「野村美月」タグアーカイブ

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 〜Long Long Engage

『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 〜Long Long Engage』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★☆

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる ~Long Long Engage
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる ~Long Long Engage【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
打ち切りになってしまった「吸血鬼」シリーズの後日談的外伝。
主要人物の最期を描く後日談を読むのが苦手なので「母を失い」というあらすじにビクビクしていたのですが、この本は読んで良かったと思います。
本編で消化不良だった様々な伏線を回収してくれてスッキリしました。
でもやっぱり本編で読みたかったなぁ・・・・・・。

☆あらすじ☆
私の父は吸血鬼だ。母を失い、それでも永遠を生きる父に――私は恋をした。
交際していた男性のプロポーズを、私、ミナ=アリス・原田は「父を置いていけない」という理由で拒絶した。私が五歳のときに死んだことになっている父、原田詩也は、不老不死の吸血鬼だ。母と出会い、恋に落ち……けれど母は、父のそばにはいられなかった。だから私が、ずっとそばにいる。そのために私はある決意をした。父を置いていった母に、負けたくなかった――。運命と別離、超克、そして永遠の恋。娘の視点から綴られる、ある吸血鬼の過去と現在の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 〜Long Long Engage

楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃?

『楽園〈ハレム〉への清く正しき道程〈ルート〉 0番目は北国産のツンドラ王妃?』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★☆☆

楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃? (ファミ通文庫)
楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃? (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年11月刊。
野村美月さんの新作はファンタジーなハーレム(予定)ラブコメ。
庶民出身の王様が王妃に迎えたのはツンツンした大国のお姫様でした、というところから始まる物語なのですが、今回はプロローグという感じ。ほのぼのとした雰囲気が可愛くて良かったです。
ラストで明かされる王妃さまの秘密といい、途中の予言といい、今後の展開が楽しみな新作でした。

☆あらすじ☆
庶民から一転、玉座を継ぐことになってしまったルドヴィーク。さっそく「国王の一番大切なお仕事」として告げられたのは、「大陸で一番高貴な血筋のお妃様を迎えること」! ところが現れた美しい花嫁は、彼の顔を見るなり呟いた。「キモイ……」そのまま王妃となった彼女と冷戦状態に突入するルドヴィークだったが、実は王妃にはある秘密があり、それを知った彼は、彼女とひとつの契約を交わすことに……。ファンタジー・ハーレム(予定)コメディ、開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃?

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる5

『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる5』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★☆

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(5) (ファミ通文庫)
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(5) (ファミ通文庫)

前巻の感想はこちらから
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる4 | 晴れたら読書を
2015年8月刊。
極甘エピソードを集めた短編集。今回もとても面白かったです。
面白かっただけに・・・・・・ここで打ち切りが無念すぎる(´;д;`)

☆あらすじ☆
演劇×吸血鬼のドラマティック青春ノベル、第5弾!!
「交際は――認められないわ」心を通わせ、恋人同士になった綾音と詩也に、いち子からまさかのNG宣言! 交際を隠すため、「つきあってない」と言い張る羽目になる二人。だが次のバレンタイン公演は『ロミオとジュリエット』。舞台の上でなら甘い関係を演じられると思う詩也だったが、そこには別の問題が――!? 初詣にバレンタイン、ホワイトデー、そしてカレナたちの卒業式。冬から春へ。つきあい始めた二人と周囲の人々が織りなす、極甘なエピソード!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる5

SとSの不埒な同盟1

『SとSの不埒な同盟』(野村美月著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

SとSの不埒な同盟  (ダッシュエックス文庫)
SとSの不埒な同盟  (ダッシュエックス文庫)

2015年7月刊。
ドSの男子高校生とドSの美少女が、互いの好きな人を思う存分遠くから愛でる「鑑賞部」。
そんな部活活動に勤しむ二人の、ストーカーで変態感満載のピュアラブストーリー????です。
元はファミ通文庫の「部活アンソロジー②「春」」に収録されていた短編にその後のエピソードを追加したものだとのこと。
この物語、てっきり単巻ものかと思いきや、まだ続くようです。2巻は10月発売予定だとか。
ピュアで不埒な二人組の行く末が気になる面白い作品でした。

☆あらすじ☆
芸術音痴でありながら、美術部に入部した真田大輝。美術部員は仮の姿。美術室から見える合奏部の美園千冬を鑑賞するのが真の目的。非公式な部活動、 鑑賞部員なのである。そして、美術部にはもうひとり、絵が激烈下手な美少女の部員・ 藍本ルチアが…。
ルチアも鑑賞部員ではないかと、大輝はルチアに話しかけるが…。
ドS主人公と、ドS超然美少女が繰り広げる、ピュアラブストーリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む SとSの不埒な同盟1

下読み男子と投稿女子 優しい空が見た、内気な海の話。

『下読み男子と投稿女子 優しい空が見た、内気な海の話。』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★★

下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。 (ファミ通文庫)
下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。 (ファミ通文庫)

2015年6月刊。
最高。最高です・・・・・・!
ライトノベル新人賞の下読みのバイトをしている男子高校生が、投稿者の中にクラスメイトの女の子を見つけてしまう、というところから始まる青春ラブストーリー。
高校生2人のもどかしくて瑞々しい恋愛が素晴らしい。そして、創作物に対する愛情を見つめ直させてくれる傑作でもありました。
あまりよく知らなかった下読みの様子やプロットの作り方についても分かりやすく書かれていて、とても面白かったです。
それにしても、何かを心の底から楽しみ尽くせるって段々とできなくなっている気がするなぁ・・・・・・所々で胸が痛くなりました(´Д`;)

☆あらすじ☆
「わたしに、ライトノベルの書きかたを教えてください」
平凡な高校生の青は、実はラノベ新人賞の下読みのエキスパートだ。そんな彼は、ある日応募原稿の中に、同じクラスの氷ノ宮氷雪の作品を見つける。”氷の淑女”と呼ばれる孤高の少女が、フォント変えや顔文字だらけのラノベを書いて投稿している!?驚く青だが、その後ひょんなことから彼女の投稿作にアドバイスをすることに。評価シートに傷つく氷雪をあたたかく導き、世界観、キャラ設定、プロットと、順調に進んでいくが……。爽やかな青春創作ストーリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 下読み男子と投稿女子 優しい空が見た、内気な海の話。

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる4

『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる4』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★★

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(4) (ファミ通文庫)
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(4) (ファミ通文庫)

前巻の感想はこちらから
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる3 | 晴れたら読書を

青春×演劇×吸血鬼のシリーズ第4弾。
今回も劇中劇と主人公の心理描写の重なり合いが本当に素晴らしく、終盤はゾクゾクさせられっぱなしでした。
が、一番ゾクっとしたのはあとがき・・・・・・どうかご自愛くださいませ(ノД`)

☆あらすじ☆
「オレが、吸血鬼だからです」――ドラマチック青春ノベル、急展開の第4弾!!
綾音と距離をおくことを選んだ詩也。””素直な後輩””を演じる彼に綾音が動揺を隠しきれずにいるところへ、さらにいち子が、クリスマス公演は「チーム・ベガ」を離脱したカレナを客演に迎え、ダブルヒロインで行うと発表! 演目は『エロスとプシケー』、神と人間の恋物語。謎を秘めた詩也と正体を隠す愛の神エロスが重なり、綾音は演技が出来なくなってしまい――!? 互いを想いながらすれ違う二人、それを見つめる赤い瞳の少女。彼らの想いが交錯する第4弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる4

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる3

『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる3』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★★

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(3) (ファミ通文庫)
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(3) (ファミ通文庫)

ああもう最高すぎます!!!
2巻の予告から読むのを楽しみにしていた今回の演目・「とりかえばや」
中学時代に図書館で氷室冴子さんの「ざ・ちぇんじ!」(集英社コバルト文庫)を読んで少女小説の面白さに感動し、その後オリジナルの生々しさを知って衝撃を受け、最近ではさいとうちほさんの「とりかえ・ばや」(小学館フラワーコミックスα)の耽美さに頭がクラクラしたという、私にはちょっと思い入れのある物語だったりします。
そんな「とりかえばや」を野村美月さんがどうライトノベルとして仕上げるのか、高校生の演劇としてどうやって成り立たせるのか、読む前からとてもワクワクしていました。
私の期待は裏切られなかった!むしろ期待を上回る素晴らしさでした!!
色香が漂う妖艶な「とりかえばや」の物語を、青くさい高校生が主人公である吸血鬼シリーズの世界に再現し、再構成し、素晴らしい青春小説へと作りあげるその手腕に脱帽です。

脆く儚い人の心。そこに永遠はあるのでしょうか。
問いかけに対して詩也が出した答えと、渾身の想いをこめた舞台に鳥肌が立ちました。この感動は1巻を読んだときに劣りません。いや上回ったかも。
そして切ない・・・・・・っ!もどかしい!
野村美月先生の作品はどれを読んでも心をしめつけるような感覚を与えてくれますね。素晴らしい作家さんです。
なので、お願いですから、ご自愛ください。ほんとにお願いします(´;ω;`)

☆あらすじ☆
「お前はわたしを愛することになる」そんな雫の言葉に動揺し、綾音との距離感にも戸惑う詩也。一方、演劇部では次の劇の準備が始まるが―次の文化祭公演は、何と四つある演劇部が合同でひとつの劇を上演するのだという!いち子の脚本・演出で、演目は『とりかえばや』。綺羅星のごとく集った各チームのトップの間で、宰相中将役の詩也は奮闘することに。だが稽古を進める内に、詩也の胸に、ある人物が吸血鬼ではないかという疑いが芽生え…。演劇×吸血鬼のドラマティック青春ノベル、第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる3

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。

『親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。』(野村美月著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★☆

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。 (ダッシュエックス文庫)
親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。 (ダッシュエックス文庫)

新創刊、というかリニューアルの集英社ダッシュエックス文庫。
魅力的なラインナップの中で、タイトル・あらすじ共に異彩を放っていた本作を真っ先に読んでみました。
友情と恋心の間に挟まれてしまった男子高校生の切ない葛藤を描いた青春小説です。
親友の彼女に想いを寄せることは罪なのか。想いを止められない彼は罰を受けるべきなのか。
友情を壊しかねない恋に対して主人公がどういう答えを出すのか、最後まで結末が読めずにドキドキしてしまいました。
登場人物は高校生ですが、この手の恋の苦しみはどの年代にも通じるものがあるのではないかと思います。
最後に明かされる「ある真相」には少し引いてしまいましたが・・・・・・。
それにしても想像以上にラノベぽくないです。これ、角川文庫とか集英社文庫とかでそのまま出せますよ。なぜ少年向けラノベとして出そうと思ったし。
とはいえ、河下水希さんのイラストは内容にとても合っていて繊細で美しかったです。眼福。
そしてやっぱり野村美月先生は本当に素晴らしいですね・・・・・・(はやく過去作の積読を崩さねば)

☆あらすじ☆
「弘凪!オレ、彼女ができた」
親友の相羽遥平から打ち明けられた、高校一年生の向井弘凪。女の子にモテまくっても、特定の彼女を作らなかった遥平が誰かとつきあうのは、あまりに意外だった。遥平が彼女を作らないのは、中学二年生のときのあの事件のせいではないかと、弘凪は責任を感じていた。そして、弘凪自身も女の子に好意を持つのを避けてきた。
ちょうど弘凪には気になる女の子がいた。通学電車でよく出会うスケッチブックを抱えた名前も知らない女の子。遥平に彼女ができたらなと、弘凪はその子に勇気を出して話しかけてみようとするがーー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。

アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 下

『アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 下』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★☆

アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈下〉 (ファミ通文庫)
アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈下〉 (ファミ通文庫)

上巻の感想はこちらから

アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 上 | 晴れたら読書を

上下巻同時刊行の「アルジャン・カレール」下巻です。上下巻あわせて、とても綺麗に終わっています。
アルジャンのお菓子が美味しそうで、思わずケーキ屋さんに駆け込みたくなるのを堪えるのが大変でした・・・・・・。
アルジャンの作り出すお菓子によって戦争を止めることはできるのか。緊迫感のある展開で、最後まで一気に読み終えてしまいました。

☆あらすじ☆
若き女王ロクサーヌの治める平和なフロリア。王都の片隅の小さな菓子屋には、今日も劇作家がやっかいごととともに駆け込んでくる。そんな平和な日々が、不意に揺らぎ始めた。フロリアの守護神、バルトレオン将軍の遠征失敗によって。フロリアは再び混沌に呑まれるのか―。その行く末は、国際会議の席でのロクサーヌの外交、そしてその席で供されるアルジャンの菓子の力に委ねられた!!“菓聖”の伝説を綴るヒストリカル・ファンタジー、緊迫の下巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 下

アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 上

『アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 上』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★☆

アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈上〉 (ファミ通文庫)
アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈上〉 (ファミ通文庫)

普段、上下巻の作品はまとめて感想を書くのですが、この作品は上巻だけでもまとまった形で終わってくれたので、記事を分けることにしました。
元革命の英雄、現女王の菓子職人のアルジャン・カレールが主役の連作短編。実在の菓子職人アントナン・カレームやフランス革命をモデルとした架空のファンタジー作品です。
ほのぼのとした日常話が3編と、女王と菓子職人の出会いを描いた過去話が1編。
お腹が減って甘い物がほしくなるお話でしたw

☆あらすじ☆
革命とその後の混乱を経て、平和を取り戻したフロリア。その王都パリゼの隅で、劇作家のオーギュストは小さな菓子屋を見つける。そこは魅惑の菓子で溢れていたが、無愛想な銀髪の店主は何やら怪しげで、すわ革命派の残党か、或いは盗賊かと疑うオーギュストだったが…!?“将軍の銀の猟犬”と呼ばれ名を馳せた動乱の英雄が、女王の菓子職人として大活躍!後に“菓聖”と呼ばれることになる青年の伝説を描く、ヒストリカル・ファンタジーが上下巻で登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 上