「★★★★☆」タグアーカイブ

巡る世界の黙示録 少女戦隊ドリーム5

『巡る世界の黙示録 少女戦隊ドリーム5』(小椋春歌著/ビーズログ文庫)★★★★☆

巡る世界の黙示録 少女戦隊ドリーム5 (ビーズログ文庫)
巡る世界の黙示録 少女戦隊ドリーム5 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

こ れ は ひ ど い !!!!(褒め言葉)

まず、あらすじがひどい。

☆あらすじ☆
猫耳をつけた怪しい男に「ちょっと世界を救ってみませんか?」と声をかけられたごく普通の女子高生の要。「冗談じゃない!」と断るも、強制的に少女戦隊“ドリームピンク”をやるハメに。ステッキを持たされ、恥ずかしい変身ワードを言わされ、こうなりゃやけくそで敵を倒してやると覚悟を決めた要の前に現れたのは……へ? お坊さん――!? ツッコんだら負け!少女戦隊ヒーロー章(ショー)、ついに解禁!

もはや挑戦的すぎて感動するレベル。
発売日前からやたらと楽しみにしすぎて、配信開始0時ちょうどにBOOK☆WALKERで購入。
その勢いで読んだ深夜のテンションだからなのか脇腹痛くなるくらい笑いました。悔しいw
前作「恋する王子」シリーズもヒーローの変態具合と全体的なノリの良さが楽しかったのですが、今作序盤のテンションはそれを軽く上回ってます。何か色々振り切っている。
このテンションの高さが人を選ぶような気はしますが、私はすごく楽しめました。
思ってたより仏教な世界観のお話だったのが意外。中盤以降は割と真面目に(?)話が進みますしね。

この物語の中心にいるのは、ツッコミ担当主人公の要と、僧職系(草食系?)男子の光明。
ネコ耳つけた不審なイケメンによって彼らは強制的に戦わされます(一応)
美少女戦隊もののお約束はだいたい入ってます(一応)
ドリーム5なので美少女戦士はヒロインひとりではありません(一応)
悪の組織的なものも出てきます(一応)

負けると分かっていてもツッコミたいけれど、ネタバレにしかならないので以下で。

続きを読む 巡る世界の黙示録 少女戦隊ドリーム5

花神遊戯伝8 あさき夢見し、月読み乙女

『花神遊戯伝 あさき夢見し、月読み乙女』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

花神遊戯伝 あさき夢見し、月読み乙女<花神遊戯伝> (角川ビーンズ文庫)[Kindle版]
花神遊戯伝 あさき夢見し、月読み乙女<花神遊戯伝> (角川ビーンズ文庫)[Kindle版]

前回の大ピンチに続く第8巻。そして、今回もラストはぶった切りでございました。
気になる引き方ずるい!花神シリーズは途中まで1巻で起承転結をまとめていたことを思えば、完結が間近ということでしょうか。そう考えると寂しい。
今回は、これまで散々叩きのめされた知夏が立ち上がるお話。三角関係にも決着がつく・・・のか!?
あと、巻末に「ぬまごえさま」の短編が収録されています。絶対に収録時期を間違えている・・・・・・

☆あらすじ☆
もと女子高生。異世界で“女神”になると心決めたはずが―帝・司義の命により、『界の川』に落とされた知夏。遠のく意識の中で彼女が見たのは、神世から続く“怨み”の真相だった。護剣士『緋剣』たちや胡汀を救うと誓った知夏を、闇の記憶が襲うとき、救ってくれたのは意外すぎる人物で!?「陽女神の力はまだおまえのなかにある。そうだろう?」愛すべき“ぬまごえ様”との出会いを描いた短編も収録した、怒涛の第8弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 花神遊戯伝8 あさき夢見し、月読み乙女

恋と悪魔と黙示録3 身代わり魔術師と円環の葡萄祭

『恋と悪魔と黙示録 身代わり魔術師と円環の葡萄祭』(糸森環著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

恋と悪魔と黙示録 身代わり魔術師と円環の葡萄祭 (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録 身代わり魔術師と円環の葡萄祭 (一迅社文庫アイリス)

前回で両想いの恋人どおしになったのかと思ってたけど、そんなことはなかった。
ただし、初っぱなから甘甘です。角砂糖吐くレベル。
今回は前回の雪国と一変してアラビアンの雰囲気。お話の構造自体もアラビアンを徹底しています。
物語に幅のあるシリーズになりそうで嬉しい。
そしてアガルは相変わらずめんどくさ可愛いです。赤面が少なかったのが残念かも。
ただ、ラストがニヤニヤしすぎて顔面が痙攣するくらいなので少女小説好きにはぜひ読んで欲しい。

☆あらすじ☆
神魔のアガルと契約し“名もなき悪魔”の名を書に記す朔使となったレジナ。新居の掃除に大忙しの彼女のもとにロアス王子から届いたのは、熱帯の国・ティアティへの招待状!楽しい旅行になるはずだったのに、王子の妹姫を救うため、オアシスにある離宮に魔術師として潜入することになってしまい―!?一途な魔物との恋には、事件と障害がいっぱいです!?大人気★悪魔召喚ラブ第三弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋と悪魔と黙示録3 身代わり魔術師と円環の葡萄祭

恋と悪魔と黙示録1 契約の獣と身代わりの花嫁

『恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁』(糸森環著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁 (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁 (一迅社文庫アイリス)

「花神遊戯伝」(角川ビーンズ文庫)と同じ著者の作品です。
花神のほうもけっこう好きなので、読もう読もうと思っていたシリーズ。
読んでみたら、赤面乙女系ヒーローにやられました。なにこの生きもの、可愛すぎます。
主人公であるレジナも自分の目的をしっかり持った強い女の子なので、とても好感がもてます。アガルを言い負かしたりするしね。
文体自体も、花神と違って三人称視点だからか、読みやすい。花神より好きかもしれません。
2014年2月現在、3巻まで刊行されていますが、この1冊だけでも完結しています。気になっている方にはぜひ読んで欲しい作品でした。

☆あらすじ☆
「あなたは特別。契約して差し上げる」。悪魔の名を記した書を複製する森玄使であるレジナ。ある日、彼女は教会内で美しい獣型の高位の魔物を召喚してしまう。慌てて自室に獣を匿うけれど、聖祭の“神の花嫁”候補が悪魔に襲われる事件が発生!レジナは囮役として花嫁の身代わりをすることに―。そんな中、彼女の危機に美青年に姿を変えた獣が契約を迫ってきて…!?一途な魔物と乙女が織りなす、悪魔召喚ラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋と悪魔と黙示録1 契約の獣と身代わりの花嫁

(仮)花嫁のやんごとなき事情6 円満離婚に新たな試練!?

『(仮)花嫁のやんごとなき事情 円満離婚に新たな試練!?』(夕鷺かのう著/ビーズログ文庫)★★★★☆

(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~円満離婚に新たな試練!?~ (ビーズログ文庫)
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~円満離婚に新たな試練!?~ (ビーズログ文庫)

ついに地方民も発売日に読めるようになりました!ビーズログ文庫発売日に電子書籍同時配信!
家に引きこもったままiPadでささっと買えちゃうのがいいです。でも、あとがきにあるカバー裏のイラストは収録されず(涙)。電子書籍はこういうデメリットが目立つからいまいち広まらないんだよ!!!と怒りつつ、電子書籍業界の未来のために今後も買い支えていきます。

それはそうと(仮)花嫁シリーズ第6弾。シレイネさま本人登場からの退場で今後の展開どうなるの?え、まだ続くの?とか思っちゃってごめんなさい。むしろ本題に入るよ!ていう意気込みを感じる巻でした。あとがきには箸休めのお話とされていますが、いろいろきな臭い伏線を張ってあって、これからどうなるのかすごく楽しみです。そして相変わらずの時事ネタに変な笑いがこぼれます。このシリーズほんとに笑わせてくれるから大好きです。
今回の見所は(仮)夫婦の精神面の変化ですよ!悶えます。

☆あらすじ☆
(仮)夫婦だからこそ……このキョリ間に身悶える――!!
(仮)の旦那様クロウに対し、“嫌われて離婚してこい”から“ベタ惚れさせて離婚しろ”に命令変更を受けた身代わり花嫁のフェル。それってどうやんの――!? と悩みながらもクロウと距離を縮めていく中、突然「来ちゃった☆」と、クロウの長兄ジルフォードがやってきた!しかも彼はフェルに「愚弟が本当に君の正体に気づいてないと思う?」と言い出し……!?
ニセ新婚生活、爆弾投下の第6弾!

深夜のテンションのまま、「ふひっ」とか変な音出しつつ読んでしまったことを思い返しながら感想です。

続きを読む (仮)花嫁のやんごとなき事情6 円満離婚に新たな試練!?

シュガーアップル・フェアリーテイル14 銀砂糖師と銀の守護者

『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と銀の守護者』(三川みり著・角川ビーンズ文庫)★★★★☆

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と銀の守護者 (角川ビーンズ文庫)
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と銀の守護者 (角川ビーンズ文庫)

今回も面白かったです!いよいよクライマックスに向けて物語が加速していますね。シリーズ第14巻。
シリーズ序盤からの伏線もいくつか回収されました。銀砂糖妖精筆頭とアンの対決、シャルの羞恥心の目覚め(笑)、ヒューの渋かっこよさが見所です!!

☆あらすじ☆
「約束の証をやる。俺が作れるのはこれだけだ」ハイランド国王は、妖精王シャルの申し出を受け「人間と妖精に優劣はない」と誓約することを決める。それを成立させる条件は、シャルが「最初の銀砂糖」を持ち帰ることだった!!アン達は「最初の砂糖林檎の木」に向かう。そこで「最初の銀砂糖」を手に入れるため、アンは持てる技術の全てを賭け、作品を作るが―!?過去と邂逅し、人間と妖精が自らの運命を賭けて戦う!!

感想です。次巻の見返し用も兼ねているのでやたら長いです。

続きを読む シュガーアップル・フェアリーテイル14 銀砂糖師と銀の守護者

思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車

『思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車』(谷瑞恵著/集英社文庫)★★★★☆

思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)
思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)

伯爵と妖精の新刊を読んで、こっちを買ったまま積んでいたことを思い出しました。
谷瑞恵さんの一般小説2冊目。本屋さんに行くとけっこう目立つ場所に平積みされていて、「よしよし」と思ってしまいます。
前巻で恋人どうしになった時計屋さんと明里。呼び方や距離感が変わっていて、作中の糖度も5割増しですw
日常の小さなミステリーを不思議な雰囲気をまじえつつ、時計屋さんが解き明かしていく短編集。優しい余韻に癒やされます。

☆あらすじ☆
寂れた商店街の片隅に佇む、「おもいでの時修理します」という不思議なプレートを飾った飯田時計店。店主の時計師・秀司と、彼の恋人で美容師の明里のもとを、傷ついた記憶を抱えた人たちが訪れる。あの日言えなかった言葉や、すれ違ってしまった思い―家族や恋人、大切な人との悲しい過去を修復できるとしたら?切なく温かく、心を癒す連作短編集、シリーズ第2弾。文庫書き下ろし。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車

灰と幻想のグリムガル1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ

『灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ』(十文字青著/オーバーラップ文庫)★★★★☆

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年6月刊。
大好きな薔薇マリの十文字青さんの新作(といってもあと数日で2巻が刊行されますが)。
薔薇マリのように、読んでる人間の心を抉ってくるような心理描写を期待して買いました。評判も良いみたいですし。
心理描写そのものは薔薇マリほどきつくはなかったものの、とても丁寧かつ繊細に描かれています。さすがすぎる。他の十文字青作品も買います!
「突然RPGな世界に放り込まれました」といった感じの主人公たちが右も左も分からず、その日を生きていくためにとりあえず戦って行くお話。お金の話がやけに世知辛いのは薔薇マリも同じでしたね(笑)
薔薇マリではマリア以外のZOOメンバーは最初からハイレベルでしたが、グリムガルは全員がレベル1。そのためか、けっこう雰囲気が違います。RPGの序盤をプレイしているときのようなハラハラした感じがたまりません。やばい、やばいって、全滅しそう、やばっ!みたいな。
とても面白かったので2巻以降も期待できそう!

☆あらすじ☆
そこには幻想は無く、伝説も無い。十文字青が描く「等身大」の冒険譚がいま始まる!
おれたち、なんでこんなことやってるんだ……?ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。周囲には同じように名前くらいしか覚えていない男女、そして地下から出た先に待ち受けていた「まるでゲームのような」世界。
生きるため、ハルヒロは同じ境遇の仲間たちとパーティを組み、スキルを習い、義勇兵見習いとしてこの世界「グリムガル」への一歩を踏み出していく。その先に、何が待つのかも知らないまま……。
これは、灰の中から生まれる冒険譚。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ

花神遊戯伝7 あさき夢見し、百華の雪

『花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪 (角川ビーンズ文庫)
花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪 (角川ビーンズ文庫)

今回、辛すぎる!!!試練の回です。そして、神世の謎がかなり解き明かされています。

☆あらすじ☆
もと女子高生。異世界で“女神”になると心決めたはずが―敵対する帝・司義によって、魔物である滸楽に堕ちた“失格女神”の烙印を押された知夏。対抗するために祭祀を司る帰鼓廷に向かうが、そこには知夏にかわる次代の女神、新『緋宮』がいた。胡汀だけでなく、護剣士の『緋剣』たちとも引き離され、捕らわれる知夏。絶体絶命のピンチに、裏切るのは誰…!?「俺は一度、女神に追い掛けられてみたい」急展開の第7弾!!異世界トリップ・ファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花神遊戯伝7 あさき夢見し、百華の雪

薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2

『薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2 (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2 (角川スニーカー文庫)

つぼコロ完結。11巻の次に刊行されていて、時系列的にもSmC編後、最終章前のどこらへんかです。
甘い青春小説(途中だいぶ鬱)でした。レニィたちがエルデンで生きづらそうなのを見てると、マリアがZOOに入ってからどれだけ生活が楽になったのか分かる気がします。

☆あらすじ☆
あの人と会われるんですか?コロナがレニィに発した一言。“あの人”が誰を指すか、レニィはすぐに理解した。しかし、それだけでなく、攻撃的で、恨みがましくて、それでいてすがるような、何とも言いがたい輝きに揺れているスミレ色の瞳。かすかに潤んだコロナの目に、レニィは怯んでしまい…。少しずつ、少しずつ、距離を縮めていく2人。天然系魔術士コロナと孤独な少年レニィの物語、完結編。ついに登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2