「カズアキ」タグアーカイブ

飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず/山本瑤

飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず (コバルト文庫)
飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2017年3月刊。
秘密を暴くのが得意な少女錠前師と、秘密の匂いがする青年伯爵。
金庫の鍵を開けてほしいという伯爵の依頼を引き受けた主人公は、思いがけない秘密の鍵をも開けてしまうことになるのです。
主人公が開く「秘密」は色んな真実を隠しているのだけど、真実が明らかになった先で待っているロマンスが素敵でした。ヒーロー、めっちゃロマンチスト!
スチームパンクミステリーと銘打たれているけれど、スチパン要素は強くないのでSF系に苦手意識がある人でも大丈夫。
物語はそれなりに綺麗に終わっているけれど、伏線っぽいものが少し残っているかな?
ぜひシリーズ化してほしい新作でした。

☆あらすじ☆
天才錠前師のトマス・ウルスに育てられたマージは、鍵や機械が大好きな、いっぷう変わった女の子。トマス亡きあと、錠前店をひとりで切り盛りしていたマージの元にある日、鉄道王としても成功しているアンブローズ伯爵家の若き当主・アレックスが訪れる。「ある金庫を開けてほしいから、身ひとつで伯爵家に来てくれ」という依頼を断ろうとしたマージに、アレックスは破格の報酬を約束し…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず/山本瑤

お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係/梨沙

お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
凜々しい男装王女と健気な少年執事見習いが、竜の卵を預かって一緒に育てることになったり、王宮内の騒動に巻き込まれたりする物語。
両片想いで性差逆転な感じの楽しい主従ラブコメでした。執事見習いくんの理性と本能がせめぎ合ってた・・・w
途中までごちゃっとした内容に手こずってしまったけれど、バラバラだった伏線が回収される終盤の展開は面白かったです。

☆あらすじ☆
「この忠誠はあなただけのために」
幼き日、姫は少年から生涯変わらぬ真心を送られた。姫の名はミシェル・バースト、少年の名はアンバー・クリムゾン。跡取りとして精力的に暮らす彼女の日常は、弟の誕生により一変する。政略結婚の駒となることを余儀なくされた彼女が選んだ新たな道―それは、誰にも負けない“王子”になること!?
美しく勇ましい姫君と、そんな姫君に振り回される執事見習い+竜の両片想いラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係/梨沙

異人街シネマの料理人1・2/嬉野君

異人街シネマの料理人(1) (ウィングス・ノヴェル)
異人街シネマの料理人(1) (ウィングス・ノヴェル)

総評:★★★★☆
1巻:2016年1月刊、2巻:2016年7月刊。
「金星特急」の嬉野君さんの最新作。期待通り、とても面白かった!
祖父が遺したミニシアターを守りたい女子高生と、彼女の前に現れた「兄」を名乗る2人の男。
家族になった三兄妹が、名作映画を鑑賞し、劇中に登場する料理を食し、そして様々な謎を解き明かしていく物語です。
サスペンス色の強いミステリーは面白かったし、映画の小ネタが随所にふんだんに散りばめられているのも楽しい。
何より、ヒロインを中心とするミステリアスな人間関係に目が離せません。
才能の原石を秘めた映画好きのヒロイン、優しげに見えて食えない実業家の異母兄、そして過去が分からない養子の次兄。
彼らの関係に一体どんな秘密が隠されているのか。今後の展開もすごく楽しみです。

☆あらすじ☆
育ての祖父が急逝し、彼の映画館を取り戻す為働くつもりの桃の元に兄と名乗る二人の男が現れて…?シネマティック・ミステリー開幕!

以下、1巻・2巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 異人街シネマの料理人1・2/嬉野君

魔導書の姫と愛しき眷属 大いなる鍵と虚の書/夏野ちより

魔導書の姫と愛しき眷属 大いなる鍵と虚の書 (ビーズログ文庫)
魔導書の姫と愛しき眷属 大いなる鍵と虚の書 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
「魔導書」によって国力を支えられる11の国が存在する世界を舞台に、最強の魔導書に選ばれた最下層国の姫の物語。
設定は好みだったし、ストーリーも悪くないと思います。
少し一部描写が好みじゃなかったり世界観に引っかかったりしましたが、そのあたりは続刊に期待しています。

☆あらすじ☆
自らの願いをもとに、強大な力を持つ魔導書(グリモワール)と契約する11カ国の王。しかし、リースルイン国の王女シルヴィアは、すべての魔導書(グリモワール)を無効化できる【大いなる鍵と虚の書】を所有するも、絶対に契約などしないと決めていた。だが……。「――君のような王を、千年待った」突如現れたのは、美しい人型の眷属。君の願いが欲しいと嘯く彼に、頑ななシルヴィアの心は乱され!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔導書の姫と愛しき眷属 大いなる鍵と虚の書/夏野ちより

アリス イン サスペンス

『アリス イン サスペンス』(桃華舞著/講談社X文庫ホワイトハート)★★★☆☆

アリス イン サスペンス (講談社X文庫ホワイトハート)
アリス イン サスペンス (講談社X文庫ホワイトハート)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2011年3月刊。
ホワイトハート新人賞受賞作。
無法地帯な街を舞台に、とある殺人事件の犯人を追う少年達の物語。
頻繁に韻を踏む文体、ドライな語り手、淡々と進むストーリー。
コミカルなのかシニカルなのか、どこか悪夢めいた不思議な味わいのある小説でした。
好みは分かれそうですが私は結構好き。段々とクセになるような読み心地なのです。

☆あらすじ☆
「なにか楽しいことはないのかな」それがおれたちの口癖だった。親を知らず、無法地帯シークレット・ガーデンで生まれ育った十四歳のヒツジコには、仲間がいた。見た目美少女のユキノジョウ、家出少年ジャック、シルバーの血を持つハイド。そして、アリス。孤独を抱え、ときに街に呑み込まれそうになりながら、それでも強く生きる少年達の物語がここに!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アリス イン サスペンス

斯くして歌姫はかたる3 愛しき聖者に祝福を

『斯くして歌姫はかたる 愛しき聖者に祝福を』(朝前みちる著/ビーズログ文庫)★★★★☆

斯くして歌姫はかたる3 愛しき聖者に祝福を (ビーズログ文庫)
斯くして歌姫はかたる3 愛しき聖者に祝福を (ビーズログ文庫)

完結巻です。
お気に入りのシリーズだったので、ちゃんと綺麗にまとまって終わってくれて良かった。
ツンデレすぎるヒロインと壊れたヒロイン専用翻訳機を持つヒーローの掛け合いが楽しいラブコメでした。
最終巻はニヤニヤが止まらなかった!そして公式特設ページの完結記念SSにトドメを刺されました・・・・・・。素直じゃないのに素直にしか見えないイヴリーンが可愛くて仕方ない私は、相当毒されてるんだと思います。
全3巻で気軽に手が出しやすいシリーズだと思いますので、ツンデレ好きにおすすめしておきます(´∀`*)ノシ

☆あらすじ☆
神王国から帰国して以来、不自然な事故が多発!犯人探しを始めたイヴだったが、突如現れた“神王”によって連れ去られてしまう。イヴを取り戻すには、彼女の力が注がれたオリヴィエの左目を差し出さなければならない。だがそれは、“楽師”の力を喪うことを意味し…?一方、囚われても変わらぬ態度のイヴに、神がとある賭けをもちかけて―!?強き絆が奇跡を呼ぶ、大感動の最終巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 斯くして歌姫はかたる3 愛しき聖者に祝福を

斯くして歌姫はかたる2 恋うる愚者に贖罪を

『斯くして歌姫はかたる 恋うる愚者に贖罪を』(朝前みちる著/ビーズログ文庫)★★★★☆

斯くして歌姫はかたる 恋うる愚者に贖罪を (ビーズログ文庫)
斯くして歌姫はかたる 恋うる愚者に贖罪を (ビーズログ文庫)

新人賞受賞作の第2巻。楽院ファンタジー詐欺(あとがき談)なお話でした。
1巻時点では影が薄くてイマイチな印象だったヒーローのキャラが立ってきました。初々しい少年ぽさが良い具合に出てる。ツンデレなイヴリーンの明後日方向な高笑いも前回よりもクセになります。
何よりこのふたりのケンカップルぶりがとても萌える!
良い感じに脇役たちも光ってきたので、ぜひ息の長いシリーズになってほしいです。
あと、表紙の気になる彼は想像通りのキャラクターで「ふふっ」となりました。

☆あらすじ☆
再び“楽師(カンタンテ)”になるため、音痴の矯正に励む元・歌姫のイヴリーン。
最近の日課はカタブツ優等生・オリヴィエからの逃亡!
「俺が嫌いなのか?」――違う。彼の声を聴くだけで、全身が痺れておかしくなるのだ。
そんな折、消えたはずの精霊・ひばりと自分の偽者の噂を聞いたイヴは楽院を抜け出すが、なぜかオリヴィエに見つかって!?
逃亡どころか二人旅決定!
えんため大賞受賞作、待望の第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 斯くして歌姫はかたる2 恋うる愚者に贖罪を

斯くして歌姫はかたる1

『斯くして歌姫はかたる』(朝前みちる著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

斯くして歌姫はかたる (ビーズログ文庫)
斯くして歌姫はかたる (ビーズログ文庫)

なかなか良かったです。
2巻表紙のイイ笑顔の男性キャラに心を奪われて気になったので、読みそびれていた1巻を読んでみました。
魔物に歌声を奪われ音痴になってしまった歌姫が主人公。思いっきり高飛車キャラですが、彼女の誇り高さと反骨精神、努力を惜しまない姿勢は嫌いじゃないです。むしろ好印象でした。
ストーリーそのものも悪くなかったです。少しラストの急展開な感じが微妙でしたが、新人賞受賞作品だし、荒削りな感じは許容範囲です。2巻も楽しみ。

☆あらすじ☆
歌で自然を操り魔物から人々を護る“楽師”。中でもエルネスティーヌは誉れ高き“歌姫”として君臨していた。しかしある日、魔物に歌声を奪われてしまった上に反逆の疑いをかけられた彼女は、事件解決まで聖フィデール楽院に身を隠すことに!なのに、超堅物優等生のオリヴィエに「音痴は今すぐ退楽しろ」と脅されて―!?
不協和音が奇跡を起こす?第15回えんため大賞特別賞受賞作登場!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 斯くして歌姫はかたる1

she&sea1 海賊王の退屈

『she&sea  海賊王の退屈』(糸森環著/角川単行本)★★★★☆

she&sea 海賊王の退屈 (単行本)

she&sea 海賊王の退屈 (単行本)

「花神遊戯伝」や「恋と悪魔と黙示録」の糸森環さんが自身のホームページに掲載していたオンノベの書籍化です。オンノベを電子書籍で買うってどうなんだ・・・と自分で思わなくもなかったのですが、そこはほら、イラストがカズアキさんですし、縦書きのほうが読みやすいですし。
内容は日本の中学生笹良が突然異世界に放り出され海賊たちに拾われてしまう、というもの。
「she & sea」のweb版は未読です。なのでweb版との違いは分かりませんが、この書籍版は面白かったです。海賊達、とくに王様のガルシアが陽気に残酷なのがたまらなく魅力的でした。ただ、内容的には思いっきり序章ですね。書籍版の続刊があるのか不明ですが、ここで終わらないでほしいな。

☆あらすじ☆
水恐怖症女子・笹良は、スクリーンから溢れ出た波に飲まれ、気づくと幽霊船の上にいた。海賊が海を支配する世界に飛ばされた笹良は、絶対的な海賊王ガルシアの船に拾われ、船の守り神「冥華」と祭り上げられるが!?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む she&sea1 海賊王の退屈

デ・コスタ家の優雅な獣5

『デ・コスタ家の優雅な獣5』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★★★

デ・コスタ家の優雅な獣5 (角川ビーンズ文庫)
デ・コスタ家の優雅な獣5 (角川ビーンズ文庫)

臆病だった少女ロージーがマフィアの世界で成長していく姿を描くシリーズの最終巻。
全5巻と短めだったけど、きれいにまとまっていてとても面白かったです。

☆あらすじ☆
ノアがデ・コスタ家を裏切った――。エミリオも爆弾事故に巻き込まれ組織は崩壊寸前!! ロザベラはノアへの思いを断ち切ろうとダリオのプロポーズを受けるが、そこには敵対組織の陰謀が渦巻いていて!?

以下、ネタバレありの感想。

続きを読む デ・コスタ家の優雅な獣5