「椎名咲月」タグアーカイブ

男装王女の波瀾なる輿入れ/朝前みちる

男装王女の波瀾なる輿入れ (ビーズログ文庫)
男装王女の波瀾なる輿入れ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
超ポジティブの脳筋男装王女と、彼女にペースを狂わされっぱなしのツンデレ皇太子のラブコメ第2弾。
今回は舞台を星王国から帝国に移して異文化交流するのだけど、内容的には前哨戦とのこと。
確かに伏線設置の回という印象で、ちょっと盛り上がりに欠けるかな?
いろいろと動き始めるらしい次巻に期待します。

☆あらすじ☆
男装王女、ますます天然発揮で敵国もメロメロ!? 勘違い輿入れ第2弾!
男装王女、ますます天然発揮で敵国の舅姑もみんなメロメロ──!? ……って、そんなことお兄ちゃんたちが許しません!! 勘違い輿入れラブコメ第2弾登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 男装王女の波瀾なる輿入れ/朝前みちる

侍女ですが恋されなければ窮地です2/倉下青

侍女ですが恋されなければ窮地です2 (一迅社文庫アイリス)
侍女ですが恋されなければ窮地です2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
忠義者な侍女の一人二役ラブコメ第2弾。
今回は色々詰んでる王国の王太子からの求婚を断るために、マリアダが再び公姫のフリをするというストーリー。
板についた悪役っぷりを披露してくれるジルヴィーノは前巻よりもキャラが立っていたと思います。もうちょっと掘り下げてくれたらもっと良かった。
ちなみに出てくると主役二人を食ってしまう勢いでキャラが濃い公妃さまは今回出番控えめでした。妥当かもしれないけど寂しい。

☆あらすじ☆
大切な姫様の幸せを邪魔する者は許さない! 公姫の身代わりを務め、傭兵隊長ジルヴィーノとの政略結婚阻止に成功した侍女マリアダ。ところがマリアダ自身が気に入られ、彼の婚約者として傭兵の住む館に迎えられることに。傭兵隊長の妻なんて無理!――と求婚に抵抗していたある日、姫に新たな婚姻話が。姫のためにマリアダは再び身代わり&今度はジルヴィーノと恋人の演技まですることになって!? 侍女と傭兵隊長の身代わりラブ第2弾★

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 侍女ですが恋されなければ窮地です2/倉下青

男装王女の華麗なる輿入れ/朝前みちる

男装王女の華麗なる輿入れ (ビーズログ文庫)
男装王女の華麗なる輿入れ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
ツンデレ王子と脳筋王女の政略結婚ラブコメ。
超ポジティブな男装ヒロインがインドアなヒーローを全力でおもてなしする話なのだけど、とある誤解から生まれるすれ違いがとても楽しかったです。
もっと掘り下げてほしいところがあったものの、一応は1冊で綺麗に終わっています。続刊あるといいなー。

☆あらすじ☆
天然男装王女と魔性の天才王子、勘違いから始まる婚姻ラブコメ!
「ちょいと隣国に嫁いできやれ」「お任せください!」──母である女王の軽~い一言に即答したリュカリスは、星王国の≪無能力≫な王女。……ただし、国で一、二を争う立派な男装騎士!
そんな彼女を溺愛する兄弟達がやきもきする中、お相手の帝国皇太子、天才と噂のアルトゥールがやってきた。張り切って迎えたリュカリスだが、アルトゥールの言動は何か引っかかる──!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 男装王女の華麗なる輿入れ/朝前みちる

侍女ですが恋されなければ窮地です/倉下青

侍女ですが恋されなければ窮地です (一迅社文庫アイリス)
侍女ですが恋されなければ窮地です (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
New-Generationアイリス少女小説大賞「銀賞」受賞作。
詐欺師の才能があると太鼓判を押された侍女が、駆け落ちした姫の代わりに傭兵隊長をタラシ込もうとがんばる身代わりラブコメ。
全体的にテンポは良いのですが、脇キャラが魅力的すぎるのも考えものかなと思ったり。
侍女と傭兵隊長のラブコメより、侍女と公妃の腹黒コメディの方が楽しかったんですよね。まぁ面白かったし良いか!

☆あらすじ☆
傭兵隊との契約更新のための結婚? 大切な姫様を野蛮な傭兵隊長になんて渡せません! 公国の姫に、継母から持ち込まれた傭兵隊長との政略結婚。侍女マリアダは、秘密裏に姫を恋人と駆け落ちさせることに成功!――したものの、怒った公妃から姫のふりをして傭兵隊長を誘惑し契約更新を取り付けるよう命じられる。姫の幸せを守るため、マリアダはしぶしぶ身代わりとなるが……。侍女と敏腕傭兵隊長の身代わりラブファンタジー★

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 侍女ですが恋されなければ窮地です/倉下青

若奥様、ときどき魔法使い。/白川紺子

若奥様、ときどき魔法使い。 (コバルト文庫 し 17-10)
若奥様、ときどき魔法使い。 (コバルト文庫 し 17-10)

評価:★★★☆☆
2016年9月刊。
なんだこの破壊力ある可愛さは・・・・・・!
魔女が女王として治める国を舞台に、落ちこぼれ魔女の伯爵夫人と無表情(ただし感情表現は豊か)な伯爵が思いも寄らぬトラブルに巻き込まれていくというファンタジー。
ワンダーランドでおとぎ話なメルヘン全開の世界観がたまりません。魔法がいちいち可愛すぎる!
WEB公開のエピソードと書き下ろし2編の3本立てですが、どれも少しずつ雰囲気を変えてあって楽しい1冊でした。

☆あらすじ☆
女王は魔女、貴族は魔法使いのオムニア王国。バイオレット伯爵レンの妻ローズは、たまにしか魔法が使えない落ちこぼれ魔法使い。突然女王に呼び出され!? WebマガジンCobaltで閲覧数ナンバー1作品が文庫化!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 若奥様、ときどき魔法使い。/白川紺子