「嬉野秋彦」タグアーカイブ

剣魔剣奏剣聖剣舞2/嬉野秋彦

剣魔剣奏剣聖剣舞 (2) (MF文庫J)
剣魔剣奏剣聖剣舞 (2) (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
ややのんびりなペースで進む第二弾。
大国間の戦況を描きつつ、それをひっかき回すリューイン。
そんなリューインとソーロッドの関係性がほんのちょっと見えてきたような気がしますが、まだまだ謎の多いシリーズです。

☆あらすじ☆
最強剣聖が美少女剣姫を弄ぶ、邪道戦記ファンタジー、第二弾!
王国と大公国の争いの隙間を縫い、“絶華十剣”のひとりソーロッドを従者としたリューインが向かうのは、レハール公国の都イリヤスハール。そこにリューインが求める神剣の一振りがあるようで――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 剣魔剣奏剣聖剣舞2/嬉野秋彦

ダンジョン・サーベイヤー2 帰ってきた“神秘の瞳”/嬉野秋彦

ダンジョン・サーベイヤー2 帰ってきた“神秘の瞳" (ファミ通文庫)
ダンジョン・サーベイヤー2 帰ってきた“神秘の瞳” (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
ダンジョン探索ファンタジー第2弾。
今回はシェーラ回的な内容でしたが、ちらちら見えてきたクローの事情が気になって仕方ありません。

☆あらすじ☆
“破滅の獣”の解体作業が進められるキーンホルツに、シェーラの姉と兄が属する“神秘の瞳”が帰還する。優秀な姉ルキナと折り合いのよくないシェーラだが、ルキナは“人間嫌い”から妹を取り戻したいと考えていた。そんな折、遺跡視察を希望した新任の市長ドロイトンと、同行したルキナたちが崩落に遭い、ドロイトンが行方不明になってしまう。マルタから“V機関”の存在を知らされ不穏なものを感じたクローは、仲間とともにドロイトン救出へ向かう――!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョン・サーベイヤー2 帰ってきた“神秘の瞳”/嬉野秋彦

ダンジョン・サーベイヤー1 遺跡の街の“人間嫌い”

『ダンジョン・サーベイヤー1 遺跡の街の“人間嫌い”』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★☆☆

ダンジョン・サーベイヤー 遺跡の街の“人間嫌い" (ファミ通文庫)
ダンジョン・サーベイヤー 遺跡の街の“人間嫌い” (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
「黒鋼の魔紋修復士」の嬉野秋彦さんの新作はダンジョンファンタジー。
古代魔導文明の遺跡を探索する冒険者たちの物語です。
同月発売となったMF文庫Jの新作「剣魔剣奏剣聖剣舞」と同様にこちらも序章という感じですが、伏線の張り方やキャラ的に私はこちらの方が楽しみなシリーズになりそうな予感。

☆あらすじ☆
太古の魔導文明が眠る遺跡の街【キーンホルツ】。そこへ向かっていたニコルは、山賊に襲われていたところを赤毛の少年に救われる。しかもその少年クローはトップクラスと名高い調査隊“人間嫌い【ミザントロープ】”を率いる凄腕の“調査鑑定士【サーベイヤー】”で、ニコルは埋文局の命により、彼のチームにその身を預けることに! 個性的な三人の少女に続く仲間を求めていたクローは、ニコルの力を試すべく“キーンホルツの闇”へ挑む――! 広大な迷宮都市を舞台に贈るダンジョンクロールファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョン・サーベイヤー1 遺跡の街の“人間嫌い”

剣魔剣奏剣聖剣舞

『剣魔剣奏剣聖剣舞』(嬉野秋彦著/MF文庫J)★★★☆☆

剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J)
剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
『黒鋼の魔紋修復士』の嬉野秋彦さんの最新作。
タイトルのインパクト通りに、たくさんの剣と剣士が登場する西洋風戦記ファンタジーです。
前作の時も思ったのですが、世界観が凝りすぎてて1巻は設定を把握するだけでも難儀しますね・・・・・・ストーリー的にも盛り上がりに欠けていたのは残念。続けば面白くなっていくんだろうなぁ、という信頼はありますが。
そして相変わらずキャラのクセがすごい。主人公のアクは強いし、ヒロインは考えが足りないし(´・ω・`)
こ、これもおそらく続けば魅力が開花していくに違いない!

☆あらすじ☆
『黒鋼の魔紋修復士』の嬉野秋彦最新作! 最強剣聖が世界を弄ぶ邪道戦記!
不壊の“神剣”を駆る“剣聖”が戦う戦乱の時代。王国の神剣を強奪したリューインは美少女揃いの剣聖集団“絶華十剣”のひとり、ソーロッドの追撃を受けるも窃盗、脱獄、公然猥褻、覗きにセクハラとやりたい放題で?【電子限定!描き下ろし短編付き】

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 剣魔剣奏剣聖剣舞

黒鋼の魔紋修復士13

『黒鋼の魔紋修復士〈ヒエラ・グラフィコス〉13』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★★★

黒鋼の魔紋修復士13 (ファミ通文庫)
黒鋼の魔紋修復士13 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
黒鋼の魔紋修復士12 | 晴れたら読書を
2015年8月刊。
まさに堂々たる完結巻。
「この作品はラブロマンスです」と著者が仰るとおりの甘さをみせつつ、全てに決着をつけてみせた、シリーズの最後を飾るに相応しい1冊でした。
このシリーズを読んで本当に良かったです。

☆あらすじ☆
ディヤウスとしての己の出自を知った上で、その手でメルディエトを葬ったディー。彼の苦悩を包み込むかのように、ヴァレリアはディーと結ばれる。一方その頃、カリンと決着をつけようと願うダンテと、ついにルオーマに直接攻撃をかける用意を整えたルキウスとオルヴィエトはユールローグを出立する。それぞれの相手を迎え撃つべく、カリンが、シャキーラが、そしてディーとヴァレリアが最後の戦いに臨む! 大人気ファンタジーアクション、堂々最終巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黒鋼の魔紋修復士13

彼女は戦争妖精9

『彼女は戦争妖精〈ウォーライク〉9』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★★☆

彼女は戦争妖精9<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)
彼女は戦争妖精9<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精8 | 晴れたら読書を

2011年8月刊。
シリーズ完結巻。
とても面白かったです。伊織という主人公は、ブレることなくそのキャラを貫き通した男だったなぁ、としみじみ思いました。

☆あらすじ☆
半年前、あの荷物を取け取っていなかったら。余計な同居人にも、襲いかかる刺客にも悩まされることはなかっただろう。恋をすることも、その相手を守るために人を斬ることもきっとなかっただろう。それまでのように、一人静かな毎日を過ごせていたに違いない。しかし―それでも伊織は思う。自分とクリスは出会うべくして出会ったのだと。たとえ向かう先が、“妖精の書”の残酷な導きだとしても、必ず家族を守ってみせると―。伊織とクリス、最後の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女は戦争妖精9

彼女は戦争妖精8

『彼女は戦争妖精〈ウォーライク〉8』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★★☆

彼女は戦争妖精8<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)
彼女は戦争妖精8<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精 小詩篇3 | 晴れたら読書を

2011年5月刊。
クライマックスに向けて急速に走り出した第8巻。
面白すぎですけど、とても辛い・・・・・・。

☆あらすじ☆
さわから譲り受けた“妖精の書”とともに、無事帰還した伊織たち。岩手での戦いを経験した伊織は、なるべく常葉を戦闘から遠ざけるよう、自分とクリスだけで、襲いかかる“鞘の主”を返り討ちにしていく。そんな伊織の優しさに、常葉は喜びと不安を感じていた。一方、ついに現れた六人目の“吟遊詩人”シリー・ウォーク。他の“吟遊詩人”たちとの対面を済ませた後、薬子に接近した彼の目的とは!?近づく終局、交錯する心。人気シリーズ第8巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女は戦争妖精8

彼女は戦争妖精 小詩篇3

『彼女は戦争妖精 小詩篇3』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★☆☆

彼女は戦争妖精 小詩篇 3<彼女は戦争妖精 小詩篇> (ファミ通文庫)
彼女は戦争妖精 小詩篇 3<彼女は戦争妖精 小詩篇> (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精7 | 晴れたら読書を

2011年2月刊。
最後の短編集ですね。薬子先生の話やら、ちび伊織の話やら。
一番印象的だったのは伊織パパのキャラでしょうか。意外でした。

☆あらすじ☆
バイト帰りの大学生、早瀬薬子が助けたのは、妙な口調の美少年。そして彼は囁いた。「姐さん、殺したい相手はおりやせんか?」―「Lebor Fragarach」。病から逃れるため、“楽園”を目指すリュクレーヌ。一方その頃“世界の果て”では、一人の学者と彼を愛するウォーライクの元に“妖精の書”を抱いた少女が現れて―「Lebor Meabhal」。岩手での出来事に思い悩む伊織。散歩の先で、偏屈な老婆と出会うのだが―「Labor Bricriu」。真実に近づく小詩篇第3巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女は戦争妖精 小詩篇3

彼女は戦争妖精7

『彼女は戦争妖精〈ウォーライク〉7』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★★☆

彼女は戦争妖精7<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)
彼女は戦争妖精7<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精6 | 晴れたら読書を

2010年12月刊。
メインヒロインが決まった!
と喜んだのも束の間、物語はますます不穏な方向へ・・・・・・(´・ω・`)

☆あらすじ☆
イソウドの奸計によりペルスヴァルを倒した伊織たち。その数日後、伊織はクリスと、そして偽書の一件で薬子と袂を分かった常葉とリリオーヌとともに、母方の曾祖母の住む岩手へ旅立つ。しかし執拗なまでに伊織を狙うイソウドの刺客が彼らに迫っていた――! 一方二人の不在を怪しむさつきとルテティア、薬子の真意を問いただす頼通はこの戦いの終局を考えはじめ、”吟遊詩人”たちにも最終局面を予感させる出来事が……! 佳境を迎えるシリーズ第7巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女は戦争妖精7

彼女は戦争妖精6

『彼女は戦争妖精〈ウォーライク〉6』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★★☆

彼女は戦争妖精6<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)
彼女は戦争妖精6<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精5 | 晴れたら読書を

2010年8月刊。
不穏すぎる展開が続きます・・・・・・。
前哨戦のような雰囲気。
これから、どうなってしまうのでしょうか(((゜Д゜;)))

☆あらすじ☆
さつきまでもが“鞘の主”となり、ますます不安の種が増えてしまった伊織。そんな彼に、敵対関係にあると思われていた由良健二とマラハイドが接近してくる。イソウドの強引な介入により他の“吟遊詩人”たちもそれぞれ“妖精の書”を巡り行動を始めたのだ。北への旅路を往く“男爵”、頼通とルテティアの前に姿を現すラ・ベル…。対照的に、不本意な戦いを続けることへの疑問が膨らむ伊織だが、突然のあの男の声に感情を抑えきれず―混迷の第6巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女は戦争妖精6