「九岡望」タグアーカイブ

ニアデッドNo.7/九岡望

ニアデッドNo.7 (電撃文庫)
ニアデッドNo.7 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
「エスケヱプ・スピヰド」のコンビが送るホラーアクション現代ファンタジー。
ホラーがあまり得意じゃないので冒頭ビクビクしながら読んでいたのだけど、思ったほどは怖くなかったし話が進むに連れて「エスケの九岡さんだ!」と感じるアクション面での盛り上がりをみせてくれる作品でした。
悲恋要素が予想外に切なかったのが個人的には寂しい感じ・・・・・・。
ただ、記憶を失い人外の存在となった主人公の物語としてはうまくまとまっているし、個性強そうな仲間たちが気になるのでシリーズが続けばもっと面白くなりそうな予感。
期待しています。

☆あらすじ☆
目覚めた少年は、何者でもなかった。“再葬開始”の合図と共に、いつの間にか持っていた火の粉を纏う刃を振るい、異形の敵を倒すのみ。“境死者No.7”―赤鉄。それが、彼に新たに与えられた名だった。なぜ自分は戦うのか―。No.6である美しき少女・紫遠と共に、訳のわからぬまま死闘に身を投じる赤鉄は、やがてある事実にたどり着く。No.7の称号を持つ“先代”がいたこと、そして自分がその人物に殺され、No.7を“継承”したことを…。第18回電撃小説大賞“大賞”受賞作『エスケヱプ・スピヰド』のコンビで贈る、現代ダークファンタジー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ニアデッドNo.7/九岡望

サムライ・オーヴァドライブ 桜花の殺陣

『サムライ・オーヴァドライブ ー桜花の殺陣ー』(九岡望著/電撃文庫)★★★☆☆

サムライ・オーヴァドライブ ―桜花の殺陣― (電撃文庫)
サムライ・オーヴァドライブ ―桜花の殺陣― (電撃文庫)

2016年1月刊。
「エスケヱプ・スピヰド」の九岡望さんの新作は、最強の少女剣士と、その護衛を任された少年の出会いから始まる刀剣バトルアクション。
世界観や設定が込み入っていて、なかなか理解して読むのが大変でした。ところどころ読みづらい箇所があったのも気になりましたし・・・・・・。
ただ、まだまだ序章といった感じなので今後に期待したいところ。
面白そうな伏線が張られてますし、私の好きな男女のバディもの(になりそう)なので続きが楽しみな新作です。

☆あらすじ☆
銃よりも、戦車よりも、“刀剣”が強き力を持つ“もう一つの現代”――。それらを受け継いだ少年少女たちによる、新時代の剣戟バトルの火蓋が切られる!  刀剣ヲタクが高じ、刀剣管理機構『SEAS』に籍を置いた少年・方助は、かつて自分の命を救った一振りの“業物”の使い手と邂逅する。しかし方助の記憶と異なり、その人物は年端もいかない少女で、さらに初対面の方助が本気で心配するほど世間知らずで気弱であった。だが、ひとたび愛刀に手をかけた少女・鳴の一撃はもはや“天変地異”の領域で――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む サムライ・オーヴァドライブ 桜花の殺陣

エスケヱプ・スピヰド/異譚集

『エスケヱプ・スピヰド/異譚集』(九岡望著/電撃文庫)★★★★★

エスケヱプ・スピヰド/異譚集 (電撃文庫)
エスケヱプ・スピヰド/異譚集 (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
エスケヱプ・スピヰド 七 | 晴れたら読書を

シリーズの最初にして最後の短編集です。これで本当にこの作品ともお別れなのかと思うと涙がこみ上げてきます。
各短編そのものも素晴らしかったですし、吟さんのイラストはどれも傑作でした。とくに見開き挿絵。あの破壊力はやばい。

☆あらすじ☆
『前夜』九曜が鬼虫として目覚める前夜を柊目線で描いた物語。『幕間/昭和一〇一年の学校の怪談』帝都への旅の途中、九曜と叶葉が廃校で体験した一夜の不思議とは? 『幕間/迷宮電気街奇譚』廃墟の電気街・神原迷宮で九曜達が出会ったのは、機械仕掛けのメイドだった!? 『異説/私立やしま学園』もしも九曜達が普通の高校生だったら。まさかの学園編! 『後日談/ヱピグラフ』黒塚部隊との戦いで生き残った鬼虫達と叶葉は、世界を巡る旅をしていた。彼らにはある目的があって――?
電撃文庫MAGAZINE掲載の3編に加え、書き下ろし2編を収録した特別編!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エスケヱプ・スピヰド/異譚集

エスケヱプ・スピヰド 七

『エスケヱプ・スピヰド 七』(九岡望著/電撃文庫)★★★★★

エスケヱプ・スピヰド 七 (電撃文庫)
エスケヱプ・スピヰド 七 (電撃文庫)

前巻までの感想はこちらから。
エスケヱプ・スピヰド シリーズ感想一覧: みかこの読書日記

最終巻です。ついに終わってしまいました。
どこまでも熱い鬼虫たちの最後の戦いを、ぽろぽろ泣きながら見届けさせてもらいました。
激戦の果てに迎えたラスト。
これ以上ない、文句のつけようのない、本当に本当に素晴らしい物語の終わりだったと思います。
最高のシリーズに出会えたことに感謝。

☆あらすじ☆
雪解けの始まった落地では、鬼虫と甲虫の最後の戦いが始まった。剣菱の前に立ちふさがるのは、戦闘狂の烏帽子。上空では、竜胆が虎杖と兄弟の因縁の戦いを繰り広げていた。叶葉たちも、神鯨の乗組員の説得に当たろうと艦橋へと赴く。そして、九曜と朧の戦いもまた―。譲れない信念を掲げた鬼虫と甲虫、果たして生き残るのはどちらか。人間から、兵器となった“鬼虫”シリーズたちの、戦中から続く長い戦いがついに終わりを告げる。兵器の少年・九曜と人間の少女・叶葉の向かう未来とは―?最強の兵器たちの神速アクション、本編感動の完結!

以下、ネタバレありの感想です。長いかも。

続きを読む エスケヱプ・スピヰド 七

エスケヱプ・スピヰド1

『エスケヱプ・スピヰド』(九岡望著/電撃文庫)★★★☆☆

エスケヱプ・スピヰド<エスケヱプ・スピヰド> (電撃文庫)
エスケヱプ・スピヰド<エスケヱプ・スピヰド> (電撃文庫)

第18回電撃小説大賞“大賞”受賞作。昭和的雰囲気のボーイ・ミーツ・ガールものでした。

☆あらすじ☆
昭和101年、夏。暴走した戦闘兵器に襲われた叶葉は、棺で眠る奇妙な少年に助けを求める。それが、二人が主従の契約を結んだ瞬間だった。少年は自らを軍最強の兵器《鬼虫》だと名乗り!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エスケヱプ・スピヰド1