「ファルまろ」タグアーカイブ

異世界詐欺師のなんちゃって経営術4/宮地拓海

異世界詐欺師のなんちゃって経営術4 (角川スニーカー文庫)
異世界詐欺師のなんちゃって経営術4 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
異世界に転生した元詐欺師が、貧乏食堂の再建を目指すシリーズ第4巻。
これで書籍版は完結とのこと(WEB版は続いている様子)
楽しみにしていたシリーズだっただけに残念です。
ただ、区切りの良いところで終わっているし終盤の盛り上がりも素晴らしく、満足感の高い完結巻でした。
宮地さんの次回作も期待しています!

☆あらすじ☆
元詐欺師VS.行商ギルド! 『嘘が吐けない都市』を揺るがす大勝負!!
元詐欺師のスキルをフル活用し、食堂を軌道に乗せはじめたヤシロ。いつも通りパイオツカイデーなジネットと、順調に店の認知度を高めていた矢先、雨が降り始める。大雨による不作・物価高騰に苦しむ領民と、彼らを追い詰める行商ギルドの非道さを見たヤシロは――「あくまで自分のためだ」そう宣言し、行商ギルドに勝負を挑む! しかし狡猾な行商ギルドのアッスントは“精霊の審判”でジネットをカエルにすると脅迫して……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界詐欺師のなんちゃって経営術4/宮地拓海

異世界詐欺師のなんちゃって経営術3/宮地拓海

異世界詐欺師のなんちゃって経営術3 (角川スニーカー文庫)
異世界詐欺師のなんちゃって経営術3 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
元詐欺師が異世界で貧乏食堂を再建するよ!というシリーズ第3巻。
話が進むほどに主人公に愛着がわいてきます。露悪的なツンデレ主人公好きすぎてしんどい。
新キャラも続々と登場し、ますます賑やかになる陽だまり亭にほっこりしました。今回もすごく面白かったです!

☆あらすじ☆
陽だまり亭に新たな看板娘誕生!!
『嘘が吐けない都市』に転生した元詐欺師のヤシロ。パイオツカイデ―な美少女ジネットの食堂再建に尽力し、ついにリニューアルオープン! 新ウェイトレスのマグダもすっかり馴染み、店が勢いづき始めたある日、ジネットが怪我をし、さらにはマグダも重傷を負って? 経営困難に陥った店の救世主として、ヤシロが目を付けた新バイトは、普通すぎる元気娘・ロレッタで……。商売繁盛の秘訣は「普通」にアリ? 口八丁コメディ、波乱の3巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界詐欺師のなんちゃって経営術3/宮地拓海

異世界詐欺師のなんちゃって経営術2/宮地拓海

異世界詐欺師のなんちゃって経営術 (2) (角川スニーカー文庫)
異世界詐欺師のなんちゃって経営術 (2) (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年8月刊。
嘘がつけない異世界に転生した詐欺師が、貧乏食堂の建て直しに挑むシリーズ第2弾。1巻よりも断然面白くなってきました。
「なんちゃって経営術」の要素が増えてきたし、ヤシロの詐術が決まる爽快感も素晴らしい。後味も良いですしね。
これは続きが楽しみなシリーズになっていきそう。3巻も期待しています!

☆あらすじ☆
「最高のパイオツカイデーを目指しますっ!」
『嘘が吐けない都市』に転生した元詐欺師のヤシロは、巨乳美少女・ジネットの騙されやすさに頭を抱えていた。彼女が営む閉店寸前の食堂を建て直すため、食材調達に乗り出したヤシロは、狩猟ギルドのトラ耳少女・マグダの狩りを手伝うことになる。しかし彼女には“狩った獲物を食べてしまう”という致命的な欠点があり!?
『小説家になろう』&『カクヨム』発、口八丁な経営コメディ第2弾!!
書き下ろし短編「ご注文はコレですね? ~マグダは見習いウェイトレス~」が読める電子特別版!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界詐欺師のなんちゃって経営術2/宮地拓海

異世界詐欺師のなんちゃって経営術/宮地拓海

異世界詐欺師のなんちゃって経営術 (角川スニーカー文庫)
異世界詐欺師のなんちゃって経営術 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
嘘をついたらカエルに変えられる異世界に転生した詐欺師の物語。
嘘はつかずにいかに都合良く相手の勘違いを引き出すか、というのは楽しいですねw こういうの好きです。
この巻は序章的な感じで「経営術」要素は薄かったものの、クズい思考で実は良い人な詐欺師主人公が魅力的な作品でした。

☆あらすじ☆
「パイオツ、カイデー!」
日本にその名を轟かせた大詐欺師のヤシロ。悪運尽きた彼が16歳の少年として転生したのは『嘘が吐けない巨大都市』だった。嘘を嫌う『精霊神』により嘘吐きは【カエル】にされてしまう世界だという。偽造通貨所持を疑われ、衛兵に追われて粗末な店に飛び込んだヤシロは、息をのむような巨乳の美少女ジネットになぜか歓待されて――!?
『このすば』の暁なつめ推薦! 『小説家になろう』&『カクヨム』発、口八丁な経営コメディ開幕!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 異世界詐欺師のなんちゃって経営術/宮地拓海

ヴァルハラの晩ご飯 イノシシとドラゴンの串料理

『ヴァルハラの晩ご飯 〜イノシシとドラゴンの串料理(プロシェット)〜』(三鏡一敏著/電撃文庫)★★★☆☆

ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~ (電撃文庫)
ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~ (電撃文庫)

2016年2月刊。
第22回電撃小説大賞「金賞」受賞作。
食材として神々の住む天上の世界へとやってきたイノシシが主人公のゆるくてふわっと可愛い北欧神話ファンタジー。
(タイトルから勝手に期待していた)飯テロ小説ではなかったのが残念でしたが、その可愛らしさを活かして「美味しいポジション」(by 川原礫)を堪能する少年らしい主人公に笑ってしまう作品でした。

☆あらすじ☆
神の国の台所“ヴァルハラキッチン”の夕飯時はいつも大忙し! ボク、喋れるイノシシのセイ(本名:セーフリームニル)はそのお手伝いとして、なんと主神オーディンさま直々の指名を受けてここにやってきたんだ。
――『料理される側』としてね!
いや、確かにボクは「一日一回生き返る」っていう不思議な能力を持ってるし、自慢じゃないけど肉質にも自信があるよ? でもだからって「毎日死んでご飯になれ」ってひどすぎない!? ……まあこの力のおかげで、美しくて可愛いヴァルキューレ・ブリュンヒルデさまのお傍にいられたりするから、全部が全部つらいってわけじゃないんだけどさ……。
って、あれ、神界ナンバー2のロキさまがなぜここに? え、神界のピンチだから一緒に来い!? いやぁ、ボクただのイノシシですからってうわあああぁーー。
神々の台所を舞台に贈る“やわらか神話”ファンタジー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ヴァルハラの晩ご飯 イノシシとドラゴンの串料理

東京異界のバリスタ

『東京異界のバリスタ』(手島史詞著/GA文庫)★★★☆☆

東京異界のバリスタ (GA文庫)
東京異界のバリスタ (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年12月刊。
初恋!良いですね!!
喫茶店でバリスタとして働く主人公が、初恋の人とよく似た少女に出会うところから始まる物語。
異界と化し魔法使いが跋扈する東京を舞台に、過去の初恋と目の前の少女の間で揺れ動く主人公の想いが印象的でした。
この主人公、初恋に誠実でとても好み。ぜひシリーズ化してほしい作品です。

☆あらすじ☆
異界と化し隔離された東京で珈琲係として働く燈志郎の元を、フリッカと名乗る記憶喪失の少女が訪れた。「兄のクリスを捜して。何でも解決してくれるんでしょ?」燈志郎はもう一つの顔、何でも屋として少女の依頼を受ける。捜し続ける初恋の人フリウと同じ顔のフリッカが何者か突き止めるために――燈志郎は、唯一の手掛かり・クリスへと迫るが、その過程で異界誕生の真相とフリッカに課された宿命を知る。「異界と一緒にフリッカも消える? ――俺はもう何も失いたくないんだ!!」少年は失ったモノと少女の記憶を取り戻すため、全ての元凶という魔法使いが待つ異界中心へと向う……。異界・喫茶ファンタジーの開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京異界のバリスタ