「長尾彩子」タグアーカイブ

聖女が魔を抱く童話 葡萄の聖女の料理帖/長尾彩子

聖女が魔を抱く童話 葡萄の聖女の料理帖 (コバルト文庫)
聖女が魔を抱く童話 葡萄の聖女の料理帖 (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
前作「王女が秘される童話」から70年後を舞台にした童話シリーズ第3弾。
今回は魔物憑きの王子と祓魔師の攻防を描いていくのだけど、相変わらずレーベルの限界に挑むような色香あふれるラブバトルでした。ちょっと病んだ雰囲気が実に良い。

☆あらすじ☆
改邪聖省の紅一点・祓魔師アデリナの特技は料理。葡萄酒を飲ませたり、魔除けの薬草や聖水を使った料理を食べさせることで身の内から魔を祓うのだ。そんなアデリナは国王の命を受け、落命したが息を吹き返したため“異例の忌み子”と呼ばれる王子エルヴィンを祓魔すべく、城の料理番として潜入する。しかし、エルヴィンに目的を見抜かれた挙句、意地悪されたり騙されたりする毎日で…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女が魔を抱く童話 葡萄の聖女の料理帖/長尾彩子

王女が秘される童話 南瓜の王女の研究録/長尾彩子

王女が秘される童話 南瓜の王女の研究録 (コバルト文庫)
王女が秘される童話 南瓜の王女の研究録 (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
忌み子の王女と婚約者兼監視者の異端審問官のラブロマンス。
医術に精通している腹黒美少女と、思春期をこじらせたクールな美少年のカップルがなかなかエロ可愛くて楽しい作品でした。前作もそうだったけど「童話」ってタイトルの割にほんと色々際どいな!
ちなみに、前作「魔女が死なない童話」から200年前が舞台で、妖精と場所が共通している以外に前作との話のつながりはほとんどないと思います。

☆あらすじ☆
忌み子の王女ユリアーナは天然で頭が悪いふりをしつつ、医薬の研究や飢饉に備えての南瓜作りに取り組んでいた。そんなある日、魔性の力を持つとされる忌み子を警戒する父王より、異例の若さで異端審問官となった少年クラウスが婚約者という名の監視役として遣わされてくる。「貴女のお傍を片時も離れるわけには参りません」と宣言した彼は、本当に一瞬たりともユリアーナの傍を離れず…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女が秘される童話 南瓜の王女の研究録/長尾彩子

魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿/長尾彩子

魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿 (コバルト文庫)
魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿 (コバルト文庫)

評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
魔女と同じ容姿をしているため父に疎まれた少女と、忌み子として王宮から追い出された王子のラブロマンス。
博物学者で理屈っぽいヒーローが、ヒロインに対して理屈のぶっ飛んだ病的愛情をぶつけまくるのが楽しい作品でしたw
雑誌掲載の本編、後日談的な番外編、エピローグ的な掌編の構成で、1冊で綺麗に終わっているから単巻ものなのでしょう(最近のコバルトの傾向的にシリーズ化するかもしれないけど)
ちょっと腑に落ちない部分もあったけれど、ヤンデレ好的にニヨニヨ楽しめたので満足です(つ∀`*)

☆あらすじ☆
辺境の小さな村にひとりで暮らす樹木医のレナーテ。村人たちは彼女を慕ってくれるが、自分の容姿が魔女の特徴とされる桜色の髪と黄金色の瞳であることを悲しく思っていた。そんなある日、レナーテを捨てた貴族の父に王都へ呼び出され、政略結婚に利用されそうになる―が、突然現れた第二王子に救われる。その場で求婚されるのだが、彼はなぜレナーテを知っているのか。2人の接点とは…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿/長尾彩子

黒猫と伯爵令息 お菓子の家のおかしな事件簿

『黒猫と伯爵令息 お菓子の家のおかしな事件簿』(長尾彩子著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

黒猫と伯爵令息 お菓子の家のおかしな事件簿 (コバルト文庫)
黒猫と伯爵令息 お菓子の家のおかしな事件簿 (コバルト文庫)

2015年10月刊。
お菓子の名前がいっぱい出てくる菓子テロ少女小説。
これでもか!というくらい可愛いらしさが詰まった作品でした。絵本とかマザーグースみたいな雰囲気で、とても軽やかな読み心地。
純粋な少年少女の恋も初々しすぎて、読んでいると照れるレベルです。
たまにはこういう作品も良いものですねー。癒されました(´∀`*)

☆あらすじ☆
魔王の血を引くというバルバストル伯爵家が治める地、アラザン。闇のような漆黒の髪に、輝く金緑の瞳―“黒猫”のあだ名をもつ少女エリーゼ・ルルーは、人間の食事が必要ないはずの伯爵家の料理人に指名された。実は、伯爵令息のアランが魔力を失い、食事なしでは生きられなくなったというのだ。いつも不機嫌で冷たいアランに戸惑うエリーゼだが、彼の深い悩みを知り、力になりたいと思い…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黒猫と伯爵令息 お菓子の家のおかしな事件簿