「★★★★☆」タグアーカイブ

英国マザーグース物語3 哀しみのロイヤル・ウエディング

『英国マザーグース物語 哀しみのロイヤル・ウエディング』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★☆

英国マザーグース物語―哀しみのロイヤル・ウエディング (コバルト文庫)
英国マザーグース物語―哀しみのロイヤル・ウエディング (コバルト文庫)

マザーグースに彩られた英国ライトミステリシリーズの第3弾。
パートナーとして信頼関係を築いていくジュリアンとセシル。だんだんとタイムリミットが迫るなかで、ジュリアンに対するセシルの想いも揺れ動き始めました。そのジュリアンは今回も飄々としてるくせにやたら格好良かったです。
今回は、セシルのお母さんに絡んだエピソードでした。アッシュフォード4兄弟の家族愛に涙腺を刺激されました・・・。

☆あらすじ☆
19世紀末、ロンドン。殺人床屋に関する有名な都市伝説を記事にすることになったセシル。取材を続けるうち、床屋は実在するのではという疑惑を抱いて…!?また、アッシュフォード家に一大イベントが訪れた。皇太子妃のアレクサンドラからお茶会に招かれたのだ!あたたかい人柄と、絶世の美貌に恵まれた皇太子妃。だが、彼女の結婚生活は決して幸せではないことを知ってしまったセシルは…。

以下、各話の感想です。

続きを読む 英国マザーグース物語3 哀しみのロイヤル・ウエディング

悪魔の花嫁と七つの大罪

『悪魔の花嫁と七つの大罪』(秋月志緒著/ビーズログ文庫)★★★★☆

悪魔の花嫁と七つの大罪 (ビーズログ文庫)
悪魔の花嫁と七つの大罪 (ビーズログ文庫)

我ながら悪魔だの黙示録だのほんと好きだよなぁとは思いますけど、それはともかく面白かったです。
幸せな花嫁となるはずだったヒロインが一転して「悪魔の贄」と呼ばれる呪われた存在になってしまった、というお話。ヒロインが失われた自分の幸せを掴むために奮闘する姿が凜々しくて格好良かったです。守銭奴従者とのドライな関係もイイ。
ヒーローである王子もクールなキャラを最後まで破綻させず、王道に素敵でした。
コメディ要素皆無で結構血なまぐさいお話でしたが、こういうの大好きです(笑)
ラストの展開から先が気になって仕方ないので、ぜひ続きを出してほしい!

☆あらすじ☆
冷徹令嬢VS悪魔王子!! <傲慢の石>を巡る、緊張と知略の駆け引き――開始!!
幸福の絶頂から一転、<悪魔の贄>の印を負ったリシェルは世俗を離れ悪魔を駆逐する毎日。ある時リシェルは、悪魔研究をしていると噂の王子テオドールを訪問する。
2人の体が触れた瞬間、大量の悪魔が出現!「まさか、あなたも……!?」「俺の邪魔をするなら消す」
――呪いを解く鍵は大悪魔“七つの大罪”の力を封じた『傲慢の石』。
「未来は自分で掴むわ」と、リシェルはある勝負を持ちかけ……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪魔の花嫁と七つの大罪

英国マザーグース物語2 新聞広告には罠がある!?

『英国マザーグース物語 新聞広告には罠がある!?』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★☆

英国マザーグース物語―新聞広告には罠がある!? (コバルト文庫)
英国マザーグース物語―新聞広告には罠がある!? (コバルト文庫)

英国ライトミステリー第2弾。
子爵令嬢の男装新聞記者生活は継続中で、秘密の婚約者との関係も相変わらずです。ただ、今回はミステリーには欠かせない怪盗登場!ということで盛り上がっていた印象。面白かったです。

☆あらすじ☆
19世紀末のロンドン―。ある目的のため、セシルは見習い記者として働いている。令嬢という身分を隠し、性別さえも偽る生活だが、仕事上のパートナーであるジュリアンとの仲はとても良好だ。そんな今、ロンドンの街は“怪盗ブラックバード”の話題で持ちきり!鮮やかな手口で貴族の邸宅から宝飾品を盗み、黒い羽根を残して消える大怪盗―。ある日、セシルは怪しい新聞広告に目をとめて…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国マザーグース物語2 新聞広告には罠がある!?

瑠璃龍守護録7 お仕えします、花嫁様!?

『瑠璃龍守護録 お仕えします、花嫁様!?』(くりたかのこ著/ビーズログ文庫)★★★★☆

瑠璃龍守護録 お仕えします、花嫁様!? (ビーズログ文庫)
瑠璃龍守護録 お仕えします、花嫁様!? (ビーズログ文庫)

もしかしてこのシリーズは化けるかもしれない(そんなこともないかもしれない)。
今回は飛燕側の勢力の目的だけでなく、前巻から登場した謎の美少女采羅の正体なども判明。虎光の目的なども垣間見えてきました。「女王」についても前巻に引き続き、存在感を増してきています。
物語の舞台が歳国だけでなく五国守護龍大陸全体に波及しそうな展開です。世界観に広がりが出てきたので期待が膨らみます。・・・・・・期待、していいのよね?(不安)
また、糖度も大増量。甘い・・・甘すぎる・・・っ!表紙の黎鳴、自重しろ!

☆あらすじ☆
『あいびき』の約束を果たすべく、黎鳴と芝居を観に行く鈴花。しかし帰り道、二人は謎の襲撃に遭う。何とか撃退するが、誤って名を呼んだ鈴花に跪く黎鳴を人に見られてしまった!「落ち着いてください、我が君」って…王子様が従者のフリ!?しかも王城へ戻った鈴花への今度の王命は『女王役で舞台に立て』!!
弱腰嫁、女王デビューします!立場逆転・言いなり中華ラブコメ第7弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 瑠璃龍守護録7 お仕えします、花嫁様!?

精霊歌士と夢見る野菜2 紅色の祝祭

『精霊歌士と夢見る野菜 紅色の祝祭』(永瀬さらさ著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

精霊歌士と夢見る野菜 紅色の祝祭 (角川ビーンズ文庫)
精霊歌士と夢見る野菜 紅色の祝祭 (角川ビーンズ文庫)

ヒロインの暗い感情がきつかった1巻に比べ、2巻はだいぶ読みやすくなっていました。
というより、面白くなってます。
今回はメロウの成長とエイディのキャラ掘り下げがメインのお話。
ボンクラの皮をかぶった腹黒エイディの負の面が出てきました。また、メロウは困難な課題が与えられるも、新しくできた仲間とそれを乗り越えようと奮闘します。
メロウとエイディの関係についても糖度が少し増量です。

☆あらすじ☆
国を支える『精霊歌士』を目指すメロウは、野菜しか作れない落第生。自分の心を奪った才能をもつエイディに追いつこうと奮闘中だが、まさかの補講を受けることに。講師は、カリスマ精霊歌士で、性格最凶のヴェルク。彼は収穫祭の舞台で「林檎の木を“三重唱”で実らせる」という難題を突きつけてくる。林檎のためには“恋の歌”が必要なのに、ヤキモチからエイディとぶつかってしまい!?第11回小説大賞受賞作、待望の第2弾!!

ちなみに、公式サイトで書き下ろしweb小説が2本掲載されています(以下のリンクからいけます)。時系列的には1巻と2巻の間になるのかな?本編よりも甘い気がしたのは私だけだろうか。

web小説その1


web小説その2

以下、ネタバレ感想です。

続きを読む 精霊歌士と夢見る野菜2 紅色の祝祭

白竜の花嫁5 愛の終わりと恋の目覚め

『白竜の花嫁 愛の終わりと恋の目覚め』(永野水貴著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

白竜の花嫁 愛の終わりと恋の目覚め (一迅社文庫アイリス)
白竜の花嫁 愛の終わりと恋の目覚め (一迅社文庫アイリス)

ああああああああ!!!!!!

もう、もう、ひたすら辛い苦しい悲しいっ!
ページをめくる度に澄白の苦境に心が痛くなって仕方ありませんでした。どうしてこうなってしまうんだ。
読むのがきついのに、続きが気になって途中でやめられないという鬼畜仕様。
そしてやはり鬼引き。
どうしてこうなっちゃうの、と叫ばずにはいられないほどの悲しいお話でした。こういう展開も嫌いじゃない。でも辛いんだ!!

☆あらすじ☆
「駄目だ。離さない」
始種の骨を略奪した黒竜を追い、古王国に向かった白竜のシュトラールとその“花嫁”である澄白。王宮の地下で、澄白は亡くなったはずのゴルト族の竜、アメテュストと出会う。人間の手により鎖で繋がれた“女神”の存在は、王国の運命だけでなく優しく穏やかだった澄白とシュトラールの関係さえも変えていく―。姫君と竜の青年が織りなすドラゴンラブファンタジー、人気作第五弾!

離さないって言ったくせにぃいいーーーー!
以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 白竜の花嫁5 愛の終わりと恋の目覚め

白竜の花嫁4 朽ちゆく竜と幸いなるもの

『白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの』(永野水貴著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの (一迅社文庫アイリス)
白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの (一迅社文庫アイリス)

鬼のような引きですね!!!!(驚愕)
ラディエス編といっていいのか、新章の序章な巻。
なんだか怖そうな結末のためにせっせと下準備がされている印象を受けました。
すでに発売されている5巻まで1年近く間があいていることを思えば、リアルタイムでこの巻を読んで「待て、次巻!」されてしまった読者の方々の苦しみたるや・・・・・・今読めて良かった。

☆あらすじ☆
「―私が、欲しいのだろう?」竜の“花嫁”となった小国の姫、澄白とその夫である白竜のシュトラール。ゴルト族の竜、ザフィアの情報から古王国に赴いた澄白たちを待ち受けていたのは、始種の骨を略奪した黒竜、サルグ・アーセファだった!彼の真意が掴めないまま、澄白たちは古王国に滞在することになるが…。かつて竜に愛された人の王の国で、澄白はシュトラールへの想いと向き合うことになって―。人気作第四弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白竜の花嫁4 朽ちゆく竜と幸いなるもの

she&sea1 海賊王の退屈

『she&sea  海賊王の退屈』(糸森環著/角川単行本)★★★★☆

she&sea 海賊王の退屈 (単行本)

she&sea 海賊王の退屈 (単行本)

「花神遊戯伝」や「恋と悪魔と黙示録」の糸森環さんが自身のホームページに掲載していたオンノベの書籍化です。オンノベを電子書籍で買うってどうなんだ・・・と自分で思わなくもなかったのですが、そこはほら、イラストがカズアキさんですし、縦書きのほうが読みやすいですし。
内容は日本の中学生笹良が突然異世界に放り出され海賊たちに拾われてしまう、というもの。
「she & sea」のweb版は未読です。なのでweb版との違いは分かりませんが、この書籍版は面白かったです。海賊達、とくに王様のガルシアが陽気に残酷なのがたまらなく魅力的でした。ただ、内容的には思いっきり序章ですね。書籍版の続刊があるのか不明ですが、ここで終わらないでほしいな。

☆あらすじ☆
水恐怖症女子・笹良は、スクリーンから溢れ出た波に飲まれ、気づくと幽霊船の上にいた。海賊が海を支配する世界に飛ばされた笹良は、絶対的な海賊王ガルシアの船に拾われ、船の守り神「冥華」と祭り上げられるが!?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む she&sea1 海賊王の退屈

白竜の花嫁1 紅の忌み姫と天の覇者

『白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者』(永野水貴著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)

イラストがすごく素敵です。それに相応しく、物語もおとぎ話か神話のような「綺麗」な雰囲気があります。内容は陰鬱な要素が割とあるのですが。
和風ファンタジー、ということになるのかな。人間側は中世(?)日本ぽいけど、竜側は西洋のイメージなので、折衷的かも。
赤い瞳のために「忌み姫」と呼ばれて不遇の身にあった澄白と、彼女が生け贄同然の花嫁として嫁いだ竜のシュトラールの物語。
かなり終盤まで悲壮感たっぷりなのですが、ラストはとても良かったです。じんわり感動するタイプのラノベ。

☆あらすじ☆
「君は綺麗だ。その紅い瞳も、肌も…」
婚礼を控え幸福の中にいた小国の姫、澄白は、国を護るため、竜に捧げられる“花嫁”に選ばれてしまう。異なる形で国を護ろうとする兄の計略に従い、竜を殺すための呪をその身に刻み、嫁いだ澄白。しかし夫となった竜、シュトラールの優しさに触れ、次第に決心が揺らいでいく。竜を殺し許婚のもとに戻るか、竜を救うか―。美しい竜の青年に出会い、澄白が選んだ運命とは―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白竜の花嫁1 紅の忌み姫と天の覇者

英国マザーグース物語1 婚約は事件の幕開け!

『英国マザーグース物語 婚約は事件の幕開け!』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★☆

英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)
英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)

かなり好きなタイプの小説でした。
ライトミステリーの短編2本と主人公セシルの父の死の真相に迫る中編1本。
子爵令嬢なのにある目的をもって男装し、新聞記者として事件を追うセシル。
セシルは知らないけど実は彼女の婚約者であり、仕事のパートナーにもなったジュリアン。
この2人の柔らかな関係性がとても良かったです。
ミステリーの出来自体はそこそこですが、それぞれの事件にはマザーグースが絡められていて、そこから感じられる近代英国の雰囲気に心惹かれるものがありました。

☆あらすじ☆
19世紀、大英帝国の首都―ロンドン。偉大な探検家である当主が亡くなり、長男が爵位を継ぐことになったアッシュフォード子爵家。長女セシルはといえば、子爵家の未来のため、顔も知らない相手と結婚することが決まっている。だが、好奇心旺盛な彼女は結婚までの一年間、新聞記者になるという前代未聞の行動に出た!「子爵令嬢」という正体を隠し、少年姿で働くセシルの前に現れたのは!?―。

では、ネタバレ感想です。
続きを読む 英国マザーグース物語1 婚約は事件の幕開け!