「棺姫のチャイカ」タグアーカイブ

棺姫のチャイカ12

『棺姫のチャイカⅫ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカ (12) (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカ (12) (富士見ファンタジア文庫)

前巻の感想はこちらから
棺姫のチャイカ11 | 晴れたら読書を

本編は一応前巻で完結しているのですが、もうちょっと続く第12巻。
本編が良い感じに終わっていたので少し蛇足かな?と思っていたのですが、これまた良い感じに後日談となっていました。
ちなみに12巻の内訳は後日談の中編1本と、雑誌掲載の中編1本です。

☆あらすじ☆
ガズ皇帝との激戦後、消息不明となったトールとチャイカ。二人を探す旅に出たアカリと紅チャイカ。フェルビスト大陸に訪れた束の間の平和の中で、彼らは、彼女らは、どこで何をしているのか?そしてガズ皇帝亡き後も『チャイカ』という存在を警戒するジレット。いまだ明確な『終わり』が見えない中、ダチア子爵領で『ガズ帝国軍』―旧ガズ帝国の正統後継を名乗る少女を旗頭とした武装集団が現れ―。「我が名はチャイカ・ガズ」そう名乗った彼女のそばには、機杖を持った少女と黒衣の若者の姿が…。『チャイカ』サーガを締めくくる真のエンディング!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 棺姫のチャイカ12

棺姫のチャイカ11

『棺姫のチャイカⅪ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

棺姫のチャイカ (11) (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカ (11) (富士見ファンタジア文庫)

前巻の感想はこちらから
棺姫のチャイカ10 : みかこの読書日記

棺担ぐ姫チャイカの物語、完結です。
結末にはいろいろ思うところがあるのですが、とりあえず最後の最後で大事な言葉を誤字するとはどういうことなんですかぁー(´;ω;`)
本編は完結ですが、あと1冊出るそうです。後日談だといいな。

☆あらすじ☆
神を討ち滅ぼした“禁断皇帝”アルトゥール・ガズ。彼の次なる行動はシン、トール、ジレットに世界の三分の一を統べる王という『役目』を与えるというものだった。三つの勢力による未来永劫の戦争状態。世界を、再び戦乱の渦中へと戻す提案に対し、乱破師と騎士それぞれの応えは…。生きる目的、自分という役割、存在の理由。『棺担ぐ姫』と『従者の少年』。二人の旅路の終着点はもうすぐ―。壮大なる『チャイカ』サーガ、ついに完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 棺姫のチャイカ11

棺姫のチャイカ10

『棺姫のチャイカⅩ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

棺姫のチャイカX〈ファンタジア文庫電子応援店限定版〉 (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカX〈ファンタジア文庫電子応援店限定版〉 (富士見ファンタジア文庫)

次巻で完結だそうです。ラストスパートに入り、どんどん面白くなっています!
今回は最終決戦の前に情報整理をしつつ、ガズ皇帝の半生が語られていくターン。そして、彼の目的も明らかになり物語はどんどん壮大に展開。本当にどうなっちゃうの?

本編もどんどん楽しくなっていますが、10月からいよいよアニメ2期もスタートですね!アニメ版好きだったのでとても楽しみです。

☆あらすじ☆
全ての『遺体』が集まり、黒チャイカの儀式によって現世に復活を果たした“禁断皇帝”アルトゥール・ガズ。しかしそれは同時にチャイカの生きる目的だった父親の『遺体』を集める行為は、ガズ皇帝によって使い捨ての道具として仕組まれたものであるという真実を知ることになる。与えられた使命すらも無くし、生きる目的を失ったチャイカに、トールは声をかける。
「我が主。初めて会った時の事を覚えているか?」かつて自分が言われた言葉を今度はチャイカに向けて―。再び。見つける。今から。もう一度。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 棺姫のチャイカ10

棺姫のチャイカ9

『棺姫のチャイカⅨ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

棺姫のチャイカIX (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカIX (富士見ファンタジア文庫)

大きく話が動きましたが、もしや終盤戦突入なのでしょうか。対立構造もハッキリしてきて、さらに面白くなってきました。
話だけでなく、主人公トールにも変革が。こういう展開はベタだけど熱くて好きです。

☆あらすじ☆
賞品の『遺体』を手に入れるため、ハルトゲン公国の武芸大会に出場したトールとフレドリカ。無事予選通過を果たすも、双子のチャイカの策略によってチャイカ、アカリ、ニーヴァが捕らわれてしまう。引き渡しの条件として、これまで集めてきた『遺体』との交換を提案されるのだが…。「トールにとって、一番大事なのは、何?」チャイカの望みを叶える事。それがトールの…。ではそのためのチャイカの死は?生命と目的。決断を迫られるトールが出す答えは…。
絶望と希望が交錯する中、真の『黒』が姿を現し、ついにすべての『遺体』が揃う!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 棺姫のチャイカ9

棺姫のチャイカ8

『棺姫のチャイカⅧ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

棺姫のチャイカVIII (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカVIII (富士見ファンタジア文庫)

どんどんエログロ方面に・・・・・・。
黒チャイカ出てきました。表紙の双子です。そしてまたもやビッチャイカw
今回も上下巻なのか、話は終わりません。どんどん核心に近づいているような謎が深まるばかりのような。

☆あらすじ☆
禁断皇帝アルトゥール・ガズを討ち滅ぼした『八英雄』のひとり―シュテファン・ハルトゲン公王。彼が統べるハルトゲン公国で開催される武闘大会の賞品は、なんと『皇帝の遺体』そのものであるという。しかも公王の傍らには、双子のようにそっくりな二人の“黒き”チャイカが付き従っていた―。優勝して『遺体』を手に入れるために、大会への参加を企図するトールたちは、それぞれ同じ目的で集った紅チャイカとダウィード、そしてジレット隊のヴィヴィとニコライと、因業深き再会を果たす。三者三様の想いと、仄暗き策謀が渦巻く武闘大会の“戦場”で、命を賭した争闘の幕が切って落とされた!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 棺姫のチャイカ8

棺姫のチャイカ7

『棺姫のチャイカⅦ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

棺姫のチャイカVII (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカVII (富士見ファンタジア文庫)

濃かった・・・・・・っ!
物語の大きなターニングポイント。それに相応しい面白さでした。というか、ここ数巻の面白さが読む前の予想以上でとても満足しています。
ここまで意味深におかれてきた伏線が一旦回収され、また新たに伏線がおかれた今回。なんだかんだで謎は深まるばかりですが。
あと、ヴィヴィが・・・ヴィヴィが・・・っ!!!

☆あらすじ☆
…チャイカとは、何か―?
航天要塞と運命を共にした蒼のチャイカは、自ら“も”また『本物』だと、驚くべき真実を白きチャイカに告げた…。何故、記憶が欠落しているのか?首筋の傷跡は何なのか?無数の謎を抱えたまま、トールたちは皇帝の遺体が眠る海を目指すことに。そこで、紅のチャイカと思わぬ再会をした彼らは、突如として正体不明の亜人兵と大海魔の強襲を受ける!!激闘の果て、流れ着いた先は絶海の孤島。一行は島内の牢獄で、金銀妖眼の少女と出会う。彼女はラーケ語で、こう言った。
「待っていた―チャイカ…」

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 棺姫のチャイカ7

棺姫のチャイカ6

『棺姫のチャイカⅥ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

棺姫のチャイカVI: 6 (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカVI: 6 (富士見ファンタジア文庫)

航天要塞編後編。
「チャイカ」の謎に迫ったり、あの人がこの人と共闘したり、最後の最後にあの人が大変なことになったり、となんだかお祭り騒ぎのような下巻でした。雰囲気はひたすらダークなんですけどね。
トールとチャイカにとってもターニングポイントとなったエピソードだったのではないでしょうか。
このシリーズ、ほんとに面白くなってきて、早めに切らなくて正解だったなとしみじみ思っています。

☆あらすじ☆
「―トール!トールッ!!」
天翔る城砦での戦いの果てに、大空へと投げ出されたトール。チャイカの叫びも虚しく、彼の生命は散った―かに見えたが、窮地を救ったのはジレット隊のヴィヴィとズィータだった。ズィータは「あなたに『お願い』があります」と告げる―。
そして捕らわれたチャイカは、銀の髪と紫の瞳を持つレイラと邂逅する。彼女は「棺担ぐ姫君。貴女に『チャイカ』の真実を教えてあげる。貴女が本当に絶望できる―真実を」と言って、意味ありげに微笑むのだが…!?
航天要塞“ソアラ”を巡る死闘、宿業のクライマックスへ。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 棺姫のチャイカ6

棺姫のチャイカ5

『棺姫のチャイカⅤ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

棺姫のチャイカV: 5 (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカV: 5 (富士見ファンタジア文庫)

正直、4巻までは作者の熱意に疑問があったのですが、ここにきて面白くなってきました。エンジンがかかってきたのか、ようやく「戦後」という舞台設定に奥行きが出てきたのではないでしょうか。
とはいえ、今回の話は前後編?なのか、この1冊では終わりません。次巻を読んでみないことには何とも言えないものの、この後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
「…あれは―」
美しい銀の髪と、紫の瞳を持つ『棺担ぐ姫君』チャイカ・トラバント。彼女が指をさす方角に浮かぶ、「塔」のような建造物。かつて『禁断皇帝』との大戦争で、最強無敵と呼ばれた魔法兵器。その名は―「航天要塞!」『禁断皇帝』の遺体を持つガヴァーニ公爵は、その天穹高く舞う城砦に住まうという。チャイカの望みを叶えるには、何人も侵入できない、絶死の要塞を攻略せねばならない。しかし、公爵を狙うのは、チャイカとトールたちだけではなかった!?
天空を舞台に、今、三つ巴の激闘がはじまる。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 棺姫のチャイカ5

棺姫のチャイカ4

『棺姫のチャイカⅣ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカIV: 4 (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカIV: 4 (富士見ファンタジア文庫)

本題に入っていったのかな?
ここまで幾度となく触れられてきた何人もの「チャイカ」の1人と接触する回でした。紅チャイカも可愛いけど、やっぱり私は白チャイカが好きです。アホ可愛い。

☆あらすじ☆
「本物―私!偽物―白い方!!」
突如あらわれた真紅の少女は、そう言い放った。艶やかな銀髪と円らな紫の瞳を持ち、自分も“チャイカ”だと名乗る少女―チャイカ・ボフダーン。紅の彼女は、亡き『禁断皇帝』の遺体を探す『棺担ぐ姫君』チャイカ・トラバントと乱破師のトールたち一行に、蛇咬剣を振るい襲い掛かってくる。
「父様の遺体。完全回収。そして―父様殺した奴等、皆殺し」
紅のチャイカは自らの目的を告げ、トールたちの持つ『遺体』を力ずくで奪い取ろうとするのだが…。
紅と白の“チャイカ”。宿命の二人がいま、巡り会う―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 棺姫のチャイカ4

棺姫のチャイカ3

『棺姫のチャイカⅢ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカIII: 3 (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカIII: 3 (富士見ファンタジア文庫)

今回は仲間たちの絆を深める回、だそうです。
途中で出てきたトールとチャイカのうふふにびっくりしてしまいましたw
私、ちょろい!(意訳:見事に引っかかったぜ!)

☆あらすじ☆
「胸っ!?増量!?」「何を置いても先ずそれかよ!?」「豊胸。秘訣。是非教授」
俺、トール・アキュラは思わずチャイカを振り返って突っ込み、でもってまた慌てて視線を逸らした。胸がどうとか、全く自分の周りの女共はどうして揃いも揃って慎みってものがないのか―。
チャイカの“捜し物”を求めて旅する俺たちは、温泉で休息に浸っていたが、またも正体不明の少年・ギイと遭い、“捜し物”をもつと思しき『皇帝殺しの英雄』の情報を得る。それで英雄シモン・スカニアがいるという『還らずの谷』へ赴いた俺たちは、ジレット隊と正面衝突することになり、崖から落ちてしまう―。

内容は三人称なのに、あらすじは一人称なのか。以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 棺姫のチャイカ3