「三川みり」タグアーカイブ

一華後宮料理帖 第二品/三川みり

一華後宮料理帖 第二品 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 第二品 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
料理好きの妃嬪と恋知らずの食学博士の中華後宮ロマンス第2弾。
今回は後宮で最も地位の高い四夫人が登場。
艶やかな4人の美人さんが揃うと画面的にも華やかになって良いですねー(ノ´∀`)ノ
理美を巡る三角関係もゆっくり進展しているし、続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
誰しも求めるのは自分の居場所。「食」を愛する皇女の中華後宮記第2弾!!
明来告知――それは、四人の妃嬪が新皇帝の寵愛を争う儀式。料理好きな皇女・理美と食学博士の朱西は、儀式前の妃嬪達の心を落ち着かせるよう、後宮で料理番の任務を命じられる。個性の強い四夫人を相手に奔走する理美。一方、皇帝・ショウ飛は五龍に会う名目で頻繁に理美の元を訪れていた。朱西は女性に興味がなかったショウ飛の変化を喜びつつも、内心は複雑。そんな折、儀式で使う大切な宝珠が何者かによって盗まれてしまい!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖 第二品/三川みり

一華後宮料理帖/三川みり

一華後宮料理帖 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年7月刊。
面白かった!!
「シュガーアップル・フェアリーテイル」の三川みりさんが描く、飯テロ×中華後宮ファンタジー。
貢ぎ物として入れられた大国の後宮で、料理の腕だけを頼りに困難を乗り越えていく小国の姫君の物語です。
食文化の違いに戸惑ったり感動したり、後宮モノならではの愛憎劇が見えたり、恋を知らない食学博士とのロマンスがあったりと、色々と楽しめる要素が盛り沢山。
個人的には三川さんの原点回帰的な作品だと思いました。職人の誇り高さがとても好ましい。
後宮小説的にも恋愛小説的にも、今後の展開が楽しみなシリーズです。

☆あらすじ☆
『おいしい』――その一言が私の居場所になる。故国で神に捧げる食事を作っていた理美は、大帝国崑国へ貢ぎ物として後宮入りすることに。その際、大切な故郷の味を奪われそうになった所を食学博士の朱西に助けられる。彼の優しさに触れた理美は再会を胸に秘め、嫉妬渦巻く後宮内を持ち前の明るさと料理の腕前で切り抜けていく。しかし突然、皇帝不敬罪で捕らえられてしまって? 「食」を愛する皇女の中華後宮ファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖/三川みり

ここは神楽坂西洋館/三川みり

ここは神楽坂西洋館 (角川文庫)
ここは神楽坂西洋館 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年2月刊。
「シュガーアップル・フェアリーテイル」の三川みりさん初の現代小説。
無口で愛想のない大家さんが守る下宿を舞台に、不器用な住人達が頑張ったり支え合ったりする姿にほっこりとする作品でした。

☆あらすじ☆
「あなたもここで暮らしてみませんか?」 心がほっと温まる下宿物語。
都会の喧騒を忘れられる街、神楽坂。婚約者に裏切られた泉は、 路地裏にひっそりと佇む「神楽坂西洋館」を訪れる。 そこで植物を愛する若き管理人・藤江陽介と出会うが、 彼にはちょっと不思議な特技があって?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ここは神楽坂西洋館/三川みり

箱入り王女の災難3 恋と絆と女王のエチュード

『箱入り王女の災難 恋と絆と女王のエチュード』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

箱入り王女の災難 恋と絆と女王のエチュード (角川ビーンズ文庫)
箱入り王女の災難 恋と絆と女王のエチュード (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
完結巻です。
とても急ぎ足ですが、一応は綺麗に話をまとめた感じ。
色々勿体ないなぁと思う部分が多いシリーズになってしまいました。もっと続けられていれば・・・・・・。
三川さんの次回作に期待しています。

☆あらすじ☆
召し使いの体に乗り移ったまま、元に戻れない王女フレデリカ。そんな折、国王が襲撃され意識不明の重体に! さらに隣国の革命軍政府から会談の申し入れがあり、フレデリカが国王代理として出席することになり?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 箱入り王女の災難3 恋と絆と女王のエチュード

箱入り王女の災難2 時間と秘密と天使のワルツ

『箱入り王女の災難 時間と秘密と天使のワルツ』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

箱入り王女の災難 時間と秘密と天使のワルツ (角川ビーンズ文庫)
箱入り王女の災難 時間と秘密と天使のワルツ (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
箱入り王女の災難1 魔術と騎士と黒猫の序曲 | 晴れたら読書を
2015年10月刊。
箱入り王女の入れ替わりファンタジー第2巻。
前巻ラストで方向性がはっきりしたこともあって、1巻よりもかなり面白くなってきました。
これは期待のシリーズになりそうです!

☆あらすじ☆
ひょんなことから、召し使いグレーテルの体に乗り移ってしまった王女フレデリカ。イザークの協力のもと、1日1時間だけ元に戻れる方法を見つけて喜んだのも束の間、王位継承のお披露目会が開催されることになってしまう!絶対に真実を隠し通さないといけない中、陸軍大臣のミュラー公爵が、国王暗殺未遂の実行犯としてグレーテルの存在に疑惑を持ち、探りを入れてきて?箱入り王女のキケンな綱渡り生活、第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 箱入り王女の災難2 時間と秘密と天使のワルツ

箱入り王女の災難1 魔術と騎士と黒猫の序曲

『箱入り王女の災難 魔術と騎士と黒猫の序曲』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

箱入り王女の災難  魔術と騎士と黒猫の序曲 (角川ビーンズ文庫)
箱入り王女の災難 魔術と騎士と黒猫の序曲 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年6月刊。
「シュガーアップル・フェアリーテイル」シリーズのコンビが再タッグ。
今度は召使いの身体に乗り移ってしまった王女さまの物語です。
箱入りで世間知らずだった王女様の成長を描いていくファンタジーで、キャラがとても魅力的。
ちょっと頼りないけど真面目で素直なヒロインは、ハラハラしつつも「頑張れー!」と応援したくなる女の子でした。
前作「封鬼花伝」よりは明るめのお話でしたが、まだまだ序章。今後に期待です!

☆あらすじ☆
この王女、重大な秘密あり!? 三川みり×あきで贈る王女の逆転ライフ!!
落馬事故に巻き込まれた王女フレデリカは、目覚めると召使いの身体に乗り移っていた! しかも王女は死んだと王宮中がパニックに! 元の姿に戻るため、「地獄の番犬」と名高い騎士・イザークの力を借りるけれど?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 箱入り王女の災難1 魔術と騎士と黒猫の序曲

シュガーアップル・フェアリーテイル17 銀砂糖師たちの未来図

『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師たちの未来図』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★★★

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師たちの未来図 (角川ビーンズ文庫)
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師たちの未来図 (角川ビーンズ文庫)

砂糖菓子職人の少女と、護衛の妖精の恋を描く長編シリーズの外伝です。
本編完結後の彼らを描く短編集なのですが、もう本当に素晴らしかった!
全部良かったんですが、何よりも完結巻で全ファンに衝撃を与えたアレの真相が明らかになったことが・・・・・・泣ける(´;ω;`)
これで完全無欠の大団円!!

☆あらすじ☆
人間と妖精の運命を賭けた死闘の後、シャルは運良く生き永らえたものの、記憶を失っていた。しかし、大切な人に呼ばれ続けている気がして―?その他“アン”と名乗る少女とキースの工房奮闘記や、銀砂糖師の未来のためその身を尽くす銀砂糖子爵ヒューとキャットの絆、さらに誰もが気になるアンとシャルの結婚式など、本編では語られなかったファン必読のエピソードが盛りだくさん!完全書き下ろしで贈る、豪華外伝集!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む シュガーアップル・フェアリーテイル17 銀砂糖師たちの未来図

封鬼花伝4 飛花薫るうたかたの口づけ

『封鬼花伝 飛花薫るうたかたの口づけ』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

封鬼花伝 飛花薫るうたかたの口づけ (角川ビーンズ文庫)
封鬼花伝 飛花薫るうたかたの口づけ (角川ビーンズ文庫)

急展開の第4巻。前巻で想いを自覚した千樹ですが、彼女の受難はまだまだ続きそうですね。
イヤなアイツはさらにイヤな奴になり、可愛い弟君はますます不憫な位置づけに。

☆あらすじ☆
「わたしが好きか?まだ」ようやく正式に一之御子・刀火の仮妻として認められた千樹だが、うっかり告白してしまって以来、彼の態度に翻弄されっぱなし!そのうえ、宮中で催された薫物合わせで、綾峰の母・仁真から嫌がらせを受けたりと、気苦労が絶えない。そんな中、都に鬼が出没したという噂が耳に入る。しかもその姿は、以前雅近に取り憑いていた冬鬼を彷彿させて?千樹の身に忍び寄る危険―絶体絶命のシリーズ第4弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 封鬼花伝4 飛花薫るうたかたの口づけ

シュガーアップル・フェアリーテイル16 銀砂糖師と黒の妖精王

『シュガーアップル・フェアリーテイル16 銀砂糖師と黒の妖精王』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★★★

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精王 (角川ビーンズ文庫)
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精王 (角川ビーンズ文庫)

砂糖菓子職人の少女と、その護衛の妖精。
ふたりの出会いから始まるフェアリーテイルもついに完結です。
とても寂しいです。大好きなシリーズでした。
そして、長かったアンとシャルの物語にふさわしい見事なエンディングだったと思います。 読んでる間、鳥肌が止まりませんでした。
三川先生、本当にお疲れ様です。素敵な物語をありがとうございました。

☆あらすじ☆
王国に幸福を招くため、そしてシャルとの約束を果たすため、職人たちと力を合わせて砂糖菓子を完成させようとするアン。しかし作業中にもかかわらず、妖精王と通じているとしてコレット公爵に連行されてしまう!!一方、アンと共に生きる未来のため、ラファルの暴走を止めようと一人行動するシャルだったが!?
それぞれの想いを胸に、運命が動き出す感動のシリーズ完結巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む シュガーアップル・フェアリーテイル16 銀砂糖師と黒の妖精王

封鬼花伝3 春に恋う咲きそめの乙女

『封鬼花伝 春に恋う咲きそめの乙女』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)
封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)

鬼の片腕問題解決編です。
刀火と千樹の関係も動きました。動いたんだけど、そこで止まっちゃうの!?ってところで固定されてしまいました。残念。
ただ私は、色気担当の刀火よりも弟王子のほうがだんだん好きになってきました。

☆あらすじ☆
「おまえは、仮妻にしない」
一之御子・刀火のため、成る絵を操る絵師となる決心をした千樹だが、それも束の間、彼から宮入の儀を無期延期にすると言われ、曉宮を追い出されてしまう。刀火の真意がわからず苦しむ千樹だったが、そこへ「わたしと浮気をして頂きたい」と二之御子・綾峰が迎えにきて!?一方、刀火に異変を生じさせた原因が「鬼の成る絵」だったことが判明し、千樹が犯人として疑われてしまい!?
緊迫の第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 封鬼花伝3 春に恋う咲きそめの乙女