「終末なにしてますか?」タグアーカイブ

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?4/枯野瑛

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#04 (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#04 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
新展開。ここから第4エピソードの始まりとのこと。
そういうわけで内容も序章的ではあるのだけど、色々と不穏な話が出てきて盛り上がってまいりました・・・!

☆あらすじ☆
「フェオドール。わたし、やっと決めたよ。──きみの、邪魔をしてやる」
妖精兵ティアットと堕鬼種(インプ)の対峙は、ラキシュの振るう《聖剣(カリヨン)》セニオリスの一撃で決された。手負いの堕鬼種が目指すのは――かつての戦場、コリナディルーチェ市。バロニ=マキシ一位憲兵武官の計らいで彼の地へ向かったティアットは、朱髪の先輩妖精兵らと邂逅を果たす。一方その頃、妖精倉庫の管理人喰人鬼(トロール)もまた、旧き知人を訪ねてその地を訪れていた……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?4/枯野瑛

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#EX/枯野瑛

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#EX (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#EX (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
終末なにしてますかシリーズ初の短編集。
アニメ化予定の完結済み前作の方のお話です。
全体的にほっこりと温かい話のはずなのに、切なくてたまらない気持ちにさせるのが流石すぎて。

☆あらすじ☆
2017年4月よりTVアニメ放送開始予定! 「終末なにしてますか~?」第一部、外伝。
春の陽だまりの中、幼い少女妖精・ラキシュは《聖剣》セニオリスを抱え夢想する――。
それは500年前の出来事。正規勇者(リーガル・ブレイブ)リーリァ14歳、準勇者(クァシ・ブレイブ)ヴィレム15歳。人類を星神(ヴィジトルス)の脅威から救う兄妹弟子の日常は、なかなかにデタラメで色鮮やかで……。
それは少しだけ前の出来事。死にゆく定めの成体妖精兵クトリと、第二位呪器技官ヴィレム。想い慕われる一分一秒は、忘れ得ぬ二人の夢となる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#EX/枯野瑛

終末なにしてますか?もう一度だけ、会えますか?3/枯野瑛

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#03 (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#03 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
フェオドールがラブコメ的にもそれ以外でも地味にフラグを立ててるなぁ、と思ったら・・・!
急転直下な新章第3巻。ここからどう進んでいくのか、全く読めないけれど楽しみです。

☆あらすじ☆
「だからね、わたし、やっと決めたよ。──きみの、邪魔をしてやる」
あれから10日が経った。妖精の存在と特性についてはまだ極秘事項のままで、〈重く留まる十一番目の獣〉(クロワイヤンス)を仕留めたのは、フェオドール四位武官が極秘で預かっていた、最新の試作爆弾であるとされた。常識を超えた強さで魔力(ヴェネノム)を熾した黄金妖精(レプラカーン)ラキシュはいまだ目覚めず、リンゴはもういない。――フェオドールは結論した。きっともう始めてしまうべきなのだろう。世界に敵対する、最初で最後の戦いを。急転直下! 新シリーズ第3弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終末なにしてますか?もう一度だけ、会えますか?3/枯野瑛

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#02/枯野瑛

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#02 (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#02 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年7月刊。
アニメ化企画進行中の「終末なにしてますか?(略)」シリーズの新章第2巻。
今回も穏やかに切なく、ラストはあっけなく。こんなに涙腺をいじめてくるシリーズはないですよホント(´;ω;`)

☆あらすじ☆
〈聖剣〉セニオリスに適合したラキシュは眠れぬ夜を過ごす――。
〈獣〉の浸食により死にかけた都市ライエル。その外れの森で新たに発生した妖精の子供2人は、リンゴ、マシュマロと名づけられた。
「ふぇどーるーっ!」「ふぇどるー」
「まったく、どうして僕なんかに懐いてるんだか」
ぼやくフェオドール四位武官に、ラキシュは悪戯っぽい笑顔を返す。彼女らと過ごす日々の中、フェオドールは自らの想いを告げることを決めるが、そこに〈十一番目の獣〉(クロワイヤンス)の『小瓶』が落とされる……。新シリーズ、第2弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#02/枯野瑛

終末なにしてますか?もう一度だけ、会えますか?1/枯野瑛

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#01 (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#01 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年4月刊。
すかすか次世代編スタート。第1部ラストの5年後を舞台にした新章です。
主人公がヴィレムから堕鬼種の青年軍人にバトンタッチされており、ここから読んでも大丈夫とのこと。
なんだか第一部の内容を思い出しつつ、ヴィレムとは似て非なる若き新主人公に期待してしまう新章第1巻でした。面白かった!

☆あらすじ☆
数年後の浮遊大陸群。次代の黄金妖精たちによる新シリーズ開幕!
〈人間〉は規格外の〈獣〉に蹂躙され滅びた。〈獣〉を倒しうるのは、〈聖剣〉(カリヨン)を振るう黄金妖精(レプラカーン)のみ。戦いののち、〈聖剣〉は引き継がれるが、力を使い果たした妖精たちは死んでゆく。「誰が恋愛脳こじらせた自己犠牲大好きよ!」「君らだ君ら! 自覚ないのかよ自覚は!」廃劇場の上で出会った、先輩に憧れ死を望む黄金妖精と、嘘つき堕鬼種(インプ)の青年位官の、葛藤の上に成り立つ儚い日常。次代の黄金妖精たちによる、新シリーズ開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終末なにしてますか?もう一度だけ、会えますか?1/枯野瑛

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?5/枯野瑛

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#05 (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#05 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年4月刊。
2巻打ち切りの危機から数奇な運命を経てきたシリーズの第一部完結巻。
しかも新章第1巻と同時発売という、これまた珍しいことも起こっていました。
それはさておき、肝心の内容はというと、相変わらずの切なさ。
終盤は目頭が熱すぎて文字を読むのが辛かったです・・・・・・。
淡々と進んで、静かに穏やかに終わっていく。とてもこのシリーズらしい最終巻だったと思います。素晴らしかったです。

☆あらすじ☆
数多の犠牲によって訪れた平穏。終末に零れる涙。シリーズ完結。
ヴィレムは約束を守れず〈月に嘆く最初の獣〉(シヤントル)の結界は崩壊した。正規勇者(リーガル・ブレイブ)の命と引き替えに長い眠りについていた幼い星神(ほしがみ)は、その余波で空魚紅湖伯(カーマインレイク)とはぐれ、記憶を封じられたびれむと共に仮初めの平穏な日々を過ごす。その日、〈穿ち貫く二番目の獣〉(アウローラ)が浮遊大陸に降り注ぐことになるまでは――。〈獣〉に対するのは、アイセアとラーントルク。死にゆく定めの少女妖精たちと青年教官の、終末最期の煌めき。次代に受け継ぐ第一部、幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?5/枯野瑛

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?4

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? #04』(枯野瑛著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#04<終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?> (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#04(角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
開始早々、心を折られました。そういうところがあまりにもこのシリーズらしくて泣けてきます。
今回はある意味で過去編。ヴィレムが失った思い出が切なすぎました。

☆あらすじ☆
妖精兵クトリ・ノタ・セニオリスは消滅し、ヴィレム・クメシュ二位技官は妖精兵ネフレンと共に闇に呑まれた。物語は、終わったはずだった。――しかし。ヴィレムは、見覚えのある部屋で目覚める。「……おとー、さん?」語りかけるのは、すでに亡き存在の娘アルマリア。そして、かつての仲間ナヴルテリが伝える真界再想聖歌隊(トゥルー・ワールド)の真実。それは時の彼方に過ぎ去ったはずの終末の光景――。夜闇の中、新たな《獣》が咆哮を上げる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?4

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 3

『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #03』(枯野瑛著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (3) (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (3) (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?2 | 晴れたら読書を

2015年7月刊。
2巻打ち切り宣告から華麗な復活を遂げたシリーズの、待望の第3巻です。
出てくれて良かった・・・・・・っ!本当に嬉しい!!
そして3巻の出来も素晴らしいです。泣けてきます(´;д;`)
ちなみに、電子版では文庫未収録短編が収録されていますよー。

☆あらすじ☆
蒼色の髪に混じる赤いひとふさ。侵食はすでに始まっていた――。
おかえりの声を、聞きたかった。ただいまを、きちんと、言いたかった。バターケーキを、食べたかった。それらの願いは、すべて叶った。帰るべき場所へ帰り、逢いたかった人に逢えた。だから。約束は尽きて。追いついてきた終末は、背後から静かに、少女の肩に手をかける。「ごめん。わたし、もう、絶対に、幸せになんてなれないんだ。だって、気づいちゃったから。わたし、とっくに――」
青年教官と少女妖精の、儚く輝いた日々。第3幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 3

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?2

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?#02』(枯野瑛著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (2) (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (2) (角川スニーカー文庫)

前巻の感想はこちらから
終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?1 | 晴れたら読書を

ディストピアな世界観が最高に好みなシリーズなのですが、2巻もやっぱり面白かったです!
とても情緒的で素晴らしかった1巻ラストの雰囲気を崩さないまま話が進んでいきます。切ない。
少しずつ謎が明かされ始めましたが、同時にまたも不穏なラスト。ちゃんと3巻も出てくれるといいのですが。

☆あらすじ☆
妖精兵であるクトリたちが決戦に赴いてから半月。彼女たちはまだ、戻らない。次代を担う妖精兵である少女・ティアットを連れ、11番浮遊島へ適性検査に向かったヴィレムは、そこで「決戦敗北」の報を受けるが…。“人間”に代わり“獣”を倒し、死にゆく定めを負った少女妖精たちと、たったひとり生き延びた“人間”の青年教官の、儚くも輝ける日々。第2幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?2

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?1

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』(枯野瑛著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 角川スニーカー文庫
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 角川スニーカー文庫

表紙とタイトルのインパクトがすごい!ということで買ってみた新作。
人類が滅んでから500年後の世界を描いたファンタジーです。唯一の生き残りの人類である主人公と、その世界で戦う少女たちの出会いのお話なんですが、これはジャンルとしては一応教官ものになるの?どうなんでしょう?
・・・・・・というのも、この1巻はまるまるプロローグで、話がほとんど始まっていないんですよね。そうなるとこの巻だけでは評価しづらいはずなのですが、世界観やキャラクターになぜか無性に惹かれてしまいました。不思議。本題に入るまでがやたら長い作品って途中で飽きて投げちゃうのに、本作ではそれがありませんでした。
作品の雰囲気もたまらなく良かった。途中のバトルもないし、世界観や登場人物の背景を淡々と説明していくだけだし、ラストは「え、そこで終わるの!?」てところで切ってしまっています。熱くなる展開もないし、萌があるわけでもない。それでも、なぜかそういう作品として完成しているように思えてしまいました。もう自分でも何を言っているんだか。
これはきっと面白くなるに違いない。2巻はちゃんと出るらしいので、続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
“人間”は規格外の“獣”に蹂躙され、滅びた。たったひとり、数百年の眠りから覚めた青年ヴィレムを除いて。“人間”に代わり“獣”を倒しうるのは、“聖剣”と、それを扱う妖精兵のみ。戦いののち、“聖剣”は再利用されるが、力を使い果たした妖精兵たちは死んでゆく。「せめて、消えたくないじゃない。誰かに覚えててほしいじゃない。つながっててほしいじゃない」死にゆく定めの少女妖精たちと青年教官の、儚くも輝ける日々。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?1