「犬村小六」タグアーカイブ

やがて恋するヴィヴィ・レイン2/犬村小六

やがて恋するヴィヴィ・レイン 2 (ガガガ文庫)
やがて恋するヴィヴィ・レイン 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
謎のヴィヴィ・レインを探す青年が主人公の、恋と会戦の物語第2弾。
英雄譚の色合いが強くなり、また、青春小説としても盛り上がってきました。
ここからどんな物語になっていくのか、とても楽しみです!

☆あらすじ☆
飛空士の犬村小六による超話題作、第2巻!
近衛連隊を追われたルカは放浪の末、リヴァノヴァ皇帝の侍女の子である旧友ジェミニとの再会を果たす。昔の借りを返すためジェミニの庇護下に入ったルカだが、ジェミニの思惑はルカの想像を遙かに超えて、ガルメンディア王国を揺るがす大事件が勃発する……。「災厄の魔王」ルカと「褐色の皇帝」ジェミニ。一千年にひとりと称される巨大な軍事的才能が、眩いばかりの才能と才能の相克を世界史に刻む。そして王女ファニアもまた、自らの意志により歴史の表舞台へ……。
「いつかこの国で革命を起こす。きみにもう一度、会うために」。
第1巻の発売直後から早くも話題沸騰の評判作品、加速する恋と会戦の物語、早くも第2巻が登場です!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やがて恋するヴィヴィ・レイン2/犬村小六

やがて恋するヴィヴィ・レイン1/犬村小六

やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)
やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)

評価:★★★★☆
2016年9月刊。
「とある飛空士」シリーズの犬村小六先生の最新作。
妹の願いを叶えるためにヴィヴィ・レインを探す少年の物語です。
前作は「恋と空戦」の物語だったけれど、今作は「恋と会戦」の物語。
ロボットが躍動する過酷な戦場をメインに描きながら、背景にある中世的な世界観とファンタジーあふれる設定の調和がお見事でした。
激動の時代のはじまりを予感させるなか、主人公や彼の周囲の人々にどんな運命が待ち受けているのかとても楽しみです。

☆あらすじ☆
「ヴィヴィ・レインを見つけて」。義妹の願いを胸に、スラム街の少年は旅に出る。限られた命を生きる人造の少女と意志を持つ機械兵。滅びゆく王国の姫、性別不詳の天才操縦士、皇帝に捨てられた侍女の子ども…。旅の途中、それぞれの傷を抱えた仲間たちと出会い、やがて少年は「災厄の魔王」と称され、楽園に支配された世界へ反逆の旗を翻す。ヴィヴィ・レインを捜す、ただそれだけだった小さな旅はいつしか時代のうねりとなり、世界を変革する戦いへ―。傷だらけの少年少女が織りなす恋と会戦の物語、開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やがて恋するヴィヴィ・レイン1/犬村小六

とある飛空士への誓約9

『とある飛空士への誓約9』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

とある飛空士への誓約 9 (ガガガ文庫)
とある飛空士への誓約 9 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
「とある飛空士への追憶」から始まった飛空士シリーズの終着点。
まずカラー口絵を見た段階で胸がギュッとなり涙が浮かんできました。
「追憶」「恋歌」「夜想曲」「誓約」の全17巻。人を変え、場所を変え、時代を越えても、空はつながっていたのだと思える完結巻でした。
本当に素晴らしかった。最高です。読めて良かった。ありがとうございました。

☆あらすじ☆
飛空士シリーズ、ついに感動のフィナーレ! ついに二千年来の悲願であった「天地領有」のために動き出すウラノス。一千隻を越えるウラノス飛空艦隊が西進を開始したなら多島海は滅亡するしかない。世界の命運をかけ、多島海連合軍首席参謀バルタザールは史上最大の奇襲作戦「オペレーション・オーディンズ・スピア」を立案する。片道切符の作戦に参加した清顕とイリアは、仲間たちと共に王都プレアデスを目指すが……。「神さまの造ったこの星が太陽に呑まれ爆発して文明も人類も永劫に消滅してもなおきみと共にいたい」。 空にあこがれた少年少女が織りなす恋と空戦の物語――『とある飛空士への追憶』から始まった七年以上にわたる壮大な飛空士シリーズが、これにて完結……!

以下、ネタバレありの感想です。(飛空士シリーズ全てについてのネタバレも含みます)

続きを読む とある飛空士への誓約9

とある飛空士への誓約8

『とある飛空士への誓約8』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

とある飛空士への誓約 8 (ガガガ文庫)
とある飛空士への誓約 8 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
とある飛空士への誓約7 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
いよいよ次巻で完結です。最高に物語が高まっています。
が。
・・・・・・ちょっともう、胸が詰まりすぎて辛いんですけど(´;ω;`)

☆あらすじ☆
ウラノスに対抗するため、第二次イスラ艦隊と共闘の道を選んだエリザベート。セントヴォルト帝国作戦司令部の中枢を担うバルタザール。ウラノス女王ニナ・ヴィエントを支えるミオは、情報収集のために潜入した後宮において最高司令官デミストリの秘密を知ってしまう。そして慧剣皇王国では、かぐらが軍事クーデターをもくろむが、それは皇王を守護する実兄との対決を意味していた…。「愚かしさがこの状況を生んだなら、さらなる愚かしさで決着をつけよう」。敵味方に分かれたエリアドールの七人は残酷な時代の中心で再会を果たす―

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とある飛空士への誓約8

とある飛空士への誓約7

『とある飛空士への誓約7』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

ガガガ文庫 とある飛空士への誓約7(イラスト完全版)
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約7(イラスト完全版)

前巻の感想はこちらから
とある飛空士への誓約6 | 晴れたら読書を

最終章、第3部開幕です。
シリーズ総決算ということで、どんな物語が描かれていくのか・・・・・・と思っていたら、あっちでもこっちでもピンチの連続で半泣きでした。
容赦ない、容赦ないよ(´;ω;`)
でもでも!最後の展開は大興奮でした!キターーーーー!!!!

☆あらすじ☆
「災厄の女王」―。戴冠から半年。ウラノスの新女王ニナ・ヴィエントは、地上国家に住まうものからそう呼ばれ恐れられていた。ウラノスの悲願「天地領有」を果たすべく、ウラノスの傀儡国家であるハルモンディア皇国はセントヴォルト帝国の誇る絶対防衛線ククアナ・ラインに対して攻撃を開始、新たな戦雲が再び多島海全域を覆うことに―。世界各地に分かたれた「エリアドールの七人」は、それぞれの運命に懸命に抗い、いつしか国家を、時代を動かしていく。飛空士シリーズ最終章、第三部「プレアデスの奇蹟」開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とある飛空士への誓約7

とある飛空士への誓約6

『とある飛空士への誓約6』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

ガガガ文庫 とある飛空士への誓約6(イラスト完全版)
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約6(イラスト完全版)

前巻の感想はこちらから
とある飛空士への誓約5 | 晴れたら読書を

第二部完結。
お、重かった・・・・・・。
「とある飛空士への夜想曲」を彷彿とさせる、殺伐として悲痛な戦争の惨禍。
夜想曲がいかにも軍人然とした主人公だったのに対し、誓約の主人公達はライトノベルらしさを残しているだけに、彼らが戦いに赴く様が辛くて仕方なかったです。
いやー。今回はほんとにきつかった。でも途轍もなく面白いから途中でやめられないんですよね(꒪ཫ꒪; )
泣きながら読みきってやった!

☆あらすじ☆
敵対する三つの勢力に分かたれた「エリアドールの七人」は、あの誓約を胸にそれぞれの場所で頭角を現しつつあった。秋津連邦首都・箕郷の防空任務についた清顕は軍の思惑により若き英雄として祭り上げられ、いまやヴォルテック航空隊のエースとなったイリアを撃墜するよう強いられる。両国の威信をかけた最新鋭戦闘機を託されたふたりは、単機で戦局を決定づけるほどの戦闘力を翼にのせて、燃えさかる箕郷上空で再会する。葛藤と煩悶の末、互いを想い、仲間を想うふたりは高空の一騎打ちへ!第2部「第二次多島海戦争」完結。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とある飛空士への誓約6

とある飛空士への誓約5

『とある飛空士への誓約5』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

ガガガ文庫 とある飛空士への誓約5(イラスト完全版)
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約5(イラスト完全版)

前巻の感想はこちらから
とある飛空士への誓約4 | 晴れたら読書を

バルタぁあああ!!!
バルタがかっこ良いし可愛いしでニヤニヤが止まりませんでした。事態は全然甘くないのに。
物語はどんどん面白くなっていき、読んでる方もヒートアップ止まりません。

☆あらすじ☆
ウラノス王都・プレアデス。王位継承問題が、第一王子デミストリとニナ・ヴィエントの間で発生している中、ウルシラからニナと仲良くするよう命令されるミオ。専従騎士であるイグナシオに協力をあおぎ、ニナとの接近をはかる。一方、軍警に囚われてしまった清顕とかぐら。清顕の口封じを密かに狙うライナ。飛空要塞のバルタザールやセントヴォルトのセシルも、それぞれ重大な決断をせまられて…。「エリアドールの七人」がその思いをさらに複雑にさせながら、無情にも激動の渦に物語は巻き込まれていく…!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とある飛空士への誓約5

とある飛空士への誓約4

『とある飛空士への誓約4』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

ガガガ文庫 とある飛空士への誓約4(イラスト完全版)
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約4(イラスト完全版)

前巻の感想はこちらから
とある飛空士への誓約3 | 晴れたら読書を

バルタの萌えキャラ化について・・・・・・とても良いと思います!
色々大変なことがあっても楽しく過ごしていた学生生活も終わり、いよいよ軍人として戦場に立つ第二部スタート。
もうね。この終盤のゾクゾク感は恋歌のときも感じたアレです。ニクい演出だなぁ。

☆あらすじ☆
清顕とイリアは、かぐらも所属するセントヴォルト海空軍最強の戦闘機部隊「ヴォルテック航空隊」に配属された。荒くれものどもが集うこの部隊で、新たな仲間たちとの絆を育むふたり。そして、“あの別れ”から一年後の夏。セントヴォルト海空軍は、総力を結集して、大瀑布付近を遊弋するウラノス飛空要塞の攻略に挑むことに。清顕は、かぐら、イリアと小隊を組み、大瀑布を挟んだ決戦に参加するが…。時代のうねりに翻弄され、互いに引き裂かれながら七人はそれぞれの空を飛ぶ。第二部「第二次多島海戦争」、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とある飛空士への誓約4

とある飛空士への誓約3

『とある飛空士への誓約3』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

ガガガ文庫 とある飛空士への誓約3(イラスト完全版)
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約3(イラスト完全版)

前巻の感想はこちらから
とある飛空士への誓約2 | 晴れたら読書を

容赦なく心を折りに来ていますね・・・・・・。
犬村小六作品はこの「飛空士」シリーズと「サクラコ・アトミカ」を読んできているのですが、波長が合うのか、ラブコメシーンがとても好きだったりします。
でもそのコメディパート、絶望フラグだよね!?上げて落とすんだよね!?って、わかっちゃいるけど好きなんだ。
ふふふって笑ってるのに無性に泣きたくなるんですよぇ。
今回もまさにその典型。上げて落とされた哀れな読者のブログがこちらになります。

☆あらすじ☆
バルタザールとかぐらが卒業し、三回生となった清顕は、模擬空戦を経てイリアとの距離を少しずつ縮めていた。しかしミオとはつまらない喧嘩ばかりで、ペアで臨んだ索敵訓練では被弾、負傷してしまう。意識を失った清顕を前に、ミオはひとり重大な決心をするが―。一方ウラノスは、史上例のない一大奇襲作戦「オペレーション・ジュデッカ」を発動。エアハント島には、黒豹・カーナシオンも襲来し、イリアと清顕は初陣を切ることに…。永遠の友情を誓った「エリアドールの七人」に、残酷な別れの時が迫る。その選択は、愛する人のために。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とある飛空士への誓約3

とある飛空士への誓約2

『とある飛空士への誓約2』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

ガガガ文庫 とある飛空士への誓約2(イラスト完全版)
ガガガ文庫 とある飛空士への誓約2(イラスト完全版)

前巻の感想はこちらから
とある飛空士への誓約1 | 晴れたら読書を

もう!何で!こんなに面白いんですかー!
親交を深めていく仲間達、白熱の空戦、そして急転する物語。
ちょ、早く、次の巻読まんと・・・・・・

☆あらすじ☆
「空は、墓場だ。わたしは、鉄だ」父の教えを胸に刻み、一個の鉄塊となったイリアは、今日も灰色の空へ離陸する。25戦中24勝1敗。撃墜数33機。模擬空戦において驚異の記録を更新中の彼女は、「エリアドールの七人」の中では突出した存在となっていた。それに対して清顕の戦績は、11戦して2勝0敗9引き分け。撃墜数0機。互いに撃墜王の父を持ちながらも、実力の差ばかりを見せつけられ焦る清顕。「なんのために、ぼくは戦場を飛ぶ?」そして、平穏な学園生活の中で懊悩する裏切り者「ハチドリ」が動き出す―。恋と空戦の物語、激動。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とある飛空士への誓約2