「三好昌子」タグアーカイブ

京の縁結び 縁見屋の娘/三好昌子

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作】 縁見屋の娘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作】 縁見屋の娘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
第15回『このミステリーがすごい!』大賞「優秀賞」受賞作。
ミステリーというより、人外要素ありの時代伝奇ファンタジーという感じでしょうか。
代々早死にする女系の家に生まれ、祟りつきとの噂がある縁見屋の娘。そんな主人公が、ある行者との出会いから自分に関わる悪縁を知っていく物語です。
彼女の家に隠された秘密に迫っていくストーリーはぐいぐいと読ませるものでした。不思議要素が予想より多かったけれど、緩急の付け方が程よくて面白かったです。
でもそんなことより個人的には当て馬キャラの扱いが気になって仕方ない。
どうしてもモヤモヤがおさまらないので長文で語りたいと思います。

☆あらすじ☆
「縁見屋の娘は祟りつき。男児を産まず二十六歳で死ぬ」―江戸時代、京で口入業を営む「縁見屋」の一人娘のお輪は、母、祖母、曾祖母がみな二十六歳で亡くなったという「悪縁」を知り、自らの行く末を案じる。謎めく修行者・帰燕は、秘術を用いて悪縁を祓えるというが…。縁見屋の歴史と四代にわたる呪縛、そして帰燕の正体。息を呑む真実がすべてを繋ぎ、やがて京全土を巻き込んでいく。

以下、ネタバレしまくり、偏見ありまくりの感想です。笑って許してくださる方はどうぞ〜

続きを読む 京の縁結び 縁見屋の娘/三好昌子