「青木潤太朗」タグアーカイブ

インスタント・マギ

『インスタント・マギ』(青木潤太朗著/ノベルゼロ)★★★★☆

インスタント・マギ<インスタント・マギ> (NOVEL 0)
インスタント・マギ (NOVEL 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
科学によって魔法を解き明かすファンタジックなSF小説。
あまり読みやすいとは言えない作品なのですが、テンション上がるくらい面白かったです。
魔法をインスタントに使える技術を発明した科学者を巡り、魔女達が死闘を繰り広げる物語。
そして同時に、科学者とJK魔女のうぶでロマンチックな恋を描く物語です。
魔女達の派手で陰惨な魔法バトルは迫力があるし、そんな「魔法」に対する科学的アプローチは読み応えあり。
魔法を徹底的に蹂躙する主人公のピュアな狂気が鳥肌モノなのですが、そんな彼のラブコメには萌え転がされましたw
一応は綺麗に終わっているものの、是非シリーズ化してほしい新作です。

☆あらすじ☆
青年の《科学》が《魔法》に到達した日、彼を巡る魔法使いの戦争が始まった
科学者の青年が、魔法陣の映像電子ドラッグで脳にストレスを加え、一時的に超能力者《インスタントな魔法使い》になる方法を発明した。それが原因で、青年を巡る本物の《魔法使い》の戦争が引き起こされて……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む インスタント・マギ