「吟」タグアーカイブ

ニアデッドNo.7/九岡望

ニアデッドNo.7 (電撃文庫)
ニアデッドNo.7 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
「エスケヱプ・スピヰド」のコンビが送るホラーアクション現代ファンタジー。
ホラーがあまり得意じゃないので冒頭ビクビクしながら読んでいたのだけど、思ったほどは怖くなかったし話が進むに連れて「エスケの九岡さんだ!」と感じるアクション面での盛り上がりをみせてくれる作品でした。
悲恋要素が予想外に切なかったのが個人的には寂しい感じ・・・・・・。
ただ、記憶を失い人外の存在となった主人公の物語としてはうまくまとまっているし、個性強そうな仲間たちが気になるのでシリーズが続けばもっと面白くなりそうな予感。
期待しています。

☆あらすじ☆
目覚めた少年は、何者でもなかった。“再葬開始”の合図と共に、いつの間にか持っていた火の粉を纏う刃を振るい、異形の敵を倒すのみ。“境死者No.7”―赤鉄。それが、彼に新たに与えられた名だった。なぜ自分は戦うのか―。No.6である美しき少女・紫遠と共に、訳のわからぬまま死闘に身を投じる赤鉄は、やがてある事実にたどり着く。No.7の称号を持つ“先代”がいたこと、そして自分がその人物に殺され、No.7を“継承”したことを…。第18回電撃小説大賞“大賞”受賞作『エスケヱプ・スピヰド』のコンビで贈る、現代ダークファンタジー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ニアデッドNo.7/九岡望

血翼王亡命譚1 祈刀のアルナ

『血翼王亡命譚Ⅰ 祈刀のアルナ』(新八角著/電撃文庫)★★★☆☆

血翼王亡命譚 (1) ―祈刀のアルナ― (電撃文庫)
血翼王亡命譚 (1) ―祈刀のアルナ― (電撃文庫)

2016年3月刊。
第22回電撃小説大賞「銀賞」受賞作。
とても凝っていて読み応えのあるハイファンタジーでした。
キャラクターは魅力的だし、王女と護衛の逃亡劇ってところもすごく好み。
物語の中に設定を自然に溶け込ませながら説明していくところには技量を感じたし、奥行きのある幻想的な世界観は素晴らしかったと思います。
ストーリーは消化不良気味に感じる部分もありましたが、まだ1巻ですしね。続くならアリかな。
そんな感じですごく良い作品だったのですが、結末が・・・・・・

☆あらすじ☆
“私は駄目な王女だからね。自分のために命を使いたいの”耀天祭の終わり、赤燕の国の第一王女が失踪した―。だが、それは嘘だと俺は知っている。太陽を祀る五日間、彼女は王族の在り方に抗い、その想いを尽くしただけ…。突如国を追われた王女アルナリス、刀を振るうしか能のない幼馴染みの護衛ユウファ、猫の血を秘めた放浪娘イルナに人語を解する燕のスゥと軍犬のベオル。森と獣に彩られた「赤燕の国」を、奇妙な顔ぶれで旅することになった一行。予期せぬ策謀と逃走の果て、国を揺るがす真実を目にした時、彼らが胸に宿した祈りとは―。これは歴史の影に消えた、儚き恋の亡命譚。第22回電撃小説大賞“銀賞”受賞作!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 血翼王亡命譚1 祈刀のアルナ

サクラ×サク4 滅愛セレナーデ

『サクラ×サク 04 滅愛セレナーデ』(十文字青著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★★

サクラ×サク04 (ダッシュエックス文庫)
サクラ×サク04 (ダッシュエックス文庫)

前巻の感想はこちらから


さ、最高すぎる・・・・・・!(((゜Д゜;)))
物語としては全然終わっていないのですが、むしろこれでクライマックスと言われても私は満足して死ねる気がします。いや死ねない。結末をみるまで死ねない。
でもこのシリーズで一番見たかったシーンを最高の形で見せてくれたので、もう、しあわせすぎて、もう・・・・・・!!!

「サクラ×サク」特設サイト

☆あらすじ☆
「二度とわたしを、姫なんて呼ばないで」
最後に水浴びをしたのは、いつだったか。五日前?もっとか。十日前・・・・・・?ハイジ・バランは、まだ、生きています。大王都カバラからなんとか脱出したものの、帝国の軍勢は既にデスティニア公国へも進軍していた。大軍で押し寄せる帝国軍にサクラたちは少数精鋭で立ち向かう・・・・・・!
血が滾って色々踊る大戦詩幻想交響曲、運命が軋む4巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む サクラ×サク4 滅愛セレナーデ

彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている1

『彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている』(内山靖二郎著/MF文庫J)★★☆☆☆

彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている (MF文庫J)
彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている (MF文庫J)

イラストの吟さんが大好きなのでジャケ買い。
タイトルはちょっとアレですが、内容は意外にシリアスだったりしてびっくりしました。
最初の展開がすごく粗くて物語に入るのが大変だったのですが、中盤以降は結構すんなり読めます。
どんな話だったかと説明するのが少し難しい・・・・・・突然異能者に攫われ、異能者に狙われ、異能バトルのトーナメントに出ることになってしまった少年のお話、ということでいいのでしょうか。全体的に粗い・・・。
ナンバリングはされていませんが続き物です。序章なので謎がいっぱい。

☆あらすじ☆
ここは格ゲー能力者が手から波動を放ち、勇者も戦闘機も、パズルゲームのブロックだって落ちてくる通称“特区”。覇鳥軍司が拉致されて放り込まれたのは、ゲーム由来の異能者が集うなんでもアリの場所だった。その矢先、面識がないはずの世界的なアイドルAP美優との出会いが、軍司の“何か”を刺激し、彼をAPへとアップデートさせる。
「どうしてあなたは戻ってきてしまったの?」
―その理由を知るために、隠された過去を明らかにするために、軍司は覚醒したスキルを駆使して、AP同士のバトルに身を投じていくのだが……それはそれとして、彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている。仲間にしますか? はい / いいえ

以下、ネタバレありの感想です。ネガティブ注意。
続きを読む 彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている1

エスケヱプ・スピヰド1

『エスケヱプ・スピヰド』(九岡望著/電撃文庫)★★★☆☆

エスケヱプ・スピヰド<エスケヱプ・スピヰド> (電撃文庫)
エスケヱプ・スピヰド<エスケヱプ・スピヰド> (電撃文庫)

第18回電撃小説大賞“大賞”受賞作。昭和的雰囲気のボーイ・ミーツ・ガールものでした。

☆あらすじ☆
昭和101年、夏。暴走した戦闘兵器に襲われた叶葉は、棺で眠る奇妙な少年に助けを求める。それが、二人が主従の契約を結んだ瞬間だった。少年は自らを軍最強の兵器《鬼虫》だと名乗り!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エスケヱプ・スピヰド1