「★★★☆☆」タグアーカイブ

明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業/さとみ桜

明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業 (メディアワークス文庫)
明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
第23回電撃小説大賞「銀賞」受賞作。
古い時代と新しい時代が混ざり合う明治九年の東京を舞台に、妖怪にまつわる記事を書く新聞記者と、彼を見返すために裏稼業の手伝いを名乗り出た少女が、様々なトラブルを妖怪のせいにしながら解決していく物語です。
新しさを取り入れていく時代でありながら、迷信深さの残る人々のアンバランスさが面白い作品でした。
キャラもなかなか立っていてよかったし、シリーズ化するなら続きも読みたいと思います。

☆あらすじ☆
ぞわっとして、ほろりと出来る。 怠惰な記者のあやかし謎解き譚。
日がな一日サロンで惰眠を貪る日陽新聞社の記者、久馬。そんな彼も好奇心が疼けば記事を書く。傍に用意するのは、怪談奇談に妖怪本。彼が書く記事は全て妖怪にまつわるものなのだ。ある春の日、少女が新聞社へ乗り込んできた。彼女の名は香澄。久馬の記事が原因で、友人が奉公先を追い出されたのだという。冷たい対応の久馬に代わり香澄に声を掛けたのは、妖美な男・艶煙。曰く、むしろ妖怪記事は人助けになっており、友人は貞操の危機を免れたのだというが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業/さとみ桜

腐女子な妹ですみません/九重木春

腐女子な妹ですみません (ビーズログ文庫アリス)
腐女子な妹ですみません (ビーズログ文庫アリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
両親の再婚で血のつながらない美形の兄ができました。がんばって腐女子であることを隠さなければいけません。しかし兄はヤンデレでした!
という義兄妹ラブコメ。
腐女子隠しに必死になる話だと思っていたら、束縛しまくる兄に戦慄するお話でした。
でも隠れ腐女子設定、ほとんど息してなくないかw

☆あらすじ☆
超シスコン兄、爆誕!? 溺愛系兄VS腐女子妹の攻防ラブ(?)コメディ!
モグラ系腐女子・悠子の前に、母の再婚でイケメン&リア充な義兄ができるレアイベントが発生! 母のため、必死にオタク生活を隠す悠子だったが、友人の修羅場(=同人の手伝い)で帰りが遅くなれば、おびただしい着歴が。夏のお祭り(=コミケ)に行けば、「ねぇ、俺とは行きたくないの?」……って、あれ? 気づけば超過保護なシスコン兄が爆誕!? 兄という沼に捕まるわけにはいかない! 悠子のオタク生活をかけた、リア充兄との攻防戦が始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 腐女子な妹ですみません/九重木春

公爵令嬢の嗜み4/澪亜

公爵令嬢の嗜み4 (カドカワBOOKS)
公爵令嬢の嗜み4 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
悪役令嬢転生&バッドエンド済みのワーカホリック嬢の領地改革物語第4弾。
おお、なんか怒涛のごとく話が進んで1つの問題が解決してしまいました。
色々と火種が残ってる上に、引きが引きなので物語はまだまだ続きそうな雰囲気。
悲恋っぽい雰囲気が醸し出されてきたのも気になるところです。

☆あらすじ☆
恋を忘れた働くお嬢さまに、隣国から政略結婚の申し込み……!?
護衛・ディダも戻り、領地経営を謳歌するアイリス。彼女はある理由から、ディーンへの恋を忘れようとしていた。そんな中、アカシア国王子の使者がアルメリア領を訪れる。その用件は、アイリスへの求婚で……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵令嬢の嗜み4/澪亜

侍女ですが恋されなければ窮地です2/倉下青

侍女ですが恋されなければ窮地です2 (一迅社文庫アイリス)
侍女ですが恋されなければ窮地です2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
忠義者な侍女の一人二役ラブコメ第2弾。
今回は色々詰んでる王国の王太子からの求婚を断るために、マリアダが再び公姫のフリをするというストーリー。
板についた悪役っぷりを披露してくれるジルヴィーノは前巻よりもキャラが立っていたと思います。もうちょっと掘り下げてくれたらもっと良かった。
ちなみに出てくると主役二人を食ってしまう勢いでキャラが濃い公妃さまは今回出番控えめでした。妥当かもしれないけど寂しい。

☆あらすじ☆
大切な姫様の幸せを邪魔する者は許さない! 公姫の身代わりを務め、傭兵隊長ジルヴィーノとの政略結婚阻止に成功した侍女マリアダ。ところがマリアダ自身が気に入られ、彼の婚約者として傭兵の住む館に迎えられることに。傭兵隊長の妻なんて無理!――と求婚に抵抗していたある日、姫に新たな婚姻話が。姫のためにマリアダは再び身代わり&今度はジルヴィーノと恋人の演技まですることになって!? 侍女と傭兵隊長の身代わりラブ第2弾★

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 侍女ですが恋されなければ窮地です2/倉下青

ニアデッドNo.7/九岡望

ニアデッドNo.7 (電撃文庫)
ニアデッドNo.7 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
「エスケヱプ・スピヰド」のコンビが送るホラーアクション現代ファンタジー。
ホラーがあまり得意じゃないので冒頭ビクビクしながら読んでいたのだけど、思ったほどは怖くなかったし話が進むに連れて「エスケの九岡さんだ!」と感じるアクション面での盛り上がりをみせてくれる作品でした。
悲恋要素が予想外に切なかったのが個人的には寂しい感じ・・・・・・。
ただ、記憶を失い人外の存在となった主人公の物語としてはうまくまとまっているし、個性強そうな仲間たちが気になるのでシリーズが続けばもっと面白くなりそうな予感。
期待しています。

☆あらすじ☆
目覚めた少年は、何者でもなかった。“再葬開始”の合図と共に、いつの間にか持っていた火の粉を纏う刃を振るい、異形の敵を倒すのみ。“境死者No.7”―赤鉄。それが、彼に新たに与えられた名だった。なぜ自分は戦うのか―。No.6である美しき少女・紫遠と共に、訳のわからぬまま死闘に身を投じる赤鉄は、やがてある事実にたどり着く。No.7の称号を持つ“先代”がいたこと、そして自分がその人物に殺され、No.7を“継承”したことを…。第18回電撃小説大賞“大賞”受賞作『エスケヱプ・スピヰド』のコンビで贈る、現代ダークファンタジー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ニアデッドNo.7/九岡望

インフィニット・デンドログラム3 超級激突/海道左近

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 3.超級激突 (HJ文庫)
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 3.超級激突 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
上下巻構成なのかな?ちょっと中途半端なところで終わっています。
巻末に主人公以外がメインの外伝が掲載されていて、意外な人の意外な正体が判明したのは面白かったです。

☆あらすじ☆
決闘都市ギデオンの闘技場で開催されるイベント『超級激突』。人知を超えた能力を持つ<超級>同士のバトルを間近で見ることができるこの大祭に向けて、町中がお祭り騒ぎとなっていた。アルター王国決闘ランキング1位“無限連鎖”フィガロVS.黄河帝国決闘ランキング2位“応龍”迅羽。知り合いであるフィガロの応援もあり、闘技場へと足を運んでいたレイたちだが、この大祭の水面下ではある企みが進行していて――。超人気VRMMOファンタジー、大興奮の第3巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む インフィニット・デンドログラム3 超級激突/海道左近

懸想する殿下の溜息/森崎緩

懸想する殿下の溜息 (レガロシリーズ)
懸想する殿下の溜息 (レガロシリーズ)

評価:★★★☆☆
2010年8月刊。
王子と従者の身分差恋愛もの。
さりげなく(?)アピールするのに想いが伝わらなくてヤキモキする殿下と、主の懸想を叶えるために奮闘する生真面目な従者のすれ違いが切なくも微笑ましいラブロマンスです。
穏やかにしっとりと描かれていく身分差の恋。その問題を抱える彼らの結末がどうなるのか、最後までハラハラとさせられる物語でした。

☆あらすじ☆
意を決して告白をした王子・カレル。その恋の相手が自分だと気づかない従者・マリエ。生真面目なマリエは、殿下の想いが叶うよう奮闘するのだが―すれ違いから始まる、不器用な恋の行方は。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 懸想する殿下の溜息/森崎緩

ストライクフォール2/長谷敏司

ストライクフォール 2 (ガガガ文庫)
ストライクフォール 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
ロボットSF×青春スポーツ第2弾。
1巻と2巻でひとつのオープニングということで、世界観についての色々補足が入った巻でした。

☆あらすじ☆
競うことは、争うことなのか。
史上、類を見ない“ルール違反”。雄星は処分決定を待つ間、二軍練習場へと送られる。前代未聞のスキャンダルを起こした異邦人に、選手たちはただただ冷たかった。無数の敵意にさらされる雄星に、二軍監督、ユウキ・プラバッキーは告げる。
「ここの連中がお前に冷たいのは、弟のことだけでも、ペナルティのことだけでもねえよ。みんな、パワーの時代が怖いのさ。おまえはストライクフォールの次の時代そのものだからな」
あの日、雄星のもたらした慣性制御技術は、ストライクフォールをまったく別の競技に変えてしまったのだ。
「おまえに残された道は、二つだ。時代を殺した男として恨まれながら勝者になるか、それとも、誰かがそうした勝者として栄光を掴むのを、指をくわえて見ているかだ」
同じく懲罰で試合機会を奪われたアデーレ。ストライクシェルの整備を学びはじめた環。みな、大切なものを失った傷を抱えながら、新たな戦いを始めている。なら――俺は。めまぐるしく変化する世界、「戦争」と「競技」の狭間で。雄星は、ストライクフォールともう一度向き合う。兄弟の憧れを、答えをこの手に“掴む”ために。
SF界の俊英が放つ疾走スペースグラフィティ、待望の第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ストライクフォール2/長谷敏司

腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか?/ひずき優

腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか? (コバルト文庫)
腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか? (コバルト文庫)

評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
コバルトがたまに出す感じの、振り切れたテンションのラブコメファンタジー。我鳥彩子作品に近い雰囲気ですね。ローティーン向けっぽい可愛さが詰まった物語でした。
どれくらい振り切れているかというと、呪われたお姫様が飢えまくってお腹の虫を豪快に鳴かせ、イケメン騎士がせっせと食糧集めに奔走し給餌、じゃなくて給仕するという設定の段階でお察しです。
呪いをかけた魔女と対峙したり、顔だけが取り柄のバカ王子に振り回されたりと、すごく騒がしい話なのだけどなんか楽しかったw
テンションが幼い方向に高いので途中読むのが疲れることもあったけれど、悪くはない作品だったと思います。

☆あらすじ☆
サルシッチャ王国のティシエナ姫は、生まれたときに受けた呪いのせいで、食べても食べてもお腹がいっぱいにならない。ティシエナ姫も懸命に我慢するけれど、食材調達のために国庫は逼迫。亡国の王子で、今は近衛隊長のアルフィアスが、大量の食料を安く調達したり、食材を節約しつつ食べでのあるレシピを研究したりと日々奔走中。そんなある日、二人の前に呪いの主である魔女が現れて…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか?/ひずき優

幻獣王の心臓/氷川一歩

幻獣王の心臓 (講談社X文庫)
幻獣王の心臓 (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
ちょっと懐かしい方向に中二テイストな現代ファンタジー。
特殊な力を持つオッドアイの男子高校生が、心臓を取り戻そうと狙ってくる白虎となし崩しでコンビを組み、恐ろしい怪異に立ち向かっていく物語です。
設定にあまり目新しさはなかったけれど、威勢の良いにゃんことトラブルを放置できないお人好しな高校生のコンビはなかなか良かった。
続きも読みたいと思います。

☆あらすじ☆
十七歳の西園寺颯介は、右目が青で左目が緑というオッドアイの持ち主。「この世のあらゆる正邪を見破る」とされる特別な眼に惹かれ、人外の者が颯介に襲いかかる。そのときバケモノを蹴散らして現れたのは、一頭の美しい白虎。「彼」は十年前、颯介に奪われた自分の心臓を「今こそ返せ」と詰め寄るのだが……。変幻自在の幻獣王と、不可抗力でその相棒に据えられた男子高校生。相性最悪の退魔コンビ、ここに誕生!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幻獣王の心臓/氷川一歩