「つなこ」タグアーカイブ

デート・ア・ライブ アンコール6/橘公司

デート・ア・ライブ アンコール6 (ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ アンコール6 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年12月刊。
短編集第6弾。
色々と二亜が大活躍していたイメージ。あとがきにもあったけれど、確かに立ち位置が便利なキャラなんですよねぇ。

☆あらすじ☆
超高難易度のギャルゲー、トラップだらけのお手製すごろく、アニメのアフレコ、ネットゲーム――。士道と精霊たちは日常を満喫する。そこに六喰も加わるはずが……士道が六喰の髪を切りすぎてしまう事件が起こり!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ アンコール6/橘公司

デート・ア・ライブ15 六喰ファミリー/橘公司

デート・ア・ライブ15 六喰ファミリー (ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ15 六喰ファミリー (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
六喰攻略後編。
そういえばこんなタイプのヒロインはいなかったんだっけ・・・・・・と戦慄した第15巻でした。

☆あらすじ☆
独占欲の強い愛に飢えた六喰を、デレさせろ!?
宇宙にいる六喰のもとへ辿り着いた士道。激戦の末、六喰の心を開くことには成功するのだが……。「むくと契る以上、おなごたちとは金輪際会わぬと誓うのじゃぞ」六喰に厳しい条件を突き付けられ――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ15 六喰ファミリー/橘公司

デート・ア・ライブ アンコール5/橘公司

デート・ア・ライブ アンコール (5) (ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ アンコール (5) (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
デアラ短編集第5弾。冬のお楽しみがたくさん詰まった1冊となっていました。

☆あらすじ☆
精霊たちと過ごす冬は危険がいっぱい!?
士道を襲う惨劇の数々。スキー旅行先の雪山で遭難し、宿泊先では殺人事件が起き――。さらには命懸けの雪合戦!? 気軽に始めた闇鍋も「――きひひ、ひひ」あのキャラの参戦でデスゲームへと変貌してしまう!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む デート・ア・ライブ アンコール5/橘公司

デート・ア・ライブ14 六喰プラネット

『デート・ア・ライブ14 六喰プラネット』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

デート・ア・ライブ (14) 六喰プラネット (ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ (14) 六喰プラネット (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
また難読ネーム。「むくろ」って読めるか!
今回の舞台は宇宙・・・・・・と見せかけて(?)盛大に寄り道してました。前編だったか。

☆あらすじ☆
第10の精霊、心を閉ざし宇宙で漂う六喰を、デレさせろ!?
精霊たちとの初詣、新学期の始まり。訪れた平穏な日常は宇宙からの隕石によって壊された。宇宙に漂う精霊、星宮六喰の手によって。『むくは寂しさというものを感じぬのじゃ』地球からの想いは六喰に届くのか――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ14 六喰プラネット

デート・ア・ライブ13 二亜クリエイション

『デート・ア・ライブ13 二亜クリエイション』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

デート・ア・ライブ (13) 二亜クリエイション (ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ (13) 二亜クリエイション (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年10月刊。
新たな精霊はオタクだった!という第13巻。
今回ちょっと終盤が急ぎ足気味なのが気になりましたが、新たなヒロイン登場でシリーズ的にも動きのあった面白い回でした。

☆あらすじ☆
第9の精霊、オタクで漫画家の二亜をデレさせろ!?
士道は道ばたで空腹により倒れていた第9の精霊、二亜と出会う。二亜をデレさせるため、オタクデートをすることになる士道だが……。「私――二次元にしか恋したことないんだ」衝撃の事実が発覚し――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ13 二亜クリエイション

デート・ア・ライブ アンコール4

『デート・ア・ライブ アンコール4』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

デート・ア・ライブ アンコール (4) (富士見ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ アンコール (4) (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年8月刊。
デアラ短編集第4弾。
最後の短編が意味深で気になります・・・・・・。

☆あらすじ☆
さあ――彼女たちの私的な戦争を、始めよう!
十香がバニーガール姿でアルバイトに挑戦!? 四糸乃が潜入任務のエージェントとして活躍!? そして発動される禁断の『折紙普通化計画』。精霊たちのプライベートが次々と明かされる!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ アンコール4

デート・ア・ライブ12 五河ディザスター

『デート・ア・ライブ12 五河ディザスター』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

デート・ア・ライブ12 五河ディザスター<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ12 五河ディザスター<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年6月刊。
いつもと逆パターンな士道回。黒歴史一直線ですね。
いやマジお前誰だよ・・・・・・と何度思ったことかw
読む前は「お、表紙の士道なんか格好いいな」と思っていたはずなのに、読んだ後は「お、おう・・・・・・なんかとっても恥ずかしいw」と評価が反転する不思議。
やっぱり士道は士道じゃなきゃダメだ!と再確認しました。

☆あらすじ☆
暴走した士道を止めるため、デレさせろ!?
これまで封印してきた精霊たちの力がオーバーヒートして、暴走状態になる五河士道。最悪の事態を避けるため、精霊たち全員で士道にキスをしようとするのだが……。いつもとは違う士道に振り回され――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ12 五河ディザスター

デート・ア・ライブ アンコール3

『デート・ア・ライブ アンコール3』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

デート・ア・ライブ アンコール3<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ アンコール3<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2014年12月刊。
短編集第3弾。
カラー口絵の十香のサンタVerが可愛すぎて狂おしいほど好きです (*´罒`*)

☆あらすじ☆
精霊たちにメリークリスマス!
「そ、そうだな……いい子にしてたら来るかもな」クリスマスプレゼントを期待する十香たちのため、士道がサンタとして奔走する。そしてとある理由により、サンタ狂三も聖夜に顕現!? 短編集第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ アンコール3

デート・ア・ライブ11 鳶一デビル

『デート・ア・ライブ11 鳶一デビル』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

デート・ア・ライブ11 鳶一デビル<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ11 鳶一デビル<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2014年9月刊。
折紙回後編。もうほんと面白かった!!
前巻に引き続きシリアス強めではあるものの、やっぱり折紙は折紙だなぁと笑いまくりでした(*´∀`)

☆あらすじ☆
第8の精霊、鳶一折紙の過去を変えて、デレさせろ!?
五年前。折紙の両親が精霊に殺され、琴里が精霊になった運命の日。そして精霊化した鳶一折紙が壊れた絶望の日。その最悪の結末を回避するため、五年前の天宮市に降り立った士道の目的はひとつ。世界を変えること。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ11 鳶一デビル

デート・ア・ライブ アンコール2

『デート・ア・ライブ アンコール2』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

デート・ア・ライブ アンコール2<デート・ア・ライブ> (富士見ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ アンコール2 (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2014年5月刊。
短編集第2弾。
今回も精霊達は可愛くて士道は哀れで面白かったですw

☆あらすじ☆
精霊たちの『日常』満載の短編集第2弾!!
「さあ、私と――キスをしてくれ!」精霊たちからキスをねだられる士道の一日から、温泉旅行に、文化祭。さらには「休暇……ですか」エレンのプライベートで最強の休日など「デート」の日常が再び登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ アンコール2