発売決定の第一報を聞いたときから今日までの私は、まさにこの画集を拝むためにあったといっても過言ではないです。

表紙のマリアさんが尊い。とても美しいですね。
そして、期待と不安でドキドキしながら読むのを楽しみにしていた、青先生の書き下ろし短編。はぁ・・・・・・。泣いた。

完全受注限定生産品なので(一部店舗にはあるそうですが)、ネタバレは避けます(たぶん)。
が、購入者には分かる感じで叫びたい。お付き合いくださる方は以下をどうぞ〜

 

続きを読む BUNBUN画集「THE LAST ROSE」

薔薇のマリア21 I love you.[rouge]

『薔薇のマリア21. I love you.[rouge]』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★★
薔薇のマリア 21.I love you.[rouge] (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 21.I love you.[rouge] (角川スニーカー文庫)

ああ、終わってしまいました。
最高でした。本当にありがとうございました。

☆あらすじ☆
ついに“世界の終わり”に到達したマリアたち。だが、地獄帝王の御所“終わりの果て”はいまだ遠かった。繰り広げられる悪夢のような戦い。死力を尽くして突き進む仲間たち。現実が引き裂かれ、叫び声は途切れ、溢れ返り涸れる涙、その行く先に待っているものとはいったい―!?すべての謎が明かされ、世界の真実がもたらされるとき、マリアたちは究極の選択を迫られる!
ロングヒットファンタジーシリーズ、ここに堂々完結…!!

以下、ネタバレありの感想です。長さがやばい。
あのラストについての自分の解釈を記事の最後のほうに書いています。解釈というか願望ですけども!

続きを読む 薔薇のマリア21 I love you.[rouge]

薔薇のマリア20 I love you.[noir]

『薔薇のマリア20.I love you.[noir]』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★★
薔薇のマリア20 .I love you.[noir] (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア20 .I love you.[noir] (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア、最終章です。
新参者ですが、これ以上ないってくらいハマった作品でした。
クライマックスらしく、物語の盛り上がり方も半端ないです。世界の真実が少しずつ明らかになっていき、悪魔達との戦いは熾烈を極め、誰も彼も死亡フラグを打ち立てまくる。
そしてその中でも変わらない馬鹿一号・・・・・・っ!!

終わっちゃうのかー終わっちゃうのかぁ。まだ知ったばかりだったのに。うー。

☆あらすじ☆
“原子の極大魔術士”キング・グッダーに導かれ、九頭竜型超弩級飛行戦艦マキシマムAMドラゴンに乗りこんだマリアたち。危険から脱したと安心する間もなく、グッダーは大量のエルデン市民を乗せたまま地獄へ逆侵攻する。目指すは“世界の終わり”。そしてそこにいる地獄の支配者である帝王を倒すこと。成功すれば悪魔の統率が乱れて侵攻が止まると信じるマリアたちは、最後の力を振り絞り、またしても過酷な道をゆくのだが―。

以下、ネタバレ感想です。
続きを読む 薔薇のマリア20 I love you.[noir]

薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2

『薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2 (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2 (角川スニーカー文庫)

つぼコロ完結。11巻の次に刊行されていて、時系列的にもSmC編後、最終章前のどこらへんかです。
甘い青春小説(途中だいぶ鬱)でした。レニィたちがエルデンで生きづらそうなのを見てると、マリアがZOOに入ってからどれだけ生活が楽になったのか分かる気がします。

☆あらすじ☆
あの人と会われるんですか?コロナがレニィに発した一言。“あの人”が誰を指すか、レニィはすぐに理解した。しかし、それだけでなく、攻撃的で、恨みがましくて、それでいてすがるような、何とも言いがたい輝きに揺れているスミレ色の瞳。かすかに潤んだコロナの目に、レニィは怯んでしまい…。少しずつ、少しずつ、距離を縮めていく2人。天然系魔術士コロナと孤独な少年レニィの物語、完結編。ついに登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2

薔薇のマリア19 たとえ明日すべてを失うとしても

『薔薇のマリア19 たとえ明日すべてを失うとしても』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★★
薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)

BOOK☆WALKER配信をきっかけに大人買いしたシリーズ。とりあえず、これで本編は既刊全て読了です。というか、次が最終巻らしい。びっくりしたけど、これだけ綿密に伏線がはられて丁寧な人物描写がされているシリーズを一気読みできたのはラッキーでした。本当に面白かった。
トマトクン完全復活&主要キャラ集結でいよいよクライマックスの雰囲気!盛り上がっています!!

☆あらすじ☆
マリアたちの決死の敢行で“獄の獄”から完全復活を遂げたトマトクン。激戦のシャッコーに舞い戻ると、かつてない強さで悪魔たちを押し戻していく。そんな中、宙に浮かぶエルデンと共に、伝説の魔導王が姿を現し!?一方、幾万もの悪魔に取り囲まれ、防戦一方のワールオックの孤城に、アジアン率いる昼飯時の援軍が近づいていた。そのわずかな希望に城内の戦士たちは息を吹き返し、秩序の番人がついに攻勢に出るのだった!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア19 たとえ明日すべてを失うとしても

薔薇のマリア18 光の中できみが笑う今は遠くて

『薔薇のマリア18 光の中できみが笑う今は遠くて』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★★
薔薇のマリア 18.光の中できみが笑う今は遠くて (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 18.光の中できみが笑う今は遠くて (角川スニーカー文庫)

トマトクン救出大作戦!ZOO以外の登場人物たちも必死で生き残りをかけて戦い続けています。うーっ、面白い!

☆あらすじ☆
苦難の旅を乗り越え、城塞都市シャッコーでZOOの仲間たちとようやく再会したマリアローズ。しかし、トマトクンは死の淵にあった。ボロボロの身体には治療の効果もなく、もはや最期の瞬間まで見守ることしかできないのかと思われた時、彼を救う最終手段が提示される。そのわずかな希望を手に入れるには異界の最深部“獄の獄”に行く必要があると告げられ―トマトクンを救うため、マリアと仲間たちはさらなる苦難へ突き進む。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア18 光の中できみが笑う今は遠くて

薔薇のマリア17 この痛みを抱えたまま僕らはいつまで

『薔薇のマリア17 この痛みを抱えたまま僕らはいつまで』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア 17.この痛みを抱えたまま僕らはいつまで (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 17.この痛みを抱えたまま僕らはいつまで (角川スニーカー文庫)

世界崩壊でサバイバル突入です。しかも時間の流れがかなり早い。これからの展開が不安しかないよ・・・・・・

☆あらすじ☆
エルデン浮上により古代九頭竜の呪いがとけ、地上に凶悪な悪魔と異界生物どもがあふれだし、ついに災厄の時代が幕を開ける。しかし絶望的な状況でも、人間たちは各地で悪魔たちに抵抗を続けるのだった。マリアもまた、不安と恐怖を抱えながらも、持ち前の能力を活かし、新たな仲間たちと日々を生き抜いていた。そんなある日、はぐれていたZOOメンバーの生存情報が!?地獄と化した世界へ踏み出すマリアを待ち受けるものとは!?―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア17 この痛みを抱えたまま僕らはいつまで

薔薇のマリア16 さよならはいわない

『薔薇のマリア16 さよならはいわない』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★★
薔薇のマリア 16.さよならはいわない (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 16.さよならはいわない (角川スニーカー文庫)

ますます絶望的状況に陥っていく最終章。何を言ってもネタバレなので、感想は全部下で書きます。とにかく面白すぎる!!!

☆あらすじ☆
幾度も侵略を退けたサンランドの魔導兵たちは、ラフレシア帝国軍の前に沈黙し、軍勢はエルデンに迫る。噂と混乱に満ちるエルデンで、あるものは逃げようと奔走し、あるものは絶望に身を投げ、あるものは喧躁に乗じて略奪と殺戮に走る―。そんな中、マリアが、ユリカが、サフィニアが、皆それぞれの時を惜しむように、愛する人との時を紡いでいた。そして圧倒的な破壊の先陣は疾り来たる!!それでもZOOは生き残るために戦う。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア16 さよならはいわない

薔薇のマリア15 愛も憎しみも絶望も

『薔薇のマリア15 愛も憎しみも絶望も』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★★
薔薇のマリア 15.愛も憎しみも絶望も (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 15.愛も憎しみも絶望も (角川スニーカー文庫)

最終章に入り、情報量倍増。世界の動きがすさまじく、ひたひたと緊張した空気が高まっていくのが伝わってきます。面白かった!!表紙のハニーメリーが意外に素直で可愛い。そしてアジアンのわんこ化・・・

☆あらすじ☆
「あたしは“ハニーメリー”。ハニーでいい」あー、もう―寝てたのに、寝てたのに。マリアローズの眠りを妨げたのは、輝く瞳の女。マリアはすぐにこの女が厄介事の種だと直感する。女は禁じられた技術に手を出して、組織から追われる機術師―背を伸ばし、髪と瞳の色を変え、利き腕も変えて逃亡者として生きてきた。マリアに満ちる嫌な予感…。風雲急を告げるエルデンで、蛍光緑のハニーとの出会いがZOOを新たな運命に誘う。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア15 愛も憎しみも絶望も