「おにぎりスタッバー」タグアーカイブ

ひとくいマンイーター/大澤めぐみ

ひとくいマンイーター (角川スニーカー文庫)
ひとくいマンイーター (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
「おにぎりスタッバー」の前日譚であり、魔法少女サワメグが主人公の物語。
今回も面白かったです。文章は前巻よりもマトモ(?)になっているのだけど、それは全てサワメグのおかげ。しかし前巻とは打って変わって哲学的というか形而上学的というか、考えれば考えるほどに深みにはまっていきそうな雰囲気をこじらせてるのもサワメグのおかげ。
歪で凄惨でわけわからん物語が繰り広げられていくのは相変わらずで、それが爽やかな青春ストーリーとして綺麗に着地するのも相変わらず。お見事でした。

☆あらすじ☆
「わたしは魔法少女。敵は連続殺人鬼」――世界と戦う、孤高の青春エンタメ。
「あ、目が覚めたんだ」見知らぬ天井。咽せるような血の臭い。「こんな場所で何してたの?」思い出せない。ここはどこだ。なぜわたしは倒れている。「とにかく気を付けなよ、人食いマンに」巷で噂の美少女専門の連続殺人鬼?「攫われて殺されてバラバラにされて食べられちゃうんだよー」そうだ、わたしはそいつを必ず見つけて
――「この手で殺さないといけないんだった」
サワメグとアズの出会いを語る「おにぎりスタッバー」前日譚。

以下、ネタバレありの感想です。ネタバレ強めなので未読の方は要注意です。

続きを読む ひとくいマンイーター/大澤めぐみ

おにぎりスタッバー/大澤めぐみ

おにぎりスタッバー (角川スニーカー文庫)
おにぎりスタッバー (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年1月刊。
うーむ、これはまた凄まじい作品でした。
普通の(?)女子高生の平和な(?)日常(?)をぽけ〜っと読んでいたはずなのに、ふと気づけば異次元に放り込まれて出口が見えずに迷子になってしまう感じ。何が出てくるか分からない闇鍋のような物語。なんだこれ変な話だな好き!
しかしネタバレ抜きには説明しにくいんですよね。文章表現も内容もアクが強いから好き嫌いがかなり分かれるタイプだと思うのだけど、「まぁまぁモノは試しに」ってニヤニヤしながら人に読ませてみたい気もする。でも責任は持てない。そんな感じの異色すぎる青春小説でした。

☆あらすじ☆
世界を巻き込む、自意識と恋。
中萱梓。愛称アズ。
見た目も成績も地味なのに「なんか援交だか売春だかをやっているらしい」という噂によって、クラス全員に避けられている。
彼女があの時男を連れ込んで、俺が台所にいて、まあいわゆる修羅場になったせいで、魔法少女やらおにぎりやらが出てくる奇怪な事件が始まったんだが、そんなのは些細な話だ。俺が誰かも気にしなくていい。
だけどどうか彼女の話を聞いてやってくれ。
《自意識持て余し気味のあなたへ捧げる、WEB発、危険な青春エンタメ》

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おにぎりスタッバー/大澤めぐみ