「加々見絵里」タグアーカイブ

夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王/白川紺子

夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王 (コバルト文庫 し 17-12)
夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王 (コバルト文庫 し 17-12)

前作の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
「公爵夫人は銀灯師」「雪侯爵の銀灯師」に続く世界観共通連作シリーズ第3弾。今回も前作までを知らずとも問題ない読み切り仕様です。
悪い魔法使い的なポジションだった夜葬師をメインとする偽装結婚もの。
仇同士で出会ったふたりの恋も良かったけれど、最後のほろっと切なくなる読後感が素敵でした。

☆あらすじ☆
闇を操る魔物と言われている“夜葬師”に育てられた人間の少女オフェリア。育て親が姿を消した後、森で一人暮らす彼女の前に、領主の侯爵ルドヴィークが現れ、自分の呪いを解くように迫るが……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王/白川紺子

杖と林檎の秘密結婚 神に捧げる恋の一皿/仲村つばき

杖と林檎の秘密結婚 神に捧げる恋の一皿 (ビーズログ文庫)
杖と林檎の秘密結婚 神に捧げる恋の一皿 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年12月刊。
「シンデレラ伯爵家の靴箱館」の仲村つばきさんの新作は、酒豪ヒロインと下戸ヒーローの結婚ラブコメ。
このヒロインがとにかく何かあるとお酒を飲んじゃう子だったので、釣られて私も飲んでたらあっさり酔っ払ってしまいました。ヒロインがザルすぎて震える。
飯テロ系な作品でもあって、主人公が作る料理がどれも美味しそうで空腹をガンガン刺激されました〜。
ラブコメ的には綺麗にまとまっているから単巻かもしれないけれど、続きがあるならぜひ読みたいです。

☆あらすじ☆
一方的に「君は僕の運命の人」──って!? お酒が繋げる美味しい恋♪
お酒の神様が見えるアップルは、街でもとある特技を持つ有名人。ある日、やたらと美麗な男がやってき──「君は僕の運命の人なんだ」といきなり結婚を申し込まれた! その男はなんとこの地を直轄するナルラ伯爵!! もちろんお断りしたアップルだが、連れて行かれた彼の屋敷には神様が住んでいて、伯爵の子供を産むか薬酒と魂の食物を捧げ続けるかを迫られ──!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 杖と林檎の秘密結婚 神に捧げる恋の一皿/仲村つばき

死にかけ聖女と皇帝の帰還/藍川竜樹

死にかけ聖女と皇帝の帰還 (コバルト文庫 あ 23-22)
死にかけ聖女と皇帝の帰還 (コバルト文庫 あ 23-22)

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
前作「死にかけ花嫁と革命の鐘」から20年後の世界を舞台にしたヒストリカルロマン第2弾。
今作のヒーローは前作カップルの息子ですが、前作を読んでいなくても問題なく楽しめるストーリーだと思います。
そしてまたも主人公は「死にかけ」ヒロイン。
前作ヒロインとは違った方向性で死にかけていて、清らかなのに陰の強いキャラクターが印象的な「聖女」でした。
そんな彼女にペースを崩される腹黒皇子の奮闘にも注目。ラブロマンスは安定の糖度に大満足です。

☆あらすじ☆
ブルグ帝国辺境の修道院で働く〈紅の聖女〉ルチア。奇跡を起こすと評判だが、実はその力は偽物。だが、皇子クラウディオに拉致され、次期教皇の不正選挙阻止の協力を頼まれて!? 激動のヒストリカルラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 死にかけ聖女と皇帝の帰還/藍川竜樹

死にかけ花嫁と革命の鐘/藍川竜樹

死にかけ花嫁と革命の鐘 (コバルト文庫 あ 23-20)
死にかけ花嫁と革命の鐘 (コバルト文庫 あ 23-20)

評価:★★★★☆
2016年5月刊。
暴君の婚約者となった病弱な王女が、祖国を守るため革命に挑む物語。
ファンタジー的要素はほとんどなく、ヒストリカルラブロマンという感じの作品でした。
死にそうで死なないお姫様ですが、予想以上に逞しくてしたたかななキャラが気に入りました。
世話役として出会い、革命を通して絆と恋を育てていく公爵とのロマンスも素敵。
1冊で綺麗に話がまとまっている良作だと思います。

☆あらすじ☆
ブルグ帝国の暴君皇帝に政略結婚で迎えられた王女ヘルミナ。体が弱く世話係の侯爵カエサルは振り回されるが、病弱を逆手に医学や政治の知識を蓄えるヘルミナは、カエサルに革命を持ちかけ……。激動ラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 死にかけ花嫁と革命の鐘/藍川竜樹