「★★★☆☆」タグアーカイブ

薔薇のマリア6 BLOODRED SINGROOVE

『薔薇のマリアⅥ BLOODRED SINGROOVE』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリア VI.BLOODRED SINGROOVE (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア VI.BLOODRED SINGROOVE (角川スニーカー文庫)

ジェードリ編第2弾。
マリアたちZOOがいよいよ事態に介入。マリアの苦悩(いつもとひと味違う?)とカタリの漢道が見所です。
マリアの苦悩はニヤニヤが止まらない・・・

☆あらすじ☆
もうひとりのZOOを訪ねジェードリにやってきたマリアたち。しかし、風光明媚なその港町は、不気味な黒十字の旗に占領されていた。かつて自身が在籍していた神殿にも掲げられた旗を見たトワニングは、珍しく取り乱す。そして、新メンバーも合流したZOOは、パンカロ・ファミリーと共に戦うことを決意するが…。かつてない最凶の怪物が出現するとき、ついにサフィニア決死の究極魔術が発動する!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア6 BLOODRED SINGROOVE

薔薇のマリア5 SEASIDE BLOODEDGE

『薔薇のマリアⅤ SEASIDE BLOODEDGE』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリア V.SEASIDE BLOODEDGE (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア V.SEASIDE BLOODEDGE (角川スニーカー文庫)

あれ?これ薔薇マリ??・・・て思うこと間違いなしの1冊。マリアとZOOの仲間たちの出番少なすぎるよ!アジアン不足たまらないよ!
でも泣けます。面白かった。この1冊はマフィアもの(?)として読むつもりでいればOKです(??)

☆あらすじ☆
一通の手紙が届いた。差出人はジョーカーというトマトクンの旧友。莫大な資産を配分するから会いに来いという何やらあやしげな内容だったが、トマトクンの一声で、ZOOはジョーカーの住む、まだ見ぬ海の街に旅立つことに。しかしマリアたちは、そのとき旅路の先で起きている危機をまだ知るよしもなかった。旅先に集結する新たなZOO、妖しい教団、マフィア、そして“罪そのもの”!?―ついに舞台はエルデンの外へ。新章早くも最高潮。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア5 SEASIDE BLOODEDGE

薔薇のマリア Ver2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた

『薔薇のマリア Ver2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリアVer2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア短編集。トマトクン、ピンパーネル、カタリ、マリアローズの過去のお話。なかなかにハードな鬱展開です。

☆あらすじ☆
マリアが悩み、カタリが恋し、トマトが苦悩し、ピンプが涙する―様々な冒険を経て、結束を強くしてきたクランZOO。明るい笑顔の裏に隠してきたあの記憶。仲間に囲まれ、いつしか思い出すこともなくなったあのメロディー―ZOOがまだZOOでないころ、自分のためだけに歌っていたあのころ、あのときがあるから、今、僕はここにいるんだ―マリアローズをはじめ、知られざるZOOの過去を描く、書き下ろしを加えた珠玉の短編集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア Ver2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた

薔薇のマリア1 夢追い女王は永遠に眠れ

『薔薇のマリアⅠ 夢追い女王は永遠に眠れ』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリア I.夢追い女王は永遠に眠れ (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア I.夢追い女王は永遠に眠れ (角川スニーカー文庫)

ネットでのおすすめに従い、前日譚であるVer.0を読んでからの「薔薇のマリア」第1作。これほんとにVer.0から読んだ方が絶対良いです。1巻という名の2巻です。というかVer.0を上巻とする下巻といえる気がする。刊行は、正真正銘これが1巻なんですが。

☆あらすじ☆
九頭竜大骨格と呼ばれる巨大竜の骨が“蓋”となり、異界生物を封じ込めている地下空間に、財宝を求め危険を顧みず潜り込む集団がいた。クランZOO。美しくも頼りないマリアローズを筆頭に今日も万全(?)の態勢でお宝GET!?…のハズだったのに!!分断の危機、思わぬ敵との遭遇と、幾度のピンチをへてメンバーが見たものは、戦慄の魔導女王が誘う“哀しき夢”だった!?優しき“侵入者”マリアと仲間たちの最高な物語、堂々開始。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア1 夢追い女王は永遠に眠れ

薔薇のマリア Ver0 僕の蹉跌と再生の日々

『薔薇のマリア Ver0 僕の蹉跌と再生の日々』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリアVer0 僕の蹉跌と再生の日々 (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer0 僕の蹉跌と再生の日々 (角川スニーカー文庫)

Book☆Walkerで一斉配信されたから買ってみたシリーズ。タイトルと表紙の雰囲気がすごく好みだったので。実は1巻のあとに出版された前日譚なのですが、ネット上でファンの方々がこれから読んだ方がいいとおっしゃっていたので、先人のアドバイスに従って読んでみました。これから読んでもほんとに何も問題なかったです。弱いマリアの独白が胸をえぐります。

☆あらすじ☆
漆黒のダンジョンに、お宝目当てで潜り込む美しき“侵入者”がいた。名はマリアローズ。外見以外取り柄のないマリアにとって、チマチマ稼ぐことが唯一の生きる道だった。ある時、ド派手な鎧に身を包む謎の大男とその仲間に誘われ、危険度最悪の“閉鎖魔宮”に潜入することに。慣れない集団戦、おのれの弱さに絶望、くじけそうになるマリアに対し、謎の大男のとった意外な行動とは!?史上最弱の主人公と誇り高き仲間たち最初の物語登場。

続きを読む 薔薇のマリア Ver0 僕の蹉跌と再生の日々

東京レイヴンズEX1 party in nest

『東京レイヴンズEX1 party in nest』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)

東京レイヴンズ初の単独短編集。作中の時間は前回の短編と同じく2巻と3巻の間かな?
表紙に出てる鈴鹿は表紙にしか出てきませんでした・・・(詐欺だ!!泣)あ、いや?途中で1回出てくるか??

☆あらすじ☆
緊急事態発生!平和な陰陽塾に突如、謎の『敵』襲来!!陰陽師を育成する陰陽塾。そこは、強力な結界に守られた日本屈指の安全な学舎、の筈だった。しかし今、その平和は破られた。謎の『敵』は数々の術を駆使し陰陽塾を攪乱、生徒の中には負傷者も発生する異常事態に!狙いは、稀代の陰陽師・夜光の生まれ変わりと噂される土御門夏目なのか!?塾内に響き渡る警戒警報を背に『敵』は愛刀の刃をキラリと光らす。ふさふさしっぽに狐耳…どっかで見たようなその『敵』の正体は!?陰陽塾でのてんやわんやな日常のほか、春虎と北斗、夏の日の出会いを描いた書き下ろしを含む、シリーズ初の短編集!

なんというあらすじ詐欺。

続きを読む 東京レイヴンズEX1 party in nest

身代わり伯爵の結婚行進曲2 決意と別れの夜

『身代わり伯爵の結婚行進曲Ⅱ 決意と別れの夜』(清家未森著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

身代わり伯爵の結婚行進曲 II決意と別れの夜 (角川ビーンズ文庫)
身代わり伯爵の結婚行進曲 II決意と別れの夜 (角川ビーンズ文庫)

リゼランド編はここまで。パパの隠し子騒動は解決しますが、不穏な空気がただよってます。

☆あらすじ☆
パパの隠し子騒動でテンパりまくりのミレーユ。追い打ちをかけるがごとく、ミレーユの理解者であり、リヒャルトと強い絆で結ばれていた従兄・フィデリオが不穏な動きをしーー!? 急展開の最終章第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり伯爵の結婚行進曲2 決意と別れの夜

東京レイヴンズ2 RAVEN゛s NEST

『東京レイヴンズ2 RAVEN”s NEST』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

東京レイヴンズ2 RAVEN゛s NEST (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ2 RAVEN゛s NEST (富士見ファンタジア文庫)

学園編スタートの第2巻。舞台を東京に移し、現代の陰陽師のたまごたちが集まる陰陽塾で春虎が奮闘します。コンが可愛すぎてつらい。

☆あらすじ☆
北斗との別れ、幼なじみの少女・夏目との約束を経て“レイヴンズ”を育成する学園、東京にある陰陽塾へとやってきた土御門春虎。しかし春虎を待っていたのは思いがけない再会だった!? 時を超える陰×陽ファンタジー

以下、ネタバレ感想です。

続きを読む 東京レイヴンズ2 RAVEN゛s NEST

エスケヱプ・スピヰド1

『エスケヱプ・スピヰド』(九岡望著/電撃文庫)★★★☆☆

エスケヱプ・スピヰド<エスケヱプ・スピヰド> (電撃文庫)
エスケヱプ・スピヰド<エスケヱプ・スピヰド> (電撃文庫)

第18回電撃小説大賞“大賞”受賞作。昭和的雰囲気のボーイ・ミーツ・ガールものでした。

☆あらすじ☆
昭和101年、夏。暴走した戦闘兵器に襲われた叶葉は、棺で眠る奇妙な少年に助けを求める。それが、二人が主従の契約を結んだ瞬間だった。少年は自らを軍最強の兵器《鬼虫》だと名乗り!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エスケヱプ・スピヰド1

クジラの彼

『クジラの彼』(有川浩著/角川文庫)★★★☆☆

クジラの彼 (角川文庫)
クジラの彼 (角川文庫)

続けて一気に読んだ「海の底」と「空の中」に出てくるカップルたちのその後を読めると聞いて購入。自衛隊員の恋がテーマの短編集です。ベタ甘です。ニヤニヤが止まらないので、人目は避けておうちで一人で読むべき。
上記2作を読んでからのほうが倍楽しめるので、これ単品としては★は3つ、2作と合わせて★4つです。

☆あらすじ☆
ふたりの恋は、七つの海も超えていく。
男前な彼女たちの制服ラブコメシリーズ第一弾!!『空の中』『海の底』番外編も収録した6つの恋!
『元気ですか? 浮上したら漁火がきれいだったので送ります』彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。聡子が出会った冬原は潜水艦(クジラ)乗り。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんなクジラの彼とのレンアイには、いつも7つの海が横たわる……。表題作はじめ、『空の中』『海の底』の番外編も収録した、男前でかわいい彼女たちの6つの恋。有川浩がおくる制服ラブコメシリーズ第1弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クジラの彼