「ゲイル・キャリガー」タグアーカイブ

『ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る』他 英国空中学園譚シリーズ 全4巻/ゲイル・キャリガー

ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る (英国空中学園譚)
ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る (英国空中学園譚)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
『ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る』2013年2月刊、『ソフロニア嬢、発明の礼儀作法を学ぶ』2013年12月刊、『ソフロニア嬢、仮面舞踏会を密偵する』2015年4月刊、『ソフロニア嬢、倫敦で恋に陥落する』2017年2月刊。

面白かったーーーー!!
19世紀の英国を舞台に、スパイ少女が大活躍するスチームパンク学園冒険譚です。

主人公である貴族令嬢が放り込まれたのは、とある秘密を隠した花嫁学校。
その校舎は空に浮かぶ巨大飛行船であり、教師陣が教えるのは淑女のためのスパイ術。
そんなスパイ養成花嫁学校でスパイとしての頭角を現していく主人公は、次第に英国を揺るがす大きな事件に首を突っ込むことになるのです。

スチパンギミック満載のスパイアクションであると同時に、思春期の少女を描いた青春小説でもある本作。
少女から大人へと変わっていくセンチメンタルな雰囲気や、友情のきらめき、恋のときめきも味わえる一粒で二度も三度も美味しいシリーズでした。控えめにいってすごく楽しかった!

「英国パラソル奇譚」シリーズの前日譚的な物語ですが、内容的にはほぼ独立しているのでこのシリーズだけ読んでも大丈夫だと思います。
が、吸血鬼や人狼絡みのオリジナル用語を把握するのが少し大変かもしれない(もちろん作中で説明はあります)。
アレクシア女史も最高に頭茹だるくらい面白いし、そちらを読んでからだとラストでニヤッとできる、かも??

☆あらすじ☆
吸血鬼や人狼らと人類が共存するヴィクトリア朝英国。
おてんばなわれらが主人公ソフロニア・テミニック嬢は、上流階級の子女が集まる花嫁学校(フィニシング・スクール)に入れられてしまうことに。ところがそこは、情報収集や毒物の使い方、異界族への対処などといった技術を教える、女スパイ養成所だった!?
さらにソフロニアは、空盗賊がらみの謎解きにも巻きこまれる――
歴史情緒とユーモアにみちたスチームパンク冒険奇譚、新シリーズ開幕!

以下、全4巻まとめてネタバレありの感想です。たぶん致命的なネタバレはないはず。

続きを読む 『ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る』他 英国空中学園譚シリーズ 全4巻/ゲイル・キャリガー

続・英国パラソル奇譚1 プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する

『続・英国パラソル奇譚 プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する』(ゲイル・キャリガー著/川野靖子訳/ハヤカワ文庫FT)★★★★☆

プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する (続・英国パラソル奇譚)
プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する (続・英国パラソル奇譚)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前作「英国パラソル奇譚」シリーズの感想はこちらから


2015年12月刊。
スチームパンク冒険活劇「英国パラソル奇譚」シリーズの待望の続編。
前作主人公の娘である主人公が優雅に(?)空を旅し、インドに降り立ち、新種の紅茶を巡る複雑怪奇な事件に挑む物語です。
前作の登場人物がたくさん登場しますし、意味深に過去の話に触れたりするので前作を読んでいないとツラいかも(ソフロニア嬢シリーズは未読でも大丈夫でした)。
アレクシア女史のワンマンプレーが印象的だった前作と異なり、今作のプルーデンスは幼なじみたちと一緒にチームとして動きます。
仲間と乗り出す冒険!という点だけみても、前作とは異なる魅力がある作品だったと思います。
彼らの旅路は賑やかで機知に富んでいて、そして好奇心を刺激する謎に満ちたものでした。とても面白かったです!

☆あらすじ☆
吸血鬼や人狼らと人類が共存する19世紀の英国。悪名高き〈魂なき者〉アレクシアを母に持つレディ・プルーデンスは、養父の吸血鬼アケルダマ卿からインドでの紅茶調査任務を依頼される。素敵な飛行船に乗り込んで向かった先で、彼女とお仲間たちは、当然のように未知の異界族がらみの国家を揺るがす大事件に巻きこまれてしまい……? 恋に冒険にキュートなレディが大活躍。痛快ヒストリカル・スチームパンク、新章開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・英国パラソル奇譚1 プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する

英国パラソル奇譚5 アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る

『英国パラソル奇譚 アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る』(ゲイル・キャリガー著/ハヤカワ文庫FT)★★★★★

アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る 英国パラソル奇譚
アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る 英国パラソル奇譚【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
英国パラソル奇譚4 アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う | 晴れたら読書を

英国パラソル奇譚シリーズ完結。
舞台はついにエジプトへ!そして全ての謎が明らかになる怒濤の最終巻でした。

☆あらすじ☆
〈英国パラソル奇譚〉完結篇!子育てに忙しいアレクシアのもとに、世界最高齢の吸血鬼女王からエジプトへの招待が!人類と異界族が共存する19世紀英国。伯爵夫人アレクシアは社交界に、〈陰の議会〉に、特殊能力をもつ2歳の娘プルーデンスの子育てにと多忙な日々を送っていた。そこへ世界最高齢の吸血鬼マタカラ女王からエジプトへの招待が届く。かつて〈神殺し病〉で異界族が消えたその地で、一行は古代より続く恐るべき秘密にふれることに――歴史情緒とユーモアに、人狼殺害事件の謎を絡めた大人気冒険譚、惜しまれつつも堂々完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国パラソル奇譚5 アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る

英国パラソル奇譚4 アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う

『英国パラソル奇譚 アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う』(ゲイル・キャリガー著/ハヤカワ文庫FT)★★★★★

アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う 英国パラソル奇譚
アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う 英国パラソル奇譚【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
英国パラソル奇譚3 アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う | 晴れたら読書を

私の常識が崩壊しそう。
今回も前代未聞すぎる大活躍を魅せたアレクシア。そして1巻からの伏線がどんどん回収されていき、面白さはうなぎ上りです。

☆あらすじ☆
異界族と人類が共存するヴィクトリア朝ロンドン。伯爵夫人アレクシアは妊娠八カ月を迎えた。お腹の子の異能を恐れる吸血鬼の執拗な攻撃に、人狼団はある秘策を打つ。そんななか消滅寸前のゴーストが現われ、女王暗殺をほのめかした。凶事を防ぐべく暗中模索の捜査を始めたアレクシアは、やがて夫マコン卿と人狼団にまつわる過去の秘密と出会う―謎解きとユーモアと叙情が贅沢に織りなすスチームパンク冒険奇譚、第四弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国パラソル奇譚4 アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う

英国パラソル奇譚3 アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う

『英国パラソル奇譚 アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う』(ゲイル・キャリガー著/ハヤカワ文庫FT)★★★★☆

アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う 英国パラソル奇譚
アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う 英国パラソル奇譚【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
英国パラソル奇譚2 アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う | 晴れたら読書を

衝撃的すぎるラストからどう続くのかと思いきや、予想以上の大ピンチに陥ったアレクシア女史。
しかしアレクシアはどんな時でもアレクシアだなぁー。格好良すぎる!

☆あらすじ☆
異界族と共存する19世紀の英国。人狼団の長マコン卿は、妊娠が発覚した妻アレクシアを放逐した。人狼に繁殖能力はないからだ。不貞行為の濡れ衣をかけられたアレクシアは、男装の発明家ルフォーと旅に出た。だがイタリアを目指す一行を吸血鬼が襲う!一方、ロンドンではアケルダマ卿が姿を消し、マコン卿の副官ライオールが謎を追って奮闘していた―歴史情緒とユーモアで贅沢に飾られた懐古冒険スチームパンク第三弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国パラソル奇譚3 アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う

英国パラソル奇譚2 アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う

『英国パラソル奇譚 アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う』(ゲイル・キャリガー著/ハヤカワ文庫FT)★★★★☆

アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う 英国パラソル奇譚
アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う 英国パラソル奇譚

前巻の感想はこちらから
英国パラソル奇譚1 アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う | 晴れたら読書を

今回は前巻以上に面白いガジェットが大量に出てきてスチパン感増し増しです。アレクシアは相変わらずの有能さでほんと格好いい。
マコン卿は相変わらずデレまくっててわんこ可愛いし、ストーリーもミステリー調で素晴らしく面白かったです。
です、が!こんなところで止めないで!!!!(血涙)

☆あらすじ☆
異界族の存在を受け入れた19世紀のロンドン。この地で突然人狼や吸血鬼が牙を失って死すべき人間となり、幽霊たちが消滅する現象がおきた。原因は科学兵器か疫病か、あるいは反異界族の陰謀か。疑われたアレクシア・マコン伯爵夫人は謎を解くため、海軍帰還兵で賑わう霧の都から、未開の地スコットランドへと飛ぶ―ヴィクトリア朝の格式とスチームパンクのガジェットに囲まれて、個性豊かな面々が織りなす懐古冒険奇譚。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国パラソル奇譚2 アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う

英国パラソル奇譚1 アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う

『英国パラソル奇譚 アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う』(ゲイル・キャリガー著/ハヤカワ文庫FT)★★★★☆

アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う 英国パラソル奇譚
アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う 英国パラソル奇譚

これだ!こういうスチームパンクが読みたかった!!
吸血鬼や人狼が堂々と存在する19世紀イギリスを舞台に、苛烈で果敢な才媛アレクシアが大活躍する冒険物語。
序盤は用語や海外小説ならではの言い回しに少し読むのが大変でしたが、一度世界観に入ってしまった後はスルスルと物語に惹き込まれてしまいました。
アレクシア女史と人狼のリーダー・マコン卿とのラブロマンスとしても素晴らしい(ちょっとエロいけど)。アレクシアに言い負けてしょんぼりするマコン卿が可愛すぎでした。同じくらい格好いいんだけど。ケンカップルって良いですね。
ハヤカワから出ている海外小説ですが、冒険ファンタジーが流行ってた頃の少女小説っぽい雰囲気を感じたりもしてとても面白かったです。

☆あらすじ☆
19世紀イギリス、人類が吸血鬼や人狼らと共存する変革と技術の時代。さる舞踏会の夜、われらが主人公アレクシア・タラボッティ嬢は偶然にも吸血鬼を刺殺してしまう。その特殊能力ゆえ、彼女は異界管理局の人狼捜査官マコン卿の取り調べを受けることに。しかしやがて事件は、はぐれ吸血鬼や人狼の連続失踪に結びつく―ヴィクトリア朝の歴史情緒とユーモアにみちた、新世紀のスチームパンク・ブームを導く冒険譚、第一弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国パラソル奇譚1 アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う