「★★★★☆」タグアーカイブ

ほま高登山部ダイアリー/細音啓

ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)
ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年2月刊。
好きな女の子に告白したはずが、なぜか登山部に入ることになった少年が「登山」の面白さを知っていく物語。
すごく素敵な登山青春小説でした。優劣をつけることなく、みんなで一つの目的に向かってワクワクと楽しみ尽くすっていうのが良い。登山部のアットホームで優しい雰囲気がすごく心地よかったです。
個人的には今回くらいの初心者登山には結構覚えがあって、「わかるわかる」と共感できたことも楽しかった。シリーズ化したらもっと難しい山にも挑戦したりするのかな?
主人公の片想いも好みな恋模様だったので、こちらの進展も期待しています。

☆あらすじ☆
少年は(山に)恋する少女に恋をした。
登山に青春をささげるあまり、恋愛を知らずにいる少女たち。 そんな女の子・乃々星縁に恋をした冬峰冬馬は、高校入学を機に彼女に決死の告白を。 しかし、運悪く「登山が好きだ」と勘違いされ、あげくの果てに登山部の部長に現場を見られて、未知の登山部へと強制入部することに!?
登山部に所属する個性的な先輩たちに振りまわされながらも、登山について学び始める冬馬と縁。 部活の仲間にはなれたものの、恋の進行は鈍行運転。 とはいえ冬馬も縁と共に、次第と登山そのものに惹かれるようになっていく。
「登山部って、普段何をしてるの?」 「登山にジャージが適さない?」 「キャンプの定番、カレーは山頂での食事には向いてない?」
初めての知識や経験の数々。 冬馬は縁と過ごせる一緒の時間が嬉しいだけでなく、いま、ここでしか味わえない、先輩や仲間との青春の良さも感じたりして――。
山に恋するあまり恋愛感性ゼロの山ガールに、果たして冬馬の思いは届くのか!?  青春の坂道を駆け上がる、登山部ラブコメ一合目。
『世界の終わりの世界録』などで活躍中の実力派・細音啓が、青春小説に初挑戦!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ほま高登山部ダイアリー/細音啓

おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱/オキシタケヒコ

おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱 (講談社タイガ)
おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年2月刊。
面白かったー!
『筺底のエルピス』のオキシタケヒコさんの新作。ジャンルレスと聞いていたけれど、たしかにちょっと一言で説明しづらい作品でした。
ホラーで、オカルトで、SFで、ボーイ・ミーツ・ガールで、それらが二重にも三重にも絡み合った不思議な物語。
怖がりな「ミミズク」が座敷牢の少女にせっせと怪談を運ぶ日々は、やがて彼を不思議な世界へと導いていくのです。
途中までほんとに怖かったし、世界観が凝っているぶん理解するまでが大変だったものの、最後まで読むと素晴らしい満足感に浸れる作品でした。

☆あらすじ☆
「ひさしや、ミミズク」今日も座敷牢の暗がりでツナは微笑む。山中の屋敷に住まう下半身不随の女の子が、ぼくの秘密の友達だ。彼女と会うには奇妙な条件があった。「怖い話」を聞かせるというその求めに応じるため、ぼくはもう十年、怪談蒐集に励んでいるのだが……。ツナとぼく(ミミズク)、夢と現(うつつ)、彼岸と此岸が恐怖によって繋がるとき、驚天動地のビジョンが“せかい”を変容させる――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱/オキシタケヒコ

おこぼれ姫の円卓の騎士16 反撃の号令/石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
いよいよラストスパート突入。
サブタイ通りに反撃開始!の16巻なのだけど、それよりも、えっ、表紙が・・・!
メインストーリーも面白かったけれど、表紙を見たときの「まさか!?」という期待にも応えてくれる内容でした。最高か。

☆あらすじ☆
白魔の山脈を越え、無事イルストラ国に辿り着いたレティーツィア。長兄フリートヘルムに対抗するには、まずこの国の協力を得なければならない。“未来の女王”としての威厳を保ちつつ、交渉の席につく。一方、レティの騎士達もそれぞれに作戦を決行!しかし、軍師ゼノンの方が一枚上手で……!?
レティとデュークの恋の行方も気になるクライマックス目前第16弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫の円卓の騎士16 反撃の号令/石田リンネ

ソウルトランサー/菱川さかく

ソウルトランサー (徳間文庫)
ソウルトランサー (徳間文庫)

評価:★★★★☆
2017年2月刊。
エブリスタ小説大賞2015-2016徳間文庫冒険エンターテインメント小説賞大賞受賞作。
犯罪者の巣窟を舞台に、捜査官と犯罪者の男女入れ替わりを描いたアクションSFです。
コメディタッチにテンポ良く進むストーリーは楽しく、一応敵対関係なのに相棒になってしまった2人の共闘にワクワクできる物語でした。バディもので役割分担がはっきりしてるのって良いですよね〜。
彼らの追跡&逃亡劇はトラブル続出でスリリング。そしてあまりにもうまく作られた構成に爽快感すら覚えました。
入れ替わりネタの使い方も良いし、ボーイ・ミーツ・ガールとしても満足の1冊です。こういうエンタメ全開な作品は大好きだ!

☆あらすじ☆
最強の美少女ハッカー“ゴースト”を追い詰めた。しかし逮捕まであと一歩のところで轟音が鳴り響き、気を失って…。目が覚めると「俺」が眼前にいた。ガラスに映った俺の姿はゴーストになっている。―なんと、魂が入れ替わってしまった!早く原因を突き止めなければ。特別認定犯罪者対策機関「特対」のレドは、魂交換者のゴーストと共に犯罪者の巣くう「迷宮街」へと乗り込む!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ソウルトランサー/菱川さかく

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい/合田拍子

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい (ファンタジア文庫)
豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年2月刊。
第1回カクヨムWeb小説コンテスト「特別賞」受賞作。
面白かった〜!
アニメの嫌われキャラに転生した主人公が、アニメ知識を得たことで自己改革(主にダイエット)を目指す物語。
男版悪役令嬢転生+成り上がり英雄譚+純愛ストーリーとか、設定が直球に私好みすぎて楽しめないわけがないw
主人公は自他共に認める「豚公爵」なので丸々としているのだけど、健気だし優秀だし優しいしで好感度の高いキャラクターでした。
愛しい少女のために豚公爵になった元神童は、失恋の運命を回避して彼女にふさわしい男になれるのか。
2巻発売が決定しているようだし、今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
カクヨムPV数NO.1の小説がついに書籍化!
大人気アニメ『シューヤ・マリオネット』には、嫌われ者が存在する。魔法学園に通うデニング公爵家三男こと豚公爵だ。そんな悪役に転生してしまった俺は、このままじゃバッドエンド直行!? ……だけど熟知したアニメ知識と、『全属性の魔法使い』なんていう無双能力を駆使すれば、学園の人気者になって、運命も変わるハズ! そして、アニメの中では成し遂げられなかった豚公爵のささやかな願い──
「おはようございます、スロウ様!」
滅ぼされし大国のお姫様。今は俺の従者である愛しのシャーロットへ。君に相応しい男になって、告白してやるんだ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい/合田拍子

山内くんの呪禁の夏。1・2/二宮酒匂

山内くんの呪禁の夏。 (角川ホラー文庫)
山内くんの呪禁の夏。 (角川ホラー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

総評:★★★★☆
1巻:2016年5月刊。 2巻:2016年9月刊。
最近ホラーものが得意じゃなくなっていたのだけど、これは大丈夫でした。
受難体質の少年と、彼のボディーガード役をすることになった霊能力者の少女のボーイ・ミーツ・ガール。
可愛い小学生カップルにほのぼのニヨニヨしたり、小学生たちの無邪気な夏の遊びにほのぼのしたり。
とはいえ楽しいなぁと思ったところで、不意打ちでぶち込まれるホラーシーンには焦ったけれど。1巻を耐え抜いたら2巻がさらにホラー度アップして泣きたくなったりもしたけれど。
でも面白かったです。恐怖体験を通して近づいていく、小学生2人の甘酸っぱい距離感が最高に好みでしたw

☆あらすじ☆
山内くんの不思議な夏の物語がはじまる――青春オカルティックファンタジー
小学六年生の山内くんは、大小さまざまな災難に巻きこまれて育った。昔、そんな山内くんにお守りをくれた「男の子」――紺と再会した山内くんは、紺によって「この世ならぬもの」が見える目にされてしまい……?

以下、2冊まとめてのネタバレあり感想です。

続きを読む 山内くんの呪禁の夏。1・2/二宮酒匂

おいしいベランダ。2 2人の相性とトマトシチュー/竹岡葉月

おいしいベランダ。 2人の相性とトマトシチュー (富士見L文庫)
おいしいベランダ。 2人の相性とトマトシチュー (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
面白かった!
まさかの見切り発車でお付き合いスタートする第2巻。
えー、大丈夫なのこれ?って思っていたら案の定大丈夫じゃないのだけど、そのゴタゴタが予想以上に丁寧に描かれていてきゅんきゅんしました。
こんなにド直球なラブストーリーになるならもっと早く読んでおけばよかった。
園芸野菜飯テロ小説としては安定の威力。お腹すいた・・・。
しかしなんでプランター野菜があんなに美味しそうなものになるんですかね。うらやましすぎる。

☆あらすじ☆
ベランダ菜園&クッキングの輪が広がる、大好評・園芸ライフラブストーリー
栗坂まもりがお隣住まいのイケメン改め園芸男子、亜潟葉二と知り合って半年。元カノとのケジメもついて、秋のベランダ収穫ごはんで人心地……と思いきや「この際だから付き合うか」って見切り発車じゃありません!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おいしいベランダ。2 2人の相性とトマトシチュー/竹岡葉月

皿の上の聖騎士3/三浦勇雄

皿の上の聖騎士〈パラディン〉3 ‐ A Tale of Armour ‐ (Novel 0)
皿の上の聖騎士〈パラディン〉3 ‐ A Tale of Armour ‐ (Novel 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
奪われた体を取り戻す姉弟の戦いを描く王道冒険ファンタジー第3弾。
今回はドラゴンの娘・イザドラにスポットが当たったり、更なる秘密が明らかになったり。良いペースで話が進んでいて、毎巻安定して面白くて満足です。
しかし新たな霊獣、お前もなのか・・・・・・

☆あらすじ☆
飛翔霊獣空中戦!!
大陸の皿レーヴァテインには国の創世にまつわる謎が秘められていた。アイザックたち一行は祖国と肩を並べる大国にたどり着くが、国土を東西に分裂させた二匹の霊獣たちの凄絶な争いに巻き込まれる――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 皿の上の聖騎士3/三浦勇雄

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?13/聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.13 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.13 (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
ついにきましたセッテさん回。
完璧リア充なだけにギルドでは微妙に浮いていて、それがまた面白いポジションだったセッテさんだけど、今回でまた一歩廃人への道に踏み出してしまいました。それでいいのかセッテさん。
でもそんなセッテさんがますます好きになる第13巻でした。楽しかった〜!

☆あらすじ☆
レイドボスが楽々倒せる……とでも思った?残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、第13弾!
おい、レイドボス戦行こうぜ!という誘いに乗って、レイドボス戦へと馳せ参じたアレイキャッツの面々。それなのに……。
◆†黒の魔術師†:さあ向かうとしようか
◆バッツ:なんでお前が仕切ってんだよ
早くも友情破綻の予感!そして、案の定リーダー不在で迷走するレイドPT。見かねて指揮官に就任したのは……なんとセッテさんだった!?
一方リアルでも、マスターの独断と偏見で秋山さんが会長候補になり――残念美少女・アコの加勢は吉と出るか凶と出るか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?13/聴猫芝居

紅霞後宮物語 第五幕/雪村花菜

紅霞後宮物語 第五幕 (富士見L文庫)
紅霞後宮物語 第五幕 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
後宮ゴタゴタ回。いつものことだけど、いつも以上に苦いお話でした。
上げて落とされて心がねじ切られそう。
今回は小玉と文林の間で大きな変化が起こる、もしかしたら転機の一冊だったのかもしれません。良い意味でも悪い意味でも。
しかし、ああ、もう、なんで、こう・・・・・・(悶々
物語自体は安定の面白さです。この苦さもまた紅霞後宮物語らしいっちゃらしい。

☆あらすじ☆
関小玉、不義密通の疑いあり!?
湖西の騒動は収まったものの、事後処理に追われる文林。疲れを癒やしてくれるのは小玉……と思ったら、小玉に不義疑惑が浮上! 司馬淑妃の父・司馬尚書の謀略か? 文林と小玉の関係も否応なしに動き出し――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紅霞後宮物語 第五幕/雪村花菜