「一華後宮料理帖」タグアーカイブ

一華後宮料理帖 第三品/三川みり

一華後宮料理帖 第三品 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 第三品 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
一気に物語が動き出す第3巻。今回もすごく面白かった!
乗り気でない西国との国交樹立を目指すストーリーなのだけど、女性陣の華やかな活躍に心が踊りました。
もちろん理美も大活躍。彼女には彼女にしかできないことがある、っていうのが良い。
そして表紙的に気になる三角関係はかなり予想外な事態へ転びそう・・・??
続きが非常に気になる内容でした。これは、本当に、どうなっちゃうんだろう!?

☆あらすじ☆
百年もの間ほぼ鎖国状態だった西沙国と、崑国の国交樹立話が持ち上がった。理美は過酷な交渉でお疲れ気味の皇帝・ショウ飛の心身を癒やすため、専属のお夜食係に任命される。名誉ある役目に意気込む理美だが、朱西と一緒に過ごす時間は徐々に少なくなっていく。一方、理美への恋心を自覚した朱西は自分の気持ちを封印しようとするが……?
この恋は、忘れないといけない夢だった――。3人のせつない想いが交差する、第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖 第三品/三川みり

一華後宮料理帖 第二品/三川みり

一華後宮料理帖 第二品 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 第二品 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
料理好きの妃嬪と恋知らずの食学博士の中華後宮ロマンス第2弾。
今回は後宮で最も地位の高い四夫人が登場。
艶やかな4人の美人さんが揃うと画面的にも華やかになって良いですねー(ノ´∀`)ノ
理美を巡る三角関係もゆっくり進展しているし、続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
誰しも求めるのは自分の居場所。「食」を愛する皇女の中華後宮記第2弾!!
明来告知――それは、四人の妃嬪が新皇帝の寵愛を争う儀式。料理好きな皇女・理美と食学博士の朱西は、儀式前の妃嬪達の心を落ち着かせるよう、後宮で料理番の任務を命じられる。個性の強い四夫人を相手に奔走する理美。一方、皇帝・ショウ飛は五龍に会う名目で頻繁に理美の元を訪れていた。朱西は女性に興味がなかったショウ飛の変化を喜びつつも、内心は複雑。そんな折、儀式で使う大切な宝珠が何者かによって盗まれてしまい!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖 第二品/三川みり

一華後宮料理帖/三川みり

一華後宮料理帖 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年7月刊。
面白かった!!
「シュガーアップル・フェアリーテイル」の三川みりさんが描く、飯テロ×中華後宮ファンタジー。
貢ぎ物として入れられた大国の後宮で、料理の腕だけを頼りに困難を乗り越えていく小国の姫君の物語です。
食文化の違いに戸惑ったり感動したり、後宮モノならではの愛憎劇が見えたり、恋を知らない食学博士とのロマンスがあったりと、色々と楽しめる要素が盛り沢山。
個人的には三川さんの原点回帰的な作品だと思いました。職人の誇り高さがとても好ましい。
後宮小説的にも恋愛小説的にも、今後の展開が楽しみなシリーズです。

☆あらすじ☆
『おいしい』――その一言が私の居場所になる。故国で神に捧げる食事を作っていた理美は、大帝国崑国へ貢ぎ物として後宮入りすることに。その際、大切な故郷の味を奪われそうになった所を食学博士の朱西に助けられる。彼の優しさに触れた理美は再会を胸に秘め、嫉妬渦巻く後宮内を持ち前の明るさと料理の腕前で切り抜けていく。しかし突然、皇帝不敬罪で捕らえられてしまって? 「食」を愛する皇女の中華後宮ファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖/三川みり