「内堀優一」タグアーカイブ

勇者は、奴隷の君は笑え、と言った/内堀優一

勇者は、奴隷の君は笑え、と言った (Novel 0)
勇者は、奴隷の君は笑え、と言った (Novel 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
奴隷として生きてきた少年が元勇者と出会い、自分の世界を広げていく物語。
師弟もので魔王討伐系の王道ファンタジーでした。ただし主人公がかなり壊れているので、そこが特徴的な作品となっているのですが。
私の好み的に言えば少し淡白だしダイジェスト的なストーリーだったけれど、心を持たない少年の変化はなかなかに見もの。
彼の今後の成長に期待したい新作でした。

☆あらすじ☆
『笑え、おかしくなくても笑えばそのうちおもしろくなってくる』―とある山村で村人たちから奴隷のような扱いを受ける少年ヴィスは、村はずれに住むやたらと明るい男グレンにずっとそう言われ続けてきた。やがて、長き眠りから魔王の復活が迫った頃、とある事件からヴィスはグレンがかつて世界を救った勇者だと知る。そして二人は村を出て、世界を周る旅に出発。魔法使いの少女ニーニとの出会い、初めての大きな街、暁森人の住む森でのこと―勇者と旅した時間のすべてが、大切な何かを失った少年を、ひとりの“勇者”に変えていく。これぞ、必読の“男泣きファンタジー”!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者は、奴隷の君は笑え、と言った/内堀優一

グラウスタンディア皇国物語5

『グラウスタンディア皇国物語5』(内堀優一著/HJ文庫)★★★☆☆

グラウスタンディア皇国物語5 (HJ文庫)
グラウスタンディア皇国物語5 (HJ文庫)

前巻の感想はこちらから
グラウスタンディア皇国物語4 | 晴れたら読書を

リジアとの戦争を繰り広げるクロムたちグラウスタンディア皇国の次なる目標は、リジア海軍司令部が置かれる重要拠点。
グラウスタンディア、リジア、ラトルグの三カ国の内情をも同時進行して物語が展開するため、弱冠読みにくかったのが残念。ですが、やはり面白い作品です。戦争の行方もだけど神話の方も気になるなぁ。

☆あらすじ☆
難攻不落と名高きゾラ港を見事手中に収めたクロムたちは、矢継ぎ早に次の進軍準備へと取り掛かっていた。今度の作戦は、リジア海軍司令部が鎮座する重要拠点アラティアの陥落。陸路から四つの関を突破することが最低条件とあって、今までにない激戦が予想される中、最後の皇国七聖である鍛冶屋・ウルの血縁を名乗る者がユースティナの下を訪れて―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む グラウスタンディア皇国物語5

グラウスタンディア皇国物語4

『グラウスタンディア皇国物語4』(内堀優一著/HJ文庫)★★★☆☆

グラウスタンディア皇国物語4 HJ文庫
グラウスタンディア皇国物語4 HJ文庫

前巻の感想はこちらから
グラウスタンディア皇国物語3 | 晴れたら読書を

難攻不落の月の港を千の兵で攻略しよう!というシリーズ第4巻。
ちょっとご都合主義というか、あまり戦略性が目立たなくなってきた気がします。次巻は大きな山場を迎えるようなので、そういう意味では準備回的なものでもあったのかな。
コウソン主人公なラトルグ側も同時進行しているため仕方ないのかもしれませんが、どうしても全体の進行が遅いように感じてしまうのも残念。面白いんですが、もう一息盛り上げて!って思ってしまう・・・・・・(´・ω・`)

☆あらすじ☆
大国リジアによる30万の猛攻を辛くも退けた皇国。それで一息つく間もなく、軍師クロムはたった千の兵で難攻不落と名高いゾラ港攻略に挑むことに。その前準備として、クロムたちは西の大国ラトルグへと赴き、前代未聞の大博打に打って出る!!一方、北方騎馬民族との内乱平定に動くコウソンもまた、自らの命を賭して単身、敵陣へと乗り込むが―。西の大国ラトルグも激動の英雄戦記シリーズ第4弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む グラウスタンディア皇国物語4

グラウスタンディア皇国物語3

『グラウスタンディア皇国物語3』(内堀優一著/HJ文庫)★★★☆☆

グラウスタンディア皇国物語3 (HJ文庫)
グラウスタンディア皇国物語3 (HJ文庫)

前巻を読んでから少し間があいたため、話の内容と言うより「これ誰だったっけな」となってしまったのが悲しい・・・・・・。
ファンタジー戦記第3弾。
皇都に攻め入ろうとするリジアの大軍をクロムはどうやって退けるのか。この巻で皇都防衛戦は決着です。
あと、今回から絵師交代。前巻は挿絵が一切なかったのですが、その分今回は挿絵が増量しているような気がします(数えてはいない)。私は新イラストのほうが好みでした。

☆あらすじ☆
陸路と海路の両面から、30万という未曾有の軍勢で皇都陥落を狙う大国リジア。その目論見を早々に看破した皇国の軍師クロムは、あらゆる策を講じて相手の兵力を着実に削っていく。一方、皇女ユースティナは皇族が背負いし精霊神シオンを契機に世界の秘密の一端に触れてしまい!?大国随一の智将と皇国最強の軍師が刃を交える皇都防衛戦、最高潮!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む グラウスタンディア皇国物語3

グラウスタンディア皇国物語2

『グラウスタンディア皇国物語2』(内堀優一著/HJ文庫)★★★★☆

グラウスタンディア皇国物語2 (HJ文庫)
グラウスタンディア皇国物語2 (HJ文庫)

万能軍師が主人公のファンタジー戦記第2巻。
今回は、様々な国の様々な立場の人物達にスポットを当てて物語が展開されていきます。前回の海賊騒動をきっかけに、グラウスタンディア皇国は軍事国家リジアとの戦争に突入しました。この巻ではジリジリと本格的な戦闘の前の小競り合いが描かれています。次巻が本番かな。ファンタジーな伏線もちらほら出てきて気になります。
この作品は、私みたいな普段戦記物を読まない人間でも丁度良く燃えて楽しめているので、戦記に苦手意識がある方にもおすすめできそうです。

☆あらすじ☆
軍事大国リジアとの全面戦争、突入。
海賊に扮して罠を張っていた四千のリジア海軍を相手に、少数の軍勢で勝利を収めた《皇国七聖》の軍師クロム。
その際に得た800名余りの捕虜を交渉材料とし、クロムは皇女ユースティナのお付きとして開戦の緊張高まるリジアとの会談に臨むことに。
しかし会談の直前、クロムは皇太子ダカットから急遽、不可能とも思える敵情視察を命じられてしまい!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む グラウスタンディア皇国物語2

グラウスタンディア皇国物語1

『グラウスタンディア皇国物語1』(内堀優一著/HJ文庫)★★★★☆

グラウスタンディア皇国物語1 (HJ文庫)
グラウスタンディア皇国物語1 (HJ文庫)

いやぁ面白かった!
ファンタジー戦記ものなのですが、この巻ではファンタジー要素は思っていたよりは控えめに感じました。ただ、世界観や問題の根本にしっかりファンタジーが食い込んでいるので、次巻以降いろいろ表に出てくるんだと思います。今回は、主人公である青年軍師の知略を堪能するのがメインです。
この1巻は、これから繰り広げられる領土争奪戦の幕開けとなるお話なのでプロローグ。登場人物のキャラづけに少し不満があるものの、世界観は良かったし、気になる伏線もめいっぱい出されているので続きに期待大です。

☆あらすじ☆
皇国最強の切り札は――双剣使いの英雄軍師!
超王道カタルシスで刻むファンタジー戦記、始動!!
五年前、隣国リジアとの大戦を終結させた七人の英雄――《皇国七聖》。
その一人である双剣使いの青年軍師クロムは、主たる姫君ユースティナとの誓いを守り、再び開戦が迫った皇国の切り札として戦場の最前線へ舞い戻る!武力と知略の両面で卓越した才能を発揮し、絶望的な戦況さえも鮮やかに覆す英雄軍師の活躍を描いたファンタジー戦記、開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む グラウスタンディア皇国物語1