「紫真依」タグアーカイブ

狼侯爵と愛の霊薬/橘千秋

狼侯爵と愛の霊薬 (ビーズログ文庫)
狼侯爵と愛の霊薬 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
表紙のイケメン眼帯が予想を超えた拗らせヘタレっぷりを発揮するハイテンション結婚ラブコメ。
仮面夫婦から始まるドタバタ喜劇をテンポ良く進めつつ、意外とシリアスな過去の回想を挟んでくるアップダウンの激しい作品でした。
文章はやや素っ気ないし展開も勢いつきすぎて荒っぽいんだけど、ぐいぐいと読ませる謎の引力に引きずられて最後まで一気読み。
たっぷり笑えたし、主人公カップルのいちゃラブには死ぬほど砂糖吐きました。旦那様、ほんと拗らせすぎて逆に幸せそうだった・・・w
キャラも魅力的だったのでシリーズ化に期待しています。

☆あらすじ☆
学院を7年も留年した伯爵令嬢ロザリンドは『ものぐさ姫』と呼ばれていた。独身を貫き薬学研究に人生を捧げたい!と思っていた彼女の元へ、10年帰っていない実家から、極悪非道と噂の狼侯爵との結婚命令が下される。
「金は適当に渡してやるから、愛人囲うなり、宝飾品を漁るなり好きにしろ、ただし迷惑はかけるな」
「こんな理想的な結婚が転がり込んでくるなんて……はぁはぁっ……興奮で夜も眠れそうにありません!」
愛のないところから始まる、とんでも結婚物語。開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狼侯爵と愛の霊薬/橘千秋

雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭/白川紺子

雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭 (コバルト文庫 し 17-11)
雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭 (コバルト文庫 し 17-11)

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年10月刊。
「公爵夫人は銀灯師」と同じ世界観で描かれるファンタジー。ただし前作と共通の人物が少し出てくるだけで、物語としては独立しています。
個人的には前作よりもこちらの方がとっても好み。
抱える秘密のため、互いに本当の想いを隠さなければならない偽装夫婦の切なくて焦れったい恋模様が素敵でした。
表題作以外の2本の短編も面白いのですが、最後の短編が特に素晴らしくてぜひ読んでほしい。

☆あらすじ☆
侯爵ヴィクトルは義兄の国王から結婚を催促され、銀灯師エミリアと偽装結婚することに。だが二人で王宮を訪れた夜、魔物が出現し、王国の秘密に関わることに!? 素直になれないじれラブ・ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭/白川紺子