「★★★★☆」タグアーカイブ

斯くして歌姫はかたる2 恋うる愚者に贖罪を

『斯くして歌姫はかたる 恋うる愚者に贖罪を』(朝前みちる著/ビーズログ文庫)★★★★☆

斯くして歌姫はかたる 恋うる愚者に贖罪を (ビーズログ文庫)
斯くして歌姫はかたる 恋うる愚者に贖罪を (ビーズログ文庫)

新人賞受賞作の第2巻。楽院ファンタジー詐欺(あとがき談)なお話でした。
1巻時点では影が薄くてイマイチな印象だったヒーローのキャラが立ってきました。初々しい少年ぽさが良い具合に出てる。ツンデレなイヴリーンの明後日方向な高笑いも前回よりもクセになります。
何よりこのふたりのケンカップルぶりがとても萌える!
良い感じに脇役たちも光ってきたので、ぜひ息の長いシリーズになってほしいです。
あと、表紙の気になる彼は想像通りのキャラクターで「ふふっ」となりました。

☆あらすじ☆
再び“楽師(カンタンテ)”になるため、音痴の矯正に励む元・歌姫のイヴリーン。
最近の日課はカタブツ優等生・オリヴィエからの逃亡!
「俺が嫌いなのか?」――違う。彼の声を聴くだけで、全身が痺れておかしくなるのだ。
そんな折、消えたはずの精霊・ひばりと自分の偽者の噂を聞いたイヴは楽院を抜け出すが、なぜかオリヴィエに見つかって!?
逃亡どころか二人旅決定!
えんため大賞受賞作、待望の第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 斯くして歌姫はかたる2 恋うる愚者に贖罪を

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか1

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★★☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

前々から気になっていた作品だったのですが、思った通り面白かったです!
駆け出し冒険者の少年と、彼を見守る幼女姿の女神さまの物語。ダンジョンものらしく読んでいる間はRPGをプレイしているようなワクワクがあるのはもちろん、甘酸っぱい青春的要素もあるのがいいですね。知ってる名前の神様がぞろぞろ出てくるところなんかも非常に好みな世界観でした。なによりロリ巨乳の女神様が可愛くてたまらなかったです。

☆あらすじ☆
迷宮都市オラリオ―『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。
「よし、ベル君、付いてくるんだ!“ファミリア”入団の儀式をやるぞ!」「はいっ!僕は強くなります!」
どの“ファミリア”にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの真様が果たした運命の出会い。これは、少年が歩み、女神が記す、眷族の物語。
第4回GA文庫大賞、初の大賞受賞作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか1

妖精国の恋人3 恋せよレディ!もふもふの城は大騒ぎ

『妖精国の恋人 恋せよレディ!もふもふの城は大騒ぎ』(山本瑤著/コバルト文庫)★★★★☆

恋せよレディ! もふもふの城は大騒ぎ 妖精国の恋人 (コバルト文庫 や 6-42)
恋せよレディ! もふもふの城は大騒ぎ 妖精国の恋人 (コバルト文庫 や 6-42)

もうほんと可愛いなこのシリーズ!
今回はエリスの祖母である女王からの使者にレディとして認められなきゃいけない一方で、妖精王のちょっかいにも対応しなきゃいけないという慌ただしいお話でした。少しとっちらかってる印象もなきにしもあらずなのですが、そんなことどうでもいいくらいエリスとケイトリンが可愛くてたまらなかったです。

☆あらすじ☆
妖精の棲むネイヴァロンでロウランド王国の王子・エリスとケンカしつつも甘い新婚生活を送るケイトリンは、妖精リャナンシーの血をひく自由すぎる女の子!
エリスが愛しすぎるあまり、愛に貪欲なリャナンシーのチカラが目覚めてしまい!?
二人の仲を裂こうとする厄介なお客様が現れるわ、妖精王が罠を仕掛けるわ・・・二人の仲は一体どうなっちゃうの!?
ときめきのもふもふファンタジー!!

あらすじ、なんか色々違う気がするんですが・・・・・・
以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妖精国の恋人3 恋せよレディ!もふもふの城は大騒ぎ

大英雄が無職で何が悪い1 Soul Collector

『大英雄が無職で何が悪い01 Soul Collector』(十文字青著/オーバーラップ文庫)★★★★☆

大英雄が無職で何が悪い 01 Soul Collector (オーバーラップ文庫)
大英雄が無職で何が悪い 01 Soul Collector (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2014年5月刊。
「灰と幻想のグリムガル」と同じ世界観、同じ時間軸の別主人公のお話です。小説家になろうに掲載されているそうですが、そちらは未読。
十文字青作品とは思えないほどかなりのポジティブシンキング主人公でした。
「グリムガル」を読んでいなくても内容は分かる独立した作品ですが、「グリムガル」を読んでいたほうがこちらの主人公パーティーがどれだけ無茶をやっているのか分かって楽しいかと思います。キサラギの行動はハルヒロたちと比べるとあまりにも突飛すぎて呆気にとられるのですが、それがまたやけに格好良かったりします。そしてハーレム。ハルヒロ・・・・・・w
「グリムガル」と併せておすすめしたいファンタジー作品でした。

☆あらすじ☆
「俺は大英雄キサラギだ。」
“目覚めよ。”と言われて目覚めると、そこは見知らぬ世界だった。「まるでゲームのような世界」グリムガルで生き抜くために、俺たちは戦うしかない……が、与えられた道なんてごめんだね。俺は俺の道を行く。神官のイチカ、魔法使いのモモヒナを従え、手始めにオークをぶっ殺しに行った俺は、死にかけた冒険者から魔剣「ソウルコレクター」を託される。これさえあれば、職業なんて関係ない。「無職」のまま、本当に英雄になってやる。
十文字青が贈る、新たな英雄譚がいま幕を開ける!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 大英雄が無職で何が悪い1 Soul Collector

妖精国の恋人2 黒ウサギの王子様とお茶会を

『妖精国の恋人 黒ウサギの王子様とお茶会を』(山本瑤著/コバルト文庫)★★★★☆

妖精国の恋人 黒ウサギの王子様とお茶会を (コバルト文庫)
妖精国の恋人 黒ウサギの王子様とお茶会を (コバルト文庫)

2か月連続刊行の後編。
妖精王問題は解決した・・・のかな?
ウサギ王子なエリスがツンデレ可愛かったです。彼の絶妙なツンデレ具合がツボにはまってしまいましたw
それをのほほんと受け流すケイトリンもまた面白くて可愛かったです。
6月に3作目も出るそうですが、長く続くシリーズになってほしいな。

☆あらすじ☆
ロウランド王国の王子エリスから「契約結婚しよう」という奇妙なプロポーズを受け、妖精の棲むネイヴァロンに期間限定で嫁いだケイトリン。人々が獣の姿に変えられてしまう呪いを解くため奮闘するのだが、エリスは黒いウサギになってしまって。妖精王の怒りはどうやったら解けるの!?そして「契約」だったはずの二人の関係にもいつしか変化が!?
ときめきのもふもふファンタジー第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妖精国の恋人2 黒ウサギの王子様とお茶会を

ふしぎの国の守護竜姫

『ふしぎの国の守護竜姫』(尾久山ゆうか著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

ふしぎの国の守護竜姫 (一迅社文庫アイリス)
ふしぎの国の守護竜姫 (一迅社文庫アイリス)

面白かった!
超小国の王様と彼に捕らえられてしまった竜の少女の交流を描くお話。
あとがきにもあるんですが、ヒロインが竜そのものっていうのは確かに珍しいかも。彼女の人とはズレた価値観が可愛かったです。
あと王様モテすぎです。みんな王様大好きだなぁ、ってほのぼのしました。
ラストの展開で「おいおい風呂敷ひろげて大丈夫か!?」と不安になったのですが、コミカルにまとめてくれて良かったです。
これ、続き出て欲しいなぁ。

☆あらすじ☆
夢は竜王様の花嫁になること!それなのに、人間の王エドガルドの罠にかかって竜玉をとられてしまった赤竜ユエン。竜の姿に戻れなくなったユエンは、人間の少女の姿で彼の国に同行することに。辿り着いたのは建国したばかりの弱小国。王宮では美形で最強の宰相が待ちかまえていて―!?
「国を護るのに協力してほしいってどういうこと!?私の竜玉を返して!」
竜の乙女と彼女に一目惚れした青年王&宰相の国造りドラゴンファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む ふしぎの国の守護竜姫

魔術師の紅き獣 無茶ぶり仕事にご用心

『魔術師の紅き獣 無茶ぶり仕事にご用心』(天原ちづる著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

魔術師の紅き獣 無茶ぶり仕事にご用心 (一迅社文庫アイリス)
魔術師の紅き獣 無茶ぶり仕事にご用心 (一迅社文庫アイリス)

魔獣化してしまう呪いを持ったヒーローを、ヒロインが盛大にもふってオトすお話、だったのかな(すっとぼけ)
わんこ時々オオカミなヒーローがとても素敵でした。便利だし。
それにしても最近ヒロイン担ぐ系ヒーローが流行ってるのでしょうか? なぜかよく見る。
しかも大体お姫様だっこじゃないんですよね。なぜ・・・・・・
ちょっと中だるみする部分があったものの、全体的に面白かったです。
綺麗に終わったけど、続きは出そうと思えば出せる感じかな。

☆あらすじ☆
偶然、呪われた英雄ヴァンと出会ってしまった魔術師の少女エステルは、激しく後悔していた。なぜなら彼女が働く商会の長は、珍しいモノが好きで、希少な存在を見逃すはずがないからだ!案の定、彼を雇うから面倒を見ろと押し付けられてしまった。呪いのせいで、物を壊してしまう彼の後始末に奔走するエステルは、もうへとへと。そのうえ、王都を追われた第三王子の王位継承争いに巻き込まれて、ヴァンが魔獣に変身してしまい!?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 魔術師の紅き獣 無茶ぶり仕事にご用心

封鬼花伝1 暁に咲く燐の絵師

『封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師 (角川ビーンズ文庫)
封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師 (角川ビーンズ文庫)

「シュガーアップル・フェアリーテイル」の三川みりさんによる和風ファンタジー。
今回は元お姫様が主人公ですが、あくまで絵師という職人さんの立場で動いているので前作の換骨奪胎といった印象が強かったです。
ですが、話の起承転結はわかりやすいし、ヒロインの隠された秘密が明かされていく後半以降は前のめりになって読み切ってしまうくらい面白かったです。「成る絵」という要素も面白いですし、これからの展開に期待したい作品でした。

☆あらすじ☆
凄絶な美貌の第一皇子・刀火から、国を滅ぼす「絵」を封じるよう命じられた千樹。貴族が大嫌いで相性最悪の二人だったが、千樹は刀火の中に国を滅ぼす「魔王の種」が抱かれている事を知る!!それはかつて千樹の国を滅ぼした物で―!?
己の命運に「勝つ」ために、二人は過酷な試練に立ち向かう!!
三川みり×由羅カイリが放つ王道和風ファンタジー、登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 封鬼花伝1 暁に咲く燐の絵師

(仮)花嫁のやんごとなき事情7 離婚の誓いは教会で!?

『(仮)花嫁のやんごとなき事情 離婚の誓いは教会で!?』(夕鷺かのう著/ビーズログ文庫)★★★★☆

(仮)花嫁のやんごとなき事情7~離婚の誓いは教会で!?~ (ビーズログ文庫)
(仮)花嫁のやんごとなき事情7~離婚の誓いは教会で!?~ (ビーズログ文庫)

どんどん風呂敷を広げていっています。大丈夫か・・・!?
基本的に(嫁が)ハイテンションなシリーズですが、今回は旦那様のせいでちょっとシリアスです(注・シリーズ比)。でもすれ違った冒頭からのラストへのまとめ方はとても良かった。これぞ夫婦モノの真骨頂ですよね。
物語がどんどん大きくなっていて、終着地点が見えなくなってきました。まだまだ続きそうです。大好きなシリーズなのでぜひ頑張って欲しいです。

☆あらすじ☆
フェルが偽物だということがクロウにバレていた。短い人生でした!!と混乱するフェルに追い打ちをかけるように、クロウの態度が急変。今まで自分を信じてくれた彼に、これ以上嘘をつきたくないフェルは“偽嫁”白状を決意する。ところがいざ告白、というときにクロウから「神誓を解除したい」と言われてしまい!?それって、仮嫁とはマジ離婚ってこ…と?
ニセ新婚生活、想いが大迷走の第7弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む (仮)花嫁のやんごとなき事情7 離婚の誓いは教会で!?

ノーゲーム・ノーライフ5

『ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★★☆

ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)

なるほどわからん!だった4巻でしたが、この5巻でちゃんと追加説明されました。なるほど!
海棲種と吸血種の滅亡を防ぎ、女王を目覚めさせるために天翼種に挑む空と白。
今回はジブリールのバックグラウンドを詰めたお話でもありました。
作中に出てくる某ゲーム、以前から気になっていたのですがそんなに酷いのか・・・・・・

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―人類種の王となった地球出身の最強ゲーマー兄妹・空と白は、吸血種と海棲種の『リアル恋愛ゲーム』をかい潜り、真の攻略法を暴くべく向かうは天翼種の故郷、空中都市『アヴァント・ヘイム』!だが序列第六位、狂瀾怒涛の“神殺しの種族”が一筋縄で行くはずもなく―?
空と海を制し、比翼のゲーマーは三種族一挙制覇へその手を届かせるか!?
「俺TUEEEでゲームして一回負けたらクソゲ認定?“俺YOEEE”からやり直せ!」
大人気異世界ファンタジー、嘘と騙りと陰謀の入り乱れる大連戦の第5弾!! 

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ノーゲーム・ノーライフ5