「ニアデッドNo.7」タグアーカイブ

ニアデッドNo.7/九岡望

ニアデッドNo.7 (電撃文庫)
ニアデッドNo.7 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
「エスケヱプ・スピヰド」のコンビが送るホラーアクション現代ファンタジー。
ホラーがあまり得意じゃないので冒頭ビクビクしながら読んでいたのだけど、思ったほどは怖くなかったし話が進むに連れて「エスケの九岡さんだ!」と感じるアクション面での盛り上がりをみせてくれる作品でした。
悲恋要素が予想外に切なかったのが個人的には寂しい感じ・・・・・・。
ただ、記憶を失い人外の存在となった主人公の物語としてはうまくまとまっているし、個性強そうな仲間たちが気になるのでシリーズが続けばもっと面白くなりそうな予感。
期待しています。

☆あらすじ☆
目覚めた少年は、何者でもなかった。“再葬開始”の合図と共に、いつの間にか持っていた火の粉を纏う刃を振るい、異形の敵を倒すのみ。“境死者No.7”―赤鉄。それが、彼に新たに与えられた名だった。なぜ自分は戦うのか―。No.6である美しき少女・紫遠と共に、訳のわからぬまま死闘に身を投じる赤鉄は、やがてある事実にたどり着く。No.7の称号を持つ“先代”がいたこと、そして自分がその人物に殺され、No.7を“継承”したことを…。第18回電撃小説大賞“大賞”受賞作『エスケヱプ・スピヰド』のコンビで贈る、現代ダークファンタジー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ニアデッドNo.7/九岡望