「★★★★★」タグアーカイブ

(仮)花嫁のやんごとなき事情13 未来へ続く協奏曲/夕鷺かのう

(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~未来へ続く協奏曲~ (ビーズログ文庫)
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~未来へ続く協奏曲~ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年2月刊。
ド庶民勤労少女の身代わり結婚(目指せ離婚!)を描いたラブコメシリーズの真の最終巻。
本編完結後のエピソードを詰め込んだ最高の短編集でした。
守銭奴ヒロインも、鬼畜の毒好き旦那様も、ツッコミ担当の親友侍女も、スキマ大好き商売人も、オネエのお義母さんも、裸族のお兄さんも、苦労性な弟くんも、みんなみんな大好きでした。
心の底から愛してるシリーズだっただけに、もう続刊を楽しみに待つことができないのかと思うと寂しくてたまりません。
でも仮花嫁は一生の宝物!素晴らしいシリーズを本当にありがとうございました!

☆あらすじ☆
(仮)花嫁シリーズ応援多謝! 長らくの愛顧に応えて、アンコール登場!
“仮花嫁”の人気キャラクターたちのその後を描いたスペシャル短編集!
フェルとクロウの記念すべき出会い……あの殺伐初夜をやり直し!?だけど勘違いフェルがとんでもない騒動を巻き起こす!! さらに、クロウの兄ジルフォード帝【崩御】の裏に隠された真相が明らかに!?
貧乏ド庶民はやがて皇妃となり、夫婦の絆は永遠に続く――涙と笑いのファン必読の1冊です♪

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む (仮)花嫁のやんごとなき事情13 未来へ続く協奏曲/夕鷺かのう

宝石商リチャード氏の謎鑑定4 導きのラピスラズリ/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年2月刊。
ものすごく面白かった!
美貌の宝石商と迂闊な正義漢のコンビが、宝石にまつわる謎を解き明かすジュエルミステリー第4弾。
今回は衝撃の前巻ラストに続くお話で、リチャード氏の事情に深く切り込む初長編です。
いやぁ、やっぱり辻村先生の描く人間ドラマは素晴らしい!
デビュー作「螺旋時空のラビリンス」でハートを鷲掴みにされたことを思い出しました。
この世の地獄を見せるのに、軽やかな読後感で締めるところが最高すぎる。

☆あらすじ☆
銀座の店「エトランジェ」を閉め、正義の前から姿を消してしまったリチャード。新たな店主として現れたリチャードの師匠、シャウルから情報を得た正義はイギリスへと向かう。リチャードの秘密の原因となった何かがある国へ。旅の途上、リチャードの親族と名乗る男ジェフリーが正義に近づいてきて? 美しき宝石商を苦しめる過去の因縁と、「正義の味方」の決断は!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定4 導きのラピスラズリ/辻村七子

りゅうおうのおしごと!5/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと! 5 (GA文庫)
りゅうおうのおしごと! 5 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年2月刊。
あああ、熱い・・・!
「神」からタイトルを守らなければならない防衛戦。
八一本人の戦いはもちろん、彼を支え励ます周囲のキャラも物語を素晴らしく盛り上げていて、ただただ最高でした。
あまりにも最高すぎて「え、最終巻!?」ってドキドキしていただけにあとがき一行目に冷や汗でた〜。続くようでなによりです。

☆あらすじ☆
将棋という名の奇跡に最後の審判が下される、激闘の第5巻!
「アーロハ―♪」
遂に始まった八一の初防衛戦。挑戦者として現れた最強の名人と戦うべく常夏の島を訪れた八一だったが……なぜか弟子や師匠までついて来てる!? 一門(かぞく)旅行!?
おまけに銀子と夜の街でデート!? そんなんで名人に勝てるのか!?
あいと天衣、そして桂香のマイナビ本戦も始まり、戦いに次ぐ戦いの日々。誰もが傷つき、疲れ果て、将棋で繋がった絆は将棋のせいでバラバラになりかける。……だが、
「もう離さない。二度と」
一番大切なものに気づいた時、傷ついた竜は再び飛翔する――!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!5/白鳥士郎

86 ―エイティシックス― /安里アサト

86―エイティシックス― (電撃文庫)
86―エイティシックス― (電撃文庫)

評価:★★★★★
2017年2月刊。
第23回電撃小説大賞「大賞」受賞作。
素晴らしかった・・・!
もう最高すぎて泣きながら読了しました。
先の見えない末期的な戦争、苛烈な人種差別、恐ろしく強力な敵の兵器と無様で頼りない自国の兵器。そして、死地にある少年たちに寄り添い、やがて真実を知っていく無力な少女――。
波状攻撃かってくらい絶望的な真実が次々と襲ってきて、途中で投げ出しそうになるほど辛く苦しい物語だったけれど、最後まで読んで良かったと心から思います。
帯に書いてある「ラストの一文まで文句なし」って、まさにその通りすぎて引用せざるを得ない。

☆あらすじ☆
サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器“レギオン”による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。そう―表向きは。本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。“存在しない“第86区””。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜“有人の無人機”として戦い続けていた―。死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遙か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官”となった少女・レーナ。二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる―!第23回電撃小説大賞“大賞”の栄冠に輝いた傑作、堂々発進!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86 ―エイティシックス― /安里アサト

最果てのパラディン3 鉄錆の山の王 上・下/柳野かなた

最果てのパラディンIII〈上〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)
最果てのパラディンIII〈上〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年12月刊。
めっちゃくちゃ面白かった・・・!
不死者に育てられた少年の英雄物語第3弾。
ファンタジー好きの魂を揺さぶるような、懐かしさと新しさを兼ね備えた王道を行くシリーズですが、今回の冒険も最高に熱い。特に下巻は無我夢中で読み切ってしまいました。
決死の戦いに挑む若き聖騎士。それを支える種族を超えた仲間達。彼らを見守る神々と、立ちはだかる誇り高き強敵。
その全てに昂ぶってしかたありません。文句なしの傑作だと思います!

☆あらすじ☆
ウィルが聖騎士となってしばらく。悪魔たちやキマイラを倒し、無法と困窮の《獣の森》には、人々の営為と笑顔が戻りはじめていた。しかし最果ての地に、再び邪悪の影が忍び寄る。季節外れの花が咲き乱れたことから始まる、森の異常。解決のため、仲間とともに《獣の森》の深奥に挑んだウィルを待っていたのは、森の王からの不吉な予言だった。
「鉄錆の山脈に、黒き災いの火が起こる。火は燃え広がり、あるいは、この地の全てを焼きつくすであろう」
滅びしドワーフの都、《鉄錆山脈》に眠る災いとは――? 新たな出会いとともに、再びウィルたちの冒険が始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最果てのパラディン3 鉄錆の山の王 上・下/柳野かなた

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト/永瀬さらさ

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角川ビーンズ文庫)
ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2016年12月刊。
とっても素晴らしかった!
恩人との再会を願う新人バイオリニストと、彼女に偽りの婚約を持ちかける若き天才指揮者。そんな二人の恋と音楽の物語です。
感覚型で危なっかしい天才少女と、彼女を支える意地悪で過保護なヒーローっていう関係性がまず良い。
二人の間にある「嘘」とすれ違いは切ないけれど、悪態の応酬すら可愛いケンカップルぶりにニヨニヨが止まりません(*´∀`*)

音楽モノとしての完成度も文句なし。
ひとつひとつの表現が繊細で心に響くし、演奏と恋心のシンクロは鳥肌が立つほどでした。
ストーリーの緩急も巧みで、試練を乗り越えバイオリニストとして花開いていく主人公の姿にカタルシスを得ずにはいられません。

魅力的なキャラがたくさん登場し、コメディパートが面白すぎてやたら笑ってしまった本作。
正直、めちゃくちゃ好きです。ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
共犯者になるなら守ってやる――暴君指揮者と“婚約”の結末は!?
“養護院出身の伯爵令嬢”にして、新人バイオリニストのミレア。そんな彼女が、「音楽の邪魔になる求婚者よけ」という利害が一致し、公爵家の跡取りで、気鋭の指揮者でもあるアルベルトと仮婚約することに……!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト/永瀬さらさ

エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 5/東龍乃助

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 5 (MF文庫J)
エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 5 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年11月刊。
第一部完結。
もう本当に熱くて面白かった!!
穏やかな日常はフラグですよね分かります・・・・・・それにしたって最後の展開はやばい(; ・`д・´)
次巻から新展開に入るのかな。とても楽しみです。

☆あらすじ☆
TVアニメ『ドール・ワルツ・レクイエム』から、エイルン=バザットが召喚されて数ヶ月。遂に氷室義塾に反攻のチャンスが訪れた。米国政府の確約を取り付け、日本を半世紀守護してきたネイバー七番機・明星の奪取計画が実行に移される。結城武蔵から明星のパイロットを譲り受けるのは、武蔵を父のように慕ってきた七扇大和。「――これからは……俺がヘキサを守ってやる」後戻り不可能なバレッタ条約の違反という諸刃の剣ともなるカードを切る氷室義塾。そして、本物の氷室夏樹についての驚くべき真実が雷鳥から語られて――!?
爆発する爽快感! とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第五弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 5/東龍乃助

異世界迷宮の最深部を目指そう 8/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 8 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 8 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年11月刊。
面白かったー!!
ついにパリンクロンとの戦いに決着がつく第9巻。
1巻冒頭からの様々な謎が明らかになる重要な1冊でした。
二転三転する「真実」にハラハラし、熱いバトルにドキドキし、そして最後の展開が予想外すぎて呆然。
あまりの熱量に完結かと思いきや、物語はまだ続く様子。
今後の展開もとても楽しみです!

☆あらすじ☆
――それは千年前の契約。使徒の力を受け継ぐという使命。『英雄』と『化け物』たちの戦いを続ける遊び。『境界戦争』の中で誰もが『運命』や『生まれ』に振り回され、契約を果たすパリンクロンの計画をもはや誰も止められない。戦場でついにパリンクロンを捉えたカナミは、千年前の再来を止めるべく仇敵に戦いを挑んでいく。『世界奉還陣』の発動する戦場が紫水晶(アメジスト)の魔力に満たされ、再び始まる第二十の試練――。
「――『ああ、我こそが死罪人』『闇の理を盗むもの』――」
心に宿す運命(かのじょ)に『誓約』を果たしたその時――少年は『最深部(しんじつ)』を暴く者となる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう 8/割内タリサ

君と時計と雛の嘘 第四幕/綾崎隼

君と時計と雛の嘘 第四幕 (講談社タイガ)
君と時計と雛の嘘 第四幕 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年10月刊。
タイムループ青春SFシリーズ完結巻。
SFとしても青春小説としても綺麗に着地したなぁと満足。
そして雛美のエピソードには予想以上に胸を打たれました。
素晴らしいシリーズだったと思います。綾崎さんの次回作も楽しみです。

☆あらすじ☆
織原芹愛の死を回避できなければ、杵城綜士は過去へと飛ばされる。その度に「親友や家族が世界から消失する」という大き過ぎる代償をともなって――。無慈悲に繰り返される時間遡行を断ち切るために、綜士と芹愛は『希望と言い切るには残酷に過ぎる、一つの選択肢』の前で苦悩する。鈴鹿雛美がつき続けた嘘と、隠された過去とは……。衝撃のラストが待ち受ける待望の完結篇!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 君と時計と雛の嘘 第四幕/綾崎隼

翼の帰る処5 蒼穹の果てへ 上・下/妹尾ゆふ子

翼の帰る処 5 ―蒼穹の果てへ― 下
翼の帰る処 5 ―蒼穹の果てへ― 下【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
上巻:2015年3月刊、下巻:2016年9月刊。
左遷された超虚弱体質の文官が、過去視の力と優秀な頭脳を駆使して、歴史に隠された秘密に迫っていく傑作ファンタジーの最終巻。
神々の存在まで絡んでくる壮大な物語となりましたが、きっちりと纏めて完結。最後まで本当に面白かったです。
毎度毎度ぶっ倒れては「やばい、こいつほんとに死ぬ・・・!」とビクビクさせられた主人公も、なんとかゴールまで辿り着いてくれてホッとしました。

☆上巻あらすじ☆
念願の隠居生活にもかかわらず、相変わらず仕事に忙殺され納得がいかないまま忙しい日々を送るヤエト。反旗を翻した第七皇子との戦いのさなか、魔界の罅を塞ぐ方法の調査を皇帝から任命されたヤエトは、着実にその方法に近づきつつあった。そんな中、「兄上たちの喧嘩を止められる」という理由から玉座をとると皇女が言い出す。突然の宣言に驚き、困惑するヤエトだったが、その矢先、都から竜種一同に招集がかかり、ヤエトも皇女の副官として列席することになり―。

以下、上下巻合わせてネタバレありの感想です。

続きを読む 翼の帰る処5 蒼穹の果てへ 上・下/妹尾ゆふ子