「★★★★☆」タグアーカイブ

薔薇のマリア3 荒ぶる者どもに吹き荒れろ嵐

『薔薇のマリアⅢ 荒ぶる者どもに吹き荒れろ嵐』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア III.荒ぶる者どもに吹き荒れろ嵐 (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア III.荒ぶる者どもに吹き荒れろ嵐 (角川スニーカー文庫)

SmC編完結。そしてVer0からの一連のストーリーに一区切りです。戦争してます。むごい。暴力が支配する世界で非力なマリアが懸命に頑張っています。読んでて緊張しますが、読了後の開放感が最高です。

☆あらすじ☆
ベアトリーチェを救出したのもつかの間、エルデンの正義を守る“秩序の番人”と凶悪クラン“SMC”が全面対決に突入。マリアたちZOOにも再びSMCの極悪リーダーSIXの影が迫っていた。進撃するZOO。しかし激しい攻防の最終局面、彼らの行く手を阻んだのは、なぜかマリアにとって最高の味方であるはずのアジアンその人だった!対峙するアジアンとZOOのマスター・トマトクン。なぜ二人が!?今宵マリアにあまたの涙の雨が降る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア3 荒ぶる者どもに吹き荒れろ嵐

薔薇のマリア2 壊れそうなきみを胸に抱いて

『薔薇のマリアⅡ 壊れそうなきみを胸に抱いて』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア II.壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア II.壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)

アジアンきたーーー!!と思ってたらいきなり窮地に立っちゃってます。
薔薇マリの世界がいかに冷たく生きづらく容赦のない世界なのかよくわかる第2巻。あとがきによると、ここからようやく本編スタート?(ver0→1→Ver1と読んだせいで序章が長すぎた・・・)物語が動き出してます!

☆あらすじ☆
喪神街(オレストロ)で伝説の魔導女王を葬ったマリアは、街で一人の少女ベアトリーチェと出会う。蒼い瞳が印象的な美少女がマリアにもたらしたものとは、儚い微笑み、極悪クランの罠、ほんのちょっぴりの強さ、そして―。エルデンの街がクラン同士の抗争にのみ込まれ、マリアに最悪の危機が迫るとき、再びZOOの仲間が立ち上がる!義のために押し殺す愛、愛するがゆえの非情。誇り高き仲間たちが再び闘いに挑む、待望のシリーズ第2弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア2 壊れそうなきみを胸に抱いて

薔薇のマリア Ver1 つぼみのコロナ

『薔薇のマリアVer.1 つぼみのコロナ』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリアVer1 つぼみのコロナ (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer1 つぼみのコロナ (角川スニーカー文庫)

「薔薇のマリア」短編その2。ただし、本編前に必読のVer0と違い、「つぼみのコロナ」は独立した話だそうです。いつ読んでもいいみたいだけど、レニィとコロナの関係が気になるのでさっさと読んでみました。予想外に鬱な話でした・・・そして予想以上に面白かった。

☆あらすじ☆
常にマリアローズを騒動に巻き込む天然系魔術士コロナと、少年レニィとの出会いを描くドタバタ珍道中―突然鬼人に追いかけられるわ、目の色が銀色になっちまうわ、変な力が勝手に身に付いちゃうわ、全部このへっぽこ魔術士に出会ったことが原因だ。おいおい何なんだこの状況、俺は無事エルデンにたどり着けるのかぁ!?―はたしてレニィの心の叫びはコロナに届くのか?魔術士コロナの真実の物語、書下ろしを加えた完全版登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア Ver1 つぼみのコロナ

東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN

『東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN (富士見ファンタジア文庫)

前回同様、短編4本+中編。中編は合宿編です。短編はハイテンションに面白く、中編はなんだか不穏な空気をまき散らしています。

☆あらすじ☆
嵐のような薪入生―鈴鹿から解放され、束の間の自由を満喫する春虎と夏目。向かった先は、陰陽塾に所属する上級生のみで行われる、富士山麓の実技合宿所。「いやぁー楽しみだなぁ、合宿!」「何しろ『一年には関係ない』もんね!」「いいよなー!」「いいよねっ」浮き立つ心をおさえきれずにハシャぎまくる二人。しかし―「もうっ!ダーリンたら遅いぃーー」まさかの嵐が再び襲来!忠義心は人一倍・任侠式神コンや男装夏目を初恋の王子と慕う京子、そして謎の幼女好きまでが入り乱れ、楽しいはずの合宿は悪夢の合宿へと変貌する。

では、感想を。

続きを読む 東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I

『東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-4)
東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-4)

3巻で盛り上がってきたーっと漲っていたら、4巻は鈴鹿再登場の中編+春虎たちの学園生活を描いた短編4本でした。ちょっとガクっときたけど、コメディ面白かったので問題なしです。夏目が壊れていく・・・表紙で女子の制服着てるけど、納得です。

☆あらすじ☆
土御門夏目―芯が強くて楚々とした、春虎自慢の幼なじみ。…の、はずだった。半年前までは。しかし現在。「このバカ虎!」。半年ぶりに再会した幼なじみは、陰陽塾きっての秀才で口が悪くて素直じゃなくて、とある理由で男装女子になっていた!?そして、その男装女子に日々振り回されている、日本一ツイていない少年、土御門春虎。「夏目君とデキてる…ホモなんでしょ?」「いや実は幼女好きだって」。クラスメイト曰く『ホモだと思ったらロリコンだった』。心ない噂と運の悪さに苦しむ春虎。しかも二年になった二人を襲ったのは、あの夏の日の「嵐」!大騒動の学園生活を経て波乱の新学期がいま始まる。

感想を。

続きを読む 東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I

東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN

『東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)

あざの耕平先生の著作は面白いと評判なので読んでみました。現代陰陽師もの。「東京」とタイトルにあるけど、東京が部隊になるのは2巻からみたいです。ザ・序章!って感じだったけど、読みやすいし面白くて一気に読了。

☆あらすじ☆
東京を中心に霊的災害“霊災”が多発するようになった現代。名門・土御門家の血を引きながらも霊的才能に見放された春虎の前に土御門家次代当主であり幼なじみの夏目がやってきて!? あざの流陰陽ファンタジー開幕

では、ネタバレ感想。

続きを読む 東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN

折れた竜骨

『折れた竜骨(上・下)』(米澤穂信/創元推理文庫)★★★★☆

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)
折れた竜骨 上 (創元推理文庫)

本屋さんで目に止まって購入。第64回日本推理作家協会賞受賞作で、様々なミステリーランキングで1位や2位を獲っている作品だそうです。
帯のあおりが秀逸。「魔術と剣と謎解きの巨編」。舞台は中世イングランドのソロン島で、魔法とか騎士とかわんさか出てきますが、実態は王道ミステリーでした。

☆あらすじ☆
ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた……。
自然の要塞であったはずの島で暗殺騎士の魔術に斃れた父、「走狗(ミニオン)」候補の八人の容疑者、いずれ劣らぬ怪しげな傭兵たち、沈められた封印の鐘、鍵のかかった塔上の牢から忽然と消えた不死の青年――そして、甦った「呪われたデーン人」の襲来はいつ?魔術や呪いが跋扈する世界の中で、「推理」の力は果たして真相に辿り着くことができるのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 折れた竜骨

(仮)花嫁のやんごとなき事情5 離婚の裏に隠れた秘密!?

『(仮)花嫁のやんごとなき事情〜離婚の裏に隠れた秘密!?』(夕鷺かのう/ビーズログ文庫)★★★★☆

(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の裏に隠れた秘密!?~ (ビーズログ文庫)
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の裏に隠れた秘密!?~ (ビーズログ文庫)

ビーズログ文庫ではこれが一番お気に入り。死神姫は・・・続きでないかもしれないし。主人公フェルがはっちゃけまくって可愛いです。伏線が多くなってきたので、次巻が出る前に最初から再読します。その時に感想も書こう(決意)

☆あらすじ☆
最大の敵は旦那さま!? 仮嫁vs毒旦那、まさかの夫婦ガチバトル!!
本物のシレイネにより(仮)花嫁をクビになったフェルは、故郷に強制送還! のはずが、鬼畜な旦那さまクロウの策略により、召使として黒龍城に引き留められていた。そんなある日、クロウが突然、シレイネは別人じゃないかと疑いだした。焦るフェルをよそに、なんとクロウがシレイネを拷問! 慌てて止めに向かうフェルだったが!? 秘密がついにバレ……る?うっかり婚ラブコメ逆襲の第5弾!

以下、ネタバレ感想

続きを読む (仮)花嫁のやんごとなき事情5 離婚の裏に隠れた秘密!?

シュガーアップル・フェアリーテイル13 銀砂糖師と紺の宰相

『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相 (角川ビーンズ文庫)
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相 (角川ビーンズ文庫)

なんだか佳境に突入しているような?糖度がどんどん高くなっているシリーズ第13巻。

☆あらすじ☆
銀砂糖がなくなろうとしている!? 銀砂糖師のアンは、国王陛下から直々に詳しい調査をせよとの命を受け、恋人となったシャルと共に「最初の砂糖林檎の木」へ向かおうとするが、最大のピンチが訪れて――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む シュガーアップル・フェアリーテイル13 銀砂糖師と紺の宰相

プシュケの涙

『プシュケの涙』(柴村仁著/メディアワークス文庫)★★★★☆

プシュケの涙 (メディアワークス文庫)
プシュケの涙 (メディアワークス文庫)

メディアワークス文庫で何か面白いのないかなぁーと思いつつ、ネットで名前をみたことがあったこちらを購入。
実家に同文庫のビブリアが全巻あるのですが、そちらはなぜか積みっぱなしという。ドラマで観ちゃったからなんだか満足しちゃったんだよね。
文体があまりにも軽く、いかにもライトノベルという感じだったのですが、ストーリーと構成が秀逸でした。
思わず母に薦めてみたけど、受け入れられるかどうかは微妙なところ(ビブリアは面白かったらしいけど・・・)

☆あらすじ☆
「こうして言葉にしてみると……すごく陳腐だ。笑っていいよ」
「笑わないよ。笑っていいことじゃないだろう」
あなたがそう言ってくれたから、私はここにいる――あなたのそばは、呼吸がしやすい。ここにいれば、私は安らかだった。だから私は、あなたのために絵を描こう。
夏休み、一人の少女が校舎の四階から飛び降り自殺した。そのわけを探る二人の少年。一人は、全てがうまくいかず鬱々としてる受験生。もう一人は、何を考えているかよく分からない“変人”。そんな二人が導き出した真実は……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む プシュケの涙