「かたやま和華」タグアーカイブ

紫陽花茶房へようこそ3 夜のお茶会への招待状

『紫陽花茶房へようこそ 夜のお茶会への招待状』(かたやま和華著/集英社コバルト文庫)★★★★★

紫陽花茶房へようこそ 〜夜のお茶会への招待状〜 (コバルト文庫 か 18-13)
紫陽花茶房へようこそ 〜夜のお茶会への招待状〜 (コバルト文庫 か 18-13)

前巻の感想はこちらから
紫陽花茶房へようこそ2 夜のお茶会は英国式で | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
1年ぶりの新刊。これで完結です。
全3巻と短めのシリーズではありましたが、そもそも連作短編形式ですし、最後はきっちり大団円を迎えてくれたのでとても満足しました٩(ˊᗜˋ*)و
紅茶の香りが漂う、可愛らしくて素敵なシリーズでした。

☆あらすじ☆
銀座の路地裏の洋館喫茶店・紫陽花茶房では、英国伯爵の血を引く紫音と、ハイカラ女学生の月子が、ちょっと変わったおもてなし。紫音と月子の出会い、月子の初恋。そして…? 大正喫茶ロマンス、完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紫陽花茶房へようこそ3 夜のお茶会への招待状

乙女☆コレクション9 怪盗レディ・キャンディと永遠のロマンス

『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと永遠のロマンス』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★★☆

怪盗レディ・キャンディと永遠のロマンス 乙女・コレクション (コバルト文庫)
怪盗レディ・キャンディと永遠のロマンス 乙女・コレクション (コバルト文庫)

まさに大団円の最終巻。
ゆるゆるとした甘さに癒やされるシリーズでした。そして最後の蛍さんにほろりとしてしまいました。

☆あらすじ☆
ついに政府への謀反の意志を明らかにした初瀬宮中佐。賛同できずに兵舎内に幽閉された恋人・結人の身を案じるスズメ。そんな中、スズメの前に春海中尉が現れ、“呪われ死宝物”の目録と引き替えに結人を解放すると取引を持ちかけてきた。スズメと結人は、呪われし力でキョウト遷都を画策する初瀬宮を阻止して、結ばれることが出来るのか!?
和風モダン怪盗ロマンス、ついに完結で大団円―

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女☆コレクション9 怪盗レディ・キャンディと永遠のロマンス

乙女☆コレクション8 怪盗レディ・キャンディと涙のラビリンス

『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと涙のラビリンス』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★★☆

怪盗レディ・キャンディと涙のラビリンス 乙女・コレクション (乙女・コレクションシリーズ) (コバルト文庫)
怪盗レディ・キャンディと涙のラビリンス 乙女・コレクション (乙女・コレクションシリーズ) (コバルト文庫)

次巻で完結!ということで物語も大いに盛り上がっています。
表紙のレディ・キャンディも仮面を取ってしまっています。
ということは・・・・・・!?

☆あらすじ☆
キスをしたことから、婚約者の結人とより親密になった女学生のスズメ。もうひとつの夜の顔“怪盗レディ・キャンディ”のことも忘れてしまうほどに。ところが、先日の騒動から怪盗の正体がスズメだということが結人の上司・春海中尉に知られてしまった!そして一方、“呪われた死宝物”蒐集作戦の最高責任者・初瀬宮中佐が怪しい動きをし始めて―!?
物語はついにクライマックスへ突入。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 乙女☆コレクション8 怪盗レディ・キャンディと涙のラビリンス

乙女☆コレクション7 怪盗レディ・キャンディと麗しのファントム

『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと麗しのファントム』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★☆☆

乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと麗しのファントム (コバルト文庫)
乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと麗しのファントム (コバルト文庫)

ヒーロー分裂の第7巻!
今回の話を集約して要約するとまさに表紙の通りになりますね!イラストのサカノさんはほんとに良い仕事をしています。
クライマックスが近いらしく、スズメと結人の仲が進展したりラスボス(たぶん)が本格参戦したりと話が大きく動き始めました。
それはともかく、そろそろ結人の血糖値が心配になってくる・・・・・・

☆あらすじ☆
桃の節句が近づいたある日曜日。スズメは婚約者の結人の家に伝わる雛飾りを壊してしまう。直してくれる人形店は見つかったのだが、その店で結人は紙雛を拾い、店主にそれをもらった。何でもないことだったはずが―翌朝スズメが目を覚ますと、隣に狩衣姿の結人が寝ていた!どうやら紙雛に原因があるようで―!?さらに、初瀬宮中佐にレディ・キャンディの正体が知られてしまった!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女☆コレクション7 怪盗レディ・キャンディと麗しのファントム

紫陽花茶房へようこそ2 夜のお茶会は英国式で

『紫陽花茶房へようこそ 夜のお茶会は英国式で』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★★☆

紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会は英国式で~ (集英社コバルト文庫)
紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会は英国式で~ (集英社コバルト文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
紫陽花茶房へようこそ1 ふたりのための英国式魔法茶 | 晴れたら読書を
2014年6月刊。
大正時代、英国式の茶房で起こる不思議な出来事を描く連作短編第二弾。

なぜか2巻からコバルト文庫の25日発売のほうに移ってしまい、背表紙が変わってしまいました。棚に並べたときに統一感が欲しかったなぁ、と少し残念に思ったり。書店での売り場も、お店によっては1巻はライトノベルコーナーにあるのに2巻は一般小説コーナーに並んだりしていて、ちょっと複雑な気持ちです。2巻から手に取ってくれるのを期待するのはハードル高いと思うんだ・・・・・・(ちなみに私行きつけの書店では1階が一般書でライトノベルコーナーは3階だったりする)。
大好きな作品だけにこんな変則的な売り方をされてかなり不安です。続いてほしい・・・・・・っ!

肝心な内容ですが、かたやまさんらしい可愛くてお菓子みたいな雰囲気はそのまま。相変わらずの紫音さんですが、今回は彼の事情に少し踏み込んだ内容でした。
2巻から読んでも問題ないとは思うのですが、1巻を読むことが前提のような気がします(当たり前か)。どうせなら1巻も新装丁で発売し直した方がいいと思います!それか、2巻を田倉さんの挿絵いれて普通のコバルトで出し直そう!(懇願)

☆あらすじ☆
時は大正。銀座の路地裏にある、レンガ造りの洋館。英国伯爵と“魔女”の孫である青い瞳の青年・紫音が営む紫陽花茶房には、ちょっぴりワケありの客人がやって来る。店主特性の魔法茶を饗する真夜中のお茶会が、こんがらがった心の糸を解きほぐしてくれて・・・・・・?男装の麗人の秘めた過去とは?そして、西洋嫌いの頑固な老人の隠された想いとは?心温まる3つの物語を収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紫陽花茶房へようこそ2 夜のお茶会は英国式で

乙女☆コレクション6 怪盗レディ・キャンディと誘惑のマドンナ

『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと誘惑のマドンナ』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★☆☆

怪盗レディ・キャンディと誘惑のマドンナ 乙女・コレクション (コバルト文庫)
怪盗レディ・キャンディと誘惑のマドンナ 乙女・コレクション (コバルト文庫)

少女小説らしい可愛さを敷き詰めているような本シリーズの中で、 割と本気で引くレベルのダメ男がスズメのパパだったりします。
そのパパが本格参入の第6巻。
ダメ男だけどなんか可愛くて憎めないパパは、なんかいやにリアルなだめんずですね。

☆あらすじ☆
女学生と怪盗の二足のワラジで大忙しのスズメ。
ある日父親が再婚相手として、女占い師を連れてきた。妖しい雰囲気にスズメは警戒するが、父は聞く耳を持たず、挙げ句に怪盗のお役目を軽んじる発言まで飛び出す始末。あまりの無責任な言葉に怒り心頭のスズメは「怪盗レディ・キャンディを辞めます」という書き置きを残して家出してしまった。ところが、そこには呪われ死宝物の罠が…。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 乙女☆コレクション6 怪盗レディ・キャンディと誘惑のマドンナ

乙女☆コレクション5 怪盗レディ・キャンディと愛しきナイト

『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと愛しきナイト』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★☆☆

怪盗レディ・キャンディと愛しきナイト―乙女☆コレクション (コバルト文庫)
怪盗レディ・キャンディと愛しきナイト―乙女☆コレクション (コバルト文庫)

たとえがことごとく食べ物のせいで、読んでいるとお腹がすきます。
今回のを読んで初めて気づいたんですけど、このシリーズって毎度誰かがコスプレしてるんですね。
蛍のコスプレに腹筋よじれました。ブレない!!

☆あらすじ☆
スズメと結人は初詣の帰り道、レイモンドという名の英国人美術商と、その妻である妖艶な美女の花蓮に出会う。 初対面のはずなのに、なぜか結人は花蓮を見て「悪寒がする」と不機嫌顔に。それもそのはず、なんと花蓮は遊佐中尉の姉で、弟とスズメが恋仲だと勘違いしてしまい・・・結人と蛍の嫉妬が爆発!?
そんな中、帝都では妖刀による辻斬り事件が・・・。
怪盗レディ・キャンディは新年早々大忙し!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女☆コレクション5 怪盗レディ・キャンディと愛しきナイト

乙女☆コレクション4 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ

『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★☆☆

乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ (コバルト文庫)
乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ (コバルト文庫)

貫主さまキターーーーッ!
予想通りのような予想外のような性格でした。 うーん、結人のライバルになれるのかはちょっと微妙なところかな?
巻を重ねるごとにキャラが濃くなっていく眼鏡執事が楽しすぎます。
あと、最近気づいたんですが、このシリーズは一昔前の少女小説というよりは、「はいからさんが通る」とかの時代の少女漫画のほうが近いです。びっくりしたときに片目に星が入っちゃう感じの。

☆あらすじ☆
柊スズメは、昼は女学生、夜は怪盗レディ・キャンディ。婚約者の結人さんは、レディ・キャンディを追う帝国陸軍少尉。もちろんスズメのお役目のことは知らない。ひょんなことからスズメは、レディ・キャンディの主君筋である貫主さまの護衛として、旧将軍家の忘年会に出席することになった。ところが、そこに警備として結人さんも来ていてーーー
レディ・キャンディ最大のピンチ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女☆コレクション4 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ

乙女☆コレクション3 怪盗レディ・キャンディと約束のブーケ

『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと約束のブーケ』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★☆☆

乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと約束のブーケ (コバルト文庫)
乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと約束のブーケ (コバルト文庫)

ああ今回もニヤニヤして大変でした。甘すぎるっ!
糖度95%のお話でした。5%は眼鏡執事の寒いギャグ(笑)
怪盗設定が死にかけているのが気になりますが、今回も明るく笑えるラブコメでした。

☆あらすじ☆
昼は女学生、夜はキュートな怪盗レディ・キャンディの柊スズメ。婚約者・結人と一緒に友人の結婚式に出席して結婚を意識するが、令嬢たちにイジワルを言われ、やっぱり自分は結人にふさわしくないと落ち込んでしまう。そんなとき、結人の母から、街で噂の〈子宝を授かる帯〉をプレゼントされる。もしかして〈呪われ死宝物〉・・・?一方、結人も別の宝物がらみのトラブルに巻き込まれて!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女☆コレクション3 怪盗レディ・キャンディと約束のブーケ

乙女☆コレクション2 怪盗レディ・キャンディと狙われたキス

『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと狙われたキス』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★☆☆

怪盗レディ・キャンディと狙われたキス 乙女・コレクション (乙女・コレクションシリーズ) (コバルト文庫)
怪盗レディ・キャンディと狙われたキス 乙女・コレクション (乙女・コレクションシリーズ) (コバルト文庫)

ノリが00年代前半の少女小説。とても2010年に刊行されていたとは思えない(良い意味で)
今回も軽く笑えて楽しめました。主役カップルに砂糖吐きます。公園でいちゃいちゃしてんじゃねぇ!!w
なんでこれですれ違ってるのか・・・・・・

☆あらすじ☆
昼は女学生、夜は禁忌の宝物を追う怪盗レディ・キャンディの二つの顔を持つ柊スズメ。
ある日表れた新聞記者・成宮鉄平にとある秘密を握られてしまい、仕方なく記者見習として成宮と共に行動することに。でもスズメの婚約者・結人が二人の関係を誤解して・・・!?
一方その頃、「人食い犬」が街を騒がせていた。スズメたちの追う宝物と何か関係が!?
恋に事件に大さわぎの怪盗ラブコメ第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女☆コレクション2 怪盗レディ・キャンディと狙われたキス