「大森藤ノ」タグアーカイブ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
ロキ・ファミリアの嫌われ狼・ベート回。
私の中でベートへの好感度が限界突破した巻でした。
ベートさん、そんな気配はあったけれど、ちょっと私の好みにどストライクすぎやしませんか・・・!

☆あらすじ☆
これは、もう一つの眷族の物語―【剣姫の神聖譚】―
「言っただろ、雑魚は足手纏いだってな」
人造迷宮撤退を受けて死者にさえ嘲笑を向けたベートは派閥から孤立するが……
「いたぁー! ベート・ローガ!」
突如アマゾネスの少女レナから猛烈な求愛により、なし崩し的に同居生活が始まってしまう! 彼女との交流が『牙』にまつわる記憶を喚起させ、己の過去と向き合うことになる。一方、その裏で静かに暗躍する死神の眷族達。仲間を奪った凶刃が今、再びベートのもとに迫ろうとしていた――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
本編、ソード・オラトリアに続く、新たなダンまち外伝シリーズの第1弾。
なるべく多くのキャラクターを掘り下げていくシリーズになるようです。トップバッターは毎度助っ人に大活躍の・リュー。
リューと「豊穣の女主人」メンバーの日常と過去について描かれていく内容で、本編の補完として面白かったです。

☆あらすじ☆
主人公は【疾風】リュー・リオン! ダンまちの世界を補完するクロニクル・シリーズ第一弾、始動!
それは神の眷族が紡ぐ歴史の欠片(クロニクル)――。
「アンナ・クレーズを買い取ったのは、『大賭博場(カジノ)』の人間です」
腕利きの元冒険者リューが働く『豊穣の女主人』で今日も騒動が起こる。とある夫婦の一人娘がさらわれたことを知り、正義(アストレア)の名のもとに調査を開始するリュー。その先に彼女が辿り着いたのは――迷宮都市の治外法権、大賭博場。人の欲望が渦巻く黄金の都で【疾風】の轟きが巻き起こる!
「お前達、声を出しな! ここは笑って飯を食べてもらう場所さ!」
そして少女達が酒場に集う始まりの物語も収録!
ダンまちの世界を補完するクロニクル・シリーズ第一弾、始動!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア7/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア7 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア7 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年12月刊。
外伝第7巻。
【ロキ・ファミリア】かつてない大ピンチ!の回でした。強者であっても油断は禁物というのが良く分かる(震)

☆あらすじ☆
『ダンまち外伝 ソード・オラトリア』TVアニメ化決定!!
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』外伝、待望の第七弾!
港街(メレン)で手がかりを得た【ロキ・ファミリア】は迷宮街『ダイダロス通り』の調査を開始する。敵の住処を突き止め、とうとう闇派閥(イヴィルス)の残党を追い詰めるアイズ達だったが――。
「人造迷宮クノッソス……始祖傑作の礎となれ」
かつてない闇の迷執が牙を剥く。呪われた血族、勇者への因縁、姿を現す最後の邪神、そして舞い戻る赤き髪の怪人(クリーチャー)。『悪』の巣窟が今、アイズ達に最大の危機をもたらす。
「さようなら、【ロキ・ファミリア】。良い悪夢(ユメ)を」
これは、もう一つの眷族の物語、──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア7/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年10月刊。
めちゃくちゃ面白かったーー!
9巻から始まった異端児編のクライマックス(上下巻構成じゃなくて三部作だったか)。
表紙がとても格好いいです。助けを求めるかのように伸ばされた異端児たちの腕と、それを背負ったベル。読んでからもう一度眺めると、色々とこみ上げるものがあったりします。
ベルの覚悟と、新たにした決意に胸が熱くなる第11巻でした。やっぱりダンまちは最高だ!

☆あらすじ☆
少年(リトル・ルーキー)の名声は地に堕ちた──。
竜の少女(ウィーネ)を救った代償として人々からの信用を失ったベル。悪意と失意の狭間で少年は傷付き、苦悩する。だが、
「迷わないで。貴方の側には失われないものがちゃんと残っています」
出会いの絆に支えられ、決意を新たにした少年は仲間とともに立ち上がる。再び戦場へと変わる迷宮街で決行される『異端児(ゼノス)』帰還作戦。その前に立ちはだかるは都市最強(ロキ・ファミリア)。
賢者の知恵、勇者の策、神々の思惑、そして黒き獣が咆哮を上げる時、少年の心は回帰する。
「僕……強くなりたいです」
これは、少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア6/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア6 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア6 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年6月刊。
今回はティオネ&ティオナの過去を掘り下げる双子回。
こういう話は弱いんだ・・・。ストーリーも構成も、ラストの畳み掛けるような感動まで含めて、本当にすごく良かったです。面白かった!

☆あらすじ☆
「戦う乙女達の束の間の休息! 海水浴ならぬ湖水浴やー!」
【ロキ・ファミリア】都市外へ!遠征を終えたアイズ達は迷宮(ダンジョン)第二の出入り口を探すため、港街メレンを訪れていた。下心丸出しの主神に振り回されながらも青い湖に癒される少女達。しかし異邦より現れた船が波乱をもたらす。闘争と殺戮の女神が統べる【カーリー・ファミリア】。ティオネとティオナの悪しき因縁。不穏な影が暗躍する港街で、双子の姉妹は忌々しき過去と対峙する。
「闘争の行く末──それが見たいのじゃ」
これは、もう一つの眷族の物語、──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア6/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
9巻から続く上下巻構成の下巻。
悪い方へ悪い方へと転がっていく事態にハラハラし通しの第10巻でした・・・・・・!

☆あらすじ☆
理知を備えるモンスター『異端児(ゼノス)』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。懊悩の日々に埋もれるベルだったが、ウィーネにも魔の手が迫ろうとしていた。そして、
「武装したモンスターの大移動を確認! ギルドは討伐任務を発令します!!」
暴走する『異端児(ゼノス)』によって賽は投げられた。引き鉄となったのは暴悪な狩猟者(ハンター)達、代償は都市の全派閥を巻き込む動乱。激動のオラリオで少年は決断を迫られる。憧憬と怪物、現実と理想、英雄と罪人。人類とモンスターの狭間で、ベルは──
「君は、本当に愚かだな……」
これは少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア5

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア5』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★☆☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア5 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア5 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4 | 晴れたら読書を
2015年10月刊。
骨休みの回ではあるものの、本編5巻の裏事情やら今後の伏線やらが登場する外伝第5巻。
うーん、何度読んでもこのときのベルは災難だったww

☆あらすじ☆
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』外伝、待望の第五弾!
59階層の決戦を制し帰還に移る【ロキ・ファミリア】。だが道中、ダンジョンの異常事態により行動停止となる一行は18階層で野営を行うことに。そこにはアイズが再会を望む白髪の少年の姿が……
「ベル……?」
昇格の世界最速記録を樹立した少年に興味津々のアイズ達、そして一人不機嫌に陥るエルフの少女。何とか我慢しようとするレフィーヤだったが──少年がもたらす騒動に、とうとう怒りが爆発する!
「待ちなさぁ────────い!」
「ひいいいいいぃいいいいいいい!?」
冒険者達の束の間の休息編!これは、もう一つの眷族の物語、──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア5

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★★☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 | 晴れたら読書を
2015年9月刊。
第三部スタート。
今回は上下巻構成の上巻らしく、本題はこれからという感じ。
しかし、世界観を揺るがす展開になってきてめっちゃワクワクしました!( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
「モンスター……ヴィーヴル?」
新たなダンジョン階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、竜の少女ウィーネと出会う。人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが……。
「竜女か──久々の上玉だ」
忍び寄る暴悪の狩猟者達の魔の手、覆すことのできない人と怪物の軋轢、そして動き出すギルドの真の主。一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる。人と怪物、神々を揺るがす異常事態──ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾!
「ベル……大好き」
これは、少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★★☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
3か月連続刊行のトリのはずが、衝撃の500ページ超え。
日常編ということでしたが、実質短編集ですね。
それも、主要メンバーの「恋」に焦点を当てたお話!
コレコレ。こういうの読みたかったんですよー(´,,•ω•,,)♡

☆あらすじ☆
──王国(ラキア)軍出兵。軍神アレス率いる王国軍の突然の来襲。迷宮都市へ進撃する軍勢その数、三万。迫りくる軍靴の音に、オラリオは──何も変わらなかった。
「せっかくだし、たまにはベル君達には羽を伸ばしてもらうさ」
強過ぎる冒険者達の手によって市壁の外で侵略者達の悲鳴が上がる中、オラリオは平穏な日々を過ごしてゆく。小人族(パルゥム)の求婚、愛しのボディガード、街娘の秘密、神々への恋唄──そして女神が紡ぐ愛の歌。神と子供達が送るささやかな日常編!
「ボクはずっと君の側にいるよ、ベル君」
これは、少年が歩み、女神が記す、── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★★☆

【Amazon.co.jp限定】 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)
【Amazon.co.jp限定】 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3 | 晴れたら読書を

本編の感想はこちらから
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7 | 晴れたら読書を

2015年5月刊。
アニメ放映中で、内容的にも丁度良いタイミングで出た外伝4巻。
アイズ視点でもう一度本編3巻が描かれる前半と、ダンジョンの謎に迫る後半という構成。
ミノタウロス戦はやはり熱いですね!表紙も、本編3巻の表紙とは逆にベルがアイズをかばって前に立っているというのが素敵です。

☆あらすじ☆
「聞いても、いい?」「えっ?」「どうして君は、そんなに早く、強くなっていけるの?」「……何がなんでも、辿り着きたい場所があるから、だと思います」「私も……」 ──悲願(ねがい)がある。何がなんでも、辿り着かなければならない場所が、遥か先の高みにある。少女にも、少年にも。ついに始まる『遠征』。未到達領域59階層への挑戦。少女は『未知』へと挑み、そして少年は──。 『──冒険を、しよう』
これは、もう一つの眷族の物語、──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4