「しのとうこ」タグアーカイブ

ぼんくら陰陽師の鬼嫁2/秋田みやび

ぼんくら陰陽師の鬼嫁 二 (富士見L文庫)
ぼんくら陰陽師の鬼嫁 二 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
面白かったー!
退魔ができないぼんくら陰陽師と、彼を叱咤激励する鬼嫁の契約夫婦が、二人三脚で頑張ってお化け退治する現代陰陽ファンタジー第2弾。
相変わらずのポンコツっぷりを見せる皇臥だけど、前巻よりもちょっと成長が見えてきました。彼を奮起させようとする芹の叱咤は愛と理解が深まっていてニヨニヨ。
廃村の呪いと対決するストーリーは伝奇ホラー的で結構怖かったけれど、最後のオチが最高すぎて死ぬほど笑いました。
ああもう、このシリーズほんっと好き!3巻も待ってます!!

☆あらすじ☆
仮嫁の新婚旅行先は、廃村!? 式神(モフ)も増量の退魔仮嫁語、第二弾!
利害の一致で陰陽師の皇臥と契約結婚をした芹。持ち前の機転と旦那使役スキルで、不思議な事件を乗り越えたのも束の間、姑から結婚のお披露目を迫られる! そんな中、幽霊に憑かれたという相談事が舞い込んで……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ぼんくら陰陽師の鬼嫁2/秋田みやび

薬屋のひとりごと6/日向夏

薬屋のひとりごと 6 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 6 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
ラブコメモードが暴発してしまった壬氏の安否が気になって仕方なかった第6巻。
猫猫は手強すぎるけど、くじけない壬氏も強いw
そして今回のメインは表紙のふたり。淡い想いの行方にハラハラさせられたけれど、今回も安定の面白さでした。

☆あらすじ☆
猫猫は壬氏からのプロポーズを受けるのか? 花嫁の自殺、人気画家の食中毒、湖の上を歩いて渡る仙女……第六弾も大注目!
西都にて、壬氏に求婚された猫猫。今まであやふやだった関係が大きく変わろうとしていた。今までと変わりなく接したい猫猫に壬氏は焦る。皇弟として、政に関わる者に恋という自由はない。猫猫もまた、壬氏の心を知りつつも、己の立場を考えると首を縦に振ることはできない。軍師羅漢の縁者、それが西都で用意された猫猫の肩書だった。猫猫は重い気持ちのまま、ある決断をくだすのだが────。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと6/日向夏

ウロボロス・レコード3/山下湊

ウロボロス・レコード3 (ヒーロー文庫)
ウロボロス・レコード3 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
不死になるために突き進む狂気の男を描くダークファンタジー第3弾。
半分以上主人公が出てこないって割と珍しい構成ですね。
姿は見せないのに、その影だけでおぞましさを感じさせるのが流石すぎて・・・・・・。

☆あらすじ☆
ヤバさ100倍! 読めばヤミツキの大人気ダークファンタジー。狂気の天才が示す残酷すぎる解決法とは…! ?
「残念だけど、僕にも出来ることと出来ないことがあるんだよね」
絶望の中で救いを求める少年に対し、錬金術師トゥリウスは宣告する。――大陸東方の樹海の奥。そこにはエルフたちの小さな隠れ里が、凶悪な魔物や欲深い冒険者から逃れるようにして、ひっそりと存在していた。ある日、男勝りなエルフの少女バーチェは、里の掟を破り単身で狩りに赴く。しかし彼女は、迂闊に獲物を深追いしたことで、
強力な魔物サイクロプスに遭遇してしまった。絶体絶命の窮地に陥るバーチェ。あわやというところで彼女を救ったのは、ドライと名乗る謎の女ダークエルフだった。その日を境に、彼女を取り巻く環境は一変するのだが―――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ウロボロス・レコード3/山下湊

薬屋のひとりごと5/日向夏

薬屋のひとりごと 5 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 5 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年4月刊。
新章の序章的な内容で、本題はまだまだこれからという感じのシリーズ第5巻。
でも猫猫と壬氏が!猫猫と壬氏が!!(大興奮)

☆あらすじ☆
読後満足度絶好調の大人気シリーズは新章突入。難事件の謎解きは勿論、猫猫と壬氏の関係から目が離せない!
子の一族の反乱がおさまり、宮廷では皇子が生まれたことで玉葉妃が正室になった。壬氏もまた、宦官ではなく皇弟として政を行うこととなる。一見、何事もなく平和におさまったかに見えたが、都にはすでに不穏な空気が漂っていた。猫猫はといえば、謎の毒菓子事件、蝗害への不安、紙の村の所有権問題……いつものごとく巻き込まれ、首を突っ込むことになる。また、壬氏からの命令で、玉葉后の故郷、西都へと向かうことになった。色とりどりの花たちが咲く舞踏会で何者かの陰謀が渦巻いていく。猫猫はその思惑を暴くことができるだろうか! ?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと5/日向夏

ウロボロス・レコード2

『ウロボロス・レコード2』(山下湊著/ヒーロー文庫)★★★★☆

ウロボロス・レコード2 (ヒーロー文庫)
ウロボロス・レコード2 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
不死を求める錬金術師の背徳的すぎるダークファンタジー第2弾。
キャラも増えて会話シーンがとても明るくコミカルになった気がします。その後ろにあるモノから目を背ければ。
非道で外道の主人公なのに、どうしてこんなに面白いんだろう。
次に何をしでかすのか楽しみで仕方なくなってきました。魔改造されたかな・・・?
ほんと、色んな意味でドキドキしすぎて一気読みしてしまう作品です。

☆あらすじ☆
錬金術に没頭し、凄惨な実験を繰り返していたトゥリウス。彼はある日、兄・ライナスによって、領主就任の名目で王都から追い出されてしまう。与えられた領地は痩せ、民は困窮し、統治に当たっていた代官たちは私腹を肥やしている、伯爵家領のお荷物のようなものだった。トゥリウスは、荒れ果てた領地の改革に手を尽くす。彼に付き従うのは、奴隷の少女・ユニ、剣士・ドゥーエ、そして不思議な運命に導かれ、彼の下に加わる新たな仲間たち。追放されたはずの片田舎の土地で、トゥリウスは着々と力を蓄えていく。ただ生き残りたいだけの弟と、その所業を許せない兄。二人の対立は伯爵家の中の問題を飛び越えて、更なる波乱を起こす。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ウロボロス・レコード2

ウロボロス・レコード1

『ウロボロス・レコード1』(山下湊著/ヒーロー文庫)★★★★☆

ウロボロス・レコード1 (ヒーロー文庫)
ウロボロス・レコード1 (ヒーロー文庫)

2015年11月刊。
これは凄い小説でした。
面白いけど、主人公にドン引きです。でも面白い・・・・・・(;`・ω・)
犯罪小説やノワール小説的なダークすぎるファンタジー。
異世界転生前に経験した「死」を恐れるあまり錬金術に傾倒し、非道で残虐な実験を繰り返す怪物の物語です。
ここまで狂った主人公はなかなかいないのでは。外道すぎてバッドエンドを願うレベルでした。

☆あらすじ☆
伯爵家の次男トゥリウスは、現代日本で死を迎え、剣と魔法が支配するファンタジー世界の子どもに生まれ変わった転生者だった。そんな彼の願いはただ一つ。「もう、二度と死にたくない」。そんな妄執に囚われている彼は、極めれば不老不死をも実現できるという魔法“錬金術”にすがりつく。だが、錬金術は誇大なホラ話として世間から軽んじられている魔法。その上、トゥリウスが行う錬金術研究の内容は、常軌を逸していた。洗脳、改造、人体解剖…繰り返される異常な実験の数々に、周囲から恐れられ忌み嫌われていくが、彼はまるで気にしない。全ては、不老不死の実現の為に。奴隷のメイド・ユニをお供に、トゥリウスは我が道を行く―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ウロボロス・レコード1