「屡那」タグアーカイブ

皿の上の聖騎士1 A Tale of Armour

『皿の上の聖騎士〈パラディン〉1 ーA Tale of Armourー』(三浦勇雄著/ノベルゼロ)★★★★☆

皿の上の聖騎士〈パラディン〉1 ― A Tale of Armour ―<皿の上の聖騎士〈パラディン〉> (NOVEL 0)
皿の上の聖騎士〈パラディン〉1 ― A Tale of Armour ―(NOVEL 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
これぞ王道ハイ・ファンタジー。とても面白かったです!
理不尽に奪われたものを取り戻すため、大陸中を旅することになる騎士の姉弟の物語。
序盤でかなりショッキングな展開が起こるのですが、そこから始まる旅路と戦いの連続にワクワクさせられる作品でした。
「伝説」の真実を知ることで波乱の運命に巻き込まれても、助け合って道を切り開こうとする姉弟の関係性がすごく好み。
ドラゴンなどの霊獣が存在する神秘的で壮大な世界観のなかを、登場人物が生き生きと動き回るのも良かったです。一部、予想外な方向にも生き生きとしていて笑いましたがw
次巻以降も楽しみです!

☆あらすじ☆
伝説の甲冑が纏われた瞬間(とき)、新たな神話が開闢(はじま)る。
フィッシュバーン家には伝説がある。大国レーヴァテインがまだ小さな辺境国だった頃、ご先祖様が大陸中の霊獣を訪ね歩いて防具を授かり、集まったそれらは一着の聖なる甲冑と成った。――それが全ての始まりだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 皿の上の聖騎士1 A Tale of Armour