「★★★★☆」タグアーカイブ

薔薇のマリア12 夜に乱雲花々乱れ

『薔薇のマリア12 夜に乱雲花々乱れ』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア 12.夜に乱雲花々乱れ (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 12.夜に乱雲花々乱れ (角川スニーカー文庫)

ルーシー編第2弾。マリア視点に戻りました。といってもヨハン様のメガネ萌えにもだえる番人から始まるのでびっくりしますが。あと、なんかマリアがやたら甘いです。甘ったるいです(良い意味)。
アジアンとの距離感がじれったい!!!

☆あらすじ☆
ZOOの新メンバー、ルーシー。彼の父親は、あのSIXなのか。マリアたちが息の根を止めたはずのSIXが、生きていたというのか。ルーシーにどう接するべきか戸惑うマリア。そして、真偽を確かめるために第八区へと向かい、SIXらしき男と対峙するアジアン。一方、SIXへの復讐を誓う、「秩序の番人」の副長ヨハンは…。「君を一度、この腕で抱けばよかった」―。最も過酷な最後の戦いが幕を開ける!慟哭の新章、第2弾登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア12 夜に乱雲花々乱れ

薔薇のマリア11 灰被りのルーシー

『薔薇のマリア11 灰被りのルーシー』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア 11.灰被りのルーシー (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 11.灰被りのルーシー (角川スニーカー文庫)

セブンス編から1年とちょっと経っています。マリアの成長にじーんとくる。個人的にアジアン祭りで、なんか不思議なくらい笑いまくってました。新キャラ・ルーシー視点で、新章の序章なんだけど外伝的な雰囲気の1冊です。

☆あらすじ☆
マリアは、悪漢にさらわれかけていたルーシーを助けトマトクン邸へと招く。お金も行き場もないルーシーは、エルデンで独り立ちしようともがき苦しむ。そんなルーシーはアンダーグラウンドへと誘うマリア。目的地はD3“渾沌峡間”。多くの侵入者が探索に挑戦し、生還できなかった難所でZOOのメンバーたちは…。少し成長したマリアとZOOを襲う新たな試練、ルーシーに秘められていた衝撃の真実。驚天動地の新章、スタート

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア11 灰被りのルーシー

薔薇のマリア9 さよならの行き着く場所

『薔薇のマリアⅨ さよならの行き着く場所』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア IX.さよならの行き着く場所 (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア IX.さよならの行き着く場所 (角川スニーカー文庫)

前回のニヤニヤする幕引きから一変し、事態は不穏な空気に。ランチタイムが大変なことになってます。
なんだか4巻を彷彿とさせるニヤニヤシーンも大増量。でも個人的にはジンワンがイケメンだったことに衝撃を受けました。

☆あらすじ☆
ZOOが留守にしていた間に、エルデンでは“昼飯時”のメンバーが姿を消してしまう失踪事件が発生。メンバー消失の痕跡を求め、アジアンに協力することになったマリアたちだったが、目の前に現れた“白い魔術士”により、アジアンともども最悪のゲーム“7Sとの七つの勝負”に参加することに…ZOO、昼飯時、S*K、今クランの枠を超えた仲間たちが結集し、決戦に挑む!マリアとアジアンの想いが交錯するシリーズ新章、急展開。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア9 さよならの行き着く場所

薔薇のマリア4 LOVE’N’KILL

『薔薇のマリアⅣ LOVE’N’KILL』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア IV.LOVE’N’KILL (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア IV.LOVE’N’KILL (角川スニーカー文庫)

個人的にアジアン祭りな1冊でした。冒頭からにやけて仕方なかった・・・
ハイテンション絶好調なアジアンに対して、マリアのメンタルは超最低状態です。

☆あらすじ☆
エルデンに突如現れた謎の人物ルイ。自称“ベストセラー小説家”のその男が、8億ダラーの伝説の賞金首「蜥蝪四兄妹」の討伐企画を発表。マリアたちZOOも賞金目当てに参加することにするが、そこで待ち受けていたものとは!?一方、街は異界生物があふれ出てくるという異常事態に。「世界がおかしい」―人々がその異変に気づき始めた瞬間、それは大いなる意志による大いなる実験の始まりだった!異常事態に恋の花咲く新展開。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア4 LOVE’N’KILL

東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE

『東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE (富士見ファンタジア文庫)

ついに新章開幕!!春虎、夏目、冬児ときて、ついに「秋」が登場!!
呪術バトルが派手で面白かったのですが、伏線もドドーンと張られちゃってます。
つづき!つづきを早く・・・っ!!!!

☆あらすじ☆
「ごめんな、夏目」その言葉を残し、春虎は夏目の前から姿を消した。そして――物語の舞台は、とある山寺へ。寺預かりとして雑用をこなす少女・秋乃の前に、蛟の生成りという新入りが入ってきて……。新章突入!

感想を!

続きを読む 東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE

薔薇のマリア3 荒ぶる者どもに吹き荒れろ嵐

『薔薇のマリアⅢ 荒ぶる者どもに吹き荒れろ嵐』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア III.荒ぶる者どもに吹き荒れろ嵐 (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア III.荒ぶる者どもに吹き荒れろ嵐 (角川スニーカー文庫)

SmC編完結。そしてVer0からの一連のストーリーに一区切りです。戦争してます。むごい。暴力が支配する世界で非力なマリアが懸命に頑張っています。読んでて緊張しますが、読了後の開放感が最高です。

☆あらすじ☆
ベアトリーチェを救出したのもつかの間、エルデンの正義を守る“秩序の番人”と凶悪クラン“SMC”が全面対決に突入。マリアたちZOOにも再びSMCの極悪リーダーSIXの影が迫っていた。進撃するZOO。しかし激しい攻防の最終局面、彼らの行く手を阻んだのは、なぜかマリアにとって最高の味方であるはずのアジアンその人だった!対峙するアジアンとZOOのマスター・トマトクン。なぜ二人が!?今宵マリアにあまたの涙の雨が降る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア3 荒ぶる者どもに吹き荒れろ嵐

薔薇のマリア2 壊れそうなきみを胸に抱いて

『薔薇のマリアⅡ 壊れそうなきみを胸に抱いて』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア II.壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア II.壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)

アジアンきたーーー!!と思ってたらいきなり窮地に立っちゃってます。
薔薇マリの世界がいかに冷たく生きづらく容赦のない世界なのかよくわかる第2巻。あとがきによると、ここからようやく本編スタート?(ver0→1→Ver1と読んだせいで序章が長すぎた・・・)物語が動き出してます!

☆あらすじ☆
喪神街(オレストロ)で伝説の魔導女王を葬ったマリアは、街で一人の少女ベアトリーチェと出会う。蒼い瞳が印象的な美少女がマリアにもたらしたものとは、儚い微笑み、極悪クランの罠、ほんのちょっぴりの強さ、そして―。エルデンの街がクラン同士の抗争にのみ込まれ、マリアに最悪の危機が迫るとき、再びZOOの仲間が立ち上がる!義のために押し殺す愛、愛するがゆえの非情。誇り高き仲間たちが再び闘いに挑む、待望のシリーズ第2弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア2 壊れそうなきみを胸に抱いて

薔薇のマリア Ver1 つぼみのコロナ

『薔薇のマリアVer.1 つぼみのコロナ』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリアVer1 つぼみのコロナ (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer1 つぼみのコロナ (角川スニーカー文庫)

「薔薇のマリア」短編その2。ただし、本編前に必読のVer0と違い、「つぼみのコロナ」は独立した話だそうです。いつ読んでもいいみたいだけど、レニィとコロナの関係が気になるのでさっさと読んでみました。予想外に鬱な話でした・・・そして予想以上に面白かった。

☆あらすじ☆
常にマリアローズを騒動に巻き込む天然系魔術士コロナと、少年レニィとの出会いを描くドタバタ珍道中―突然鬼人に追いかけられるわ、目の色が銀色になっちまうわ、変な力が勝手に身に付いちゃうわ、全部このへっぽこ魔術士に出会ったことが原因だ。おいおい何なんだこの状況、俺は無事エルデンにたどり着けるのかぁ!?―はたしてレニィの心の叫びはコロナに届くのか?魔術士コロナの真実の物語、書下ろしを加えた完全版登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア Ver1 つぼみのコロナ

東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN

『東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN (富士見ファンタジア文庫)

前回同様、短編4本+中編。中編は合宿編です。短編はハイテンションに面白く、中編はなんだか不穏な空気をまき散らしています。

☆あらすじ☆
嵐のような薪入生―鈴鹿から解放され、束の間の自由を満喫する春虎と夏目。向かった先は、陰陽塾に所属する上級生のみで行われる、富士山麓の実技合宿所。「いやぁー楽しみだなぁ、合宿!」「何しろ『一年には関係ない』もんね!」「いいよなー!」「いいよねっ」浮き立つ心をおさえきれずにハシャぎまくる二人。しかし―「もうっ!ダーリンたら遅いぃーー」まさかの嵐が再び襲来!忠義心は人一倍・任侠式神コンや男装夏目を初恋の王子と慕う京子、そして謎の幼女好きまでが入り乱れ、楽しいはずの合宿は悪夢の合宿へと変貌する。

では、感想を。

続きを読む 東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I

『東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-4)
東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-4)

3巻で盛り上がってきたーっと漲っていたら、4巻は鈴鹿再登場の中編+春虎たちの学園生活を描いた短編4本でした。ちょっとガクっときたけど、コメディ面白かったので問題なしです。夏目が壊れていく・・・表紙で女子の制服着てるけど、納得です。

☆あらすじ☆
土御門夏目―芯が強くて楚々とした、春虎自慢の幼なじみ。…の、はずだった。半年前までは。しかし現在。「このバカ虎!」。半年ぶりに再会した幼なじみは、陰陽塾きっての秀才で口が悪くて素直じゃなくて、とある理由で男装女子になっていた!?そして、その男装女子に日々振り回されている、日本一ツイていない少年、土御門春虎。「夏目君とデキてる…ホモなんでしょ?」「いや実は幼女好きだって」。クラスメイト曰く『ホモだと思ったらロリコンだった』。心ない噂と運の悪さに苦しむ春虎。しかも二年になった二人を襲ったのは、あの夏の日の「嵐」!大騒動の学園生活を経て波乱の新学期がいま始まる。

感想を。

続きを読む 東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest I