「★★★★☆」タグアーカイブ

月とライカと吸血姫2/牧野圭祐

月とライカと吸血姫 2 (ガガガ文庫)
月とライカと吸血姫 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
米ソ宇宙開発競争をモチーフにした宇宙飛行士たちの物語第2弾。
前巻が綺麗に終わっていたのでまさか続くとは思わなかったけれど、読んでみると前巻と対になっている1冊なのだと実感しました。
前回はサポートに回っていたレフが主人公として大活躍。今回もとても面白かったです。
そして巻末を見るに、このシリーズはまだまだ続くのか!

☆あらすじ☆
高度百キロメートルの宙から君を想う。
『ノスフェラトゥ計画』の一件を評価されたレフ・レプス中尉は、晴れて念願の宇宙飛行士候補生に復帰する運びとなった。それに合わせて吸血鬼の少女イリナ・ルミネスクを監視する任務からも解かれることになる。昼を生きるレフと夜を生きるイリナ。ふたりは同じ基地内でもすれ違ってしまう、そんな生活が続いていた。イリナの様子を気にかけつつも、レフは自身の夢を叶えるために「人類史上初」をかけた宇宙飛行士選抜試験に挑み、優秀なライバル達と鎬を削る。その一方で、不穏な空気がイリナの周りを包もうとしていた。
「実験体が帰還したようです」「……もう用済みだろう。廃棄処分を」
回り始めた運命の歯車は、果たしてどこに行き着くのか――。
世界に渦巻く巨大なうねり。一枚岩ではない共和国政府。追いつけ追い越せと躍起になっている連合王国。いまだ人類が宇宙に行くことが奇跡だと思われていた時代。様々な思惑に翻弄されながらも、命を懸けて遥か宇宙を志すふたりがいた。宇宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女が織りなす、宙と青春のコスモノーツグラフィティ第二幕。

以下、ネタバレありの感想です。 続きを読む 月とライカと吸血姫2/牧野圭祐

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
ロキ・ファミリアの嫌われ狼・ベート回。
私の中でベートへの好感度が限界突破した巻でした。
ベートさん、そんな気配はあったけれど、ちょっと私の好みにどストライクすぎやしませんか・・・!

☆あらすじ☆
これは、もう一つの眷族の物語―【剣姫の神聖譚】―
「言っただろ、雑魚は足手纏いだってな」
人造迷宮撤退を受けて死者にさえ嘲笑を向けたベートは派閥から孤立するが……
「いたぁー! ベート・ローガ!」
突如アマゾネスの少女レナから猛烈な求愛により、なし崩し的に同居生活が始まってしまう! 彼女との交流が『牙』にまつわる記憶を喚起させ、己の過去と向き合うことになる。一方、その裏で静かに暗躍する死神の眷族達。仲間を奪った凶刃が今、再びベートのもとに迫ろうとしていた――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8/大森藤ノ

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~6/東龍乃助

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 6 (MF文庫J)
エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 6 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
熱血ロボットラノベ、新章スタートの第6巻。
前巻が急転直下な展開だったので、どう続くのかと思いきや・・・・・・。
ううむ、これはネタバレなしのコメントが難しい!

☆あらすじ☆
とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第六弾!
エイルンが殺害されて一年。マリスの侵攻が活発化し、人類は窮地に追い詰められていた。第二部スタート。とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第六弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~6/東龍乃助

ブライディ家の押しかけ花婿/白川紺子

ブライディ家の押しかけ花婿 (コバルト文庫)
ブライディ家の押しかけ花婿 (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2017年5月刊。
ワンコ系王子様が押しかけ花婿としてやってきた!というところから始まるラブファンタジー。
すごく可愛い世界観や設定なのに、切ない悲しみを兼ね備えることで物語がきゅっと引き締まっているのがとても良かったです。
挫折を抱えるヒロインって好きだなぁ。なかなか素直にならない彼女をグイグイ押していくヒーローは命令されたがり系純情ドMだと思います。
「若奥様、ときどき魔法使い。」と同じ世界観なのだけど、息をするように魔法を使うおとぎ話のような世界観が相変わらず素敵すぎます・・・!

☆あらすじ☆
マリー・ブライディは伯爵令嬢でありながら、社交界にも出ず、魔法石の研究に没頭している17歳。ある日、酔っぱらった父が「おまえの花婿を拾ってきてやったぞ」と、ひとりの青年をつれてくる。デューイというその青年は、なんとこの国の王子だった。デューイはマリーに求婚するが、独身主義のマリーは結婚する気などまったくない。だが、デューイは花婿として家に居座ってしまい…?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ブライディ家の押しかけ花婿/白川紺子

自殺するには向かない季節/海老名龍人

自殺するには向かない季節 (講談社ラノベ文庫)
自殺するには向かない季節 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年5月刊。
第6回講談社ラノベ文庫新人賞「大賞」受賞作。
なんだろう、今の気分的に妙に刺さってくるこの感じ。
自分の不用意な一言で同級生の女の子を自殺に追いやってしまった少年が、タイムスリップして過去に戻る物語。
この展開、過去に戻った主人公はヒロインを助けに行くと思うじゃないですか? そんなことはなかった。
ひたすらダウナーで憂鬱な雰囲気で綴られるのは、繊細すぎてフラっと消えてしまいそうな少年と少女が生と死を見つめ続ける暗い青春の日々。
このテンションの低さと死生観、正直とっても好きですね・・・・・・

☆あらすじ☆
永瀬はある朝、同じクラスの生徒、雨宮翼が列車に飛び込む瞬間を目撃してしまう。なぜ死を選ぶのかその理由を考えるが答えは出ない。そんな永瀬は友人の深井からあるカプセルを渡される。それはとても小さなタイムマシンなのだという。半信半疑ながらその日の夜にカプセルを飲んだ永瀬が目覚めると、二週間以上も過去に戻っていた! そして永瀬は、雨宮と雨の屋上で出会うのだが――青春を鮮烈な筆致で描く<大賞>受賞作が登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 自殺するには向かない季節/海老名龍人

この素晴らしい世界に祝福を!11 大魔法使いの妹/暁なつめ

この素晴らしい世界に祝福を!11 大魔法使いの妹 (角川スニーカー文庫)
この素晴らしい世界に祝福を!11 大魔法使いの妹 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年5月刊。
今回も安定のクズ・・・面白さでした!
めぐみんこんなに可愛いのに男の趣味がそれでいいのか本当にいいのか笑ってしまう。

☆あらすじ☆
めぐみんの妹がアクセル中を振り回す!? こめっこ注意報発令の第11巻!
無事アイリス護衛の任務をやり遂げたカズマたちの元へ、めぐみんの妹こめっこが訪ねてくる。無邪気な妹の尊敬目線にカズマやアクア、ダクネスまで良い気分に。さらなる勇姿を見せようと珍しくクエストに出かけるが?
電子版特典として、電子限定書き下ろし短編『そのスキル、危険につき』を特別収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む この素晴らしい世界に祝福を!11 大魔法使いの妹/暁なつめ

身代わり伯爵と終幕の続き/清家未森

身代わり伯爵と終幕の続き (角川ビーンズ文庫)
身代わり伯爵と終幕の続き (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年5月刊。
本編が完結した身代わり伯爵シリーズ待望の後日談外伝集。
本編完結巻は2015年11月発売だったんですよね。えらく時間かかったなぁと思っていたら清家さんが体調不良だったとのこと。どうぞご自愛くださいませ・・・。
肝心の内容は相変わらずの楽しい身代わり伯爵ワールドでした。
リヒャルトとフレッドの馴れ初め話もよかったけれど、団長のクズ野郎っぷりに憤慨するエピソードが割と衝撃だったかもw

☆あらすじ☆
お待たせしました! 大人気シリーズの「その後」の物語が登場!!
大公夫婦に第三子誕生!……そのとき何が起きたのか?(「身代わり伯爵と終幕の続き」)、変人揃いの女官見習い一同が、若手騎士との集団お見合いを実施!?(「令嬢たちのお見合い大作戦」)、華麗なる恋愛遍歴を持つ第五師団長・ジャック。ついに彼に恋の女神が振り向く――か?(「身代わり伯爵と忘れじの恋の約束」)他、リヒャルトとフレッドの出会いを描いた非売品小冊子掲載の中編も収録! あの人もこの人も登場する幸せいっぱいの短編集!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり伯爵と終幕の続き/清家未森

杖と林檎の秘密結婚2 新婚夫婦のおいしい一皿/仲村つばき

杖と林檎の秘密結婚 新婚夫婦のおいしい一皿 (ビーズログ文庫)
杖と林檎の秘密結婚 新婚夫婦のおいしい一皿 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
酒豪ヒロインと下戸ヒーローの結婚ラブコメ第2弾。
腹黒お坊ちゃんが全力で外堀を埋めた結果、「僕の方ばっかり好きなんじゃん」って不貞腐れるのがめちゃくちゃ可愛いかった〜w
前巻よりも夫婦漫才のキレが良くなっていて、ラブコメとしてすごく楽しかったです。
流れるような貧乳disには「この野郎!」って思ったけれど!
色んな積み残しも解消して綺麗に物語が終わっているから完結でしょうか。次回作も楽しみです。

☆あらすじ☆
空腹時注意!! 神も見守る飯テロ恋愛ファンタジー!
ナルラ伯爵家に棲む英雄神・ハーキュリーズに、薬酒と魂の食物を捧げるため、当主オーガストと秘密結婚したアップル。夫に美味しい料理をふるまい新婚らしい二人だが……まだ正式な夫婦ではなく、オーガストは拗ねまくり! 改めてアップルの父に挨拶するため実家に行くと、なんと父が決めたアップルの婚約者という男が!! アップルの料理に惚れた彼は猛アタックを始め!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 杖と林檎の秘密結婚2 新婚夫婦のおいしい一皿/仲村つばき

ゼロから始める魔法の書9 ゼロの傭兵(上)/虎走かける

ゼロから始める魔法の書IX -ゼロの傭兵〈上〉- (電撃文庫)
ゼロから始める魔法の書IX -ゼロの傭兵〈上〉- (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
美貌の魔女と獣の傭兵の旅を描く王道ダークファンタジー第10弾。
ついに目的地に到着!
・・・・・・のはずが、なんだかプロローグが不穏。そしてラストの衝撃。
ああ、なんという展開に・・・!

☆あらすじ☆
救うべき“代行様”に関する真実とは!? 北の大地にたどり着いたゼロと傭兵に衝撃の展開が待ち受ける!
〈禁書館〉で下した悪魔“万里を掌握せし千眼の哨”の力で道の先を警戒し、北のノックス大聖堂へとたどり着いたゼロと教会騎士団一行。悪魔と天才魔女のおかげで行軍は順調に進み、隊長のジェマをはじめ、騎士団のゼロたちへの意識は変わりつつあった。ノックス大聖堂の主教様へのお目通りにジェマが向かう間、傭兵たちは混乱を招かぬよう街の外で待機することに。しかし、血相を変えて戻ってきたジェマが告げたのは、救うべき“代行様”に関する真実だった。一方ゼロは、教会騎士団を無事送り届け任務が完了したことで、改めて師匠の元へと向かおうとしていた。既に居場所も把握しており出発しようとすると、思いがけず、主教と面会の機会が設けられる。それを快く思わない近衛騎士隊長のオルルクスは、なにやら不穏な動きを見せるのだが……。つかの間の平穏を楽しむ傭兵に、魔女であることを思い悩むゼロが告げたのは──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゼロから始める魔法の書9 ゼロの傭兵(上)/虎走かける

初恋彗星/綾崎隼

初恋彗星 (メディアワークス文庫)
初恋彗星 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2010年5月刊。
花鳥風月シリーズ第2弾。といっても各巻独立した読み切り作品です。
今回は、星と初恋と秘密の物語。
純粋だけど歪んでいて、悲しいまでに一途な恋のお話です。
4人の幼なじみの間に隠された秘密と、それを知って選ばれた未来が重く切なくて、これをハッピーエンドと思うことは私にはできない・・・・・・。
それでも不思議とあたたかい読後感に、なんだか泣けてくる作品でした。

☆あらすじ☆
ある夜、逢坂柚希は幼馴染の紗雪と共に、重大な罪を犯そうとしていた舞原星乃叶を助ける。彼女は紗雪の家で居候を始め、やがて、導かれるように柚希に惹かれていった。それから一年。星乃叶が引っ越すことになり、次の彗星を一緒に見ようと、固い約束を三人は交わす。しかし、星乃叶と紗雪には、決して柚希に明かすことが出来ない哀しい秘密があって…。精緻な構成で描かれた、狂おしいまでのすれ違いが引き起こす、『星』の青春恋愛ミステリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 初恋彗星/綾崎隼