「山本瑤」タグアーカイブ

飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず/山本瑤

飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず (コバルト文庫)
飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2017年3月刊。
秘密を暴くのが得意な少女錠前師と、秘密の匂いがする青年伯爵。
金庫の鍵を開けてほしいという伯爵の依頼を引き受けた主人公は、思いがけない秘密の鍵をも開けてしまうことになるのです。
主人公が開く「秘密」は色んな真実を隠しているのだけど、真実が明らかになった先で待っているロマンスが素敵でした。ヒーロー、めっちゃロマンチスト!
スチームパンクミステリーと銘打たれているけれど、スチパン要素は強くないのでSF系に苦手意識がある人でも大丈夫。
物語はそれなりに綺麗に終わっているけれど、伏線っぽいものが少し残っているかな?
ぜひシリーズ化してほしい新作でした。

☆あらすじ☆
天才錠前師のトマス・ウルスに育てられたマージは、鍵や機械が大好きな、いっぷう変わった女の子。トマス亡きあと、錠前店をひとりで切り盛りしていたマージの元にある日、鉄道王としても成功しているアンブローズ伯爵家の若き当主・アレックスが訪れる。「ある金庫を開けてほしいから、身ひとつで伯爵家に来てくれ」という依頼を断ろうとしたマージに、アレックスは破格の報酬を約束し…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず/山本瑤

眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ/山本瑤

眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ (集英社オレンジ文庫)
眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★★☆
2016年4月刊。
他人の夢を見てしまう主人公が催眠療法士にスカウトされ、彼と共に悩みを抱える人々の心を救っていく物語。
悪夢と苦悩とお布団のお話でした。私も高級おフトンに包まれて快眠したい。
患者の苦悩が具象化した悪夢に入り込むという設定なのですが、一見穏やかな雰囲気の中に溶け込んだ「毒」が心にびりびりと響くストーリーでした。
登場人物達は賑やかで魅力的でしたが、まだ明かされていない彼らの背景がとても気になります。
ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
他人の夢が見えてしまう能力を持つ砂子は、勤めている寝具販売店で奇妙な客にスカウトされる。彼の名は、九条桜舟。催眠療法士を名乗る彼に、患者が苦しむ原因を深層心理から取り除く“獏”に勧誘された砂子が出会うのは、美しくもアクが強い三人の獏達と、不安や苦しみを抱えクリニックを訪れる患者達…。その心に秘められた謎に迫るサイコロジカル・ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ/山本瑤

蝶よ毒よ 邪悪な獣の正しい飼い方

『蝶よ毒よ 邪悪な獣の正しい飼い方』(山本瑤著/集英社コバルト文庫)★★★★☆

蝶よ毒よ 邪悪な獣の正しい飼い方 (コバルト文庫 や 6-44)
蝶よ毒よ 邪悪な獣の正しい飼い方 (コバルト文庫 や 6-44)

2015年6月刊。
面白かったーーッ!!
悪戯が大好き。人の嫌がることは進んでやる。
そんなひねくれ者の王女様が、悪名高き氷狼公から求婚(という名の屈服)を引き出そうと、あの手この手で頑張るお話です。
嫌われることに慣れきったヒロインの強気は、張り詰めすぎていてハラハラしました。コミカルだけど切ない。
彼女と氷狼公との絡みも良かった。ヒロインが攻めているはずなのに、警戒心の強い臆病な子猫が恐る恐る狼にすり寄っていくようにも見えてきて、それが本当に可愛いんです。
続きが読みたい!ぜひシリーズ化してほしい新作です( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
絶対、あなたに求婚させてみせる!!悪戯好きで魔女と忌み嫌われ、ルブラン王国を追放された王女・エミリエンヌは残忍な氷狼公と悪評高い辺境伯ラファエルに花嫁として召し出されるがすえなく拒絶される。ラファエルを屈服させるため、エミリエンヌは意地でも彼を求婚させると決心し・・・・・・!?タイムリミットは一ヵ月。求婚したら負け!極悪公爵VS性悪王女、激辛×激甘ラブバトルのはじまり!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 蝶よ毒よ 邪悪な獣の正しい飼い方

天女は恋する、龍冠の君

『天女は恋する、龍冠の君』(山本瑤著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

天女は恋する、龍冠の君 (コバルト文庫 や 6-43)
天女は恋する、龍冠の君 (コバルト文庫 や 6-43)

前作「妖精国の恋人」シリーズは終わっちゃったんですか?(完結って書いてたっけ?)好きだったのに・・・・・・。
そんな山本瑤さんの新作は中華ファンタジーなわけですが、全体的な雰囲気がどこか前作に似ているように感じました。なので私にはかなり好みな作風でしたが、話のおおまかな展開自体は割と読めちゃいます。それでも、自分の予想が合っているのかどうかいまいち自信が持てない謎めいた展開に、最後まで楽しく読めました。
内容としては、お茶好き健康マニアなヒロインが謎の美青年と出会うことによって王宮の陰謀に巻き込まれることになり、その先で天女の伝説の真実をみる、というもの。
山本瑤さんの作品の雰囲気とか文体ってなんか好きだなぁと再確認した新作でした。

☆あらすじ☆
お茶農家の養女で健康マニアの珠華は謎めいた行き倒れ青年・紘暉を披露。なぜか珠華を気に入り居座ってしまった彼は、艶やかな笑みの下にもうひとつの顔と、とある目的を秘めていた。珠華もまた、自身が秘めていた運命に導かれるように、絢爛たる宮廷で繰り広げられる高貴な皇子達との恋と陰謀、そして伝説の“天女争奪戦”に巻き込まれてしまい・・・!?新たなる王道中華ファンタジー開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 天女は恋する、龍冠の君

妖精国の恋人3 恋せよレディ!もふもふの城は大騒ぎ

『妖精国の恋人 恋せよレディ!もふもふの城は大騒ぎ』(山本瑤著/コバルト文庫)★★★★☆

恋せよレディ! もふもふの城は大騒ぎ 妖精国の恋人 (コバルト文庫 や 6-42)
恋せよレディ! もふもふの城は大騒ぎ 妖精国の恋人 (コバルト文庫 や 6-42)

もうほんと可愛いなこのシリーズ!
今回はエリスの祖母である女王からの使者にレディとして認められなきゃいけない一方で、妖精王のちょっかいにも対応しなきゃいけないという慌ただしいお話でした。少しとっちらかってる印象もなきにしもあらずなのですが、そんなことどうでもいいくらいエリスとケイトリンが可愛くてたまらなかったです。

☆あらすじ☆
妖精の棲むネイヴァロンでロウランド王国の王子・エリスとケンカしつつも甘い新婚生活を送るケイトリンは、妖精リャナンシーの血をひく自由すぎる女の子!
エリスが愛しすぎるあまり、愛に貪欲なリャナンシーのチカラが目覚めてしまい!?
二人の仲を裂こうとする厄介なお客様が現れるわ、妖精王が罠を仕掛けるわ・・・二人の仲は一体どうなっちゃうの!?
ときめきのもふもふファンタジー!!

あらすじ、なんか色々違う気がするんですが・・・・・・
以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妖精国の恋人3 恋せよレディ!もふもふの城は大騒ぎ

妖精国の恋人2 黒ウサギの王子様とお茶会を

『妖精国の恋人 黒ウサギの王子様とお茶会を』(山本瑤著/コバルト文庫)★★★★☆

妖精国の恋人 黒ウサギの王子様とお茶会を (コバルト文庫)
妖精国の恋人 黒ウサギの王子様とお茶会を (コバルト文庫)

2か月連続刊行の後編。
妖精王問題は解決した・・・のかな?
ウサギ王子なエリスがツンデレ可愛かったです。彼の絶妙なツンデレ具合がツボにはまってしまいましたw
それをのほほんと受け流すケイトリンもまた面白くて可愛かったです。
6月に3作目も出るそうですが、長く続くシリーズになってほしいな。

☆あらすじ☆
ロウランド王国の王子エリスから「契約結婚しよう」という奇妙なプロポーズを受け、妖精の棲むネイヴァロンに期間限定で嫁いだケイトリン。人々が獣の姿に変えられてしまう呪いを解くため奮闘するのだが、エリスは黒いウサギになってしまって。妖精王の怒りはどうやったら解けるの!?そして「契約」だったはずの二人の関係にもいつしか変化が!?
ときめきのもふもふファンタジー第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妖精国の恋人2 黒ウサギの王子様とお茶会を

妖精国の恋人1 黒馬の王子様と暁の娘

『妖精国の恋人 黒馬の王子様と暁の娘』(山本瑤著/コバルト文庫)★★★☆☆

妖精国の恋人 黒馬の王子様と暁の娘 (コバルト文庫)
妖精国の恋人 黒馬の王子様と暁の娘 (コバルト文庫)

2か月連続刊行の1作目ということで、前編。この巻だけでは話が終わりません。
帯に「自由すぎる野生の娘」と書いてあったヒロインですが、うーん、確かにその通りかも。
異性相手でもあまり何も考えていないヒロインが、徐々に女の子らしく恥じらいを持っていく(?)様子はこそばゆく可愛らしかったです。
色々と仕掛けがあるストーリーはなかなか面白かったのですが、今巻だけでは評価しづらいかな。
ふわふわと童話的な世界観で黒いエピソードをさらっと持ち込んでくる姿勢は嫌いじゃないです。

☆あらすじ☆
馬の気持ちが誰よりも分かる不思議な娘、ケイトリンの住むモルガンウッグの農地に、ロウランド王国の第二王子エリスが訪れ、ケイトリンに突然のプロポーズをしてくる。エリスの領地で妖精が棲むという「虹の島」ネイヴァロンに、人々が獣になってしまう「呪い」がかかっており、それを解くためには、ケイトリンのことが必要だと言うのだが・・・!?
ときめきのもふもふ♡妖精ファンタジー! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妖精国の恋人1 黒馬の王子様と暁の娘