「★★★☆☆」タグアーカイブ

カスミとオボロ2 春宵に鬼は妖しく微笑む/丸木文華

カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む (集英社オレンジ文庫)
カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
大正の世に鬼神を蘇らせた華族令嬢のあやかし事件簿第2弾。
今回もほの暗くて耽美な雰囲気がとても好みでした。
登場する愛情の形はどれも歪んでいるんだけど、朧の香澄に対する執着が一番美味しいw
恋も愛もわからない香澄はいつか朧を受け入れてくれるのでしょうか(受け入れて良いのか?)
3巻も楽しみです。

☆あらすじ☆
時は大正。妖力を持つ一族に生まれた華族令嬢の香澄は、古の鬼神悪路王を蘇らせ、朧と名付けて使役鬼としている。
ある時、同級生の初江に誘われてチャリネ(サーカス)を見に行った二人は、不思議な術を使う男・花月と出会う。自我を失くしたように花月に付き従うチャリネの踊り子たち。さらに初江も花月に心を奪われて…。
人の心に巣食う鬼たちのあやかし事件簿。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カスミとオボロ2 春宵に鬼は妖しく微笑む/丸木文華

契約結婚はじめました。 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)
契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
椿屋敷に住む「若隠居」と、その仮初の妻が、家に持ち込まれる様々なトラブルに関わっていくという日常ライトミステリー。
「家」が語り手となる風変わりな構成がコミカルで楽しかったです。
契約結婚をしている若隠居夫妻の距離感にニマニマしたし、血のつながりの有無と「家族」に対する割り切れない感情が込められたエピソードの数々が面白い作品でした。
若隠居の方の問題がしっかりとは解決していないのでシリーズ化に期待!

☆あらすじ☆
寿町四丁目にある通称<椿屋敷>。そこに住む柊一は、若くして隠居暮らしをしているため、若隠居と呼ばれている。そんな彼のもとに嫁いできた、19歳の香澄。しかしそこには秘密があった。ふたりは利害の一致から結婚した、偽装夫婦なのだ。町の相談役である柊一のもとには、たびたび近所から相談が持ち込まれるが――。「家」が語る、わけありな人々の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 契約結婚はじめました。 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

双子喫茶と悪魔の料理書/望月唯一

双子喫茶と悪魔の料理書 (講談社ラノベ文庫)
双子喫茶と悪魔の料理書 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
双子の姉の方に想いを寄せる主人公が、不思議な力によってなぜか双子の妹の方と縁結びされてしまった!というところから始まる青春ストーリー。
喫茶店を舞台にしていることでちょいちょい飯テロが強烈だったのが予想外でしたw
幼なじみとの恋愛ものとしても素敵。
ただ「なんで好きなのはこっちなの?」という疑問だけがちょっと気になったり。

☆あらすじ☆
「だって、篝はずっと誰かのために料理をしてきたでしょう?」二年前。幼馴染みの少女・葉月から、なにげなくかけられた言葉。きっとあの時、ただの幼馴染みは、初恋の少女に変わった――。そして現在。俺はいまだ葉月に告白できないまま、葉月とその双子の妹・水希とともに、彼女たちの実家の喫茶店でバイトをしていた。そんなある日、水希が持ち出した古本から幼女が出てきて……!? 喫茶店が舞台の感動ストーリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 双子喫茶と悪魔の料理書/望月唯一

ジャナ研の憂鬱な事件簿/酒井田寛太郎

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)
ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
第11回小学館ライトノベル大賞「優秀賞」受賞作。
学生新聞を発行するジャーナリズム研究会の編集長である主人公が、ある美人の先輩と知り合ったことから、日常の様々な謎に遭遇していくという青春ミステリー。
論理的に推理する主人公と、直感的に違和感を訴えるヒロインのコンビがなかなか魅力的で良かったです。
人の秘密を暴くことに対するエゴと、それを押しても真実を知ることの意味を問いかけるような内容だったのかな。
ほろ苦いエピソードが多いなか、なにげに救いだったのは主人公と親友2人の関係性でしたw

☆あらすじ☆
新鋭作家が織りなす日常系ミステリー!
海新高校2年生の工藤啓介は、他人との接触をできるだけ断つために、部員が啓介一人しかいないジャーナリズム研究会に属している。中学時代からの親友である大地と良太郎とだけと親交を保ち、余計なトラブルに巻き込まれないように平穏な学園生活を送ろうとしているのだ。ある日、学内でも評判の美人の先輩白鳥真冬と関わり合ってしまったことによって、少しずつ学内の事件やトラブルに巻き込まれていくことになっていく。
高校生活の中で起きるちょっとした事件を次々と解決していくことになっていく啓介。真冬もまた、その完璧さ故に学内でも疎外感を感じていたのだが、啓介たちと触れあうことで少しずつ本来の自分を取り戻していく……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ジャナ研の憂鬱な事件簿/酒井田寛太郎

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!5/海空りく

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 5 (GA文庫)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 5 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年6月刊。
新展開突入の異世界革命ファンタジー第5弾。
いつかこうなるよな・・・と予想していた人は多かったに違いない展開。分かっていても不穏です。

☆あらすじ☆
激動の異世界革命物語第5弾の幕開けです
エルム共和国を成立させ、通貨の発行によってその基盤を確かなものとした超人高校生たち。だが、異世界の人々に国を委譲するための選挙を始めようとした矢先、亡国≪ヤマト≫の皇女カグヤが現れた。エルムの基本理念『万民平等』をタテに、帝国に苦しめられている自分たちへの援助を求めてきたのだ。司は旧ヤマト領の扱いについて帝国への介入を始めようとするが――
「俺はその方針には反対だ」
勝人が地球への帰還を優先するため、帝国元帥ネウロとの敵対を避けるべきだと言い出し、超人高校生たちの間に不協和音が流れ始める!
激動の異世界革命物語第5弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!5/海空りく

君と四度目の学園祭/天音マサキ

君と四度目の学園祭 (角川スニーカー文庫)
君と四度目の学園祭 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年6月刊。
学園祭が迫るなか何度も死の危険に遭遇していく主人公と、彼を助けようとする幼なじみのヒロイン。
仲良しで両片思いのふたりがすれ違いに苦しみながら想いを伝えようとするタイムループ青春小説でした。
構成が好みじゃなかったり終盤のご都合主義が気になったものの、幼なじみ特有の至近距離恋愛が堪能できたところは良し。
綺麗に終わっているから単巻ものかな。次回作に期待します。

☆あらすじ☆
このままの関係が続けばいい。そう思ってた――。
高2の秋。5日後に迫った学園祭の練習の帰り道、刻谷結羽太はトラック事故に遭いかける。傍らにいた幼馴染の少女・新都久遠がわがままを言って引き留めなければ、大事故になっていたかもしれない。九死に一生を得た結羽太だったが、その後も何かとトラブルに見舞われるように。そんな折り、久遠が学園祭で誰かに「告白」するという噂を聞く。はっきりと彼女への想いを認識した結羽太は久遠に想いを伝える決意をするが……。今日の「告白」を忘れてしまっても、明日君が「思い出」から消えても、必ず伝えにいくから。だから、どうか学園祭で待っていて――。恋と焦燥と疾走が胸を焦がす、青春エンターテイメント!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 君と四度目の学園祭/天音マサキ

男装王女の波瀾なる輿入れ/朝前みちる

男装王女の波瀾なる輿入れ (ビーズログ文庫)
男装王女の波瀾なる輿入れ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
超ポジティブの脳筋男装王女と、彼女にペースを狂わされっぱなしのツンデレ皇太子のラブコメ第2弾。
今回は舞台を星王国から帝国に移して異文化交流するのだけど、内容的には前哨戦とのこと。
確かに伏線設置の回という印象で、ちょっと盛り上がりに欠けるかな?
いろいろと動き始めるらしい次巻に期待します。

☆あらすじ☆
男装王女、ますます天然発揮で敵国もメロメロ!? 勘違い輿入れ第2弾!
男装王女、ますます天然発揮で敵国の舅姑もみんなメロメロ──!? ……って、そんなことお兄ちゃんたちが許しません!! 勘違い輿入れラブコメ第2弾登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 男装王女の波瀾なる輿入れ/朝前みちる

指輪の選んだ婚約者2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭/茉雪ゆえ

指輪の選んだ婚約者2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭 (アイリスNEO)
指輪の選んだ婚約者2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
刺繍狂いの変人令嬢とコミュ障騎士のラブコメファンタジー第2弾。
前巻で綺麗に終わっていたので続いたことが少し意外だったり。
そして内容の甘いこと甘いこと・・・・・・。
不器用無口だった気がするフェリクスさんが「無口とは?」状態になっているのが楽しかったですw

☆あらすじ☆
“氷の貴公子”と名高い、美貌の近衛騎士・フェリクスが投げた指輪で縁を結ばれた、刺繍好きの伯爵令嬢アウローラ。初めての恋に戸惑いながら、豊穣祭の衣装準備に追わていたある日、彼女を狙う不審な団体がいるとの情報が! 彼女は婚約者であるフェリクスに護衛してもらうため、同じ屋敷に住むことになって…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 指輪の選んだ婚約者2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭/茉雪ゆえ

新宿コネクティブ1/内堀優一

新宿コネクティブ1 (HJ文庫)
新宿コネクティブ1 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
新宿の街を舞台に、掃除屋稼業を手伝う平凡な高校生が様々なトラブルを関わっていく物語。
連作短編形式で軽く楽しめる読み心地の作品でした。
「平凡(自称)」という紹介文を見て「はいはいまた自称普通の高校生ね」と思っていたのだけど、本当に彼自身はいたって平凡な高校生。
しかしある一点において確かに非凡。あ、JKの有能ストーカーを飼ってる(語弊)ところも非凡か!

☆あらすじ☆
新宿に複数存在する、おかしな都市伝説。その中のひとつである【依頼遂行率100%の何でも屋】に下宿している男子高校 生・佐蛹慶介<ささなぎけいすけ>は、今日も家主である蔵祭平三郎<くらまつりへいざぶろう>とともに、新宿で起こる数々の事件解決に奔走していた。とびきり優秀かつ超個性的な新宿の面々に囲まれながら、平凡を自称する慶介。だが、新宿に住む者は皆、口を揃えて言う。――――本当に凄いのは、慶介なのだと。人脈<コネ>の力で人も事件も世界も回す、新宿系エンタメミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 新宿コネクティブ1/内堀優一

覇剣の皇姫アルティーナ12/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナXII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナXII (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
う、薄い・・・!
話自体は面白いんだけど、あまりにも遅々とした進行具合が物足りなく感じてしまいました
いくらシリーズものでも、1冊の小説なんだから本編で山場を設けてほしい・・・・・・。

☆あらすじ☆
ラトレイユにより謀殺されたと思われていたレジスだったが、帝都に戻り、政治面で暗躍していた。同時にアルティーナが軍を率いて帝都に現れる。緊迫した状況を招きつつ、ついに再会するレジスとアルティーナ――だが、無事を喜ぶ暇もなく、新皇帝の即位を目にすることに。そして、ラトレイユは近隣諸国へ宣戦を布告し、アルティーナたちは劣勢の続く南方戦線へと派兵されることに! 覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第十二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ12/むらさきゆきや