「★★★☆☆」タグアーカイブ

公爵夫妻の面倒な事情/芝原歌織

公爵夫妻の面倒な事情 (講談社X文庫)
公爵夫妻の面倒な事情 (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
契約結婚+男装学園ものという、女性向けラノベの人気設定を両取りするチャレンジャーなラブコメ。
そのチャレンジ精神は尊重するけれど、1冊でどちらの魅力も引き出すのは難しかったようです。ストーリーは面白いものの、各要素があと一歩物足りない。
ただ、内容的にシリーズ化前提の作品だから巻を重ねれば不満点も解消されると期待しています。
まっすぐな気性のヒロイン、彼女をペット扱いするものぐさ公爵、個性豊かな公爵家の使用人たちなど、登場キャラクターもなかなか魅力的でしたしね。
面白いシリーズになってくれるといいなぁ。

☆あらすじ☆
ノエルは画家見習いの少女。王家お抱えの画家だったという父を捜すため、自分も宮廷画家になることが夢だ。でも、宮廷画家は男しかなれない花形職業……。性別詐称は厳罰と知りつつも、ノエルは男の姿で画家を目指すが、仕事先で出会ったひきこもり公爵リュシアンに、女であることがバレてしまう! そこで秘密を守るのと引き替えに提示されたのは、リュシアンの花嫁になり仮面夫婦生活を送るという条件で……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵夫妻の面倒な事情/芝原歌織

アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴/天城ケイ

アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴 (ファンタジア文庫)
アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
先生、鬼畜度ちょっと上がった?
暗殺指令を受けた家庭教師と教え子の主従&師弟を描くファンタジー第5弾。
意外な真相が明かされる巻でした。いやほんとその繋がりは予想していなかった。

☆あらすじ☆
過酷な夜界を血で染める惨劇、そして明かされる秘密――
ロゼッティによるクーファへの電撃求婚に気が気ではないメリダ。奇しくもロゼッティの故郷である夜界との境界線へ研修に赴くことに。しかし常識の通じない神秘に満ちた地で、クーファにある容疑がかけられ……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴/天城ケイ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語/サトウとシオ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
第8回GA文庫大賞「優秀賞」受賞作。
おとぎ話レベルの秘境から都会にやってきた少年は、自己評価とは裏腹に常識はずれのとんでもない奴だった、というお話。
自己評価と客観的評価の食い違いを楽しむハイテンションに明るいファンタジーでした。
もうちょっと主人公自身について描かれる話のほうが好みなのだけど、このノリの良さはとても楽しかったです。

☆あらすじ☆
ド田舎からとんでもない奴がやってきた!?
読むと元気になる、勇気と出会いのファンタジー!
「都会ってこんなにすごいんですね!」
この少年、ピュアすぎるし強すぎる!秘境出身の村人が都会にあこがれ、『本当の強さ』に目覚めゆくの……だろうか?
勇気と出会いがつむぐ、第8回GA大賞≪優秀賞≫受賞作、ついに刊行!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語/サトウとシオ

鬼憑き姫あやかし奇譚シリーズ2・3/楠瀬蘭

鬼憑き姫あやかし奇譚 ~なまいき陰陽師と紅桜の怪~ (講談社X文庫)
鬼憑き姫あやかし奇譚 ~なまいき陰陽師と紅桜の怪~ (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから


総評:★★★☆☆
怖がりな見鬼の姫と陰陽寮の学生が、怪異に挑む平安ファンタジー。
全3巻なのだけど、最終3巻は電子版オリジナルだったりします。こういう形態は今後増えていくのだろうか。
2巻までだと消化不良なので、電子限定であっても3巻で綺麗に完結してくれたので私としては大歓迎ですけどね。もともと電子書籍しか持ってないし。
中途半端な打ち切りが増えるくらいなら、電子だけでも最終巻を出すって方針が定着するといいなぁ。

☆2巻あらすじ☆
この世ならざる者が視える柊は、中納言の姫君。内裏の紅桜の怪にかかりきりの陰陽師生・忠晃への恋心を自覚した矢先、母の失踪が知らされた。山桜の大木に囚われた母を見つけた柊は、内裏の怪の原因を突き止める。一方宮中では、柊が怪異封じの人柱にと名指しされていた。「見捨てるなんて冗談じゃない」決死の忠晃を、宮中の追手が、山の怪異が追い詰めて!?

以下、2・3巻のメモ的な感想です。

続きを読む 鬼憑き姫あやかし奇譚シリーズ2・3/楠瀬蘭

これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。/はなぶさ

これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。 (カドカワBOOKS)
これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
異世界から女子高生が召喚されたことによって立場を奪われた少女が主人公という、「異世界召喚モノ」を裏側から描くようなファンタジー。
なかなかユニークな切り口の物語で、すれ違いが切ない純愛モノとして面白かったです。
悪酔いしそうなくらい悲劇的に話が進むのだけど、それだけにハッピーエンドを求めて先を読まずにいられない。
もう少し踏み込んでほしかった部分があったものの、ラブロマンスとしては良作だと思います。

☆あらすじ☆
異世界の聖女に、立場も、婚約者も奪われました。
「聖女様とアルファド様は、お似合いね」かつて、彼と婚約していたのは、私だった。今はただの下働きである私の……。異世界からの聖女召喚が成功したと聞かされたとき、私は礼拝堂で祈りを捧げている最中だった。聖女候補として神殿に引き取られて早十数年。私の人生は全て、聖女になる為のものだった。ついに私も、お払い箱か――。そう思っていた。なのに。「俺を望むことを、あきらめないでくれ」なぜ、貴方がそれを言うの? 幸せを願わずにはいられない純愛物語!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。/はなぶさ

魔術学園領域の拳王 黒焔姫秘約/下等妙人

魔術学園領域の拳王 黒焔姫秘約 (ファンタジア文庫)
魔術学園領域の拳王 黒焔姫秘約 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
第29回ファンタジア大賞「銀賞」受賞作
正統派と言えそうな感じの中二系学園バトルアクション。
最弱主人公が、文字通り血を吐く努力をして底辺から成り上がっていく物語です。
男同士の熱い衝突を描いていて、そのストーリー自体はすごく好み。表現力が追いついていないのが本当に残念だったけれど、この方向性は応援したい。
今後の躍進に期待しています。

☆あらすじ☆
自身の魂を武器に戦う現代の魔術師。その学園に通う立華柴闇は、異能もロクに使えない“欠陥品”だった。しかし、学園最強の美少女・黒鋼焔との出会いが、彼の力を開花させ──「ついてきな、キミを最強にしてやる」。
魔術ではなく体術を極め、実践に特化した“黒鋼流”。弟子入りした柴闇は、焔と家族同然の生活を送り、劇的な進化を遂げる!
「いい加減殺す気でやってくれよ」──魔術師の頂点を目指す戦いの中、生半可な覚悟で戦う敵を挑発。格上相手に下克上を続ける柴闇の姿は、周りの度肝を抜いていき!?
最強の少女と成り上がる、超弩級学園バトルアクション!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔術学園領域の拳王 黒焔姫秘約/下等妙人

臨床真実士ユイカの論理1 文渡家の一族/古野まほろ

臨床真実士ユイカの論理 文渡家の一族 (講談社タイガ)
臨床真実士ユイカの論理 文渡家の一族 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年4月刊。
人の嘘を見抜くことのできる女子大生が、閉鎖的な没落財閥一族内で起こった殺人事件の真相を暴くミステリー。
完全なる論理クイズで1本のミステリーを組み立てている恐ろしい作品でした。
私はやらなかったけれど、ノート片手に論理クイズをひとつずつ解いたら答えを得られるフェアな作品なのかもしれない。わかんないけど。
主人公・ユイカのキャラも良いし、犬神家の一族オマージュも楽しい作品でした。

☆あらすじ☆
言葉の真偽、虚実を瞬時に判別できてしまう。それが臨床真実士と呼ばれる本多唯花の持つ障害。大学で心理学を学ぶ彼女のもとに旧家の跡取り息子、文渡英佐から依頼が持ち込まれる。「一族のなかで嘘をついているのが誰か鑑定してください」外界から隔絶された天空の村で、英佐の弟・慶佐が殺された。財閥の継承権も絡んだ複雑な一族の因縁をユイカの知と論理が解き明かす!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 臨床真実士ユイカの論理1 文渡家の一族/古野まほろ

エス・エクソシスト/霜月セイ

エス・エクソシスト (角川スニーカー文庫)
エス・エクソシスト (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
第21回スニーカー大賞「特別賞」受賞作。
ドSの女子高生エクソシストとそのアシスタントが、悪霊退治に挑むオカルトファンタジー。
ヒロインがかなりキツイ性格で暴力系なので、読む人を選びそうだなぁとしみじみ思いました。
事件そのものについては悪くなかったので、個人的には割と楽しめた感じ。
しかしほんと可愛げがあるのかないのか分からんヒロインだったなぁ・・・・・・。

☆あらすじ☆
女子高生にして悪魔祓い師の瑠璃崎蒼音と、彼女の下僕……もといアシスタントの一色弘青は“人間の未練”に取り憑く悪魔を退治するため、日々奔走するが? ドS少女と苦労人青年のバイオレンス悪魔退治バトル!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エス・エクソシスト/霜月セイ

まるで人だな、ルーシー/零真似

まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)
まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
第21回スニーカー大賞「優秀賞」受賞作。
これはまた尖った個性のある新人作品が出てきたなぁ。
「エキセントリックボックス」という不可思議な現象に、自分を構成する要素を捧げて願いを叶えてもらう少年の物語。
願いが叶うほどに自分ではなくなるのに、投げやりみたいな気軽さで願いを叶えていく少年の虚無的な雰囲気にひきこまれる作品でした。
箱の名前そのままにエキセントリックな世界観でありつつ、最後まで読むとしっかり青春小説。
個人的には文章が微妙に相性悪い感じだったものの、こういう作風は好き。
この作品が続くかは分からないけれど、今後も尖った作品を送り出してほしい新人さんです。

☆あらすじ☆
「代償は、悲しみだけど?」「ああ。そいつは僕にいらないものだ」「そっか!」景色をその身に纏った少女・スクランブルはうれしそうに笑うと、小さく握りしめた拳で御剣乃音(みつるぎのおと)の腹を抉る――。人身御供となった御剣の願いを叶える神代タイム1分間の代償は【打算】【キスのうまさ】【愛情】etc. 人の感情を贄にして、エキセントリックボックスはヒトに近づく……。最終選考会騒然の異色作!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む まるで人だな、ルーシー/零真似

巫女華伝 恋の舞とまほろばの君/岐川新

巫女華伝 恋の舞とまほろばの君 (角川ビーンズ文庫)
巫女華伝 恋の舞とまほろばの君 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
都から皇子が押しかけ婿にやってきて困惑する巫女が主人公の古代和風ファンタジー。
個人的にはもう少し古代の世界観を作り込んでほしかったけれど、巫女と皇子の恋は王道なロマンスを楽しめました。
まだ完全なハッピーエンドとは言えない感じなので、ぜひともシリーズ化して続けてほしいところ。そして恋敵のはずの婚約者をもうちょっと活躍させてほしい。
ところであらすじにちょっと違和感があるような気がするんだけど・・・・・・うーん?

☆あらすじ☆
「ねぇ――オレのこと、お婿さんにしてくれる?」
神さまの使いの巫女として国を守る瑠璃(るり)。しかし幼い頃に母親を病気で亡くし、神さまを信じられず薬学に励んでいた。ある日、大倭(やまと)王朝の見目麗しき皇子(みこ)・紫苑(しおん)が訪れる。視察でやって来たはずが突然、一目惚れだと求婚してきて!? けれども、瑠璃には既に一族の掟で定められ、結婚を誓った幼馴染がいた――。
巫女と皇子の禁断の恋を巡る、和風ラブ・ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 巫女華伝 恋の舞とまほろばの君/岐川新