「宇津田晴」タグアーカイブ

レディ・マリアーヌの婚約/宇津田晴

レディ・マリアーヌの婚約 (ルルル文庫)
レディ・マリアーヌの婚約 (ルルル文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年8月刊。
騎士精神にあふれる格好いい少女が主人公のラブ・ファンタジー第3巻。
2巻で投げっぱなしにされた伏線や、気になるキャラのフォローなどが入った完結巻でした。大団円に満足。
それにしてもはなぢが出そうなくらい気合いの入った甘さだな・・・!

☆あらすじ☆
「婚約者」から再び「王子の下僕」に!?
勇ましい少女マリアーヌと不敵な第二王子ロベルトが、「下僕とご主人様」の関係から「恋人同士」になって1ヶ月。最近、強引なほど情熱的な愛情を隠さなくなったロベルトの言動に、マリアーヌは恥ずかしくもトキメキが止まらない!そんなある日、マリアーヌに実家から絶縁状が届く。ロベルトが女性をもて遊ぶ悪い男だと誤解した父が、マリアーヌを勘当しようとしているらしい。ロベルトの素晴らしさを、なんとか父に伝えたいと考えるマリアーヌだったが、今後は、実家がある故郷シノンで謎の盗賊団が暴れているという不穏な情報が飛び込んでくる。シノンの問題を調べるロベルトの特別部隊に、騎士として参加することになったマリアーヌ。再びロベルトの下僕となって、絶縁された実家へ戻ることに。盗賊団が残した痕跡に、かつて王宮を混乱させた危険な人物の気配を感じたマリアーヌは――!?
「レディ・マリアーヌ」シリーズ、お久しぶり!の新作登場。過激に甘いロベルトの愛情に包まれて、マリアーヌがまたしても凜々しく大活躍!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む レディ・マリアーヌの婚約/宇津田晴

『レディ・マリアーヌの秘密』『レディ・マリアーヌの恋人』/宇津田晴

レディ・マリアーヌの秘密 (ルルル文庫)
レディ・マリアーヌの秘密 (ルルル文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

総評:★★★★☆
「秘密」2010年12月刊。「恋人」2011年4月刊。
騎士として邁進してきた令嬢が、失恋を機に可愛いレディとなることを決心。しかし王女の話し相手としてあがった王宮で女好きの王子に目をつけられ、彼と共に王宮を蝕む問題を調べることになる、という物語です。
楚々としたレディを目指しつつも、隠しきれないイケメンっぷりを発揮するマリアーヌ嬢が素敵すぎてときめきました。
それでいて王子とのラブロマンスも堪能できる作品。失恋のせいで恋に臆病なマリアーヌの「勘違いしちゃだめだ!」っていう葛藤と、それをぶち破る勢いの王子の攻めっぷりが楽しかったですw
でも個人的にお気に入りなキャラは高すぎるハードルを担うお目付役だったり。
ちょっと消化不良な部分はあるけれど、そこは8月に刊行されるという続編に期待しています。

☆あらすじ☆
恋と密命は乙女の嗜み? 騎士的乙女生活!憧れの騎士の傍にいるために、剣術を学び凛々しく成長したマリアーヌ。けれど、彼が好きになったのは、儚く可憐な乙女で!? 痛い失恋を機に、剣を捨て可愛い乙女になることを決意! 華やかな王宮で意気揚々と乙女生活をスタートさせたマリアーヌだったが、昔を知る騎士やお目付役の存在で前途は多難? さらに、男前な性格が災いし、女性との噂が絶えない第二王子から下僕認定されて!? ドキドキの乙女生活の行方は?

以下、2巻まとめてのネタバレあり感想です。

続きを読む 『レディ・マリアーヌの秘密』『レディ・マリアーヌの恋人』/宇津田晴

眠れない王様のお休み係/宇津田晴

眠れない王様のお休み係 (ルルル文庫)
眠れない王様のお休み係 (ルルル文庫)

評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
安定の糖分補給ラブコメでした。
不眠症の王様と、彼の睡眠導入剤となったヒロインの関係がほのぼの甘くて可愛かったです。
ただ今回の話、背景がちょっと薄く感じたのは残念だったかな・・・・・・

☆あらすじ☆
庶民育ちの新米王女ローズは、腹黒冷酷と悪名高い宗主国の王様アンドルーが、かつて同じ旅芸人一座に身を置いていたアンディだと知り、びっくり。だが優しかった少年は激務と刺客のせいで極度の不眠症になり、いつも不機嫌な陛下になっていた。アンディの体調を心配するローズは、彼の安眠を確保しようと計画。一方アンディも、ローズがそばにいるとなぜか熟睡できることに気づき、荒みかけた心が癒されていくが―!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 眠れない王様のお休み係/宇津田晴

身代わり花嫁の懺悔日記

『身代わり花嫁の懺悔日記』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

身代わり花嫁の懺悔日記 (小学館ルルル文庫 う 1-29)
身代わり花嫁の懺悔日記 (小学館ルルル文庫 う 1-29)

2016年3月刊。
毒花と呼ばれる姉の身代わりで花嫁になった苦労性の妹の物語。
悪役が微妙すぎてストーリーは少し物足りなかったものの、悪女になりそこなってツンデレるヒロインが可愛い生き物すぎて楽しい作品でした。
気分転換に軽い甘さを楽しめて満足です。

☆あらすじ☆
姉の身代わりで、王太子に嫁ぐことになった令嬢サラー。多くの男性を翻弄して毒花と呼ばれる姉のふりをするために、せいいっぱい魔性の女を演じてみるけれど、もともと生真面目で純情なサラーは演技に四苦八苦。夫になったウィロウ王子をだましているのが申し訳なさすぎて、ついつい、ウィロウが寝ている横で、こっそり懺悔してしまう日々がつづく。一方、噂の悪女がなぜか初心で善良な姫君にしか見えず、不思議に思っていた夫のウィロウ。とある事情で「悪女」に求婚するしかなかったウィロウだが、ツンツンした態度をとりながらも、陰でこっそり夫を気遣うサラーに興味がわき、その必死さが愛おしく思えるように。悪女になりきれないばかりか、ウィロウから向けられるやさしい眼差しと甘い言動にドキドキしてしまうサラー。そんなある日、王子暗殺を企む一派の計画を知ってしまい…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり花嫁の懺悔日記

黒猫菓子店初恋日和

『黒猫菓子店初恋日和』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

黒猫菓子店初恋日和 (ルルル文庫)
黒猫菓子店初恋日和 (ルルル文庫)

2015年12月刊。
菓子職人のヒロインと、捨てられた彼女を拾った偏屈なヒーローのラブロマンス。
ちょっとヒーローが(ある意味)アホすぎるのと悪役が小物すぎるのが気になりましたが、軽く糖度を楽しめる安心の宇津田作品でした。

☆あらすじ☆
元婚約者にだまされて仕事も家も失った挙げ句、森に捨てられた菓子職人の少女マリエル。倒れていた彼女を拾ってくれたのは、謎めく青年ジルだった。女嫌いなくせに困っているマリエルを見捨てられないらしく、そっけない振りをしつつも、なにかと世話を焼いてくれるジル。彼が暮らす森の家には、同じように拾われたという幼い双子のきょうだいも住んでいて、マリエルは家事を引き受ける条件でジルたちと同居生活をすることに。いつか菓子職人の仕事に戻る日を願いつつ、家事のかたわら、お菓子作りに励んでいたある日。大富豪デュボワ家が新事業のために募集している菓子職人の候補に、自分が選ばれていたことを知ったマリエルは、チャンスをつかむために、デュボワ家の次期当主ジルベールに面会する。ところが「若き経済王」と呼ばれるカリスマ実業家のジルベールは、なんとジルにそっくり!? 混乱するマリエルに、ジルベールは甘い言葉で接近してきて…!!幸せいっぱい、極上スイーツ・ロマンス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黒猫菓子店初恋日和

姫の華麗なる奴隷生活

『姫の華麗なる奴隷生活』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★★☆

姫の華麗なる奴隷生活 (小学館ルルル文庫 う 1-27)
姫の華麗なる奴隷生活 (小学館ルルル文庫 う 1-27)

2015年8月刊。
王女に生まれながらも傭兵として育った主人公。彼女が自国を守るために乗り込んだのは、属国から大使として集めた姫や美女を奴隷として飼うような外道の帝国。
そんな帝国の暴走を食い止めるために手を組む王女と皇子の物語です。
とても面白かったのですが、これ最近の少女小説的にOKなの?ってドキドキしてしまいました。
美女の奴隷設定は想像以上に醜悪でエグいものでしたが、政争モノとして読み応えもあり、少女小説らしいラブコメも堪能できる良作。
続編も視野に入れているそうなので、ぜひシリーズ化してほしいです!

☆あらすじ☆
傭兵団のワイルドな男たちに育てられた、拾われ子の少女アメリア。ある日、自分の正体が行方知れずだったグリーフ王国の王女だと知り、びっくり!兄王から帝国の横暴と自国の危機を聴いたアメリアは、正義の怒りを燃やし、帝国を全力でぶち壊そうと決意。みずから「貢ぎ物王女」として帝国に乗り込むアメリアだが、皇位継承権を剥奪された悪名高い皇子ウイリアムが「飼い主」に決まって・・・!?甘い恋と野望が渦巻くラブコメ・ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 姫の華麗なる奴隷生活

リリー・フィッシャーの難儀な恋

『リリー・フィッシャーの難儀な恋』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

リリー・フィッシャーの難儀な恋 (ルルル文庫)
リリー・フィッシャーの難儀な恋 (ルルル文庫)

2015年5月刊。
オネエ系ヒーロー、キターーーッ!!
あらすじでテンションが上がってしまいました。こういう挑戦的な作品はとても良いと思います。
あ、でも中身は安定の宇津田さんの糖度たっぷりラブコメです。
オネエはちょっと・・・・・・と思った方も間違いなく楽しめると思います(^_^)

☆あらすじ☆
リリーは成り上がり男爵の娘。貴族の世界についていけず苦労ばかりのある日、依頼されて侯爵家の長男エドワードにまつわる噂の真相を調べることに!優秀なエドワードが突然「淑女の言動」で周囲を混乱させるようになり、出世街道から外れたというのだ。淑やかさを学ぶという名目でエドワードに近づいたリリーだが、「心は乙女」なはずのエドワードが時折みせる大人の頼もしい男の顔にドキドキ!一方、とある事情を抱えるエドワードは…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む リリー・フィッシャーの難儀な恋

鉄皇帝の結婚

『鉄皇帝の結婚』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

鉄皇帝の結婚 (小学館ルルル文庫 う 1-25)
鉄皇帝の結婚 (小学館ルルル文庫 う 1-25)

「神の末裔」・・・・・・あれ?神秘性?ん??w
可愛い子狸ヒロインとアドリブに弱い若き皇帝。政略結婚で出会った友だちカップルのほのぼのラブコメです。
今回も軽く楽しめる良いラブコメ。セレナがあまりにも面白すぎて、読みながらやたら吹き出してました。

☆あらすじ☆
神の末裔が住むと言われる島で生まれ育ったセレナは、長老が開催した選考会で皇帝ハロルドの花嫁に選ばれる。嫁ぐからには、冷徹な鉄皇帝だって骨抜きにしてやります!意気込んで周囲が期待する「神秘の姫君」を演じようとするが、セレナは子狸のように元気な色気ゼロの残念女子。帝国に到着早々大失敗をして、ハロルドを絶句させてしまう!このままでは花嫁チェンジ?焦るセレナは、拒絶の気配を見せるハロルドに夜這い宣言して…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鉄皇帝の結婚

忠犬侍女の愛しの王子様

『忠犬侍女の愛しの王子様』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

忠犬侍女の愛しの王子様 (ルルル文庫)
忠犬侍女の愛しの王子様 (ルルル文庫)

ヒーロー信仰系ラブコメってもっと増えてもいいと思うんですよねーとか常々思っている私にぴったりな少女小説でした。
わんこな忠義者侍女と、優しい(?)王子様が、10年ぶりに戻った王宮で陰謀に巻き込まれるお話でした。
主従の距離感って・・・・・・?と思うこと間違いなしのベタ甘ラブコメです。疲れた脳の糖分補給になりましたよ。甘かったーーー!

☆あらすじ☆
「君はもう俺のものだから――」
幼いころ、親に捨てられ森の中で泣いていた自分を拾ってくれたファラール王子。それ以来、少女リーリアはファラールをご主人様と決め、王宮を離れて医師として働くファラールのそばを片時も離れず、忠実な侍女となって仕えている。
そんなある日、病弱な弟王子を治療するために、ファラールが王宮へ呼び戻されることに。王宮に同行したリーリアは、なぜか自分が侍女ではなくファラールの恋人だと周囲に勘違いされていると知り、驚愕する。「私なんかがご主人様と恋の噂なんて、おそれ多すぎます!」必死に噂を否定してまわるリーリアだが、なぜかファラールはいつも以上にリーリアを甘やかし気味で、過剰に接触してくる。そんなファラールの態度にドキドキを隠せなくなったリーリアは、身の程知らずで分不相応な自分の恋心を恥じて、ファラールから逃げようとするが…。
ご主人様大好き!な侍女と企み王子。極甘主従のラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 忠犬侍女の愛しの王子様

呪われた王子と黒薔薇の乙女

『呪われた王子と黒薔薇の乙女』(宇津田晴著/ルルル文庫)★★★☆☆

呪われた王子と黒薔薇の乙女 (ルルル文庫)
呪われた王子と黒薔薇の乙女 (ルルル文庫)

軽く楽しめるラブファンタジー。
ところどころ拳と筋肉と汗が飛び散っていて、それがキモ面白かったです。
マッチョおねぇな天使さまがインパクト抜群すぎる。

☆あらすじ☆
名門貴族の令嬢ながら、裏では心霊現象の専門集団“ラ・モール”の総統補佐をつとめるノワイエ。普通の女子生活にちょっぴり憧れながらも、毎晩、悪霊を昇天させるために乙女の拳をふるって奮闘中だ。そんなある日、死の呪いにかかったソール王子を救え、という緊急指令が!ただし、呪いの解除方法は『愛を込めた真実のキス』!?
除霊のために隔離された館で、ノワイエはソールと同居生活をはじめるが…。悪霊まみれのスイート・ラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 呪われた王子と黒薔薇の乙女